詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    79歳父の介護。在宅OR施設?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    STA波
    ひと
    私は嫁の立場にあります。父とは主人の父です。2年前から地方から同マンションの同階の異室に引き取り在宅で介護しています。母も一緒です。母は介護度2の痴呆があり、父は介護度5の脳梗塞による言語障害および痴呆があり食事は全介助、排泄も全介助(おむつ)です。

    10日前からジョクソウの治療のため入院しましたが来週退院します。このとき医師からは在宅介護はもう、難しいだろうと言われています。(まだ決定してません)理由は「痰の吸引」「嚥下が困難」のため肺炎を起こす確率が高くなるからとの事です。

    夫が納得出来ないのは、入院前在宅介護においては何とか嚥下も出来、食事も完食しておりまた、言語障害があるものの、意識ははっきりあり「一人では寂しい」「楽しい」「孫がかわいい」などの感情があるのです。このため施設に入れることは余りにも残酷な気がします。死期を早めるような気がして。

    このようなレベルで在宅にて介護が出来ている方がいらっしゃらないか、又どのようにされているのか、等知りたく書きこみました。経験者、あるいは介護従事者の皆様ご意見お願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    一人では到底無理です。周りを巻き込んで。1

    しおりをつける
    blank
    まるー
    こんにちは。74才要介護5の父(実父)がいる者です。

    STA波さんはお優しい方なんですね。しかも義理……頭が下がります。
    要介護5のお父さんと要介護2のお母さんの両方を、一人で看るのは無理です。ご主人以外に子供さんはいないのでしょうか? ローテーションを組んで、休日を必ず取らないと介護者が倒れてしまいます。

    医療保険から、訪問看護師さんを毎日派遣してもらうことはできませんか?うちは月~土、午前と午後の2回(計3時間)来て戴いて、シャワーor清拭、おむつ交換、痰の吸引などをしてもらっています。その間は家族は手伝いません。それと、週一回往診をしてもらっています。
    うちの父の場合は嚥下困難は予測されていましたので、胃ろうをしてそこから消化態の栄養食を入れています。母と二人(と言っても母8、私2くらいですが)で父一人をやっと見れている、といった感じです。

    胃ろう+痰吸引要の患者は、一般の老健施設に入るのは難しいようです。ですので「レスパイト入院」といって、病院に一ヶ月程度検査等の名目で入院させて、その間介護者が休息を取るという方法をとっています。これらは担当の医師からのアドバイスです。
    (続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一人では到底無理です。周りを巻き込んで。2

    しおりをつける
    blank
    まるー
    続きです。

    父は意識・知能は明晰で、まだ筆談が可能です。また、正直(あと何年生きるかは分かりませんが)病院で一生を送らせるのも(うちの場合は介護施設は無理)やはり可哀相な気がして、母と相談の上在宅で見ています。使えるもの(親類・市役所・保健所・病院etc)を使い倒すよう意識を切り換えて下さい。

    まずはご主人、いらっしゃればご兄弟も交えてよく話を詰めていくことが必要だと思います。決して一人で抱え込まないで下さいね。

    ちなみに、平穏な一日はこんな感じです。
    6時ごろ 目を覚ましていればおむつ交換。
    7時すぎ~9時 朝食(流動食+水分)
    9時半~11時 訪問看護。バイタルチェック、天候・体調により車いすで散歩/シャワーのいずれか。痰の排出。おむつ交換。
    12時 昼食前におむつ交換。昼食が~2時。
    2時半~4時くらい 訪問看護。内容は午前と同じ。
    6時~7時半 夕食。おむつ交換。
    *午後・夕食後はテレビを2時間程度見ていることが多い。
    10時ごろ 就寝前のおむつ交換。就寝。(空気を強制的に送り込む呼吸器をつけて寝ている)

    *痰の吸引・排出は不定期(30分おき~数時間)ですので書いてませんが結構重労働です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しいですね・・・

    しおりをつける
    blank
    チョコ
    介護福祉士のものです。
    確かにお父様の気持ちを考えたら、在宅がいいに決まっています。在宅介護サービス(訪問介護や看護、入浴サービスなど)を利用しても24時間一緒に暮ら家族の負担は計り知れません。
    ジョクソウがあるのならば二時間おきの体位変換、血流をよくするマッサージ、患部を清潔に保つための清拭、入浴、栄養管理・・・要介護5の方を在宅でみるということは本当に大変なのです。お父様やご主人様の意思だけで在宅介護にするのはどうかと思います。介助する家族の精神、肉体的負担をよく考えた上でお父様、家族、親族などで話し合いの場を設けてみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    早速のお返事ありがとう存じます。

    しおりをつける
    blank
    STA波
    まるーさん、チョコさんお返事ありがとうございます。このスレッドを書きこんでから本当に父はどうなるのだろう、と悩んでおり日中も落ち着かなかったのでお返事を此れほど早くいただけて大変安堵しております。

    そうですか、まるーさんのお父様は在宅にて介護されているとのこと。私のところはヘルパーさんが日に4回はいってもらって実際に私の介護といえば母を買い物に連れて行く事くらいです。ただ、今後はまるーさんの所のようにヘルパーさんでは無理で訪問看護士さんを頼むのだとお話から予想できました。痰の排出に関してはこれは家族がするものでしょうか?また、夜中はどうなるのでしょうか?実際にこの作業がネックになるのではないかとお話から考えました。

    胃ろうの話も実はすでにあって望ましいそうです。正直このあたりが素人考えでかなり落胆していたのですがまるーさんのお父様もされているというお話に希望が持てます。

    私の家族は子どもは3人いますが末が小5(息子)です。
    上二人は娘で高2、中1です。

    この16日に退院とともに具体的な話合いがなされます。お返事に大変励まされまた参考になります。またよろしくお願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    総合的な判断を(1)

    しおりをつける
    blank
    ぴーかん
     要介護5の方となると本当に大変ですね。5の方でも、嚥下と多少でも体が動かせたり、リクライニング車椅子でも座位ができる人であれば、介護保険のサービスの枠をめいいっぱいに使用して在宅での介護も可能だと思います。
     ただし上記ができない状態ですと状況が変わってきます。嚥下ができないと基本的に訪問介護では対応できないことになっていますし、痰吸引も同様なので訪問看護が必要です。訪問看護は訪問介護よりも単位数が高いですのですぐに限度額は超えてしまいます。(他の方のように医療保険での対応も可能ですのでケアマネに相談を)
     今までのようにサービスだけでは限度額内におさまらない可能性が高く、家庭内での介護力がなくては無理だと思います。特に痰吸引についてはヘルパーではできず、夜間は訪看は対応できないので家族が対応しなければなりません。
     
     

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    総合的な判断を(2)

    しおりをつける
    blank
    ぴーかん
     胃ろうについてですが、点滴だけよりも食事を直接摂るということができますので栄養状態はよくなります。やはり口で摂る方が脳の活性化にもつながるため、胃ろうにしたとしても併せて経口摂取の訓練も行ったほうがよいです。
     それから排尿について現在はオムツのようですが、訪看が入るとすれば管理してもらえるので交換の手間が減るのでカテーテルにすることも検討されてはどうでしょうか。
     今回のように病院に入院されるとびっくりするほど状態が悪化したりするので在宅での希望もごもっとだと思います。
     でも在宅での可能性とリスクをきちんと吟味した上で判断されたほうがよいと思います。介護保険上で全てまかなえればよいですが、家族の負担はこれまでより確実に重くなると思います。
     不安にさせるような内容だとしたら大変申し訳ありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なぜケア マネージャーに相談されないのでしょう?

    しおりをつける
    blank
    要介護ならケア マネージャーさんがついているはずですよね?なぜ相談されないのですか?専門家であり、一番お父様の状態を把握されているのに。

    うちも母が要介護5ですが家で看ています。ただし、私は内科医です。それでもケア マネージャーさんによく相談して教えてもらっていますよ。(こちらからお教えできることもありますが。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    痰吸引と胃ろうについて1

    しおりをつける
    blank
    まるー
    STA波さん、こんばんは。まるーです。

    痰の吸引についてですが、背中を叩いて(タッピングといいます)その振動で痰を出させる方法をとっています。これは介護者側にとっては比較的習得が容易で、ヘルパーさんでも何回か指導すればすぐ慣れると思います。ただし寝たきりの方には多分無理です。鼻から管を入れて痰をとる方法は、かなりの慣れが必要です。それに一部の例外を除き、そう言った痰の吸引は家族か医療従事者でないとできないと思います。

    うちはまだ、夜中にそうひんぱんに痰が出るわけではない(数回程度)ので、父が自分で手元の鈴を鳴らして母を起こし、タッピングするという方法で乗り切っています。ただ睡眠が妨げられるのは不可避で、それで私もときどき実家に泊まって交代しているわけです。
    気管を切開してそこから痰を出すようにする方法もあるそうですが、今度は感染が問題となります。

    痰を出しやすくするためにネプライザーで蒸気を吸い込んだり、ホットパックをします。経験上、熱が上がるとてきめんに痰が増えますので、その意味でも体調管理には気を遣います。

    (また続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    痰吸引と胃ろうについて2

    しおりをつける
    blank
    まるー
    続きです。

    これは病状によるのかもしれませんが、意外な曲者が唾液です。唾液を吸引すること、口腔ケアで口の中をキレイにしておくことが体調管理において重要だそうです。実はうちでは吸引器はもっぱらこちらに使われています。

    胃ろうについてはPEGドクターズネットワークというHPが大変参考になると思います。私もここの掲示板で数回質問し、専門家の方々ら親切に回答いただきました。 http://www.peg.ne.jp/ 一度ごらんになると参考になるかと思います。父は幸い、胃ろうに関してはトラブルなく順調です。3ヶ月に一度、取り替える手術を受けますが、手術自体は30分もかかりませんでした。
    胃ろうをすると、薬も溶かしてそこから注射器で注入することができるので、むせて薬が飲めないということはなくなると思います(ただし溶けにくいものは管に残るので、そのあたりは試行錯誤です)

    ?さんのおっしゃること、もっともだと思います。そして同時に大変羨ましく思います。そんなケアマネさんとどうやったら出会えるのでしょうか。

    長々と書きましたが、何かの参考になれば幸いです。とにかく、無理をしすぎないようにしてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    在宅のケアマネです。

    しおりをつける
    blank
    ももひめ
     元ナース、現在宅のケアマネをしているももひめです。在宅で看るとするならば訪問看護を利用し、ナースに指導・管理・相談など受ける事をお勧めします。嚥下障害(困難)・吸引など、慣れない事が沢山ありますね。でも、そういった事も訪問ナースが解るまで指導してくれますので心配なさらないで下さい。褥瘡処置も管理・消毒方法・褥瘡を作らない方法など指導やアドバイスが貰えるはずです。後主治医との連携です。急変時に必ず対応してくれる医師を持つ事です。胃瘻に関しては、最近管理し易くなってきているものの、ご本人が意思疎通出来る方であるならば、難しい?のでは・・と思われます。限度枠の話がありましたが、訪看は介護認定を受けている人は、原則「介護保険」が優先で、医療保険の訪看と併用は出来ません。但し褥瘡があり処置が必要とあるならば、医師に特別指示書を書いて貰えば可能かもしれません。(続く)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    在宅のケアマネです。2

    しおりをつける
    blank
    ももひめ
     レスに『何故ケアマネに相談を受けないの?』と言う意見がありましたが、もっともだと思います。しかし現状入院中は介護保険対象外になる為、ケアマネが立ち居らない事業所が結構あるのも事実です。私の事業所は入院中だろうが施設入所中だろうが、在宅復帰されると分かっている利用者様には、必ず会いに行ってます。医師・PT・ナース・・・あらゆる所から(勿論家族に承諾を得ています。守秘義務も守っています)情報収集をして今後の在宅プランの検討・居宅サービス計画書の骨組みを作成します。入院先で在宅で必要なプランの、サービス担当者会議もします。カンファレンスも必要でしょ?何故ケアマネは調整しないの?
    「退院しました」と後から言われるより「いついつに退院しますので今後どうしたらいいの教えて下さい」と言われた方が(これは私個人としての意見ですが)ケアマネは動き易いです。担当ケアマネに訴えて、すぐにでも動いてもらいましょう。入院中ならいっぱい足を運んでもらいましょう。担当ケアマネはなんと言っているのでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。お返事ありがとうございます。1

    しおりをつける
    blank
    STA波
    とても参考になります。本当にありがとうございます。
    18日夕方医師、看護士、ケアマネ、夫婦、母で話し合いがされました。

    ?さんのおっしゃってるようにケアマネに相談したいところでしたが、つまり在宅で見れない可能性が高いと言ってきたのがケアマネでした。それが、看護士がケアマネに仕事を拒否したそうです。これの原因は父に関する誤った情報(デマ)です。

    それは次の通りでした。

    ジョクソウは悪化しており、嚥下もほぼ出来ない、医師は病院での介護を指示しているにもかかわらず家族は医師や看護士の意見を完全に無視している。このような身勝手な家族がいる人の介護はできないので、一切手を引かせてもらう。

    デマの原因は全くわかりません。確かに夫は胃ろうを拒否したものの、他はいっさい何も言ってないそうです。

    結果的に、ケアマネが看護士に誤解を解いてもらい今まで通り入ってもらえました。(一安心です。週2回)

    (続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。お返事ありがとうございます。2

    しおりをつける
    blank
    STA波
    (続きです)
    事実は次の通りです。

    ジョクソウは外来で対処できるレベルに回復した、嚥下は誤飲をする危険性がある検査結果だった、胃ろうは勧めるが今は夫の意見を優先して無理にしなくとも良い。結論は医療の立場からは万全を期すれば入院介護が良いが家族の納得行く在宅介護にいったん戻す。ただ、近い将来は再入院は覚悟してもらう。でした。

    ぴーかんさん、まるーさんもおっしゃてますように、やはり痰吸引は家族か看護士で無いと出来ない、法律的に違反になる、と知りました。嫁の私は良いそうです。

    タッピングの事、またHPのご紹介有りがたいです。早速お気に入りにいれてみております。恐らく今回は胃ろうはしない、ということですが近い将来はやってくるでしょう。

    まるーさんのお父様はかなり意識がおありですね。お大事にして下さい。多分うちの父より良いと思います。父は麻痺があるし、義務教育ではないですが、生きる力?それが無いようです。カテーテルをぬいてしまうのに・・。

    尿カテーテルも検討中なのです。母が痴呆があるために父に何をするかわからない、という問題もあるのですが、在宅介護でもう一度がんばろう、とおもいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ケアマネに

    しおりをつける
    blank
    ぷりん
    介護福祉士です。他の方のレスにもありましたが、ケアマネに相談しましょう。

    横ですが…
    まるーさん 痰の吸引は医療行為に当たる為、ヘルパーには頼めません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ナースの意見として

    しおりをつける
    blank
    あとむ
    要介護5は大変ですね。
    家で看てあげたいという気持ちを持ってくださってることに、うれしく思います。
    私は脳神経外科でナースをしており、
    おうちで看たいというご家族に対して退院指導をすることもあります。

    前述にケアマネとありますが、
    ご入院されている病院に医療福祉相談室はありませんか?
    ソーシャルワーカーがどういった制度があるかなどの相談に応じてくれるはずです。

    あと、できるだけ訪問看護などのサービスを利用することをお勧めします。
    他人が家に入ることに対して抵抗があるかもしれませんが、介護はゴールの見えない体力勝負です。
    人の手を借り、余裕をなくして笑顔を失わないようにしてあげてください。
    時にはショートステイを利用してください。
    実際に手を貸してくれない人や周りの人に気を使うことはないです。

    息切れをしてしまわないようにしてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      あまり頑張り過ぎないで下さいね。

      しおりをつける
      blank
      まるー
      STA波さん、方向性が決まられたようで良かったです。胃ろうをまだしなくても、流動食やとろみ食などを口から摂れるのであれば、その方が本人にはもちろん楽しみです。お父様がカテーテルを抜いてしまったりするのであれば、胃ろうも同じことをする可能性もありますから要注意ですし。うちの場合は医師の薦めで父自身が決めたのですが、やはり抵抗感があるのも普通だと思います。

      しかしデマの件は災難でしたね。これから訪問看護で、同じステーションからでも違う方が来られることもあると思います。簡単な日誌を書いてもらって、看護ステーションと家の両方で持っておくようにしてもらうといいと思います。これは標準なのかもしれませんが、うちではステーションを変えて初めてそうなりました。便利です。

      でも、無理だと思ったら、方針を変えることも躊躇わないほうがいいと思います。

      >ぷりんさん
      痰の「吸引」は一部の例外を除き出来ないと書いておりますが? タッピングは吸引ではないと思っていました(体内に何も入れません)が、これも吸引なのでしょうか。だとしたら失礼しました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です。

      しおりをつける
      blank
      STA波
      引き続きご意見いただきまして感謝します。今日(22)訪問看護士の方2人とケアマネ、昼の介護士の方2人と夜の介護士の方1人と私と夫で痰吸引機の説明及び取り扱い説明、そして今後の父に関する注意をお話してもらいました。又、痰吸引機の実演?も父に対して本番で教えてもらいました。細いゴム管を鼻から通し喉まで入れて吸引しました。なんとかできました。

      父の状態は退院後安定しており、表情もにこやかな場面が増えました。ヘルパーさんには平日も週末も全て入っていただいて食事の介助も全部やってもらうことになりました。おむつについてはやはり、病院側の判断で尿カテーテルをいれっぱなしで退院となりました。ジョクソウには良いと言うことです。

      結構問題なのは、この尿の袋を母(要介護3)が目をつけると何をするか解らないことと、やはり父に何を食べさせてしまうかわからない点です。以前カキをかなり大きいかたまりを食べさせ窒息させそうになり救急車を呼びました。ヘルパーさんが一日に4回入ってくれるので良いですが。

      これで、当分様子を見ることになりそうです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0