詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父のせいで好きになれないもの

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぎょぴ
    話題
    クリスマスが近づくたび、あるクリスマスソングにまつわる嫌な思いがこみ上げてやるせなくなります。
    私が12歳のときのことです。母と姉がそれぞれの用事で家を空けて私と父だけになった12月24日の夜でした。
    私は自室に行きたかったのに、父は居間のステレオでそのクリスマスソングを流し、一緒に聴くよう強要しました。

    私の趣味ではない曲なので断ると、「この曲を聴け! 終わるまでここにいろ!!」と怒鳴られ軟禁状態に置かれました。
    曲が流れている間、父は私の前でお気に入りの曲に合わせてジャイアンのような大声でガンガンうなり、轟音にさらされまるで拷問でした。

    あのクリスマスソングが流れるたびに、私という人格を無視され強権を発動して拘束されたという感情がよみがえります。

    父に養ってもらったことは感謝しています。子供なので親の言うことに従うというのはもっともでしょう。それでも毎年12月が近づくたびに悲しみがあふれてたまりません。

    大人になった今、男の人から遊びに行こうとに誘われるとき、相手の趣味を押し付けられがちで私の希望を聞いてもらえません。そのたびに、父からそうされたように人格を無視されているようで、すぐ付き合いをやめます。
    他の人の例を見ても、父親から大切にされた娘は他の男性からも誠意を見せられ、蔑ろにされている娘は男性からも都合よく扱われることが少なくないです。

    今振り返ると、あのときの父は、妻と本当は一番いて欲しかった長女に振られたさびしさで、手近にいた私でもいいから物理的にそばにおきたかったのでしょう。
    それに反比例して、その曲と父を嫌いになることを父は理解しませんでしたが。

    いい大人なのに悲しくて腹が立ちます。このような気持ちを克服された方はいらっしゃいますか? 
    愚痴ですみません。読んでくださってありがとうございました。

    トピ内ID:5162425112

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    かわいそうに

    しおりをつける
    KORO
    きっとその他にも色々嫌な事があったんでしょうね。
    私も父からは大変嫌な目にあわされてきました。
    母はそれを見てみぬふりする事が多かったです。

    あまり大切に育てられた記憶がありません。
    でも末っ子だからか、父は私に執着し、父のやる事にはいつもいつも付き合わされて一緒に行動させられていました。気に入らないと睨みながら酷い事をいい、傷つけられ、よくなぐられました。母や兄、姉に対する愚痴もしょっちゅう聞かされ、本当に父が恐怖で嫌でした。今思えばそれが父なりの愛情表現だったのだろうとは思うんですが…。

    母の話を聞く限りでは、父はやはり愛情豊かな家庭の育ちではないようです。
    私も幼い頃の育てられ方に原因があるのか、人をなかなか信じられず、友達を作るのも下手、せっかく仲良くなった友人にはべったり頼りすぎて距離を置かれる事が多いです。

    でも一つ良かったと思える事は、父を反面教師にし、絶対に父のような男性とは結婚すまいと誓い、とても優しい夫に巡り会えた事です。人を見る目も養われたと思います。主様も頑張って良い人を探して下さい。何もできませんが、心から応援しています。

    トピ内ID:0468271844

    閉じる× 閉じる×

    それが自分の個性

    しおりをつける
    りん
    誰もがみんな周りから影響を受けて人格を形成していきます。
    親は確かに自分に多大な影響を及ぼしますが、親のせいにしていても幸せにはなれません。

    私も親が厳しく、すぐに暴力を振るわれていました。だからこそ反面教師にして人として立派な夫を選ぶことができ、今は幸せです。

    また自分にも子どもができ親の立場になって育児の面でも役にたっています。
    親のような人間が嫌いな自分を認めて、自分が思う素敵な相手を探しては?
    まだそういう方に巡り会えてないだけだと思いますよ。

    トピ内ID:0008165205

    閉じる× 閉じる×

    気持ちわかります

    しおりをつける
    blank
    めめ
    こんにちは。
    私が嫌いなのはお酒と酔っ払いです。
    まぁ酔っ払いが好きという人はあまりいないと思いますが(笑)

    真っ赤な顔で酒臭い息を吐きながら理不尽な
    説教をする父親が大嫌いでした。
    もとい、存命なので今でも大嫌いです。
    イヤな思い出ばっかりで、自分でお酒は飲もうとは
    思わないですね。

    先日、数年ぶりに会ったら今頃になって
    「オレはお前がかわいいんだ」と言われて
    心からぞっとしました。
    言うなら30年前に言えよと思いましたね。

    トピ主さん、うまく書けないけど、私も似たような目に
    遭ってるからお気持ちよくわかります。
    数年前にカウンセラーの先生に「あなたは立派な大人です。
    もうあなたを支配する人はいませんよ」と言われて
    気持ちが軽くなったことがありました。
    だいじょうぶですよ。いっしょに強く生きていきましょう!

    トピ内ID:7713011566

    閉じる× 閉じる×

    見当はずれかもしれませんが

    しおりをつける
    blank
    後出しじゃんけん
    私なら、お父さんも寂しいんだろうなと思って、1曲くらい付き合ってあげますけれどねえ。
    たった1曲のクリスマスソングで、「人格無視」「強権発動」って、ちょっとオーバーではないでしょうか。

    むしろ気になったのは、お父さまがお姉様の方をかわいがってらしたこと、少なくとも、トピ主さんがそう信じてらっしゃるらしいことです。
    お父さまがひどい父親だったというより、自分が父親にとって一番の娘ではなかったこという思いが辛いのではありませんか?

    私の母も兄を溺愛する人でしたから、お気持ちはわかります。
    でも、いつまでもそこにこだわっていては、幸せにはなれませんよ。

    ご自分の好みにこだわるのも悪いことではありませんが、それだけが自分を大切にすることではないと思います。
    相手が自分に合わせて欲しいと願うのであれば、自分が相手に会わせてあげることもあっていいのではありませんか。
    たとえ自分の趣味に合わなくても、ときには相手に合わせることでその人が幸せならいいや、という気持ちになれた時、お父さまのことも受け入れられるし、素晴らしい男性にも巡り会えると思うのですが。

    トピ内ID:7074337870

    閉じる× 閉じる×

    男性に対する審美眼を身に着ければ良いのです

    しおりをつける
    blank
    ざりがに
    お気持ちは分かります。
    でも、さらに無職で暴力などもっと酷い目に遭いながらも
    反面教師にしてきたのが私です。

    >蔑ろにされている娘は男性からも都合よく扱われることが少なくない
    これはタレントで梅宮親子の例もありますが、
    要はご自分が選ぶ男性への審美眼に磨きをかければ済む話なんです。

    私は声の大きい人、愚痴ばかり言う人、働かない人、道徳心のない人、
    文句を言うのに提案のない人は男女問わずに付き合いません。

    私の夫は父とは真逆の人です。

    トピ主さん、強制してくる男性からの支配をスッパリ短期間で
    切れるというのは、トピ主さんに支配と戦える力が
    付いてきた証拠だと思いますよ。

    あとはカウンセラーに頼ってでも良い。
    過去を振り切って、前向きな恋愛が出来るようになれば良いですね。

    オトコを見る目が無かったのは、お母さん。
    あなたまで一蓮托生する義務はないのです。

    トピ内ID:5945573798

    閉じる× 閉じる×

    ○○のせいでという言葉

    しおりをつける
    🎂
    う~ん
    何かにつけて人のせいにするのが癖になっていませんか?
    ○○のせいで、△△だったから。
    被害者意識が強いからなのかもしれませんが、こういう言い訳めいたことを言わない人は全く言いません。
    だからと言ってその人が楽しているかというとそうでも無かったりします。
    同じ状況でも不平不満、言い訳、愚痴ばかりの人と、淡々とベストを尽くす人。

    それぞれその人の生きる姿勢だと思います。

    トピ内ID:8266136071

    閉じる× 閉じる×

    心の成長期は一生

    しおりをつける
    blank
    Mist
    家族揃ってのクリスマスの団欒を、楽しみにしていただろうお父さん。妻も長女も外出、せめて残った次女と一緒にクリスマスソングを聞こうとしたら、趣味じゃないと拒絶される。

    正直、お父さんが気の毒になる話にしか思えないのですが、それで自分の人格を無視されて強要されると捉え、大人になった今でも執着しているトピ主さんの感覚の方が、理解し難いように感じられます。

    何事も押し付けと捉えるのが、癖になっているのでしょうね。
    協調性や、相手の気持ちに沿って意に沿わぬことでもつきあってあげる、大人の精神を身につけられると、もっと素敵な人になりますよ。

    トピ内ID:3133892939

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ぎょぴ
    皆様の仰る通り、こだわっていると思います。

    姉は父と音楽の好みが似ていて仲がいいです。
    それだけではなく初めての女の子で喜ばれ、顔も親の良い所を受け継いだので一家の華でした。小学生の頃から男の子たちと華やかに付き合い、トピに挙げた日も高校の仲間とパーティーでした。

    私は「次は男の子」の期待を砕いた上、顔も親の気にする部分ばかりでできているため父は普段から姉がいても私にばかり下品な冗談を言いました。

    特別チヤホヤされなくてもいいんです。強要しないでほしかっただけです。

    そのうえ男性たちは遊びに誘うとき、初回からいきなり「●●へ行こう。僕好きなんだ」と言い渡しました。我が儘を言ってはいけないと思い相手に合わせて付き合いました。2回目から3回目以降に私の希望を言うと、「それもいいけど」と言って必ず却下でした。

    男性を見る目がないのもあるかもしれません。

    私より深刻な目に遭いながら克服された方もいらして、いつまでもとらわれていてはいけないと思いました。
    もう父とは離れているのだから、心も離れなくてはいけませんね。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:4947537494

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0