詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    四国八十八箇所巡りをしたいのです

    お気に入り追加
    レス33
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    あきこ
    話題
    こんにちわ。25歳の女性です。最近仕事を退職して、時間ができ、一度自分を見つめなおしたいと思い、かねてからずっとしたいと思っていた四国八十八箇所巡りをしようと思っています。

    ですが全く知識が無く、今から自分なりにインターネットや本などで調べてみようと思っています。そこで実際お遍路さん巡りを体験した方の経験談をお聞きして、自分の旅に少しでも生かせたらと思い書き込みさせていただきました。

    八十八箇所巡りの方法は、徒歩で12月ぐらいから出発しようと思っています。期限は特に決まっていません。ただ、予算があまり無く、無料宿泊所があると聞きました。実際最低予算はどれぐらい必要なのでしょうか。冬にめぐる場合、特に何か用意するものはあるのでしょうか。期間は普通どれぐらいかかるものなのでしょうか。

    お遍路さんを経験された方、どのようなことでもいいので何かアドバイスをいただければ光栄です。お願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数33

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  33
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    遍路は春の季語

    しおりをつける
    blank
    げげっせん
    真冬の歩き遍路は、お勧めしません。
    四国は南国で暖かいとお思いかもしれませんが、札所には山寺も多く、冬は雪の積もるところも少なくありません。
    俳句で「遍路」といえば春の季語です。私は遍路道に面したアパートに4年ほど住んでましたが、歩き遍路の多くが3~5月だったと思います。(秋にもいました。)

    私自身は歩き遍路をしたことがないので、予算については良く分かりません。善根宿(無料もしくは格安で遍路を泊めてくれる)はどこにでもあるわけではないので、20万円程度は用意しておいたほうが良いのでは?と思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    (追加です)

    しおりをつける
    blank
    げげっせん
    「四国遍路ひとり歩き同行二人」という本が、参考になります。(解説編・地図編があります)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考程度で、すみません。

    しおりをつける
    blank
    虎命
    実母が73歳時に、春(3月)に行きました。
    年寄りなので、2週間のパック旅行でしたが・・・

    往復東京から飛行機で、しかも寺巡りもバスです。
    しかし、沢山の階段を登らないと行けない寺もあり
    年寄りには堪えた様子です。
    母は行く何月も前から、写経をして各寺に納めた
    ようです。

    母が行く前に、私が“子育ての反省もしてくれば?”
    と言ったら激怒されました。

    秋の日はつるべ落としというように、秋は日が
    短くなるし、春の方がお薦めのようです。

    但し、雨でも傘をさせずに歩くためか(カッパは
    着られるようですが)母は、旅の後半、終わり
    近くで(体が冷えたのでしょう)風邪を
    引いてしまい、発熱はないものの辛かった様子でした。

    他の方の中には、転んでしまって怪我をされた方も
    おられた様子です。

    年寄りには、2週間で一気に八十八箇所というのは
    大変なことのようでした。

    お若いトピ主さんもお体には気をつけて、無理の無い
    日程で予定をたててみては・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    徳島だけですが 1

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名
    日数の都合で徳島のみ歩き遍路しました(札所23番まで)。一週間くらいかかったかな。でも無料宿泊所(善根宿)に泊まったのは一日だけ。23番札所の近くです。あとは確か12番の後に一箇所ありましたが、旅程の都合上そこには泊まらず先に進んだように記憶しています。私のペースと善根宿の場所が合わなかっただけかもしれませんが、そんなに善根宿は多くないのではないでしょうか(善根宿で検索してみてください)。私は代わりに普通の旅館やお寺の宿坊に泊まりましたよ。一日5千円前後は宿泊費払うつもりでいたほうがいいでしょう。最近は遍路の本も多いので書店や図書館の仏教や旅のコーナーで情報集めてみてください。

    そして私も冬はお薦めしません。三月に行ったけど、けっこう寒かったし、軽装の季節のほうが荷物が軽くなるかと思います。(一日リュック背負う辛さに「100グラムでもいいから荷物減らしたい」と何度も切望したものです。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    徳島だけですが 2

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名
    続きです。

    あと、行かれるなら気をつけられるといいのが、靴とマメの問題。歩きとおす上でこれが実は一番大切かもしれません。靴選びとマメ治療&保護グッズは必須ですよ。そして、トピ主さんは若い女性なので、ひと気のない場所などにはとりあえず御注意ください。危険は少ないけれどゼロではないのですから。(それもあるので歩き遍路が少ない冬はやはりお薦めできないのです。)

    といろいろ厳しい事情も書きましたが、遍路自体は人生における本当に貴重な体験になるはずです。私は一週間とはいえ、遍路を通じて様々なことに感謝の気持ちを持つようになりましたし、自分が多くに支えられ生かされているという謙虚な気持ちと、自分だってやればできるという自信の両方を持つことができました。

    だから時間とお金の余裕ができたら高知以降も回るつもりです。全部歩きとおせる時間をお持ちだとは、本当にうらやましい。良い経験になることと旅の安全を祈っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やはり気候のいい時をお勧めします。

    しおりをつける
    blank
    花へんろ
    3年に分けて 四国遍路をしました。 最初の年の1番~21番までは歩き遍路でした。行く前はかなりの覚悟をしていたのですが、札所から札所までかなり離れていたり、道が分からなかったりと大変でした。 特に山の上にある札所も多いですので、1人だと途中で夜になってしまうこともあります。 朝早く出発していくつかの札所を巡り、昼過ぎに着いた札所でその日の宿の情報を得るといいでしょう。 夕方にはその日の宿に着くことが一番大事だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お役にたちますかどうか

    しおりをつける
    blank
    み~な
    叔父夫婦が行ってましたが、
    少しづつにわけて何年もかけて終了したようです。
    とても楽しんでいたようでした。
    私も12月にちょっとだけおつきあいしました。
    12月からだとむちゃくちゃ寒いです。
    雨が降ったら泣きます!
    防寒・雨具必須です!

    あと、お遍路さんに理解ある土地柄とはいえ、
    若い女性が一人で長い間徒歩旅行されるとなると
    ぶっそうなこともあるんじゃないかしら?
    と、ちょっと心配です・・・

    無料宿泊所もあるそうですが、
    疲れたときや不安なときなんかもでてくるでしょうから、
    サービスの行き届いたホテルや旅館を利用するとか、交通機関を利用するなどの金銭的・精神的余裕もあったほうがいいように思います。

    よい旅になるといいですね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    岩本寺のそばの住人より

    しおりをつける
    blank
    ワン太
    37番札所の岩本寺(高知県高岡郡窪川町)のそばに住んでいます。
    秋になり、歩き遍路をする方を見ることはかなり減りました。
    (先ほど年配の男性1人見ました。)
    冬はもっと少ないです。
    特に女性1人の歩き遍路(ああ、同行二人かあ)は春や夏でもかなり少ないですが…
    高知は比較的温暖なように思われがちですが、山越えなどもあって寒い思いをされる方も多いようです(予想以上の寒さに準備が出来ていなかったのかな)。
    ここ窪川は地形の影響もあって朝晩がかなり寒かったり、1・2月頃には滅多に降らない雪に出合ったり…

    季節を選ばれるほうが荷物や宿など気を遣うことが少なくなると思いますよ。
    また、女性の1人歩きは危険が潜んでいますので、くれぐれもお気をつけください。
    環境は申し分ないと思いますので、他の方の紹介されているような本など参考にして、無理のない計画をお立てください。
    岩本寺にお越しの際は、どうぞゆっくりしていってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実体験ではありませんが・・・1

    しおりをつける
    blank
    歩き遍路をしたいと思い、いろいろ調べたのですが、断念してしまいました。
    その時に調べてわかったことをお伝えします。

    まず、通しでの歩き遍路は成人(20~40代)で約40日前後の日数が必要となるそうです(もちろん個人差があります)。
    他の方も書かれていますが、12月からスタートの場合、昼間の時間が短いことを考えると、さらに日数を要するかと思われます。
    朝は早朝暗い内から出発するとしても、女性の一人歩き(ですよね?)は夜は暗くなる前に宿に入る方がいいと思われるからです。
    これは治安の面からだけではなく、交通事故を未然に防ぐ意味もあります。
    私もわずかばかりの歩き旅をしたことがあるのですが、歩き旅をしてみると日本の道路が歩行者のためでなく、車を主体として作られている場所が多いことに気づかされます。
    遍路装束は白いので、ましだとは思いますが、それでもやはり暗くなってから歩道のない道を歩いたり山道を歩くのはお勧めできません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実体験ではありませんが・・・2

    しおりをつける
    blank
    12月から始めると、結願が1月下旬くらいになると思われます。
    この時期は、日が短い時期であると同時に極寒の時期でもあります。
    他の方も書かれていますが、山の中は雪も降りますし、土佐路は海からの風も吹き付けます(その上、土佐路は札所間の距離が長く、達成感を得にくい)。
    春秋や夏の遍路と異なり、しっかりと防寒着を揃えていく必要があるので、荷物が増えます。
    歩いている間は防寒着は着てしまうから荷物にならないようにも思いますが、歩いていて暑くなったら脱いで体温調節をしなければ、長丁場の間に風邪を引く恐れがあります(ですから、着脱のしやすい薄手のものを重ね着するといいでしょう)。
    また、下着も汗を吸いやすく、乾きやすいものにすることをお勧めします。
    靴下も汗で蒸れると靴づれや豆の原因になるので、乾燥を保つ必要があります。
    何といっても体力が基本となりますので、防寒着・下着ともにアウトドア用の新素材(ダクロンの下着やゴアテックスのウェアなど)を揃えるといいでしょう。
    値段が高いのがネックですが、夜に洗濯した場合も乾きやすく、しわになりません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実体験ではありませんが・・・3

    しおりをつける
    blank
    無料の宿泊所もありますが、多くの場合は遍路宿と呼ばれる安宿や宿坊、もしくはビジネスホテルに泊まることになると思います。
    http://www.kushima.com/henro/keywords/yado.htm
    下は0円、上は8000円程度かかると考えて、歩きに要する日数×5000円くらいの予算は見ておく必要があると思います。
    冬期なので50日かかると仮定した場合、最低20万円くらい必要でしょうか。
    宿泊をなるべく安くあげても食費や道中で靴づれや筋肉痛などで医薬品を購入したりする可能性がありますので・・・。
    歩き旅は交通費がかからないので、貧乏旅行のイメージを持つ方がいらっしゃいますが、野宿の予定でない限り、日数もかかるので、かえって交通機関を使う旅より予算がかかるのが現実です。
    特に女性は野宿やテント泊、民泊は用心する必要があるのでなおさらです。
    また、冬期は休業する民宿が増えることも頭においておいてください。
    http://www.kushima.com/henro/faq/season.htm

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実体験ではありませんが・・・4

    しおりをつける
    blank
    では、暑からず寒からずの春や秋なら安く歩き遍路ができるかというと、それもなかなか難しくなります。
    お遍路シーズンには歩き遍路はもとより、バス・タクシー・バイク・自転車、いろいろな手段の遍路が集まってくるので、遍路宿が早くから予約されてしまいます(歩き遍路の場合、自分の体力と相談しながらペース配分しなければならないので、あまり早くから先の宿を押さえることができない)。
    また、ご朱印をいただくにも、団体ツアーの遍路たちで境内が混み合って、順番待ちの時間がかかってしまうことも多いようです。

    こういったことを考えると、いつが遍路に適したシーズンかなんていえなくなってしまいます。
    結局は、「思い立ったときが遍路のシーズン」なのかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実体験ではありませんが・・・5

    しおりをつける
    blank
    厳しいことを並べましたが、歩き遍路はかけがえのない体験で、新たな人生の目標を見出した人の話も聞きます。
    遍路を歩きで通し打ちするには時間とお金と体力(と、家族の理解)のどれ一つが不足してもできません。
    せっかく思い立たれたのですし、お金なんていざとなれば後で返すことだってできます。
    ぜひ頑張って欲しいと思います。
    それから、できれば国内の旅行保険に入っておくと安心かもしれません。
    「四国遍路 Q & A」
    http://www.kushima.com/henro/faq/
    「歩き遍路心得帖」
    http://www43.tok2.com/home/tabibito/88/88-jyo-i.html

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横・いいなあ~

    しおりをつける
    blank
    羨ましい
    すみません、あまりに羨ましくて・・・

    私も常々実行したいと思っていますが、仕事もありかなわずにいます。
    (今時、そんなに休んだら会社にいられませんからね)
    生活があるから仕事は辞められないし・・・

    お寺ってけっこう山中にあったりするのでお遍路なんて若くないと難し
    いと思います。(本当に歩いてまわるなら)
    ぜひ、がんばってきてください。できたらお遍路後のお話を聞きたいで
    す。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一度

    しおりをつける
    blank
    バンバン
    水曜どうでしょう の四国八十八箇所巡りを見てください。まぁあれはバラエティなので参考になるかどうかわかりませんが、感じを掴むってだけならイイカモ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      通し徒歩遍路 1

      しおりをつける
      blank
      お遍路さん
      私(三十台前半)は夫と四年前に二ヶ月かけて
      徒歩で88箇所めぐりました。
      九月から歩き始め終わったのは11月でしたが、
      前半は暑く日焼けしまくりでしたが、
      後半はかなり寒く途中防寒着を買い足しました。
      はじめは夫と一緒に歩いてたのですが、
      歩幅やペースも違うので暑さや疲労でいさかいも
      おきてきたので、落ち合う宿だけ決めて
      後は1人で歩いてました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      通し徒歩遍路 2

      しおりをつける
      blank
      お遍路さん
      若い女性の一人歩きは珍しがられて、
      話しかけられたり、お接待も(夫より)多かったです。
      食事のお接待、善根宿にも宿泊させていただいたり
      しましたが、二人で100万近くかかりました。
      はじめは野宿もあるかと思い
      寝袋やテント、着替えも多めに持ってたり
      重さが10キロ近くありましたが、
      すぐに膝と腰を痛め最低限必要なもの以外
      途中送り返しました。
      1グラムでも軽いにこしたことはありません。
      速乾性の肌着、歩きやすい靴は少々値段が高くても
      お勧めします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      通し徒歩遍路 3

      しおりをつける
      blank
      お遍路さん
      あと、へんろみち保存協会が出してる
      ガイドブックは一般の遍路ガイドには無い、
      善根宿等の情報も記載されてるので、
      購入したほうがよいでしょう。
      携帯電話は賛否あるかもしれませんが、
      薄暗い山道等を歩くとき防犯の意味でも、
      持っていたほうがいいかもしれません。

      私たちは、この遍路で自分自身、
      パートナー、親兄弟、仕事等多くのことを
      見つめなおし、自問自答できたことで、
      今の生活があると思ってます。
      子供が大きくなったら、いつか家族でまた
      歩き遍路にでようと話してます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      8月から9月に行きました。

      しおりをつける
      blank
      遍路体験者A
      20代でもすべて歩きで50日ほどはかかります。
      私は一部短縮で40日ほどで88箇所歩きました。
      お金は素泊まり、宿坊などで約20万ほど。
      さすがに野宿はできないのでこのくらいは必要でした。

      お接待と言って地元の家に泊めていただいたこともありました。真夏なので草ボウボウでこんなところほんとに歩けるのか?と不安もありました。
      道に迷うことは若干あれども遍路道の道しるべが
      短い間隔であるので、道についてはそれほど心配しなくて
      もよいと思います。

      私個人としては焼山寺がきつかったー。
      ぜひ88箇所巡ってください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要グッズ 靴

      しおりをつける
      blank
      歩き旅にとって第一に重要なのは靴です。
      合わない靴はくつずれやマメになるばかりでなく、筋肉痛や疲労の原因になることもあります。
      足がむくむことも考えられるのでサイズは少し大きい程度がいいと思われます。
      また、荷物はザックになると思いますが、自分の体に合ったものを。合わないザックは疲労を倍増させます。
      ただ、ザックは中のものを出し入れするために、いちいちおろさないといけない欠点があります。ただそれだけの行為も積み重なると体力を奪うので、ザック以外にウェストポーチかショルダーバッグ(遍路装束の一つである頭陀袋でも)を体の前につけ、小銭や携帯電話、タオルや水などを思い立った時にすぐ手に取れるようにしておくことも大切です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要グッズ 靴下

      しおりをつける
      blank
      靴と同様、靴下も大事なポイントです。悪路を歩くのではない限り2枚重ねなどをする必要はありませんが、マメ防止のためにはやや厚手のもの,それもできればウォーキング用の靴下をお勧めします。
      お勧めはアクリル繊維「オーロン」のパイルソックスです。底が厚く丈夫な上、気軽に洗え、汗の吸湿性、弾力性、保温性など全てにおいて優れています。また、直射日光下で乾かしても硬くなりません。値段は一足¥1000前後と高価ですが、長い道のりを乗りきるための保険のようなものかと思います。

      また、足は1日に約コップ一杯分(200cc)の汗をかきます。
      靴下の吸湿が悪いとマメができる原因となります。
      マメの予防のためには、汗や雨で濡れた靴下は,早め早めに取り替えることが大切です。雨の日なら日に3~4足程履き替えるくらいで丁度いいかもしれません。
      洗い替えの分も考えると、最低でも5足程度揃える必要があると思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要と思われるものリスト1

      しおりをつける
      blank
      1.地図・資料・筆記具
       重量を減らすため、必要分を縮小コピーしていく
      2.携帯電話・充電器
       山中は圏外だと思われるが、公衆電話も減っている今、非常用に
      3.メモ帳・ふせん
       せっかくの旅なので記録など・・・
      4.下着
       洗濯できない場合や乾かない場合の分を想定した量
      5.レインスーツ、雨具
       先日書いたゴアテックスは雨水は通さないのに、汗は蒸発させるので体力温存に最適(高価ですが)
       また、長く歩く時以外(宿から外出する時など)には軽量折りたたみ傘があると便利
       もちろん、荷物を守るためのザックカバーは必需品
      6.生活用品
       ハミガキセット、洗濯ロープ・洗濯ばさみ、マグライト、タオル、ティッシュなど
       遍路道の中には、トンネル内もありますので、自分の存在を車に知らせるためにもライトは必須!!
      7.休息時用品
       寝巻き・ジャージ、タオル、石鹸、洗剤など
       ビジネスホテルでは常備されているものも、民泊や宿坊などでは用意されないことがあります

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要と思われるものリスト2

      しおりをつける
      blank
      8.薬
       常備薬、湿布、消毒薬、バンドエイドなど
       荷物を減らすため、必要になったらその都度購入する手もありますが、人気のない場所もあります
       最低限の応急処置グッズがあるのとないのとでは、心理的な違いが大きい
      9.非常食
       ペットボトルの水、チョコレートなど
       住宅地や山地・農耕地では自動販売機さえ見当たらないことがあります
       チョコレートは、マーブルチョコのようなものだと溶けないので便利
       飲み物は冬なら魔法瓶タイプの水筒を持っていると寒気を感じたときに便利だと思うけど、重量を考えるとペットボトルでしょうか
      10.風呂敷
       ザックに入らない荷物ができた時に使う以外に、寒い時首に巻けば防寒に
      11.小銭入れ
       全財産を入れた財布以外に御賽銭を入れる小銭入れがあると防犯上も便利

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要と思われるもの その他1

      しおりをつける
      blank
      ざっと書き上げましたが、他にも日焼け止め、化粧品、生理用品、ライター(お線香をあげる時や消毒用など)など、いろいろ必要となるものがあると思います。
      遍路装束をするなら菅笠、白衣、輪袈裟、頭陀袋、納札入れ、納経帳、納札、数珠、教本、手甲、脚半、白地下足袋、金剛杖(弘法大師の分身とされているので、宿に着いたら洗い清め、道中でトイレに行く時は持ちこまない、橋の上ではつかないなどのマナーあり)、数珠、持鈴、納経帳なども必要となります。
      最近ではアウトドア系の装束の人も多いようですが、少なくとも菅笠、白衣、輪袈裟、金剛杖だけは揃えて身につけているとお遍路さんだとわかりやすいので、お遍路さん同士で挨拶しあったり、ご接待を受ける機会が増える(それが無料宿に巡り会える機会も増える)、白いので夕暮れになっても目立つなどのメリットがあるようです。
      などと言いながらも、歩き旅の荷物は1グラムでも少なくすることが大切です。
      持っていくものは軽くてかさばらず、用途の豊富なものを厳選して、不要なものは適宜送り返すといいと思います。
      でも、その条件を満たすにはお金がかかるんですよね(苦笑)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      必要と思われるもの その他2

      しおりをつける
      blank
      宿のお金もかかるけど、野宿だとさらに荷物が増える(寝袋やテントなど)し、安心のためを思えば、宿代は安眠する保険料だと思えば安いかと思います。
      ただし、持ち歩く現金は少なめにして、クレジットカードやキャッシュカードを併用してくださいね。
      http://www.geocities.jp/tehgueh/aid/money/cost.html
      http://www.geocities.jp/t_tosijp/youisurumono.htm

      それにしても、江戸時代以前より情報も道も衣類の素材も発達したはずの現代なのに、時間面・金銭面など歩き旅の敷居は高いですね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        懐かしく

        しおりをつける
        blank
        ゆう
        二年前、大学四年でやってみました。途中でどうしてもな用事があり、十日余り、室戸岬の辺りで終わってしまいましたが・・・。

        冬に行かれるということですが、私はちょうど梅雨の時期にあたりひどい目にあいました。

        使ったお金は10日で3万くらいでしょうか。
        若い男性ということで、神社の軒先等、宿泊費には無理がききました。女性はやはりちゃんとしたところに泊まったほうが良いと思います。

        人家があるあたりはいいのですが、長い海岸線沿いの道等で夜になると危険が増えます。一度に歩く距離は無理をなさらず。

        良い旅路をお祈りしています

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        微々たる情報かもしれませんが…

        しおりをつける
        blank
        高知県
        靴擦れやマメを注意されている方が多いので、
        便利なグッズを紹介します。

        「ディクトン スポーツ」という水ぶくれやマメ防止用のムースです。
        ミュール履く時は必ずつけています。効果は絶大です!
        歩き遍路で人と人とのあたたかいふれあいに、きっと人生観が変わると思います!
        地元の方も、困った時にはきっと助けてくれます。

        たまに大学生ぐらいの若い男の人も見かけます。
        歩き遍路で、装束や編み笠(?)も背中につけて。
        身体は汚れ足取りは重そうなのですが
        顔はとても清々しく、声をかける事はありませんが
        応援しています。

        一気にまわらなくても、地元→四国を往復してペースをつかみながらでもいいのではないでしょうか。
        応援してます!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少しでもお役に立てればと

        しおりをつける
        blank
        まんねん
        これまでに週末を利用し55ケ寺を区切り打ち、残る高知と愛媛の西部33ケ寺を機会を見つけて巡りたいと思っています。情報と準備と覚悟と危機管理さえあれば時期を問わずお勧めします。四国は四季折々の自然と人情の素晴らしさを私たち遍路に恵んでくれる筈。

        次回利用すべく携帯ホームページを暇を見つけて制作中です。お試し頂けると有り難いのですが。現地よりメールにてご感想やご要求あればすかさず改定の上完成度を高めて行ければと思います。

        「四国88モバイル」http://k.excite.co.jp/hp/u/shikokuhenro/
        気をつけて、行ってらっしゃい!!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        リスクも考えて

        しおりをつける
        blank
        とくしまん
        おととしまで徳島市民でした。春になると、お遍路さんが歩いてるのをよく見かけました。とある札所の近くに住んでいたので、道を聞かれることもしばしば。

        私は、県外から来た友人のために、一番札所霊山寺から2番札所まで一緒に歩いたことがありますが・・それだけでもきつかったです。土地鑑があったので、道に迷う不安はなかったですが。(一番から2番は道ストレートです)四国八十八箇所巡りをされたいのであれば、地図がよく読めないといけないと思います。お寺ってたいがいへんぴな場所にあるんです。田舎だからこそ、夜は危険です。昼間も人がいない田舎道なんか歩いていると狙われるかもしれません。

        ご自分を見つめなおしたいお気持ちはわかります。
        でも、相当のリスクもあるということをご承知の上で綿密な計画を練って、いってらっしゃいませ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です。行ってきます。

        しおりをつける
        blank
        あきこ
        みなさん、本当に貴重なアドバイスをありがとうございます。やはり、冬場は危険だということもよくよく考えたのですが、「今だからこそ生きたい」という私の気持ちは日増しに強くなるばかりで、愛さんの「思い立ったときが遍路の季節」という言葉がすごく心に残り、結局行く決心をしました。

        今皆さんの意見を参考に用意をしています。冬なので、防寒対策は忘れず、でも荷物が重くなり過ぎないようにしています。あと、「四国遍路一人歩き同行二人」も購入する予定です。予算はどうにか25万用意できたのでそれ以内で済ませたいと思っています。

        では行ってきます。必ず何か大切なものを見つけて帰ります。帰ってきたら、またこのトピで報告します。
        本当にありがとうございました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  33
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0