詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    私は飯炊き女じゃない!

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    蝶々
    恋愛
    結婚2年目、子供なしの蝶々と申します。
    主人のことで相談したいと思います。
    平日でも週末でも旅行に行っても、夜は「寝てるだけ」なんです。
    本人曰く「疲れている」とのこと。
    確かに主人は金融機関勤務で精神的にも疲れているのかもしれません。
    (だけど週3回、趣味のサッカーには行くんですよね(苦笑)

    その後はマンガ喫茶やコンビニ等々寄道して、待てど暮らせど帰ってきません。本当に疲れているのか疑問です。)
    私は30代半ば、主人は30代後半です。正直なところ子供も早く授かりたいですし
    子供云々をなしにしても、まだ新婚と言われる時期なのに、ただ寝ているだけの主人に寂しさを覚えます。
    私は毎日、洗濯掃除をし食事の仕度をしてるだけのヘルパー状態。

    これで夫婦といえるのでしょうか?
    なんだか身も心も寂しいです…。

    トピ内ID:9545746233

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    寝ててもお家にいるんでしょ?

    しおりをつける
    🐱
    しゃんぷぅ
    えーと 専業主婦さんでしょうか?違ってたらごめんなさい
    専業なら家事はトピさんの仕事ですよね。そしてお家にくつろぐ場所をゆったりする時間を与えてもいいのでは。旦那さんがサッカーなどにいくなら付いていっちゃうとか。帰りに買い物とか出来るし、主婦も日曜日はお休みして旦那さんと寝てればいいのに・・・・
    夫婦って思いやりも大切ですよ。疲れてるのはお互い様。イライラするくらいなら二人でのんびりするのもよし、うちは土曜日は互いに好きな事をして日曜は一緒にいます。ただ寝てたりテレビみたりして。
    子供ができたらそれこそ戦争です。

    トピ内ID:8059852809

    閉じる× 閉じる×

    ひょっとして

    しおりをつける
    💄
    torineko
    トピ主様はご自身で趣味とかありませんか?
    専業主婦でひょっとして夫に依存している傾向があるかもしれません
    もう少し夫のことを忘れて自分のしたい事に夢中になる時間を持つと
    いいと思います
    私だったら飯炊きなどの家事も自分が惨めになるくらいなら止めて
    自分で自分を幸せにする方向へ持っていきます
    夫抜きでイキイキして人生楽しんでいれば
    夫もふり向いてくれると思います

    旦那さんは
    家で自分が幸せにしてくれるのを待っている妻がいるようでは
    疲れてるのに帰りたくなくなりますよ

    トピ内ID:2039376375

    閉じる× 閉じる×

    それなら

    しおりをつける
    blank
    たから
    旦那さんは本当に疲れてるんですよ~
    金融機関は精神的ストレスがすさまじい場合があります
    趣味のサッカーで運動したり
    まんが喫茶でストレス解消してるのかもしれません
    ストレスのある状態では夜もつらいでしょう
    それならいっそのこと
    トピ主さんが働いて
    旦那さんを専業主夫にしてはどうでしょう?
    トピ主さんも旦那さんも刺激的な新しい人生が送れるかもしれませんよ

    トピ内ID:1012415360

    閉じる× 閉じる×

    働きに出てみては?

    しおりをつける
    😉
    のっち
    ご主人に聞いてみないとわからないので憶測で申し訳ありませんが、ご主人の仕事の疲れは、「子供を持ち責任を負うこと」への拒否につながっているかもしれません。
    疲れていると人はとにかく自分の時間が欲しくなります。趣味に没頭したり、寄り道でちょっと買い物をしたり。

    子供が出来れば、時間もお金もさらに削られます。新たな責任も負います。
    それが嫌で、何となく逃げているのではないでしょうか。
    今の彼の行動を見ると、家に帰る=自分だけのプライベート空間が持てない状況で、それに慣れてない気がします。

    ご主人と話してみて、子供を持つことに躊躇してそうなら、1年なり2年なり時間を決めてパートに出て貯金をしてみては。
    子供が出来たらこんな家計になるという計算もしておくといいと思います。
    そして、お互いが一人でくつろぐ時間と一緒に楽しむ時間のメリハリをつけて、彼が疲れをリセット出来るように配慮して、たまには夜も一緒に休みたいと素直に甘えてみてはどうでしょうか。

    トピ内ID:0086443981

    閉じる× 閉じる×

    俺はATM男じゃない!

    しおりをつける
    blank
    クール
    ってご主人から言われそうですね。

    金融機関という激務で身も心も疲れているご主人に対して
    思いやりが感じられません。

    自分の主張ばかりするタイプの人はあまり結婚には向いて
    ないようですね。

    トピ内ID:8857914919

    閉じる× 閉じる×

    お互い様のような気が

    しおりをつける
    blank
    puc
    気持ちはわからないでもないですが、このトピタイトルは最悪です。
    こういう気持ちを持ったらご主人の答えは、オレは会社に行って金を稼ぐ機械じゃない、ですよ。
    お互いに相手のために何かしてあげる、という気持ちを持ちましょうよ。
    自分の都合が優先になったら、結婚生活なんてやってられません。

    トピ内ID:0732632639

    閉じる× 閉じる×

    普通に考えて、ご主人はトピ主さんを好きじゃないだけでは?

    しおりをつける
    blank
    ふうむ
    普通に考えると、夫さんは、
    「トピ主さんをもう好きじゃなくなった」んじゃないですかね?

    でも、自分から離婚を切り出す程でもない。
    だから、ひたすら耐えて、ただ生活している。

    でも、好きじゃないから夜の夫婦生活はしたくない。

    なるべく家にも帰りたくない、
    少しでも、自分の好きなことをしたい。サッカー、寄り道。

    トピ主さんから逃げていたい。

    だけなのでは?

    でも、トピ主さんの生活費は出しているから、
    その対価(家事労働)は当然して欲しい。

    トピ主さんが、こんなの結婚じゃない、
    慰謝料も、財産分与も要らないから、
    離婚して欲しい、と言ったら、待ってましたと承知するのでは?

    トピ内ID:5118161659

    閉じる× 閉じる×

    抱きしめてもらえないのが不満?

    しおりをつける
    blank
    ちゅうねん
    ご主人は精神的に疲れてて、妻を抱く自信がなくなって…で、トピ主さんがいる家に戻るのが辛いってことはないですか?

    私だったら怒るより夫の体を心配するよ。

    トピ内ID:7148199544

    閉じる× 閉じる×

    私はトピ主さんの気持ちわかります!

    しおりをつける
    😝
    れもん
    ここでトピ主さんを批判をしている外で働く人たち。
    「お金を稼いできてやってんだから好きなことぐらい存分させろよ!専業主婦のオマエの相手なんてイチイチしてられねーんだよ!あ~今日も疲れた疲れた」ですか?こういう高慢で横柄な夫の態度に専業妻の心は少しづつ凍りつき次第に愛想も尽きていくのですよ。妻側から見てこれほど一緒にいて楽しくもなければ面白くもない相手の為に何ゆえ毎日ご飯を作り、シャツにアイロンがけしなきゃならないのか時々わからなくなることもあります。

    そしてこういうトピで二言目にはだったら離婚して自立すれば?ですよね。そういう問題じゃないんです。ただ一生を一つ屋根の下で暮らすつもりの相手とは何年経とうが一日の終わりに一言二言でいいからホッとするような「対等な心の会話」が欲しいと思うんです。それだけなのです。何の為に一緒に暮らしているんですか?ストレス解消に好きなことをなさるのはおおいに結構です。でも家庭内であなたのお世話をする側の人間にも「家事の時間的都合」や「心」や「感情」があること忘れないでください。外で一生懸命働いてくれているあなたには感謝していますよ。

    トピ内ID:4021356507

    閉じる× 閉じる×

    いや、お気持ちわかりますよ

    しおりをつける
    🐱
    ねんこ
    趣味等に没頭出来れば一番いいんですが、それが出来ないほど寂しいからご相談されているんですよね。
    新婚という事ですしそんな簡単に割り切れるものでもないと思います。
    お二人に必要なのはやはり会話ですよね。
    ご主人はお子様を授かりたいと思っているのか、
    そのへんが良くわかりませんが、もし授かりたいのであれば金銭面がネックと考えているのなら夫婦共働きで家事も協力し合う等の話し合いが出来ると思います。
    でもおそらく、ご主人はまだ独身気分のままか、家庭を持つという責任からまだ逃れていたいような気持ちなのではないでしょうか。

    あまりご主人をせっつくような形ではなく、あまり疲れていなそうだなというときを見計らって一度ゆっくりお茶でも飲みながら将来のことを話し合ってはいかがでしょうか?

    それで素っ気無い態度だったら、ちょっとお気の毒ですが考え直したほうがいいかもしれません・・・。

    トピ内ID:4761592428

    閉じる× 閉じる×

    なんというか…

    しおりをつける
    blank
    ふもふもさん
    これは「新婚なのに夫婦生活がない」ということについてのお悩みトピなのかと思ったのですが……

    本題ですが、トピ主様は長い交際期間の後ご結婚されたのでしょうか。
    世の中には、夫婦の営み自体がお嫌いな男性もいらっしゃいます。また、仕事でお疲れになっていると、そういう気分になれないという場合もあります。

    後者でしたら、ご自身がより魅力的になるよう活動的な趣味等を持ち、表に出られてはいかがでしょうか。もしお仕事をされていないのでしたら、してみるのも良いでしょうし。
    前者の場合、早々に諦めるか、堪えられないようでしたら離婚という選択肢もあるかと思います。性の不一致は辛いものですし、正当な離婚理由になりますので。

    トピ内ID:4404905520

    閉じる× 閉じる×

     早く結論を

    しおりをつける
    blank
    ネオ
    悲痛な叫びお察しします。身も心も1つに成ってこそ夫婦ですよね。じっくりと向かい合って話し合われることをお勧めします。こんなのは夫婦ではない、結婚とはこんなものではない、離婚も考えている、と主さんが言いたいことを言って反応を見て判断すればいいじゃないですか。私はご主人は変わらないと思いますが。新婚2年目でこんな状況じゃ無理でしょう。

    1、主さんが嫌いになって夜も避けている。
    2、他に女性がいる。
    3、男性しか愛せない。
    4、全くそっちの方には興味がない。

    以上の4つぐらいに原因が考えられる。
    金融機関が激務で夜も頑張れない、なんてことは絶対ありません。現に週3回もサッカーに興じているんでしょう。私の経験から週3回もサッカーが出来る金融マンは余程暇か体力自慢の人です。激務の金融マンがそんな時間はないです。あきらかに疲れなんて理由は言い訳です。できたらご主人と診察に行けたらいいのですがご主人は絶対に行きませんよね。

    酷な言い方かもしれませんがご主人は主さんを避けているように思います。結婚前はどうだったんですか。思い当たる節があれば離婚も真剣に考えた方がよさそうですね。一生お手伝いさんでもいいなら別ですが。

    トピ内ID:8513364834

    閉じる× 閉じる×

    うちの主人もハードワーカーですが・・

    しおりをつける
    blank
    私も思った
    かなり私には時間を割いていますよ。
    それは私と過ごしたり遊ぶことが彼自身の息抜きになるからです。

    疲れているから寝ている、というのは違います。
    激務をこなしている人ほど息抜きが必要だからです。
    よく寝ている人は、中途半端な仕事をしている人に多いです。

    トピ主さんのご主人も週に3回も趣味に出かけられるんですよね?
    ご主人にとって、それが大事な息抜きになっているのでは?

    つまるところ、妻が息抜きになるほど惚れこんでいないのだと思います。
    でも、妻としては認めているから
    夫の義務は最低限果たしているのでしょう。

    結婚に至る経緯でも、ご主人はそう熱心ではなかったのでは?
    だとしたら、これはもう仕方ないと思います。
    トピ主さんの方でも割り切って、子作りだけしてもらって、
    子供との生活を充実させる方向で人生を考えるか、

    離婚して夫婦ラブラブでいられる相思相愛の相手を見つけるか、
    どちらかしかないですよ。

    まずは夫婦で話し合いをしてみたらどうですか?

    トピ内ID:6776231449

    閉じる× 閉じる×

    典型的な「幸福な家庭」を求めているの?

    しおりをつける
    blank
    nampu
    誰の言葉だったか、幸せな家庭はどこも同じような形だが、
    不幸な家庭はそれぞれ違っている、というのがあります。

    幸せな家庭(典型的な)を求めていると、
    自分が不幸せに思えてきますよ。

    お互いに、相手の持っているものを評価して、
    二人に相応しい家庭を築くことでしょう。

    トピ内ID:7766208133

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    blank
    ななし
    トピ主さんは結婚相手を間違えたのかなって思います。
    結婚直前までいった彼がそんな感じでした。仕事が忙しいのはわかるのですが、「寝てるだけ」なんです。トピ主さんの所と一緒でした。
    掃除や料理をしてる時に「お手伝いさん」だと思いました。一緒にいるのに、凄く寂しさを感じ、結婚せずに別れました。私の選択は正しかったです。
    2年目で今の状態だと、3年、5年・・と経つうちに、寂しさも増え、不満も増えますよ(経験談)私もどうやったら上手くいくか考えましたが、無理でした。
    私なら40才になる前に早めに離婚しますね。そういう人って本当に変わらないんですよ。
    今は、私も結婚しましたがとても幸せで、寂しいと思うこともありません。よ~く考えることをお勧めします。

    トピ内ID:9911498247

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      昔、同様のテーマのトピがありました

      しおりをつける
      blank
      同居夫
      産後。夫への興味?が唐突になくなりました…
      http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0903/145571.htm

      こちらのトピで書かれている事は、ホルモンバランスや生活環境の変化、育児疲れの関係から「そんなもんだ」「夫はそれを受け入れるべき」というレスが相当多数ありました。

      今更説明する間でもありませんが、男性にも結婚による生活環境の変化は当然ありますし、常にスピードと柔軟性を求められる社会で勝ち抜いて、家族を養わなければならない責任やプレッシャーも相当なものです。
      ですので、トピ主さんが仰る不満は件のトピに添うと「そんなもんだ」「妻はそれを受け入れるべき」という事になります。

      ただ件のトピでも、そんな中でも夫に興味がなくならない人はいるから「そんなものは言い訳」というレスもあります。

      つまりは正解はないという事なのでしょうが、「そんなもんだ」という人が立場が変わっただけで「そんなものは言い訳」と、言う事がコロッと変わる事さえ無ければ良いのではないでしょうか。

      トピ内ID:0986456678

      閉じる× 閉じる×

      求めず与えよ、それが与えられる近道

      しおりをつける
      blank
      30代サラリーマン
      優しくされたいと思えば、疲れている夫に対して
      いつも以上に優しくしてあげましょう。

      そうすれば、普通の人なら、感謝の気持ちを持つ
      でしょう。

      それが続けば「たまには嫁さんのために何か…」と
      なりましょう。

      ただ求めようとすれば相手には苦痛なだけです。
      北風と太陽の理屈です。

      トピ内ID:4166156383

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0