詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    つまらないものですが・・・

    お気に入り追加
    レス34
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    こんこんギツネ
    ヘルス
    「つまらないものですが」の是非についてお聞かせください。

    テレビでマナーの先生が「つまらないものですが」は使うべきではないとおっしゃっていました。
    使うべきではないというのは、先人が、欧米マナーの重視から、英語で使うべきでないからと定着したものと思います。

    国によりマナーが違うのは当たり前で、先方の国のマナーについて調べもせず日本語を直訳、意味の説明を海外にも、国内の若年層にもおこたった先人の間違いに、日本の伝統を曲げるべきではないと思います。

    http://www.melma.com/mag/18/m00116318/にもあるように、英語でも似た表現があり、表現は違っても根幹のスピリッツは変わらないのです。

    「精一杯の気持ちを込めましたが、あなたにとってはつまらないものかもしれませんが」という謙譲語と「お返しはいりません、気を使わないでね」という意味が短い言葉にこもった素敵な言葉だとおもうのですが、これからの世の中では使うべきではないのでしょうか?

    つかうべきでないという意見は、形式のみにこだわって贈る心を忘れた結果とおもっています。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数34

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  34
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    私は使いません

    しおりをつける
    blank
    霜月
    本かテレビから、そのような情報を得て以来使っていません。

    解釈の仕方は人それぞれですが、私は「心こめて選んだけど、つまらないモノ」を、大事な人に差しあげられないという解釈です。

    「こういうモノも貴女さまやご家族にはいいかなぁと思い、選びました。お口に(お好みに)合えば幸いなのですが・・・。」との言い方にしています。

    ま、言い方・表現の仕方の問題なんですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    違う理由

    しおりをつける
    blank
    マナー
    「つまらないもの」と思う品を相手に渡すのは失礼なので(実際に思っているのではないでしょうが、言葉の意味として)、「お口に合うかわかりませんが…」などという言葉を使う方がいいと聞いた覚えがあります。
    両方とも根底にある気持ちは同じですよね?
    そのテレビを見ていないのでなんとも言えませんが、そのマナーの先生は欧米のマナーとの比較で「つまらないものですが…」がいけないといったのではなく、上記の理由からいけないと言ったのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    使いません

    しおりをつける
    blank
    あこ
    つまらないものは人には渡さない・・・という解釈の元、私は使いません。
    人に何かを差し上げるときは、一生懸命に選ぶので、食べ物だったら「コレ、おいしいので、食べてもらいたい」といって渡します。
    「つまらないものですが・・・」というよりも、『おいしいので・・・』と言われたほうが、もらったときにうれしくないですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    使いません

    しおりをつける
    blank
    いつまでも勉強
    確かに「日本語の謙譲」という観点からトピ主さんの主張もわかります。
    でも、個人的にどうしても使いづらいと思ってしまうので私は「気に入っていただけると嬉しいです」と言って品物を贈るようにしています。
    謙遜な気持ちというのは大切にすべきですけど、「言葉どおり」に解釈する方も世の中多いですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    たなぼた
    使うような機会がないんで使ったことはあまりないんですが、個人的にはいい言葉だとは思います
     昔の時代のお互いを引き立てあって自分を下げるという考え方から「私はできる限りあなたにあうものを考えましたが、あなたは趣味のいい人ですからこんな程度のものではつまらないとおもうかもしれません」っていった感じの意味合いがふくまれてるわけですよね???(違うのかな?)
     ストレートな表現が好まれている時代になっているんでしょうね 言葉もかわっていくわけですから

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    基本的には各人の考え方次第でしょうが

    しおりをつける
    blank
    西洋被れも大概に
     トピ主さんがお聞きになったというテレビでの発言の主は,恐らく確実に「西洋のマナーにそぐわないから」を根拠にしています。こういうのが「西洋被れ」だと思います。大体現在の我が国では「有識者」と称される階層に属する面々ほど西洋崇拝的兆候が甚だしいものです。
     こうした弊風は本件に限らず広範に見られます。以前,さる人物が電話で相手に「外国人が不思議に思うから手を口に当てて笑わないよう皆に注意しろ」という意味のことを言っているのを耳にしましたが,これなどもそうです。
     西洋人に理解されない風習は覆い隠せ(廃止しろ)とは暴論の極みであり,そういう理由から「『つまらないものですが』を使うべきではない」という主張には私も反対です。
     尤も,かと言って「つまらないものですが」と言うべき,とも言い難く,結局,どのような言葉を添えるかは1人1人の考え方次第ということになるとは思いますが・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本人同士なら何も外国かぶれしなくても

    しおりをつける
    blank
    ミンチョコ
    少なくとも私の周りの日本人に
    「つまらないものですが」というこちらの気遣いに対し、
    「つまらないものなら持って来るな!失礼な!」と思うような人はいないと思う。

    別の例では日本の商品には「この度は弊社の商品をお買い上げいただきまことにありがとうございます」式の挨拶が入っていることがあるが、

    米国の商品を買ったら「貴方はこの度、(我社の商品を買うという)大変賢明な選択をなさいました」という挨拶が入っているので文化が違うんだなあと思った。

    TVCMでも、例えば以前あった「味なことやるマクドナ@ド♪」などというのはいかにも外資系らしい、日本の企業ならこういう押し付けがましい自画自賛的なCMは作らないだろうと多少の違和感を持ってみていた。

    それぞれ文化の違いでいいのでは?

    自社製品に自信と誇りがあるなら「買ってもらってありがとう」と客に頭を下げるのはおかしい、「あなたは当社製品を買うという賢明な選択をして得をしましたね」と言うのが当然、という発想を日本人がわざわざする必要ないと思いますし。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    伝統は失われていくのですね・・・

    しおりをつける
    blank
    こんこんキツネ
    トビ主です。
    いろいろなご意見をありがとうございました。
    とても参考になりました。
    やはり現在は使わないかたが多いのですね。
    現状では使わないほうが無難だということがわかりました。
    コメントしていただいた内容で、
    特に、いつまでも勉強さんの「言葉どおり」に解釈するという言葉が象徴的で寂しさを感じました。

    「つまらないものですが」
    「結構なものを」

    一生懸命選んだと言われても、珍しいものだからといわれても、
    好みで無い場合もあるわけで、
    その場合も、押し付けにならず、相手に使うなり捨てるなりの選択を託して渡す。
    見返りも求めず好意のみを示す。

    贈られた側も、
    つまらないものと言われても、贈られたものが、
    以前たった一言好物だと言ったものだったり、珍しいものだったり、
    体調や、好みをよく考えて贈られたと、
    相手の人柄、人也を思い致しありがたくいただく。

    言葉が短いからこそ、そこに媒介する物を通じて相手の行動や心を鑑みることが本来の贈答で、そこを置き去りに儀礼的なことだけを残してしまった。言葉の背景が失われた伝統の断絶の一例を見ました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本人同士なら何も外国かぶれしなくても 2

    しおりをつける
    blank
    ミンチョコ
    実際に私が使う場合は、年輩の方が相手なら「つまらないものですが」と普通に決まり文句として「相手に敬意を表してへりくだる気持ち」で言いますし、

    もう少し親しい間柄なら例えば「つまらないものですが、自分が食べてたいへんおいしかったので、もしお口に合って喜んでいただけたらと思って」というように、謙遜表現と、喜んでもらいたくて頑張って選んだという気持の両方併せて言っていると思います。

    「つまらないもの」だけでは愛想がないと思うし、「大変おいしかったのできっと喜んでもらえるのではと思って」だけでは押し付けがましいので、
    両方を入れて、ちょうど一番バランスよく自分の気持ちが表現できるという感じです。

    日本文化の中で育ったのに、

    「粗品」と書いてあるものや「つまらないものですが」と言われてものを貰った時、

    それが謙遜、奥ゆかしい気持ちだと受け止められず、

    「つまらないものならくれるな!」「人に粗末なものをくれるなんて馬鹿にしてる!」と思うなどという人は、日本人なのに日本の心がわからない、人間的に潤いの無い人のように思えます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も好きじゃないです。

    しおりをつける
    blank
    かなかな子
    例えばですが、

    「これ、私がすごく好きな○○のお菓子なんですけど、よかったら食べてください♪」

    みたいな感じにしています、

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    欧米・・?

    しおりをつける
    blank
    月ウサギ
    まず、トピヌシ様の「欧米」を批判をする訳では有りません。
    でも一言。
    中国で暮らしているのですが、こちらでは
    「一点儿心意(ほんの気持ちです)」
    を使います。
    中国語と英語の文法は日本語と中国語より近いので結局欧米と一括りにしてもOK、と言われるかもしれませんが。
    私的には欧米と日本の中間表現に感じるのですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「つまらないものにはメーン!」

    しおりをつける
    blank
    ツジモトシゲオ
    「おいしいので食べてください」って言われたら、多分「あんたの言う”おいしい”が万国共通かよ? えぇ? あんたの中じゃあんたが世界の中心かもしれんが、他人の世界はそれぞれのものだよ。そんなことわかんねーの? 自分の基準の押し売りするんじゃねーよ。せめて”私はおいしいと思いましたけど、いかがでしょうか?”ぐらいは言ってみろよ」って思っちゃうね。

    お互いにへりくだっておくのは、日本人の人付き合いの基本だと思うけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    イランに行った時に、

    しおりをつける
    blank
    チェトーレ
    ペルシャ語にも日本語の謙譲語のような、相手を上に置いた表現がたくさんあることを知りました。「花のようなあなたにはそぐわない、つまらない贈り物ですが…」といった表現もあるそうです。

    イランはアラブと混同されてますが、実はアジア圏に入れられることが多く(言語的にはインド=ヨーロッパ語族で人種的にはアーリア人が多いとのことですが)、人の物腰もかなりアジア人に似ています。

    英語のガイドブックを読むと、そういった奥ゆかしい態度や表現方法は欧米人には分かりにくいらしく、細かく説明がついていました。

    日本人ならすぐ分かりますよね! と言いたいところですが、ここでついているレスを読むと、何だか自信がなくなってきました…(汗)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本語では正しくても

    しおりをつける
    blank
    正孝
    海外と日本では、感じ方が違って当然だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    臨機応変に行こうよ

    しおりをつける
    blank
    生まれも育ちも日本
    へりくだった言葉を自分で言うのは勝手にすればいいと思いますが、相手に要求する文化は大嫌いです。
    第一、へりくだれば良いってものじゃない。
    相手を大切に思っている事を伝えるのが目的だし、その方法を無理矢理ルール化する必要もないと思います。

    個人的には「つまらないものですが」という言葉は臨機応変に使うべきかと。

    相手の為に物を選ぶ場合(祝い事等)では、「私が自信を持って選びました」とか「貴方に合うと思って」という言葉が良いと思います。
    西洋かぶれというより、こう言ってもらった経験のある人は、「つまらないものですが」という言葉を添えられるよりよっぽど嬉しかったり、スッキリした経験があるのでは?(私はその一人です)

    しかし、企業がお客様に差し上げる粗品等については、確かに「ツマラナイ物ですが」はOKだと思います。
    相手にとってつまらないかもしれなくても、とりあえず渡すものだし、それを相手も了承しているので。

    言葉は生き物ですし、いいと思った言葉使いはどんどんとり入れれば良いのでは?
    「つまらないもの」に固執する必要はどこにもないと私は思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      西洋被れは×だが、「つまらないものは」も×

      しおりをつける
      blank
      追知
      私の日本の謙譲の文化や言い回しなど好きなものは多いです。また、西洋はこうだから、日本もそうすべきだと一方的に押し付けるようなことも好きではありません。
       ただ、私個人としては「つまらないものですが」という言い回しは、謙遜というより失礼に感じてしまいます。「つまらないものですが」という言葉が使われるようになった歴史的背景には謙遜の気持ちがあるからかなと想像しますが、やはり違和感を感じます。
       私の場合は「お気に召してもらえるかどうかわかりませんが・・・・」といいつつ、相手の好みを把握して送るのが良いのかな?しかし、相手の好みがわからない場合は難しいですね。「もs、お気に入ってもらえなければ、ご自由に処分してください」と言うのが良いのかな?
      ただ、「つまらないものですが」と言われても、それは日本の謙遜の文化によるものと理解しているので、否定はしませんし、こころよく感謝したいと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      つまらないの解釈違うんじゃない??

      しおりをつける
      blank
      ズンドウ
      「つまらないものですが・・・」のつまらないは、(私も要らないくらいつまらない)ではないでしょう明らかに。
      (一生懸命選んだものです。でもあなたにとってはつまらないでしょうが)という謙遜の気持ちが込められてるわけ。なのにどうしてそんな解釈になってしまうのか・・・。

      言葉って長い文化の歴史の中で培われてきたもの。その成り立ちを追っていたら当然現代の生活にそぐわない。でも言葉は気持ちを代弁するものなわけだし、いちいちやってたらキリがないのでは?

      「ありがとう」は、有難い-->つまり滅多にあることではありません、からきてる。なら、よくあることならありがとうは言わないかっていうとそうではない。

      「こんにちは」は、今日はご機嫌いかが?が訛ったものだけど、では特に相手の機嫌を知りたくないときは使わない?そんなことない。

      むしろ「これ私も大好きだからどうぞ」なんて言われたら、(何押し付けがましいこと言ってんだ)って逆に印象悪くなる。迷惑だし。「つまらない」を使うべきではないって言った人は、そういう心遣いができない人なのかね。

      まず心を遣うの!言葉云々じゃなくて。
      カブれるのも程ほどに。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      使います!

      しおりをつける
      blank
      ぱんた
      「つまらないものですが・・・」って、言いますよ!
      特に、相手が目上の方の場合などは。

      だいたい、贈り物を選ぶのに本当に「つまらないものを」と思って選ぶひとなどいません。相手に良かれと思ってするのです。
      そんな当り前のことを「”私は”いいと思って選びました」と自分の感覚を前面に出すのは、ちょっと押し付けがましいように感じます。せいぜい、「”あなたに”使っていただきたくて選びました」くらいなら言うかもしれませんが・・・
      もちろん、自分がいただくときにそういわれたとしても「ありがとうね」と思うし、言いますけど。

      「つまらないものなら持ってくるな」なんて、本気で思うとしたら、ちょっと大人げないんじゃないですか?
      贈り物って、気に入る/気に入らないという色分けだけでなく、相手が下さる気持ちをいただくものではないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      どこかのマナーの先生が

      しおりをつける
      blank
      うさぎ
      「つまらないものですが」ではなく「心ばかりのものですが」を使いましょうといっていまいした。
      「これ○○で人気の××です。」ってのをあげるついでに伝えてもいいそうです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      外国の方でも

      しおりをつける
      blank
      Isaak
      きちんと趣旨を理解した上で,「つまらない物ですが」といいながら
      お土産などを差し出す日本語流暢な留学生を複数知っています.その人たちの出身は英語圏,北欧,韓国,東南アジア,など色々です.
      勿論中には趣旨に賛同できないから使わない人もいるでしょうが,お互いに理解しようと言う気持ちがあれば何の問題もないような気がしますが.

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      自信過剰?

      しおりをつける
      blank
      匿名
      > 相手の為に物を選ぶ場合(祝い事等)では、「私が自信を
      > 持って選びました」とか「貴方に合うと思って」という
      > 言葉が良いと思います。

      これって

       「私がいいと思ったのだからあなたは気に入るはずである」

      っていう風に聞こえて仕方がないです。なんか喜ぶ事を強要されてるみたい。贈り物は相手に喜んでもらうためなのに、贈り主が自信を持って選んで贈ってる事ばかり強調されてるみたいで鼻につきます。

      こういう事いう人って、自分のセンスに絶対の自信が有るからいえるのかなあ?

      私の経験で言えば、こういう事言う人から心に残る贈り物を受けた事がありません。相手の趣味がすごく反映された「いかにも」な物や、言う割には印象に残らない無難な物ばかりです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      あまり使わないけれど好き

      しおりをつける
      blank
      トクメイ
      あまり目上の方にものを贈る機会がない私はほとんどこの言葉は使いません。友達同士だったら、「よかったら使って(食べて)」のように言ってます。

      でも、この言葉を聞くのは好きです。奥ゆかしくて素敵じゃないですか。自分がこの言葉を言われたら、相手のそのお気持ちをありがたく受け止めます。決して非難がましく思ったりはしませんね。

      この件に限らないんですが、謙譲語ひいては謙譲の精神が失われつつある背景には、ここでいう「言葉通り」に解釈する人の増加があるような気がします。なにも自分を卑下しているからこうした言葉が出てくるわけじゃないと思うんですけどね。へりくだっても揺らがないだけの自我があるからこそ柔軟に謙譲の精神が発揮できる日本人はかつては多かったのではないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      しなやかに対応したい

      しおりをつける
      blank
      やっしー
      >つかうべきでないという意見は、形式のみにこだわって贈る心を忘れた結果

      「つまらないものですが」を使う人だって形式だけの人いますよね。昔からの決まり文句ですから。

      「つまらないものですが」を全否定するわけではありません。が、
      今は「つまらないものですが」と言われて、「え?」と思う方が少なからずいらっしゃるのが現状です。
      マナーも時代によって少しずつ変化していると思います。
      そういう時代の流れの中で頑なに「つまらないものですが」を使い続けるのはいかがなものかと。
      以上の理由から、個人的には「つまらないものですが」を使いません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      感銘

      しおりをつける
      blank
      雪平
      ズンドウさんに1票。

      まさしくそのとおり。挨拶や決り文句なんて、元々の意味からは乖離して単独で意味を為している言葉。日本語だけじゃなく、例えば「初めまして」に当る英語の「How do you do」だって、直訳したら「あなたはどんなことをしている人ですか?(あんた、何者だ?)」だし。

      こだわりだしたら、語源辞典をどれだけ買い込んだって、キリがありません。封建的でそのまま日常で使われていて、しかも言い換えも困難な言葉だってたくさんあります。

      「まず心を遣うの!言葉云々じゃなくて」。よく覚えておきます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      匿名さんへヨコレスです

      しおりをつける
      blank
      生まれも育ちも日本
      匿名さんに、私のコメントを引用いただいているので、ちょっとヨコレスさせていただきますね。

      >「私がいいと思ったのだからあなたは気に入るはずである」

      気に入る「はず」というのは、少なくとも実際に私が
      >「私が自信を持って選びました」
      >「貴方に合うと思って」
      等の言葉を聞いた時(多々あります)には露ほども感じた事がありませんし、ずいぶん私とは違う感じ方だなぁと思いました。

      おそらく、言い手聞き手のそれまで築き上げた関係や、その場の雰囲気、聞き手のパーソナリティによるのでしょうね。

      匿名さんからコメントをいただいて、最初の私のコメント「臨機応変に」と、尚更強く思うようになりました。
      相手の目を見て何を望んでいるか察する能力、その場の空気を読む能力、それらを個々が鍛える事が、より良いコミュニケーションを生むと思えます。
      ある程度の言葉のルールを決めるのはよい事かもしれませんが、それに振りまわされて本質を忘れてしまっては本末転倒でしょう。

      受ける言葉には寛容に、発する言葉には気をつけて、贈り物をする事によって、贈る方も贈られる方もハッピーになりたいものですね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      心や体の悩みランキング

        その他も見る その他も見る

        使う時、あります。

        しおりをつける
        blank
        あいあい
        親しい友人への差し入れでも、
        その貰ってくれる相手が「これ欲しい」「いいなあ」
        と言ってたモノでもない限り、
        あくまでも「自分がいい」と思って持ってきたものです。

        だから、つい言っちゃうんです。
        「つまんないもんだけど」とか
        「気に入るかどうかはわかんないけど」とか・・・。

        一応、自分が「いいな、これ。」って思うものを選んでますけどね。あくまでも自分基準だし・・・。

        使っちゃダメですか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        武士道

        しおりをつける
        blank
        mica
        新渡戸稲造著の武士道に、その所以が書かれています。

        「これはつまらない物です」ではなく、「あなたのような立派な人からみたら、どんな高価な物でもつまらない物となりますが…」という意味なんです。

        私は好きですけどね、「つまらないものですが…」って。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        言葉の機微

        しおりをつける
        blank
        ムーンフェイス
        「つまらない」(goo辞書より)
        (2)興味がもてない。おもしろくない。
        (3)とりあげるだけの価値がない。取るに足りない。下らない。
        (4)ばかばかしい。不利益だ。
        (5)得るところが少ない。するかいがない。

        これだけ色々なニュアンスの違いがあるのですね。
        贈り物の場合、(3)或いは(2)ですね。

        最近は日本語の表現は単純化、直接的表現ばかり目立つようになりました。歌の歌詞を聞いていても、ドラマを見ていても、直接的な言葉や行動で表現しないと理解できない人が増えていると感じます。

        トピ主さんの提起された問題も、詰まるところ(4)(5)のような意味でしか使われなくなった結果起こった誤解に近い現象なのではないかと思いました。

        微妙なニュアンスは今後もどんどん淘汰されていってしまいそうですね。

        チェトーレさん、イランでもそのような表現があるのですね!(なんだか嬉しい)勉強になりました。

        ちなみにCMの大滝秀治さんの「つまらん!」は(4)ですね(笑)
        ワタシ的に最近の歌やドラマの↑的傾向も、「つまらん!」です(苦笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        その場の雰囲気で、

        しおりをつける
        blank
        ミセス小鉄
        私は言い方を変えます。
        夫の親戚や昔からの地域では「つまらないものですが」、
        知人・友達には「簡単なものだけど」、「少しですが、よかったらどうぞ」。

        それにしてもこういうトピを見るといつも吉本新喜劇を連想してしまいます。
        客 「これ、つまらないものですが・・・」
        主人「つまらないものなんか要らんわ!」 または、
        主人「つまらないものにはメーン!」(杖で叩きつぶす)

        やくざな客「おう、ちょっと邪魔すんで~」
        店主   「邪魔するんやったら帰って。」
        やくざな客「はいよ~・・・って、帰れるか!」

        これも昔からの言葉のやり取りを分かっていなければ、見ていても面白くないですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ズンドウさんに賛成

        しおりをつける
        blank
        ぺん
        つまらないという意味は、すばらしい物をお使いのあなたにとってつまらないものですが、どうかお使いくださいませ。という意味でしょ。
        で、受け取った方は、私のような者にこのような結構な物を頂きありがとうございます。となりますよね。
        お互い相手を立てているわけです。

        それを西洋かぶれ風に言うと、あなたにとっておいしい物を買ってきました。となり相手が良品を使ってない意味が含まれます。
        友達どうしならいいですが、正式な場ではつまらない物と言った方がいいでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  34
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0