詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    社内恋愛、破局のその後

    お気に入り追加
    レス239
    (トピ主20
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    うさこ
    恋愛
    年下(32歳)の彼の熱い告白が嬉しくて付き合いを始めたものの。。 夢のような幸せな1年はあっと言う間に過ぎ。。 その後、また半年が経過した頃のちょっとした小さなすれ違いから、彼に不信感を抱くようになってしまいました。 そしてそんな気持ちを暫くは押し殺してはいたものの。。 2年目を迎えようとしたその頃、そんな自分が苦しくて苦しくて、別れを言い出してしまいました。 そこには全く見たことのない束縛をしてるヤキモチ焼きの自分がいたからです。 あと、最初の約束通り「もし(彼の)愛が覚めたのならすぐに別れるから。。」と。。年下相手に(不安の裏返しで)言った自分の言葉を守るためでもあったかもしれません。。

    彼もきっと、何を言っても信じてもらえない、笑いの消えた「私」に疲れていったのだと思います。

    自分が苦しくて別れたはずなのに。。 でも、今はそれ以上に苦しくて。。あんなに愛した彼を、今は憎む事しか出来なくなっている自分がいます。 既に半年が過ぎようとしてるのに、彼の言葉、笑い声ひとつ耳にするだけで、彼への憎しみとともに涙が出てきて。。。 そして、こんな自分が嫌で嫌でどうしようもありません。。 

    彼もかなり痩せ、最後の言葉は、(どうしてこうなっちゃったんだろう。。)と言ってくれたものの。。 今は何も無かったように(私に)振舞おうとしています。。 

    今となっては、二人が元のサヤに戻れない事はお互いが判っている事で。。でも、こんな気持ちの中、毎週彼とは顔を合わさないといけなく。。 本当に毎日が苦しくて苦しくて仕方がありません。

    かと、いって。。 今は、この仕事を辞めるわけにもいかず。。

    「時間が解決する。。」 以外の心の持ち方とかありましたら、是非アドバイスを頂きたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。

    トピ内ID:0722486258

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数239

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  239
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    同じです…

    しおりをつける
    blank
    うらん
    私も 同じ職場の人に振られました…
    かなり年下です。
    忘れたくても毎日顔を 合わせるので
    辛いですし、若い女の子に ちょっかいを出してる姿を見ると 頭が おかしくなりそうです。
    私は 勉強をして資格を取りました。
    もう少し頑張ってみて無理なら転職します。逃げるのは悔しいけど。

    トピ内ID:2241393293

    ...本文を表示

    素直な気持ちを

    しおりをつける
    🐤
    辰年子
    トピ主さんを苦しめている彼への憎しみ、わかりました。では、それを一旦置いて、トピ主さんの涙が出る理由を考えてください。本当に嫌いな相手なら憎しみは出てきても涙は出ないでしょう。トピ主さんの涙は「想像だにしなかった年下相手に見たことのない束縛をしてるヤキモチ焼きの自分」という現実と理想の自分との折り合いをつけられないからではないですか?彼を束縛するほど愛している、結構なことだと思いますけど。みんな愛を知って新しい自分を知るんです。それを受け入れて人として丸くなったり、優しくなったりするんです。
    「時間が解決する。。」以外のアドバイスならどうか愛したときの自分を受け入れてください。愛ゆえに不信感を抱いた、ヤキモチを焼いた自分を受け入れてください。それがトピ主さんの一面です。人間らしくてかわいいですよ。その作業が一段落したら好きだった彼の長所を自分でも実践してください。そして家にこもらず外に出ていろんな人と関わってください。以前とは一味違う優しい女性のトピ主さんがそこにいるはずです。
    このころ彼にも素直な気持ちを言えるかもしれませんね。

    トピ内ID:3169843355

    ...本文を表示

    ひとり上手かも・・・

    しおりをつける
    ちょこばなな
    彼のことが、とても好きだったんじゃないでしょうか?
    おそらく今でも・・・。
    好きだからこそ、絶対に嫌われたくない。しがみつくような重たい女にはなりたくない・・・と思う余り、ヤキモチ焼きになった自分が許せなくなって自分から離れてしまった。

    御自分でも書かれていますが、”不安の裏返し”ですよね。
    本当は彼に、逃げる自分を引き止めて欲しかったのでは・・・?
    御自分の不安を解消するために、少し要求し過ぎてしまったといか・・・。御自分でもよくわかっておられる。
    今の彼への”憎しみ”も、”寂しさの裏返し”かも知れません。

    私もひとり上手でして(笑)基本的に怖がりで、人を信用するのが苦手です。本心は寂しくても、相手に寂しいと言えなかったり・・・。
    でも、人間1人きりで生きていくのはムリですし、助けたり、助けられたりしていくのは当たり前ですから、要求は裏返さずにストレートにぶつける方がいいみたいですよ。

    元に戻れるかどうかは考えずに、彼に今の素直な気持ちを話してみては?
    見当違いだったらスミマセン。がんばって!!

    トピ内ID:2836532517

    ...本文を表示

    あまり褒められた方法ではないですが・・・

    しおりをつける
    💔
    Martha
    私の方法を、ひとつ。

    「地球の人口のそのだいたい半分ぐらいが『おとこ』。」

    そう本気で思いこむと、たった一人の『おとこ』に執着している自分が、
    ちょっぴり馬鹿らしく思えて、心理的には楽になります。
    そして、新たなる出会いを繰り広げたくなり、彼が薄れてきます。

    ただし、あまり褒められたものではありませんね。
    こんな方法もあるよ、程度に考えてください。

    そして、どうぞ彼を本気で愛したことを、誇りに思ってください。

    トピ内ID:0097260605

    ...本文を表示

    つらい気持ちはよくわかりますけども

    しおりをつける
    blank
    ひな夫人
     間違っても色恋沙汰で仕事を辞めたり、自分の生活を棒にふる様な事だけはしないで下さいね。
     人間は忘却の生き物で、失恋の傷はいつかは忘れられますから。

     

    トピ内ID:1243843312

    ...本文を表示

    お気持ちはわかりましたが、

    しおりをつける
    blank
    JIJI
    うさこさんの文章を読むと、構成や表現の仕方が、モノローグ風っていうか、ドラマティックというか、自分に酔っている感が否めません。
    例えば、「夢のような1年が過ぎ。。」「そこには全く見たことない自分がいたからです。」という展開の仕方。行替えのあとに「かと、言って。。」「今となっては、」で始まる独白。文章末尾の。。の乱用。

    こんなふうに自らの傷心を描写できるんだったら、もう一歩引いて、その酔っている自分を眺めてみてください。なにをその気になって浸ってるんだ私は、って恥ずかしくなっちゃうはずです。恥ずかしい自分から覚めて、この文章を読み返したら、おかしくて笑っちゃうと思いますよ。
    本当に苦しくて苦しくて仕方がないくらいつらかったら、こんな紋切り型の文章はかけませんよ。

    酔いから覚めれば解決です!

    トピ内ID:3401930328

    ...本文を表示

    ヤキモチいいじゃないですか。

    しおりをつける
    😨
    マチルダ
    >そこには全く見たことのない束縛をしてるヤキモチ焼きの自分がいたからです。

    なぜそんなにヤキモチを焼く自分を否定するのですか?
    ヤキモチけっこうじゃないですか。
    それだけ真剣に彼を愛していたということでしょ?
    ヤキモチも焼かずに「あっそ!次いこ、次!」とあっさり気持ちを切り替える人の方がよっぽど人間味がなくて冷たい人だと思います。

    トピ内ID:6180399779

    ...本文を表示

    正しいほうに向かっている

    しおりをつける
    blank
    やま
    要するに、意地と嫉妬で別れようと言ったものの、ホントに別れたくはなかった。なのでいつまでもイジイジしてしまう。相手も最初はナーバスになっていて、お互い傷つけあった感じに酔えたけど、相手だけ立ち直って普通にしている様を見るにつけ、自分だけが傷ついたような気がしてイライラ?して相手が憎らしい。
    と言うことでしょうか。
    そういう自分の醜い心の流れも嫌、そういうことでしょうか。

    そういう経験をする人は少なくないと思います。相手も、最初は努力して普通に振舞っていたわけだし、自分もそうするしかないのだ、と経験的に思います。一緒にいて幸せになれないとどちらかが思うなら、別れることは基本的に正解だと私は思います。正しい方向に行くために、苦しみを乗り越えている最中、と思えば、少しずつ彼を憎まなくなったり普通に接することができた自分をがんばったと思えるんじゃないですか

    トピ内ID:6887621770

    ...本文を表示

    とぴ主です。

    しおりをつける
    🐤
    うさこ
    うらんさんへ レスありがとうございました。

    そうですか。。うらんさんも社内恋愛でしたか。。ホントつらいですよね。。 私の場合ですが、考えてみたら。。社内恋愛をして二人が同じ会社の在籍中に別れたのは今回が初めてだった事に気が付きました。 なんか以前も失恋をした事はあったのに、なんでこんなに違うんだろう。。って。でもきっと暫くすれば立ち直れるはずだよ。。って。。 もう一人の自分が言い聞かせてくれてるのですが。。

    今、彼と職場で顔を合わせるのは1週間に1、2回しかありません。 でもメッセージを使っての連絡事項等の伝達は毎日しないといけなくて。。  
    それでも、メッセージだけだと(少しは気持ちが落ち着いてきたかな?)と思ったりもするのですが。。 彼の声を聞いては、また振り出しに戻って苦しんでいます。

    うらんさんは、仕事上彼と話さずに済みますか? 私の場合は、しないといけない時があり、未だに私の言い方が刺々しくなって。。(もう気にしてない。)って見せたいのにそれも出来ずに苦しんでます。 いつになったら笑顔を創る事が出来るのかなと。。 

    うらんさんも頑張ってくださいね!

    トピ内ID:0722486258

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(20件)全て見る

    とぴ主です。

    しおりをつける
    🐤
    うさこ
    辰年子さん 
    暖かいアドバイスありがとうございました。 
    すみませんが。 もう少し聞いてください。

    「どんな事があってもうさこが好きだから」「ずーっとうさこを守っていくから」「誰に嫌われてもいいけど、うさこだけには嫌われたくないから」これらが彼の口癖でした。 そして、毎日のメールの最後には、「愛してるよ。」と、いつも締めくくってくれる彼でした。

    お互いの仕事が超多忙になった頃と同時期に、色々な事があって。。で、彼の愛はきっともう冷めてしまったんだ。。と、強く感じるようになってきて苦しんでいたある日。(愛される事で、彼を信じていた私は)苦しさに耐えかねて「もし文字だけの「愛してる」ならもう書かないで。。」と、メールに書いてしまいました。 勿論、彼からは「そんな事ないよ。」って言って貰いたかったからですが。。 でも。。その期待とは裏腹に「近頃自分でもよく解らなくなってきた。。」と。。 なんか、(私が感じていて事は)間違いじゃなかったんだ。。 と、本当にショックでした。 そして、それ以降「愛してる。。」の文字も消えてしまい。。
    ここから私は壊れていきました。
    (続く)

    トピ内ID:0722486258

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(20件)全て見る
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  239
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0