詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    愛情ってこういうものですか?

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    悩多男
    恋愛
    30代前半の夫婦です。
    私の妻は,「私はあなたからの愛情を感じれば感じるほど,あなたにそれを上回る愛情で返してあげるから,どんどん私に愛情を注いで。」といいます。
    私は「そんな受け身なのはおかしい!じゃあもしもオレが植物状態になったらどうするんだ!」とか,「たとえ相手がどうであれ,恋人やましてや夫婦になった相手に対し,自分自身から溢れ出る愛情というものもあるだろ?」,と言うと,
    「そんな寝たきりになった時のことを考えるなら,あなたがもっと愛情を磨けばいいのよ」と言い,さらに聞くと,妻は昔からモテたそうで,「今まで自分から愛情を注がなくても,相手がどんどん愛情を注いでくれて,私はそれに応えるということでずっと問題なかった」というのです。
     私は「そんな片寄った恋愛のカタチは本物ではない」と思いますし,妻に考え方を改めてほしいと願っているのですが,なかなか簡単に説得できません。
    皆さんはどう思われるでしょうか?率直なご意見をお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは

    しおりをつける
    blank
    yuri
    愛情が片寄ると感じてしまうのは、悲しいことです。

    本当の愛は、見返りを求めません。 あなたが彼女に見返りを求めている今、あなたの愛も うすっぺらいものです。

    彼女が何を言おうと、あなたが 本当の愛 を持っているのなら、関係ないことなのです。

    愛していないと言われたわけではありません。彼女には彼女の表現、愛情の示し方があるのです。自分の理想を押し付けるから いらいらして、愛情が片寄ると思ってしまうのです。

    愛はすべてを包むことが出来ます。彼女のそんなところも好きなんだ と思えることが出来ますように。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    では率直に

    しおりをつける
    blank
    ふりーらんす
     まずトビ主さんの考え方のほうが正しいと思いました。あとトビ主さんの奥さんについては「なんか変な宗教にひっかかったの?」と思いました、ゴメン。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とぴ主さんのおっしゃるのは..

    しおりをつける
    blank
    結婚12年。
    「無償の愛」ということですよね。なんの見返りも
    期待しない愛。愛する為に愛するとい愛。
    私は夫との結婚を決める時、この人が例え
    交通事故かなにかで植物人間状態になっても
    彼に対しての愛情を注ぐ事ができるだろうか
    と考えた時、愛情はかわらないと思えたので
    結婚しました。
    夫と会う前にある人に大変熱烈に愛され、お付き
    合いをした経験がありましたが、ある日自分に
    彼がこれほど愛情を注いでくれなくても同じ
    気持ちで愛していると思えるかと問うた時、
    きっと彼が愛してくれなければ愛していなかった
    だろうと思う自分に気がつきました。
    それから夫に出会って彼がなにをしてくれるから
    ではなく彼が彼でいるゆえに愛さずにはいられな
    い。もっといえば彼が彼でいるのが愛するに十分
    な理由だと思える人と結婚できて幸せです。
    私にとっては愛いされることに重きをおく人生より
    愛することに重きをおく人生のほうがより価値があ
    り生き甲斐があると思います。
    これは恋愛観というよりもう人生観ですよね。
    奥様には親が注ぐ子供への愛情をサンプルに説明
    されてはどうでしょう。「無償の愛」の感覚が
    つかめるのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんだか禅問答みたい

    しおりをつける
    blank
    匿名
    なんか、不毛な議論ですねぇ。これでケンカしてたら本末転倒なような。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    30過ぎて

    しおりをつける
    blank
    専業主婦デビュー
    30過ぎても愛について語り合う夫婦って、ある意味スゴイですね。
    一瞬「暇人?」と思ってしまいましたが、愛について考えることは大切ですね。

    愛なんて、話し合ってこういうものと決める性質のものではなくて、なにかこうお互いの真心がジワジワとしみ出して鍾乳洞のようにいつの間にか形になってるものではないかと思います。

    抽象的でごめんなさい。

    うまく言えないけど、私もトピ主さんの考えの方に賛成です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    つまりは投稿者さんも

    しおりをつける
    blank
    午前の紅茶
    奥様と同じくらいの愛情しか相手に感じてないってことですよね?これはyuriさんがおっしゃるとおり、どちらか片一方が深い愛情を持ってれば起こり得ない議論だからです。

    >「私はあなたからの愛情を感じれば感じるほど,あなたにそれを上回る愛情で返してあげるから,どんどん私に愛情を注いで。」

    こんなこと言うのはどうかと思いますが、しかしながらこれは女性の本音だと思います。だって、女性は惚れて結婚するより、惚れられて結婚した方が幸せになれるっていう話はよく聞く話です。

    男性側が惚れられて結婚するのだってアリでしょうに何故女性側が惚れられた方がうまくいくんだろ?何か真理が隠されているんですよ。

    もっちろん、お互いまったく同じ割合で「無償の愛」を同時期に放ち合える相手と結婚できる事は理想だと思いますが、なかなか難しいのが現実だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それはお互いに言えることかな

    しおりをつける
    blank
    みぃ
    植物人間になった時、相手を今までどおり愛せるのでしょうか?
    それはとても難しいことなのでは?
    普通に生活していても愛情って変化しますよね??
    嫌いになったり大好きになったり、いつもいつも同じ愛ってあるのかなぁ?
    私は正直旦那に対して頭にくるときは多々ありました。でも、毎日必ず「大好き」「愛してる」と言いました。
    旦那は嫌そうだったけど、亡くなる時「お前と結婚してよかった。お前の全部が大好きだよ、ありがとう」と言ってくれました。
    本当に永遠の愛をもらったなぁと思います。
    今でも大好きだけど、あのまま植物人間になっていたら、何年も目が覚めなかったら、私はくたくたに疲れ切って倒れていたでしょう。
    ちょっと大げさですね、ごめんなさい。
    いっぱい愛して欲しいのはお互い様なのかな、って思います。
    与え続けることで反対にもっとたくさんの愛を与えられることもあるかもしれません。

    どうぞお幸せに。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたも・・・

    しおりをつける
    blank
    リリ
    「愛」云々は、人に説明されて理解するものじゃないでしょ?
    頭で理解した「愛」は、「愛」の概念でしかないと思います。

    条件つきの愛っていうのはないと思います。
    奥様がその考え方を改めなくても、あなたは奥様を愛していけますか?
    相手にだけ求めるのは、それこそ本当の愛ではないです。
    投稿文を読んだ限り、あなたは奥様に「愛を持て」と一方的に押し付けているように思えます。
    「愛」がどういうものかを頭で考えすぎて、普段、奥様に対する態度や言葉が、愛がないものになっているのではないでしょうか?
    頭で理解した「愛」を実践してください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    Leeの愛の色彩理論

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    あなたと奥さんではおそらく愛情の定義が異なっていると思います。
    Leeという人は愛のスタイルには大きく分けて6つのタイプがあるとしました

     ・エロス:恋愛を第一のものとし、一目ぼれやロマンティックな愛を求める
     ・ルダス:恋愛をゲームとして考え、複数の相手と付き合うことを求める
     ・ストーゲ:愛とは長くはぐくまれて生まれると考え、友愛を求める
     ・プラグマ:愛を打算的に考え、自分に役立つような愛を求める
     ・マニア:独占欲、嫉妬心が強い。相手を強く求める
     ・アガペー:愛は無償のものと考え、自分を犠牲にすることをいとわない

    あなたがこの中で一番近い考え方、奥さんが一番近い考え方を示し、その中で考え方を摺り合わせていくしか無いと思われます。
    絶対に、「お前の考え方は間違っている、私の方が正しい」いう思想の押しつけは止めましょう
    思想を押しつけられた場合、両者の愛が冷えるだけです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    率直に・・・

    しおりをつける
    blank
    ふむ・・・
    似たもの同士のご夫婦だなと思いました。

    互いに「あなたこそもっと私を愛するべきだ」と

    主張なさっているんですよね。

    人を変えるよりまず自分が変わる方がいいのです。

    どちらかが折れて、自ら愛情を注ぐ選択をしなければ、

    今のまま主張しあうだけの関係が続いていくでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    理論的にならないで!!

    しおりをつける
    blank
    果林
    そんな真面目にあれこれ考えないで!!
    あれこれ考えずに妻を可愛がってください!!
    妻はあなたにもっとじゃれあいたいんですよ。
    もっとかまってほしいとか、関心をもってほしいとか
    そんなことだと思います。
    過去の愛され方が話が本当でも嘘でも要はあなたに可愛がられたいから言っていることなんです。
    (ちょっと甘え方が下手なだけですよ)
    女の可愛いわがままだと思って、今度言われたら抱きしめて頭でもなでてあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は、

    しおりをつける
    blank
    プリンセス好き
    「愛は、惜しみなく与えるもの」
    だと思います。
    見返りを期待するのは、本物の愛ではない
    と思います。
    あくまで私の個人的な意見です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ふむ・・・さんに同感

    しおりをつける
    blank
    miki
    「似たもの夫婦」だなぁと私も思いました。
    どちらも愛を与えて欲しいと思っているんですね。

    どこまで行っても平行線のような気がしますが(笑)

    トピ主さんと同世代ですが口には出さなくとも私は旦那の愛を感じています。
    私も旦那を大切に思っています。

    たとえば、身体によくて美味しいお料理を用意して帰宅を待っていよう。というのだって愛ですよね。

    愛というと大げさですが、ようは「思いやり」なのではないかと思います。
    ささやかな心遣いとか少しの思いやりに愛を感じるものだと思います。

    与えるとか与えられるとか、話し合うことなのか!?と不思議に思いますがそれはそれで論点が似ている夫婦でお似合いなのだと思ったのですがいかがでしょう?(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    奥様は何か不満を持っている。

    しおりをつける
    blank
    ふしぎ
    トピ主さんは奥様を愛していると感じますか?もしそうであれば、彼女はおそらく今、トピ主さんの愛情を不十分に感じている状態なのでいっそう優しくしてあげてください。

    実際には、奥様が求めているのは「議論」ではなく、「愛される実感をもつこと」ではないでしょうか。不満があって寂しい思いをなさっているのだと思います。お花かケーキでも買って、今日は早くご帰宅されては?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0