詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    喘息の子供のしつけ、どうしたら?

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    喘息児の母
    子供
    3歳になったばかりの男児の母です。
    初めての発作は、2歳になる直前で、同時期ぐらいから「魔の2歳児」にもなってきました。

    例えば、食事中座っていられません。しばらくすると立ち上がり遊ぼうとする。そこで、ご飯をおしまいにしてから遊ぶように、と言っても聞かず、ご飯を強制終了させようとすると「ぎゃー」と発狂。反対に、食べ終わってから。とおもちゃのほうを取り上げると同じく発狂。

    ここで、普通であれば、勝手に泣かせておけ、と子供に屈しないようにするのでしょうが、問題は持病の喘息です。長時間泣くと、発作を起こす確率がアップするため、小児科の先生(複数)にあまり激しく泣かさないように。といわれ発作を起こしそうになると、私も叱るのをやめて、水を飲ませたり、様子を見たり、と手当てをせざるを得ない状態になり、全ての躾がうやむやになっています。

    これが、着替え、支度、外出のとき兄弟げんかなど、全てです。

    このままではいけない、というのはわかっています。具体的にどうしたら、というのをアドバイスください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    予防も確かに大事だけど・・・

    しおりをつける
    blank
    同じく喘息児のハハ
    躾は別。
    持病があるからと、最低限の行儀を
    励行したり断念したりでは、身につきません。
    まずは「泣いてもダメだ」と言う認識を
    本人が持たない限り振り回されます。
    本人もいずれ恥をかきます。
    席を立とうとしても許さないか、
    立つんだったらご飯は問答無用で片付ける。
    おもちゃも手の届くところには置かない方が
    いいと思いますよ。
    もし吸入器をお持ちでなくとも、
    夜間でも吸入してくれる病院があるなら、
    人格形成を左右する時期の躾がままならないほど
    喘息に神経質にならなくても・・と思います。
    ちなみにうちの息子は7歳。
    1歳の頃から内服治療に加え、
    家に吸入器常備で、吸入でダメなら入院して点滴。
    ただ黙って座っていたって発作を起こします。
    続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大変ですね

    しおりをつける
    blank
    ふむ
    食事は時間を決めて立って遊びに行ったら
    「もう、食べないの?」とだけ聞いて
    家族が食べ終わったら片づける。

    後でお腹が空いたと言っても
    「次の食事まで待ちなさい。
    牛乳だったら飲んでもいいわよ」
    と対処してください。

    本人が泣き叫ぶと
    親が言うことを聞くのを学習してますね。

    激しいスポーツはお薦めできませんが
    剣道や柔道などしつけが厳しい所に入ったら?
    勿論、体質については説明して
    少しずつ体力を付けたいと相談して。

    うちの子も喘息体質です。
    体質改善に
    お風呂上がりに水をかぶるといいと聞いて
    昨日から始めました。

    お互い頑張りましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    予防も確かに大事だけれど・・2

    しおりをつける
    blank
    同じく喘息児のハハ
    泣かせないように、と言うアドバイスを
    するより、発作が起きた時にどう対処するか、
    その時のために、関係医療機関で
    夜間診療もしてくれるところを紹介するなり、
    自宅である程度のところまでは管理できるよう
    親を指導してくれるなり、そういったアドバイス
    があってもいいような気がします。
    今だけの病気とは限らないのだし、
    泣かないで言うことを聞いて欲しくても、
    そう簡単にはいかない3歳児なのですから。
    その辺の躾の事も絡めて、
    「躾けようとすると泣くから、
    泣かせないように気をつけると躾も出来ない。」
    と医師に相談してみてはいかがでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    泣かせておく以外で。。

    しおりをつける
    blank
    今はもう成人してますが、5歳から喘息です。かなり悪い症状の方でしたが、悪いことはきちんと怒られてましたよ!悪いことはきちんと叱り、泣いたら喘息がひどくなるよ!って教えたら如何でしょうか??発作が出るからといって叱らないんではこの先子供がもっと社会に出てからかわいそうです!!発作が出たら早めに吸入させれば落ち着きますしあんまり甘やかすと喘息は心因性もあるので自分の思いどうりにいかないと発作を出す子になりますからきおつけたほうがいいです。わたしも姉よりか甘やかされて育ったので社会に出たばかりのとき大変でした。。がんばってください!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ごく普通の光景なんだけど。

    しおりをつける
    blank
    STA波
    こんにちは。私は44歳の3子(高2-娘、中1-娘、小5―息子)の母親です。実は今私自身も喘息です。さらに、4歳から9歳まで小児喘息だったこともあります。読んでいて、実母も私には気をつかったのだろうな?と思い思わずレスしました。

    喘息でなければ今のまま泣かしていても問題ないしつけとお見受けしますよね。

    食事のことがあったので思いついたのですが、食事前は完全におかたづけをしてから、というのは?で、食事もお子さんと一緒に食べて食べているときはじっとしているもの、とお母さんが態度で示すのがいいのではと思います。

    兄弟けんかはしょうがないですよねえ・・。大変だとお察しします。出来る限り前もって泣く全ての原因を取り除くしかないのでしょうけれど・・。

    あと、男の子でも本読みをしてあげると言うのはどうですか?本読みに熱中するときは少なくとも静かにしてくれるのでは?

    どうでしょう?
    がんばってください。早く良くなりますように。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無責任な発言ですけど、

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    発作が起こる前に叱るのをやめるんですよね。
    発作が起きるまで放っておいてみてはいかがでしょうか?

    一度苦しい思いをしたら、泣いたり叫んだりするのをやめるんじゃないんですか?

    躾ができないのをぜんそくのせいにしているのもなんか違う気がしますが…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    叱らないで

    しおりをつける
    blank
    喘息もち
    私の母もそうでしたが、とても几帳面な方なのでしょうね。トピ主さんは。
    その几帳面さが子供さんを喘息にさせているのかも(表現がきついかもしれませんが、ご容赦ください)
    私も喘息に苦しみました。
    今は発作がほとんどないんです。
    一人暮らしで「火の用心さえきちんとしていればいい」と
    思っているからです。
    実家にいる頃は母にいつも監視されているようで、「いつもきちんとしていなさい」という人でした。
    食事の躾も厳しい人でしたが、その反動で思春期に摂食障害となり、大人になって喘息になりました。
    躾も大切ですが、躾は「人に不愉快なことをさせない」1点に厳しいだけにして、甘えさせたりゆったりとした気持ちを持ってはいかがでしょうか?まだまだ子供です。最初から好き嫌いのない子供なんていませんし、きょうだいげんかはあたりまえ。それは時期がきたら納まるのですから、
    長い眼でみてあげてください。お母さんが大らかになると喘息の発作回数も減ってゆくそうですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちの子も悲惨

    しおりをつける
    blank
    大丈夫だよ
    うちの子はアトピーでした。泣くと体温が上がりかゆみがまし、急な体温変化でじんましんがでました。ほっておくと血だらけ。特に涙を拭こうとすると顔をこすってしまうことになるのですが、顔の皮膚は薄くてすぐむけてしまい、そうなると外に出られなくなります(因幡のしろうさぎ状態で、風にあたるだけで激痛があるらしい)
    しつけどころではなかったです。
    結局まの2歳児を通り過ぎるまでなおりませんでした。でも今3歳後半ですが今からでもしつけは間に合いますよ。一年遅れるだけのことなので大丈夫です。
    喘息は死ぬかと思うほど苦しいらしいので、発作を起こさないように気をつけたほうがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大笑いも発作起こるんですよ。。。

    しおりをつける
    blank
    健やかに育てば
     冗談じゃなく経験者です。あと座禅でカツって入れられるのもいけないそうです。泣きすぎもだめなんですよね。
     
     泣くことは心の成長で、笑うことは心の栄養ですよね。精神修行は心の糧。全部奪うことはやっぱり別の意味でハンデです。部屋をきれいにしても、動物飼うのあきらめてもやっぱり夜中に発作が出る冬の朝は泣きたくなりました。朝学校に行って耐寒マラソンでまた発作、友達関係に悩んで夕方から発作。。。中学はほんときつかった。

     治った立場から言えば、思いつめる性格、持続しない体力、あきらめることが多すぎて悲観的な毎日を克服することでした。お子さんまだ小さいですよね。泣き出したらそれを長時間しないようにビデオや何かで、その部屋その時間を切り替えてください。泣いていてもいいんです。心にとどまる悲しみにならなければたぶん発作までいかないはずです。生活を変えましょう。できますよ。苦しむだけが人生じゃないはずです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ウチも・・・

    しおりをつける
    blank
    ママりん
    下の娘(1歳10ケ月)が、喘息とは違うんですが、思い通りにならないと、床に頭をぶつけたりと自傷行為をします。上の子のときは、かんしゃくを起こしたら放っておいたのですが、下の子にはそれができません。わたしも試行錯誤してます。
    今のところ、わたしが落ち着いている対処方法は、泣いたら、なるべく早く抱っこしてあげます。泣いている理由がたとえ「わがまま」でも。そして、まず「○○したかったねー」などと、共感してあげます。わたしの言葉が彼女の気持にビンゴ!だったときは、「うん」などとうなずき、大抵泣き止むか、泣きが弱くなります。「そうか、分かるよ」と頭をなでた後、「でも、これは、こういう理由でダメなんだ」と、言い聞かせます。ご機嫌が治り、言うことを聞いてくれることもあれば、ダメなこともあるけど、ダメなときは、また最初から繰り返したり、別のことに興味をそらしたり、中間地点をみつけて提案したり・・。泣いたら抱っこして、共感してあげる。わがまましたい気持は受け止めてあげる。でも、ダメなことはダメだよ。と伝える。これが今までの方法の中で一番よいかなーと思ってます。お互い魔の2歳児突入・・・頑張りましょ!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    食事のけじめ

    しおりをつける
    blank
    みかん
    娘も喘息もちですが、トピ主さんのお子さんと違って、大笑いしていると喘息がでることがありました。特に満腹の時。ですので、躾の面で喘息が障害になることはなかったので説得力がないかもしれませんが、気づいたことを書きます。

    空腹感があまりないうちに食事になっていませんか?
    おなかがすいたとき、すぐおやつをあげてしまって、いざ食事となると遊んでしまうということがありませんか?

    食事、おやつの時間をある程度決めて、それ以外は極力食べ物をあげないようにしてみたらどうでしょうか? 飲み物もお茶、お水にして、牛乳などは食事、おやつの時に。

    家にいるとおやつを欲しがってしまうなら、なるべく公園や児童館など外出するとか。デパートめぐりなどをしてしまうと、喫茶店に入り結局食べてしまうのでスニーカー履いて外出しましょう。身体を丈夫にするにはいいことだと思いますよ。

    我が子も13歳。昔の発作が信じられないくらい軽くなりました。この年齢ですとすっかり治る子もいますしね。頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    発作予防と躾は、違うような…

    しおりをつける
    blank
    myu
    娘も喘息歴7年ですが、医者からそのような注意を受けた事がありません。娘の主治医の方針は「普通の子に育てよう。喘息を理由にする子にはしないように」です。だから運動誘発や過呼吸で発作の出やすい娘ですが持久走も「走りなさい」と娘に言います。走る前にメプチンを吸って走ってます。姉妹喧嘩もバンバンやってます。私も発作が起こすまで泣かせた事も数え切れないほど有ります。
    お子さんが小さい程、泣かせても叱らなければいけない場面は山ほどあると思います。でも「発作」を理由に叱らなければ、いつまでたっても繰り返すだけです。親の神経質な気持ち・空気は子供に伝わります。だから、”子供になめられる”→語弊はあるかと思いますが。…かと思われます。泣いて発作が出てもいい環境=自宅に吸入器を置く、深夜でも診ていただける病院の確保。それに、部屋の環境や、体力作りが重要じゃないかな?と思われます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    喘息が逃げ道にならないように

    しおりをつける
    blank
    喘息児の母3
    うちの子も喘息です。予防で薬を毎日飲んだり、アレルギー性のものなので多少掃除に気を使ったりしてはいます。でも、泣く程度で発作は起きません。
    一番発作が起きやすいのは風邪のとき。風邪のときは、発作が起きる前に貼り薬を貼るなど早めに対処して注意しています。
    気をつけてるのは、病気が「逃げ道」にならないように、ということ。
    例えば、セキが出るたびに幼稚園を休ませてたら、幼稚園を休みたいときにはセキすればいい、になってしまいます。
    泣くことや発作を心配して甘やかしていると、泣くことや発作が「逃げ道」になりかねないかなって気がします。そのうち嫌なことがあると、ワザと泣いたり咳き込んでみたりするようになるかもしれません。
    泣かせないのが発作予防になるって、病院では言われたこともないし、初めて聞きました。
    泣く程度で発作が起きるほどの喘息なら当然薬は常用されているのですよね?
    薬を普段飲んでて泣いただけで発作を起こしてしまうとしたら、かなり重症ということでしょうか?
    まず、一度、別のお医者様に診ていただいてもいいのでは?と感じました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    躾けてました

    しおりをつける
    blank
    p
     現在11歳の次男は生後3ヵ月からアトピー、1歳半から喘息です。
     今でこそ季節の変わり目しか重篤な発作は起こしませんが、就学前までは夜間診療・休日診療のお世話になること数知れず。週5日・朝夕点滴に通ったこともありました。
    発作で呼吸困難になり、人工呼吸しながら救急車を待ったことさえあります。
    ですから、何を忘れても次男の吸入薬と簡易酸素ボンベだけは肌身離さず持って歩いておりました。
    そんな状態でしたが、周囲(特に子どもの将来に責任の無い立場の人)に「病気だから仕方ない。」と甘やかされるので、一層厳しく躾けてきました。
    確かに泣きが過ぎると発作を起こすこともありますが、3歳になれば収まる保証もないことなので(「三つ子の魂百まで」)、他の兄弟と同様に育ててきました。
    。。。。。。。。続きます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    躾けました2

    しおりをつける
    blank
    p
    苦しい思いはさせたくないとの思いは理解できますが、発作の兆しで甘やかしてもらえると誤解してしまうことの方が子どもにとって良くないのではないでしょうか。(経験的に精神状態も発作誘発に過分に影響します)
     程度の軽重はあれ様々な病気と付き合いながら育っている子どもはたくさんいます。喘息に甘んじ、病気を理由に甘やかされ放題の子どもを見ていると、この子達はどうやって自分の未来を切り拓いていくのだろうかと心配になります。制限されることはあるかもしれないけれど、精一杯自分の可能性に挑戦する強さは甘えていては育たないと思います。
     発作の程度を見分ける眼と、どんなときも冷静に対応し、それに処置できる知識を持って、子どもの将来のために毅然とした態度で過ごされることが最善ではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      トピ主です1

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      前回字数の兼ね合いで書ききれなかったので、補足をしておきます。後だしになってしまう形で誠に申し訳ありません。

      実は上に6歳の娘がいて、こちらはきちんとだめなことはだめ、とやって来ました。
      食事の時に中断して遊ぶ、歩き回るなど、言語道断、という姿勢でやって来ました。

      また性格の違いもあり、上の子は駆け引きができる子で、(○○しないと△△がもらえないよ、というような)比較的育児がしやすかった、というところもあるのですが、この喘息児のほうは、絶対に自己主張を最後まで貫き通すタイプで、主張が通るまでずーっと号泣し続けるのです。

      同じ時期に同じペースでできない、と困惑しつつ、個人差、と言い切れない状況になりつつある状態で本当に毎日困っています

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です2

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      同じく喘息児のハハさま
      ありがとうございます。

      〉持病があるからと、最低限の行儀を
      〉励行したり断念したりでは、身につきません。

      本当におっしゃるとおりです。
      食事のときも歩き回れば食事を下げ、終わりにし、
      (ここで号泣)
      そして途中で当然おなかが空きますからなんかくれ、となる。そこを、次のご飯まで、とやるとまた大暴れ。

      実際にその泣いている状態から呼吸がおかしくなり、発作を起こして、小児科へ駆け込み、吸入、ということは過去に何度もやって、そのたびに先生に怒られています。

      しかし、このまま発作を避けてばかりいる育児をやって行くと、いやなことはやらないまま大人なってしまう様な気がして大変切羽詰った思いをしています。
      また最近は特にその発作の頻度も多くなっており(季節的に多いそうです)ちょっと泣いたらすぐ発作か?となってしまいそうで、こちらもびくびくです。つい先日入院から退院してきたばかりなので。

        

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です3

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      ふむさま
      ありがとうございます。

      〉剣道や柔道などしつけが厳しい所に入ったら?

      武道系の習い事は目下前向きに検討中なのです。
      3歳になったばかりなので、まだ早すぎるらしく、
      年長さんぐらいから、という道場は見つけたのですが。

      〉お風呂上がりに水をかぶるといい

      さっそくうちも今晩から試してみようと思います。

      み さま
      ありがとうございます。

      〉わたしも姉よりか甘やかされて育ったので社会に出たばかりのとき大変でした

      じつは私も妹が喘息ではないのですが、乳児期に虚弱体質だったので、小児科の常連で躾よりも体力を!と育ちました。よって、大きくなってからは人格的に問題がある、と私はおもいます。母と同じテツは踏みたくない、という思いはあります。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です4

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      STA波さま
      ありがとうございます。

      兄弟げんかの原因もほとんどが下の子が上の子にちょっかいを出す、一生懸命やっている(折り紙、塗り絵など)ものを取り上げる、ぐちゃぐちゃにすることに始まるのですが、毎回毎回、「お姉ちゃんだから。。」「○○君は泣いちゃうから」などという理不尽な理由で、あきらめさせるのも不憫です。

      本読みについては、比較的本が好きな子で、おとなしく聞いていることができる子です。

      通りすがりさま
      ありがとうございます。
      〉発作が起こる前に叱るのをやめるんですよね。

      両方です。叱ったー>泣いて抵抗ー>発作になる
      と言う場合と、        ->発作にならず収まる場合があります。
      最近(時期的な問題もありますが)発作になるケースが頻発しています。

      〉発作が起きるまで放っておいてみてはいかがでしょうか?

      苦しい思いをしたから親の言うことをちゃんと聞くか?と言えば、そうでは無いようです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です5

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      喘息もちさま
      ありがとうございます。

      〉その几帳面さが子供さんを喘息にさせているのかも

      思わず、笑ってしまいました(失礼!)私が几帳面!?ですか?
      そうであれば、どんなによいか。と思います。

      と言うのも、私自身、「塵や埃で人間死にやしない」と言うポリシーで生きてきたところもあるので、この子が初めて喘息の発作を起こして小児科へ駆け込んだときに、「塵や埃で死ぬ場合もある」と、自分のズボラさを深く反省したものでした。

      〉食事の躾も厳しい人でしたが、その反動で思春期に摂食障害となり、大人になって喘息になりました。

      心理的なことが原因で喘息になるケースがあるのですね。参考になりました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です6

      しおりをつける
      blank
      喘息児の母
      大丈夫だよさま
      ありがとうございます。

      アトピーも大変ですね。(うちもその予備軍的な状態ではあります)

      〉結局まの2歳児を通り過ぎるまでなおりませんでした。
      〉でも今3歳後半ですが今からでもしつけは間に合いますよ。

      そう言っていただけて、心強いです。
      本心を言えば、大丈夫だろうか?と疑心暗鬼でもあります。2歳になりたてのころと、現在(3歳)を比較しても、圧倒的に今のほうが我がままの度が激しいからです。
      このままヒートアップして4歳、5歳となって手がつけられなくなったら、と思うと今のうちに何とかしなきゃ、と焦っている毎日でした。

      もちろん叱るばかりではなく、なだめ、おだてたりとしてうまくいくこともありますが、どうしても譲れないこと(危険を伴うこと、人に迷惑をかけている状態など)では、だめなものはだめ、とせねばならない時に困ってしまう、という状態です。

      引き続き皆様からアドバイスをいただけると幸いです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私も喘息でした。

      しおりをつける
      blank
      のりぴい
       トピ主さん、こんにちは。喘息をもっていると、いろいろと制限があって大変ですよね。
       私も中学3年から高校3年まで、運動誘発性喘息でした。ふつうの気管支喘息と違って、運動によって引き起こされるので、通学や体育など気を遣いました。
       そんなころに、人が教えてくれたのが、「喘息には八つ手の葉が効く」という情報でした。大きな手のような形をした、緑の葉っぱがあるのですが、ご存知ですか?
       それをよく洗って煎じて、一日三回、喘息の発作がでなくなるまで飲むのですが、この方法で私は治りました。
      (600ccの水で煮て、半量になるまで煮詰めます。)
       ちょっと苦いですが、子供さんの場合は薄めて飲ませても効きますので、1度試してみてはいかがですか?前に、4歳の女の子のお母さんに勧めたところ、入院ばかりしていたのが、入院する必要がないくらい回復したと喜んでいました。
       子供がいないので、躾の件は分かりませんが、ご参考までにお知らせしました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      疳の虫?

      しおりをつける
      blank
      正孝
      頑張って子供のケアを・・・。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      元喘息児です。

      しおりをつける
      blank
      みずの
      思わずレスしたくなりました。

      私の母は、私が発作を起こすとヒステリーを起こしました。「何で気をつけないのよ!また眠れないじゃない。私の人生めちゃめちゃだわ!キーッ!」というような。

      おかげで私は発作を起こさないよう細心の注意を払うようになりました。発作が来そうな気配があると自分から薬を飲んでしのいでいました。

      お子さんには、「喘息になると怒られる!」という恐怖感を植えつけるのも一つのやり方かもしれません。今は、甘えがあると思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0