詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    心が暖かくなるような話を、しませんか?

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    ちかちか
    話題
     年の瀬も差し迫ってくると、何かとバタバタして気持ちもギスギスしがちで、人にも物にもあたってしまい、後悔する今日この頃。 でも、今日は買い物に行ったスーパーで、ちょっとコワオモテ風の青年が、エスカレーターに乗るおばあさんの手伝いをする姿を目撃して、心があったかくなりました。  些細なことなんですが、心が暖かくなるようなそんな話をしませんか?

    トピ内ID:4571037351

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    近所の・・・

    しおりをつける
    🐶
    まお
    こんにちは。 うちの近所で飼われているミニチュアダックス(♀)、私の事がとってもとっても好きらしいんです。 私が出かけた日は、帰る途中の遠く離れた角を曲がると、 『帰ってきた!』とにおいを嗅ぎつけてソワソワするんですって。(笑) そばまで寄って行ったら、しっぽもちぎれんばかりに振って大喜び。 撫でてあげたら嬉しすぎてクルクル回ってお漏らしまでしてしまいます(汗)。。 あ~~かわいい。。。。♪ こんな可愛いわんちゃん見てると、和みますよね。 家に入ってしばらくは、顔がほころんだまんまになりますよ。

    トピ内ID:9542174276

    閉じる× 閉じる×

    ご老人に

    しおりをつける
    名無し
    席を譲るサラリーマン風のおじさんを見ました。 前に小町で、妊婦さんが「席を譲ってください」と、トピを立ててらっしゃったのですが、「自分勝手だ!」とか、かなり批判されてました。 そんなのを見て、「みんな気持ちに余裕が無いんだな・・・哀しい人たちだな」って思ったとき、そういう場面に出くわしました。 優先座席は、若いサラリーマン風の男性と、携帯ゲームをしている20歳くらいの女性、荷物をいっぱい持ってる中年女性、そしてこのおじさん。 私は優先座席の横のドア付近に立っていたので、誰か席を譲るかな?って見ていました。 若い男は寝たふりをし、若い女性はゲームを続け、中年女性はぼーっとしてる中、このおじさんだけお年寄りを気にし、「どうぞ座ってよ」って、笑顔でお年寄りに席を譲られました。 やはりこんな時代なんだと思いつつも、おじさんの行為に少し救われた感がありました。

    トピ内ID:7639619819

    閉じる× 閉じる×

    60代くらいの男性が・・

    しおりをつける
    blank
    パフェ
    たぶん、高齢のお母さまなのでしょう。 手を引いて、ファミレスに食事に連れてきていました。 強面のお顔に似合わない(笑・失礼)優しいまなざしで、 メニューを広げて見せてあげていました。 そこにいた私たちをも、暖かな優しい気持ちにしてくれました。

    トピ内ID:9150919360

    閉じる× 閉じる×

    子供達。

    しおりをつける
    blank
    ロボット
    ふわふわ小さな子供達。 学校帰りにお喋りしながら、 ニコニコ笑って手を繋いでる。 時々、大笑いしながら、二人でギューってしがみついたり、 どこかの犬に手を振ってみたり。 この世界がこのまま子供達に優しければいいのにって、思います。

    トピ内ID:3041172476

    閉じる× 閉じる×

    ヤンキーとおばあちゃん

    しおりをつける
    🐤
    ぴよ吉
    近所のスーパーに買い物に行ったら、金髪で背の高いヤンキー風の若者が、腰の曲がった小さなおばあちゃんの後ろについて買い物かごを両手で持っていました。 おばあちゃんが手に持っているのは小ーさなバッグのみ。 おばあちゃんは大根を取ったり、白菜を取ったりして彼の持っているかごに入れていきます。 身長差があるから、彼はおばあちゃんが入れやすいようにその都度中腰でかがんでました。 時々、何か話しかけたりして楽しそうにレジを通過して、重そうな買い物袋を彼が持って二人は帰って行きました。 彼がおばあちゃんをいたわっているのが良く分かり、きっとこの後おばあちゃんが夕ご飯を作って一緒に食べるんだろうな。と思ったらなんか心が温かくなりました。

    トピ内ID:5096009193

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]