詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    女性で研究職についている方

    お気に入り追加
    レス35
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆう
    仕事
    私は、現在私立薬学部に在籍してます。そして大学院に進むか就職するかで悩んでいます。学部卒だとおそらく研究職にはつけないため、薬剤師として働くことになりそうなのですが、自分としては研究系に就職したいと考えています。そこで質問なのですが、女性で研究職についている場合、結婚して家庭をもった後はどうされているのですか?また、研究職の男女比はどうなっているのでしょうか?やはり女性だと不利だったりしますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数35

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ここえ訊ねれば

    しおりをつける
    blank
    ミチル
    ここで訊ねればいいと思います。
    研究者か大学教員の女性がうじゃうじゃいます。

    http://www.k3-net.com/

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は医学研究者です。

    しおりをつける
    blank
    TN
    アメリカで研究しています。結論から言うと、自分が行きたいと思うほうに行けばいいと思います。まだスタートラインに立ったばかりだし、自分の可能性を試したらいいと思います。研究職と言っても様々なので、家庭と仕事との時間やエネルギー配分や仕事の中身とかは、その時どきの状況に応じて調整できると思います。

    昔は女性で研究=一生独身覚悟って言うのが暗黙の了解だったことを思うと、隔世の感がありますね。こういう質問ができるようになったのかと。

    グッドラック。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    研究者ではありませんが

    しおりをつける
    blank
    文系スタッフ
    中堅内資系製薬会社の研究所に勤務しています。
    私の会社は、薬学系の学部卒は営業(MR)かスタッフでしか取りません。研究職は修士・博士ばかりです。

    研究所の人口を見ると、男性が多いように思いますが、入社の時点では、ほぼ同数だと思います。若い研究者の方が女性の比率が高いです。

    結婚しても続けられる方が多いですが、つい最近までは、出産を機に退職される方が大半でした。職種にもよるのではないでしょうか。
    薬品を扱う部署だったら妊婦は大変ですし(異動もできないことはないですが)、昼も夜もない実験をする部署でしたら、子育ては大変だと思います。

    最近は育児休暇を取って復帰される方もいますが、私の知る限りは親が同居・近くに住んでいるなどで援助がある人ばかりです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    男性が回答してもいいですか?

    しおりをつける
    blank
    薬学進路指導担当♂
    とりあえず、2つほどお話ししたいことがあるので発現します。

    1.民間企業の場合、研究職で就職されても、成果が出ない場合は営業に回されることもあります。

    2.また、ご存じでない方が多いのですが、30代の後半にさしかかると持久力が低下するため、より若い男性の研究職の人間と入れ替えを促される場合があります。

    上司を非難するのはカンタンですが、現実問題として大企業の多くで見られるようなので、よく考えることをお勧めします。

    男性の回答も構わないようでしたら、続けて発言します。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私立薬学部から研究職についています。

    しおりをつける
    blank
    匿名
    私も昔、私立薬学部にいたものです。本来のご質問からははずれますが、まず、研究職に就きたい場合、私立薬学部大学院卒だと少々最近は不利なように思います。修士卒でもMR,薬剤師になる方が多いです。どうしても博士号を持って研究をしたかったので、私は国立の某大学に修士課程から進学しました。それでも大学が低いレベルということで指導教官からは最初は認められませんでしたが、なんとかデータを出し、博士号をとることができました。その後、研究員をし、現在留学しています。結婚は博士課程在学中(事情があって、かなり年はくっていた)に、研究職の主人と結婚しました。周りには研究職同士で結婚した例が何組もいます。出産され、研究を続けている人も大勢います。かくいう私も妊娠中です。しかし、まだまだ一部男性社会であることも事実ですが、学会場に託児所をもうけたりするなどの例をみたもわかるように女性研究者は確実に増えています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ゆう
    みなさん書き込みありがとうございます。

    研究者についてあまり良く分かっていなかったのですが、どこの研究でも、実験のために、たまに夜遅くなってしまうのではなく毎日不規則な時間になってしまうのでしょうか?

    それと現在3年生で、両親と話し合った結果院進学は経済的にとても無理なため(奨学金をあてにしようと思ってましたが、兄弟が多く私立に通わせてもらった4年分の学費を早く返さないと下の子たちが通えないため)就職で今後考えたいと思っているのですが、やはり学士で研究職は無理なのでしょうか…。


    薬学進路指導担当♂さんへ。

    ぜひ男性の方の意見も聞かせて欲しいので何かあれば、お願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    工学系ですが

    しおりをつける
    blank
    との
    某自動車会社の研究所に勤務しております。
    院卒で入社1年目に入籍、2年目に挙式しました。
    主人は通信関係で開発部に在籍しています。

    >女性で研究職についている場合、結婚して家庭をもった後はどうされているのですか?
    買い物、掃除は週末にまとめて二人で行います。
    料理は週末に下ごしらえできるものはしておいて、早く帰宅したほうが準備します。
    洗濯は乾燥機付き、布団も乾燥機を利用のためあまり外に洗濯物は干しません。
    平日はほとんど会話する時間が取れませんが、そのぶん週末にのんびり二人でしています。

    >また、研究職の男女比はどうなっているのでしょうか?
    研究員500人程度で、そのうち女性は5人です。

    >やはり女性だと不利だったりしますか?
    今のところ不利なことは感じません。(むしろ得していることが多いかも。)
    産休、育児休暇で仕事を離れる可能性があるので、スキルを維持する努力は男性より必要なのかもしれませんね。

    納得できる進路を選んでください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大学ポストの現状

    しおりをつける
    blank
    匿名子
    私は大学のいわゆるアカデミックポストについているものです。結婚しています。
    結婚は別に関係ないのですが、子供の産み時については悩んでしまいます。現在の日本のほとんどの大学のアカポスは数年の任期制で、中には雇用契約は毎年行うところがあります。つまり、育児休暇取りたいな、なんて言っていると当然雇用主は雇いたくない(雇用契約更新したくない)でしょうね。そうこうするうちにどんどん歳をとっていきますので、安定したポジションについたら子供を、と考えていると高齢出産になるかもしれません。しかも研究業績をあげないと次への契約更新や就職活動にも影響するし、休む暇がありません。ついでに言うと、私立の大学はいわゆる失業手当等を支給する雇用保険に加入していないので、任期が切れたらすぐに路頭に迷います。
    そういうわけで、アカポスはお勧めできませんが、こうした悩みは若い女性研究者のしかも非常に少数しか持たないわけで、あなたが研究者に仲間入りしてがんばってくださるととても嬉しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    薬学進路指導担当様

    しおりをつける
    blank
    民間企業人事担当
    >より若い男性の研究職の人間と入れ替えを促される場合があります。

    なぜ男性?
    私は民間企業の人事担当です。

    薬学進路指導担当さんは、相手の学生が女性だから・男性だからという理由で、大学でそんなアドバイスをされているの?ちょっと信じられないな。

    進路指導を担当されている方の何気ないそういった発言が、企業の男女雇用比率(差別)に影響していると思えてならないのですが。

    女性の積極採用は 「男女共同参画基本計画」(平成12年12月12日閣議決定)及び「女性国家公務員の採用・登用等の促進について」(平成13年6月5日男女共同参画推進本部決定)等において公的に促進されています。

    ・・・フムフムと皆さんの文章を読んでいましたが、ちょっと気になるのでレスしました。
    5年-10年前とは違い、民間各企業では男女対等ですがね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    元研究員

    しおりをつける
    blank
    sousou
    元企業研究員です。
    私も就職活動の時、営業よりも研究、品質管理よりも研究と何より研究をすることを希望し、見事研究職にありつけました。実際、研究はとても楽しくやりがいがありましたが・・・この夏結婚を理由に辞めました。やは時間的拘束があまりにも大きいためです。残業に対しては職種柄当たり前なんだけど、これに結婚(もしくは育児)がプラスされることが想像できませんでした。家庭のことができなくなるというよりも、研究で今日中にデーター取らないとだめなのに帰らなければならない・・・でも結果は今日みたいと葛藤してる自分が想像できて、あっさり辞めちゃいました。後悔はしてませんが、もし就職活動のときに戻るなら研究職は求めないと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やっぱり院に行かないと厳しいのでは?

    しおりをつける
    blank
    元研究所勤務
    つい最近まで中堅製薬会社で研究職として勤務していました。

    トピ主さんは大手製薬会社で新薬開発のための研究をされたいのですか?

    でしたら、私の知る限り学部卒でそのような職に就ける時代は10年以上前に終わってしまったと思います。

    私が働いていた中堅製薬会社ですらここ5年で学部卒で研究職として採用された人は誰一人として聞きませんでした。

    ところで、家庭と研究職が両立できるかどうかは本当にその人次第だと思います。私は残念ながら辞めてしまいましたが、子供を抱えながら頑張っておられる方ももちろんおられました。ただし、旦那さんや親御さん等の協力を得られる恵まれた環境の方が大半を占めていたような気もしますが。

    でも、一応心に留めて欲しいことは大学院に行っても、今の時代製薬会社の研究職につくのは非常に難しいです。万が一それでも目指される場合、修士から旧帝大に移られたほうが良いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    研究職についています

    しおりをつける
    blank
    薬学でなく文系ですが
    薬学とは全く関係のない、文系ですが、既婚女性で研究職(大学教員)についています。
    薬学(というか民間企業での研究)と文系の私(で大学教員)とは全く違うかもしれませんが、結婚後の生活について。
    まず私は私立大→国立大(修士・博士)→学振→私立大教員です。
    民間企業は分かりませんが、大学教員は、昔ほどではないですが、時間に関してはある程度自由裁量がききます。
    授業と校務、行政の仕事、自分の研究を、好きなようにできます。
    でも今は、私立大学では雑務が多く、昔ほど自由ではないようです(私は昔から教員をしていたわけではないので分かりません)。
    単身赴任中ですが、大学教員については、今は少子化が進み、どの大学も懐事情がキビシイため、自分の専門にマッチしたところならば日本全国どこでも飛ぶという感じです。
    月に3回ほど、夫に会いに自宅に戻ります。

    私の弟は、化学で修士をでて、民間会社で研究員をやっています。
    民間の研究員とは言え、力仕事や汚れ仕事も何でもやるそうです。
    残業や出張もかなりあるようです。
    理系のことは、弟から聴いているくらいで、よく分かりませんごめんなさい…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女性研究者です(その1)

    しおりをつける
    blank
    月見草
    薬学部ではありませんが、博士号を取り、現在企業の研究職に就いているものです。

    残念ながら、研究職となるとやはり修士以上が求められると思います。食品会社の生産技術職などでは、学卒でも少数採用するケースもあるようですので、行きたい会社があれば、よくよく勤務内容を聞いてみてはどうでしょうか。イメージと違うことがあるかもしれませんが、「これならできそう」と思えるものがあればとりあえずアプライしてみてもいいと思います。

    もしかしたら、「研究職」としてゆうさんが思い描いていたものとは勤務内容が異なって、口惜しい思いをするかもしれません。
    でも、実際に研究職に就くとなると、学生とは違うので、研究のイロハを何から何まで教えてもらうというわけにはいかないのです。(お仕事としての研究なのですから、当たり前ですね)
    研究の目的・意義などを自分の頭で考え、人にも納得させ、確実に結果を出すための実験を組み立てていく能力が必要になってきます。学生実習及び卒業研究しかしたことがないとすると、それができる自信はありますか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女性研究者です(その2)

    しおりをつける
    blank
    月見草
    昔は企業が院卒(特に博士課程修了者)を敬遠する傾向があったようですが、最近ではその傾向も変化しつつあります。海外の研究者の中には、Ph.D.でないとディスカッションの相手にすらしてくれない人たちもいます。
    修士号を取っていれば、会社が博士号(論文博士)を取るための援助をしてくれるところもあるのですが、就職してから修士号・博士号というのはさすがに難しいですね。

    どうしても修士課程を終えるのは難しいのでしょうか。4年分の学費をご両親にこれから返すということは、ご兄弟はお年が離れていらっしゃるのですか?
    奨学金もいろいろ探せば、返還の義務のないところもありますし、自宅に住んでいらっしゃるのなら、遊ぶのを少し我慢して、奨学金の一部をおうちに入れる(いいか悪いかはアレですけど)ということもできるかもしれません。

    そろそろいろいろな会社の募集要項も出始めていると思いますし、今はネット環境も整備されているので、片っ端から気になる企業を調べてみてください。
    女性研究者は元気とフットワークが命!応援していますよ!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女性研究者です(その3)

    しおりをつける
    blank
    月見草
    書き忘れていましたが、私は結婚しています。旦那も研究者です。

    アカデミックポストにつこうと思うと、任期つきのポスドクを何度か繰り返す可能性が高く、子どもの計画もなかなか難しいのではないでしょうか。でも、企業の場合でしたら、最近は出産・育児のための休暇や援助がしっかりしているところが多いので、その点は安心していいと思いますよ。自分でモチベーションを保てるかどうかにかかっていますが。

    研究生活が不規則になるかどうかは、本人の自己管理次第です。実験を上手に組み、時間を有効に使うこと。もしパートナーがいらっしゃるのなら、まめに連絡を取り合い、助け合ってやっていければ、家庭との両立は決して無理ではありません。
    要は、ゆうさんが何をしたいか、どのように生きたいか、が大切になってくると思います。焦らずにゆっくり見つけてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      まず、大学院(できれば国立)

      しおりをつける
      blank
      とくめい
      まず、国立大学の大学院に進学しましょう。学費が安いだけではなく、研究設備が充実した所が多いです。
      大学院修士1年目で、アカデミックポスト狙いか、民間企業の研究所希望か、工場勤務で生産技術か、製薬会社の営業や学術、マーケティング・・・、等々ご自身の適性を考えてみるのが良いと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      現在何年生ですか?

      しおりをつける
      blank
      薬学卒
      >どこの研究でも、実験のために、たまに夜遅くなってしまうのではなく毎日不規則な時間になってしまうのでしょうか?
      きっとまだ進路が定まっていないので3年生以下でしょうね。これは研究室に配属になればわかります。研究内容により大きくかわります。いつでもストップできる(もちろん計画してとめられるところでとめますが)有機合成や分子生物は自由度が高いです。裏返せばいつでも帰宅できるがいつまでたっても終わりがないので徹夜でやろうと思えばどんどん進められる。
      物理や分析系もきちんと計画だててやれば、徹夜はあまりしなくてすむでしょう。

      変質が問題になるようなもの(例えばタンパク)、時間との勝負がある実験(タイムコースをとるとか、一度やりはじめたら止められない)、細胞の実験は遅くなることもあるでしょう(徹夜も)でも毎日ではないでしょうけれど。

      友達は細胞を扱っていましたが、自分中心ではなく、細胞様中心の生活になっていましたね。生き物をやりはじめると休みも不規則(ないかも)ですよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      二度目のレスです

      しおりをつける
      blank
      薬学卒
      研究職といっても大学と企業では違いは大きいと思います。
      女性にとって不利は・・・大学は上司によってはあるかもしれません。古い考えの人は女性を戦力とみていませんし、子供をうんだらやめるようにしむけた教授がいました。最近では見ていません。優秀な女性研究者もいますよ。

      でも残念ながら私が卒業したン年前でも、研究職は企業は修士が最低ラインでした。大学では博士が必要でしょうね。
      私立だから不利、とは一概に言えず私立だからこそコネが強いと感じたことはあります。ボス次第でしょうか。

      あとは本当にやる気があるのなら、社会人入学というのもあります。知り合いはそれで修士、博士をとりました。もちろん楽ではありません。夜間のように仕事が終わってから大学へいって研究をするのです。要領よく、が求められます。しかし、ずっと研究職と思われるのであれば普通に院へ進学されることをおすすめします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      医学部助手は?

      しおりをつける
      blank
      元助手
      10年ほど前に国立大の医学部の助手をしていました。
      国立大の薬学部は数が少ないので、自然と他の大学から採ることが多かったです。

      当時は薬学卒の助手が、基礎系の研究室に沢山いました。経歴は学部卒業でお声がかかる(つまり学部の教授のコネです)という他、薬剤師として大学病院ではたらくうちコネができて・・・というパターンがほとんどです。今も、例えば解剖学講座あたりでは非公募で助手を採っているところが、特に地方では残っていると思います。

      こういう言い方はなんですが、そこでの助手は文字通り「助手」で教授方の下支えをするのですが、ずっと家庭も両立させながらボチボチやるのなら、「薬学卒」というのは他学部卒より有利で、こういう道は結構おすすめです。

      私自身は他学部卒で、医学系では非主流派なので教育職へうつりました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      追伸;歯学部もあります

      しおりをつける
      blank
      元助手
      一度書きましたが、医学部よりもっと薬学卒の採用が多いのが歯学部(それも私大)です。

      歯学部の場合、基礎系の教官は絶対的に不足しており教授以外他学部卒がほとんどです。

      「研究職」といっても最先端を狙うレベルから、そこそこ学会誌に載せるレベルまでイロイロあります。最先端を狙うレベルでなければ、医療系は居心地が良いと思います。(企業の場合は目に見える成果がないと続けられないし、本当に好きなことができない)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      国立大学院に進学

      しおりをつける
      blank
      ああ夢城
       院に進学するには学費が厳しいこと、将来的に結婚育児をしたいと思っていることなど考えると、どなたかもレスされていたように、
      国立大学の大学院に進学→企業研究職に就く
      これが妥当な線かと思います。

       国立大学院進学については、通学している大学の教授や指導教官に相談しに行ってみてください。情報収集が結構大事です。
      行きたい研究室があっても、外部からの受け入れに積極的ではない研究室もありますので。

       ちなみに薬剤師の資格を持ちつつ化学やバイオの知識を身に付けていればかなり就職でも有利になると思うのですが。大学院では薬学部以外の学部も視野に入れてみてはどうでしょう?(もちろん薬剤師の資格を取ること前提で)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      自分で調査しましょう。

      しおりをつける
      blank
      文系スタッフ
      >研究者についてあまり良く分かっていなかったのですが

      えーと、就職活動するんだったら、ちゃんと勉強しましょう。なぜ薬剤師より、MRよりも研究者なんですか?

      最近、製薬会社のホームページには就職活動者向けのページがありますし、「リクナビ」には製薬業界内定者や現役社員のメッセージがあります。

      研究者は、実験の内容にもよりますが、動物実験などは24時間体制で動物の世話をしたり、薬物反応を見るために長時間ラボにいたりすることはザラです。泊まりも休日出勤も珍しくありません。

      大手の製薬会社は、学士で研究者は難しいです。市販後調査など「研究関連スタッフ」部門(市販後調査など)には学士がいますが、枠は狭いです。ちなみに薬剤師免許は必須です。

      それから、進路指導者を名乗られる方へ、
      社歴の長い女性研究者を、より若い男性研究者と置き換えるなんて、今時どこの会社でもやっていませんよ。
      女性研究者が退職していって、自然減少していくのが現実です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      追記です

      しおりをつける
      blank
      文系スタッフ
      少し脅かすような内容になってしまいましたので追記します。
      研究職でも、定時出社-退社されている方は多数います。
      ただ実際問題、会社に入ると専門分野や実験内容は自分では選べません。
      大学院で研究をしている人は、不規則な生活は慣れていますね。

      研究職ではなくMRに…と考えるかもしれませんが、女性MRは採用は多数ですが、長年働き続ける人は少ないです(3年以内で辞める人が多い)。生活は不規則になります。女性は、結婚はともかく、妊娠した時は仕事しにくいそうです(大きいお腹でドクターに会いにくいということで)。○有のように、女性MRに特に配慮している会社もありますが。
      学術、マーケティングなど内勤のスタッフ職に異動する人も多いです。

      薬剤師でも、特に調剤薬局などでしたら、専門性が高いし十分やりがいのある仕事だと思いますけど。

      ちなみに院卒の研究者で奨学金受けていた人、多いですよ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。

      しおりをつける
      blank
      ゆう
      たくさんのご意見・アドバイス等ありがとうございました。

      院進学は、前回書いた理由(私の下にまだ高校生2人・中学生1人がいる)の他、実は、親が病気で障害をかかえてしまい、職を失ったわけではありませんが、以前と同じようには働けないということもあり、国立大学であっても、奨学金を当てにして進学するということも無理な状態であるため断念しました。
      このトピを立てたときは、奨学金で進学すれば問題無い!!と家族のことを考えず身勝手な独りよがりな考えをもっていたので今と話が矛盾してしまいました…。

      そのため学士で研究職につけるところは無いかと探し始めました。なぜ、研究職につきたいかというと、3年後期から研究室に配属され研究の面白さを実感したからです。そして、研究に自分も携わりたいと思うようになりました。医薬品、化粧品関係の研究をしたいと考えていました。これができるなら大手ではなくてもぜんぜん構わないと思っています。

      しかし、そう考える反面、研究職がものすごく狭き門であることも痛感し、もっと他の職についても現実的に考えてみようと思います。

      そして、第一に家族を大切にしたいので…。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。その2

      しおりをつける
      blank
      ゆう
      最後に。トピから話がずれてしまいスミマセン。研究職について甘い考えをもっていたので、現状が聞けて、みなさんの書き込みから得るもの、考えさせられるものは多く、ためになりました。本当に感謝で一杯です。ありがとうございました!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る

        遅くなりまして済みません

        しおりをつける
        blank
        薬学進路指導担当♂
        民間企業人事担当さま、本当にあなた方の組織内部のことまで把握して仰っていますか? 私の元には現にバブル中・後に就職したOGの人たちが「何やかんや言っても、若い男手が必要なのかな?」とボヤキに来る現実があるのですが…。その半数は中小企業ですが、大手もいます。あるいは、私のいる学校だけの話でしょうか?

        ただ、薬学部というのは元々女性が多いので、分母が多い分、私の元を訪れる女性の数が必然で多いのかも知れません。そのことはお断りしておきます。

        さてトピ主さん。すでに何人かが書かれているように「研究職で家庭も大事にして」という生活を送ることのできる方は実はかなりまれです。もちろんゼロではないので「貴女には無理」とは言えません。しかし、そういった方は同じ職場の男性の倍以上の業績を上げているのが常です。これが現実です。つまりそうしないと評価してもらえない社会です。

        学士で研究職が全くないわけではありません。地方への転身を厭わないならば、ですが。親御さんの元からは離れることは可能でしょうか? そうでなければお住まいのところで探すには困難かもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        2度目のレスを読んで

        しおりをつける
        blank
        数学科の院生
        数学科の院生です。

        >院進学は、前回書いた理由(私の下にまだ高校生2
        >人・中学生1人がいる)の他、実は、親が病気で障
        >害をかかえてしまい、職を失ったわけではありませ
        >んが、以前と同じようには働けないということもあ
        >り、国立大学であっても、奨学金を当てにして進学
        >するということも無理な状態であるため断念しました。

        とありますが、少なくとも国立大学では止むを得ない事情がある場合学費は免除になります。実際私の所属する学科でも年に数%の人の授業料が全額免除もしくは半額免除になっています。
        奨学金もいろいろなところから出ていますし、組み合わせることもできます。
        したがって、たとえば不運にも突然保護者を失っても経済的には大学にいくことは可能です。

        金銭的な問題は解決することが可能です。

        数学科では数学の研究を続けるには大学に残るしかなく、したがって研究職は狭き門なのでその道を断念する人が多いのですが、中にはどうして悔いが残らないまで頑張らなかったのかと後悔する人もいます。
        そういった人達を知っているので、あなたの場合は事情が違いますが、おせっかい発言をしたくなってしまいました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        もし本当にがんばる気持ちがあれば

        しおりをつける
        blank
        月見草
        技術者派遣の職を探し、スキルを積み、紹介予定の仕事から正社員の研究職につくことを目指すという考え方もあります。
        かなり大変だと思いますし、いつかは必ず正社員になるのだというモチベーションを保ちつづけることが必要です。

        やはり院は無理ですか。
        たいへん失礼なのですが、国立の大学院に入る努力から逃げていらっしゃるのでなければ良いのですが。

        新卒で就職し、これまでゆうさんにかかった学費(400万くらい?)をご両親にお返しするには、ご自宅に住んでがんばって3年以上はかかりますよね。学費免除で(それだけの事情があれば、国立ならかなりの確率で免除になります)奨学金をとって、おうちにお金を入れるのとあまり変わらないと思うのです。

        ご家族を大事にして、夢も叶えたいというゆうさんのお気持ちに打たれたので、少々厳しいことを言いました。どのような道でもやっていける方だと思いますので、ぜひ挫けずにがんばってくださいね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        数学科の院生さんへ

        しおりをつける
        blank
        横です
        国立大の学費免除は、自営業の親でないとまず無理ですよ。自営業ならどんなに大金持ちでも赤字だといえますので免除になります。サラリーマンの場合だと驚くほど低い年収でもだめでした。新聞で騒がれたこともありますね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        頭でっかち

        しおりをつける
        blank
        博士卒研究者
        条件ばかりを気にする前に,「研究とは何か」をもっと調べてはいかがでしょうか?大学とは高校とは異なり自由なところですから,カリキュラムどおりの卒研にこだわらなくても,親切な先生なら対応してくれるはずです(実際私はそうやって学部2年から研究室にお世話になりました).

        まずは研究(実験?)をやってから,自分が研究者に向いているのか考えて下さい.やってもいないのに,生活が不規則になるかどうかを気にしても何も始まりません.

        それと,皆さん書いているように,研究者に修士は必須です.なぜなら修士に行って初めて研究をかじることが出来るからです.卒研は体験入学みたいなものです.

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  35
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0