詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    看護専門学校の奨学金受ける機関について

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    jasmine
    仕事
    私は来年度から看護専門学校に入学を希望している26歳の社会人です。

    入学するにあたって、できれば奨学金を申請したいと思っています。 奨学金をいただくと、数年お金をいただいた機関に勤めることになります。私の希望している学校は大学病院付属で、大学病院からの奨学金がいただけます。将来的には大学病院でなく地元で働きたいと思っているのですが、経験として最初の数年は大学病院で経験を積んだほうがいいのでしょうか?(逆に就職するのは体力的にも能力的にもなかなか難しいのではと思うため)

    私は今のところですが緩和ケアに興味があり、地元の緩和ケア病棟のある病院に行こうか(その病院から奨学金をいただいたらいいのか)、選択肢を狭めないためにはまず、大学病院から援助を受けたほうがいいのか迷っています。まず当然学業ありきだと思うし、奨学金をこんなに当てにして大変情けない話だとは思うのですが……。

    お答えいただければ嬉しいです。

    トピ内ID:0501577165

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    奨学金を受けること自体が選択肢を狭める事になる

    しおりをつける
    blank
    ココ
    奨学金を受けたら、受けた年数をその病院で勤務しなければなりませんよね。

    卒後少なくとも3年間は、大学病院に勤務しなければなりません。緩和ケアとは程遠い病棟に配属されるかもしれないし、離職率の高い病棟に配属されるかもしれません。それでも3年間続けられますか?

    それに看護学校の3年間で看護に対する考え方も変わってくるかもしれません。卒業後のことをしっかり考えてから、奨学金を受けた方がいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:4620427823

    閉じる× 閉じる×

    国からはどうですか?

    しおりをつける
    blank
    キラママ
    現在三人の子持ち、元看護師のキラママといいます(今は働いてません)。

    病院から奨学金を受けるのではなく、国から受けれる制度があったと思いますよ。または学資ローンなどを利用したらどうでしょうか?どちらも就職後に返済しないといけないですが、好きな病院に就職できます。(病院からの奨学金だと卒業後その病院に就職しないとダメですよね?)

    また緩和ケアは専門ナースにもなれますよね?ホスピスだったかな?何年かの経験の後受験できたかな?詳しくはわかりせんが、、がんばってくださいね☆

    トピ内ID:0227440953

    閉じる× 閉じる×

    奨学金にもいろいろありますよ

    しおりをつける
    🐤
    ミーコ
    jasmineさんと同じく、26歳から看護学校に行ったものです。
    奨学金をもらいながら学ぶって、かなり大変です。
    私も奨学金をもらいながら学びましたが、
    やめたくてもやめられないです。
    この世界、女性ばかりで怖いナースはたくさんいます。
    普通の社会人の気分で来ると、痛い目にあうと思います。
    できるだけお金を今のうちに貯めておいたほうがいいかと思います。

    奨学金は、育英会とか、私の場合は東京都からの奨学金とか、
    あとは区からの女性福祉資金などもありました。
    病院からのは最後の選択肢でもよいかも知れません。

    緩和ケアをご希望とのことですが、はじめは急性期に行ったほうが
    よいかとおもいます。
    ある程度動けるようになってから、緩和ケアに行っても
    遅くはないのでは??
    はじめからのんびりした感じのところに行くと、
    そういうところでしか働けなくなるし、
    基礎をしっかり大学病院や総合病院で学んだほうがよいかと思います。
    ただ、jasmineさんの年齢が年齢だけに、年下に頭を下げて
    学ぶのはとてもつらいし、くやしいことの連発ですので、
    覚悟してこの世界に飛び込んできていただけるといいかと思います。

    トピ内ID:7141242550

    閉じる× 閉じる×

    日本育英会

    しおりをつける
    blank
    まり
    もう20年以上も前のことですが
    実家の事情で親戚の家に居候していたときに
    看護学校の担任の先生から奨学金の話を進めていただきました。
    特に難しい申請などは、なかったように思います(記憶があいまいで
    すみません)
    返済も早期に済ますと借りた金額より安くなったと思います。

    病院からの奨学金で、一部の同級生が後悔したなぁと言ってました。
    色々と、あるようですね。

    トピ内ID:3266957287

    閉じる× 閉じる×

    大学病院いいと思います

    しおりをつける
    🐤
    なつ
    大学病院の方で奨学金を受けて、大学病院で就職すればいいと思うのです。
    大学病院は最初に働く場所としてまあまあ悪くないと思います。
    最初はやはり体力的なところとか勉強になるなどの理由で大きめの総合病院で働いた方がいいのです。

    なによりもスキルアップになりますし、緩和ケアは終末期の総合的な看護だと思いますので、そこへいく前に外科や内科を経験されて治療経過などよく勉強されてからの方がいいのです。
    がんばってください。

    トピ内ID:3353135040

    閉じる× 閉じる×

    もう少し、調べてみてください。

    しおりをつける
    blank
    くじら
    私は25歳で看護系の学校に進み、育英会の奨学金とバイトで生活してきたものです。

    学生になってからのトピ主さんの経済状況がどのぐらいか、で話は変わります。

    もし、実家から通う事が出来て、困ったときには親に頼れるようであれば、病院からの奨学金は最終選択にしたほうがよいのではと思います。

    実習などで希望がかわることも大いにあることですし、選択肢を狭めないほうがよいと思います。
    他に都道府県や育英会は申し込めないのでしょうか。
    その際には手続きに入学後数ヶ月かかるので、その分のお金の見通しが必要です。

    ただ、それでも「緩和ケア」を学びたいのであれば、地元の緩和ケアのある病院から奨学金をもらい、就職するという選択肢が、やりたいことへの最短コースだと考えます。

    おそらくですが、一般病院のなかに緩和ケア病棟があるのであれば、病院内で、急性期から緩和ケアまで異動しながら学んでいけばよいと思います。就職時の年齢もありますし、同じ病院でキャリアを積んでいくほうが、結婚や出産といった際でも、大いに安心だと思います。

    両方の病院の卒後教育も比較検討してみてください。

    トピ内ID:0395492648

    閉じる× 閉じる×

    皆様 ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    jasmine
     パソコンの調子がおかしく、お礼が大変遅くなってしまってすみません。

     暖かいアドバイスをありがとうございます。 

     病院からの奨学金は・・・最後の選択肢として取っておきたいと思います。 また、まずは他にも色々と学ぶ事がありますよね。 長い目で考えて、どうしたら自分にとってよいかをよくよく考えたいと思います。

     とても参考になりました。  ありがとうございました。
     

    トピ内ID:5631329229

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0