詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    年末調整について

    お気に入り追加
    レス39
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ジャスミン
    仕事
    年末調整って、比較的戻ってくる人が多いですよね。
    私は今までパートで、11月から正職員になることになりました。
    そこで、同僚から聞いたのですが、この職場、年末調整額が数百円しか戻ってこないと言うのです。
    同僚も以前の職場では数万単位で戻ってきていたのに、何故だろうと不思議がっています。

    実際に、生命保険も変わっていず、扶養の変化なし、給料も大きく増減していないのに、年末調整額がこんなにも変わるということはありえるのでしょうか?

    ちなみに職場は職員が数名しかいない診療所です。
    給料管理は院長の妻がやって会計事務所に最終確認みたいなものをしてもらっているらしく、あまり詳しいことは教えてもらえないようなのです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数39

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  39
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    毎月の・・・・

    しおりをつける
    blank
    いんこ
    毎月源泉税として、控除されてる金額が少ないからではないですか??
    たとえて言えば1000円の収入に対して、10%の100円控除ではなく、75円くらいの控除であるとか。

    おかしいと思われるようでしたら、自分で一度計算してみたらどうでしょう?意外に簡単ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分で計算してみては?

    しおりをつける
    blank
    あのー
    院長婦人がごまかしていると疑っていらっしゃるのであれば、ご自分で計算してみてはいかがでしょうか?

    国税庁のホームページで「年末調整のしかた」(多分こんな名前でした)というマニュアルをダウンロードできたと思います。給与明細、賞与明細を見ながらそこに書いてあるとおりに計算すれば年税額を出せます。源泉徴収票の税額と比べてみると事実がわかると思います。

    戻りが多いと得したような気がしますが、それは逆で、月々の給料のときに多めに引かれていたというだけだと思うのですが・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    誰か詳しい人に計算してもらっては?

    しおりをつける
    blank
    さいた
    もしかしたら、院長夫人が計算を間違えているのかも
    しれないし、そうでないかもしれない。
    一度、1月~12月の給与明細と、保険の控除や扶養
    人数を伝えて、別の詳しい人に計算してもらうとか。
    そんなに複雑な計算でもないので、少し勉強すれば
    自分でもできると思います。

    どちらにしても、その内容だけでは、実際間違っている
    のかどうか答えようがないと思います。
    (年末調整はあくまで調整なので、最終的な答えが
    合っていれば良いので戻り額が少ないから
    といって、間違いとは限らないのです)

    数万円違ったら大きいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    毎月の徴収額が少ないかも?

    しおりをつける
    blank
    きょん
    毎月の給料から源泉徴収されている所得税の金額が本来徴収すべき金額より少ないんじゃないですか?

    毎月の手取額が多いか(引かれる源泉税額が少ない)、年末調整時に還付額が多いかの違いで、トータルでは変わらないはずです。

    「計算間違いされてるのかな?」と不信に思われてるのであれば、ご自分の源泉徴収票を見られて計算が合っているか確認されるといいですよ。インターネットで調べるといくつも計算方法がひっかかります。慣れてないと難しいとは思いますが、本来は知っておくべきことなので、いい機会だし勉強されてみるといいかもしれません。
    計算されてみて、多く徴収されているのならば確定申告すればその分戻ってきます。

    前職と比較なさるなら年末調整の還付額を比較するのではなく、一年間の所得税額を比較して下さい。
    「生命保険も変わっていず、扶養の変化なし、給料も大きく増減していないのに、年末調整額がこんなにも変わるということはありえるのか?」は十分ありえます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    勉強しましょう

    しおりをつける
    blank
    kiki
    毎月給与から引かれている所得税、これは実は前払いなのです。(住民税は後払い)
    その前払いの清算のを12月に行います。これが年末調整。

    戻ってきたら得した気分になるけれど、1年間払い過ぎていた分が戻ってくるだけのこと。
    損だの得だのは一切ありません。

    何万円も返ってくる、ということは月々の所得税が引かれすぎていたのでしょう。数百円しか戻ってこないというのは、毎月引かれていた額がほぼ正常だった、ということです。
    以前の職場の時の給与明細と今の職場の明細の所得税額を見比べたら金額が違うはずです。

    何やら会社を疑いの目で見ているようですが、本来清算というものは自分が税務署行って確定申告するもの。それを会社が代わりに「やってくれて」いるわけです。
    感謝しなくちゃいけないんですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    保険の控除とか

    しおりをつける
    blank
    kiku
     の書類しっかり書いてます?
    書いていても戻ってこないのであれば本当に控除
    されているのか確認した方が良いと思います。
    また書いていなくて数百円であれば年毎に給料が
    ガンガン上がってる職業じゃ無いって事じゃない
    でしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    毎月の源泉税額は・・・?

    しおりをつける
    blank
    ふくちゃん
    毎月の源泉税の金額は規定どおり差し引かれていますか?年末調整をしても、給与から差し引かれた以上の金額は戻ってきません。もし、毎月の源泉税の徴収が少ないようであれば、何百円という金額もありえます。手取額は多くないですか?もし、疑問であれば、会社から源泉徴収簿をもらって計算過程を確認してみて下さい。断られたとしてもこの書類は源泉徴収票と同様に、会社側が社員に公開する義務があります。電話で税務署に計算方法を聞けばすぐに教えてくれるかと思います。戻るべき税金は必ず戻してもらいたいものですよね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    精算方法が違うのでは?

    しおりをつける
    blank
    ゆか
    職場によって、または人によって戻ってくる額に大きく差が出るのがなぜかは、こちらが参考になると思います。
    http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20021221A/index2.htm
    ところでこれはインターネットでちょっと調べれば分かると思うんですけど。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    これだけでは分かりません

    しおりをつける
    blank
    あお
    >そこで、同僚から聞いたのですが、この職場、年末調整額が数百円しか戻ってこないと言うのです。
    同僚も以前の職場では数万単位で戻ってきていたのに、何故だろうと不思議がっています。

    同僚とあなたでは条件が違います。
    あなたも同じくらいしか戻らないかどうかは分かりません。

    同様に、以前の職場との比較も簡単にできません。
    例えば、同じ年収でも月々の給料が少なくて賞与が多い人と、賞与なしの人では前者のほうが源泉徴収された税が多いので多く戻ります。でも、結局払う税金額は(控除金額等が同じであれば)変わりません。

    また、社会保険料控除額も毎年同じではありませんし。

    勘違いしている人もいるようですが、年末調整とは「お金を戻してもらう」手続きではありません。
    大事なのは、税金の額が正しく計算されているかですので、源泉徴収票をもらったら控除の金額が正しいか、源泉徴収された年末調整前所得税額と源泉徴収票記載の税額+年末調整額が合っているかなど確認してみてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    試算してみたら?

    しおりをつける
    blank
    晩秋
    インターネットで確定申告の書き方のサイトがありますから、それで試算してみたらどうですか?

    来年の一月ごろ、源泉票を勤め先から貰えますので、それを見て試算してみて下さい。

    納得がいかなければ、自分で確定申告すれば還付してもらえます。

    又、確定申告の時期が近づくと、近くの役所で税務相談をするので、そこで相談する事もできます。

    ただ、ちゃんと経理事務所に頼んでいるなら、計算間違いはないと思いますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    確定申告用紙

    しおりをつける
    blank
    まこ
    ご自分で確定申告用紙を使って、計算してみるといいかもしれません。
    金額はもちろん、年末調整の仕組みも分かりますしね。
    税務署で用紙と手引きをもらえるはずです。

    私は人事をやっておりますが、
    自分の払うべき税金について無知な方が非常に多いように感じます。
    「やってもらう、教えてもらう」という姿勢ではなく、自ら調べることも必要なのではないでしょうか。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    年末調整

    しおりをつける
    blank
    どさんこ
    >年末調整って、比較的戻ってくる人が多いですよね。
    給料管理は院長の妻がやって会計事務所に最終確認みたいなものをしてもらっているらしく、あまり詳しいことは教えてもらえないようなのです。

    年末調整の仕方(http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/pdf/1708.pdf)
    納得が行かなければ確定申告されても良いと思います。きちんとした税額が出ますし。年末調整は出来る人、出来ない人と分かれていますが、申告は自分でしたいとお思いならそれはそれで特に大問題ってこともないです。
    私は会計事務所勤務ですが、直接問い合わせても構わないと思いますが月末は多忙なことがあるので納得が行かなければ出すかどうか事務所の考えによると思いますけど求められれば出ます。おそらく、文章からして給与など会計事務所任せにされているので大丈夫では?と思います。1年間の税金の過不足を調整するだけなので不足があれば払わなくてはならないです。誰でも多く戻ってくることはまずないです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありえることでは?

    しおりをつける
    blank
    素人ですが
     ありえることだと思います。年末調整は所得税の調整なので、税金を多く払いすぎていれば、その分多く、税金を少なく払っていれば、最悪そのときに少ない分の税金をとられることも考えられます。専門家でないので、聞きかじった情報ですが、多分お勤めの会社が半期に一度の特例という形で、所得税をまとめて納付しているところだと思います。そのため、毎月のお給料から大雑把に所得税を計算して引いているだけで、年間で合計すれば多く払いすぎているということはないと思いますよ。詳しくは税務署のHPや関連の本をみることをお勧めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    年末調整って・・・

    しおりをつける
    blank
    白玉露
    税率が暫定的に高めに決まっていて、
    実際の収入から税率を換算し、
    払い過ぎの分が戻ってくるパターンと。
    会社が把握していない分の控除分がある場合に
    戻ってきますよね?

    その職場の方は後者の控除分が無い方が多いのでは?
    生命保険、個人年金、配偶者控除等に該当しなければ、
    控除(額)の見なおしがなく、戻ってこないという結果に
    なるんじゃないかな~と思いますが。

    実際、やってみた結果はどうなんでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    年末調整とは

    しおりをつける
    blank
    miiko
    給料から引かれている所得税(源泉所得税といいます。一度給料明細に目を通されてみてください。)は、とりあえず会社が預かっている性質のものです。一年間の収入が確定し、それに見合った所得税の金額が決まると、この一年で給料から引いてきた所得税の総額と精算します。給料引きの分が多ければその分返金の額も多くなります。逆に不足していれば徴収され、会社が個々の社員の源泉税をまとめて納付する仕組みです。
    トピ主様の場合、返ってきた金額が数百円とのことですが、その分毎月の給料で引かれていた所得税は適正だったと言えます。年末調整をたくさんもらえたとしても、それはもともと多めに引かれていた自分のお給料なのです。
    なお、年度によって減税が行われたりもしますので、同じくらいの所得でも税額に多少の違いは見られるかもしれません。一度源泉徴収票を過年度分と見比べてみては如何?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      年末調整

      しおりをつける
      blank
      会計事務所職員
      支給額が同じくらいで、税区分が甲欄(一ヶ所からのみ、もしくは二ヶ所以上から支給があってその内その会社からの支給がなる主となる支給の場合の税区分。もう一つは乙欄。二ヶ所以上から給料等の支給があってその会社からの支給が主となる支給ではない場合の税区分)の場合、扶養数・保険加入・障害者区分等が同じ条件であれば、後は社会保険料支払額のみが計算の違ってくる箇所となります。
      平成15年度と16年度とでは、自分の収入に配偶者を扶養としていない場合と本人が老年者である場合以外、昨年と計算方法は変わりません。
      トピ主さんの場合、11月までのパート期間中の社会保険料が気になりますが。

      お勤めの診療所から頂く源泉徴収票に「社会保険料」(支給額の二つ右隣くらい)の額が記載されていれば、それを持って年明け~3月15日までに税務署に行ってみてください。計算違いがあればすぐに解ります。
      又、計算自体は至極簡単なものなので(税務署で「年末調整の仕方」と云うざら半紙の無料配布のパンフレットがありますのでもらってみてください。)ご自分でされてもいいと思います。パンフレットはそろそろ税務署で配布してるはずです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      年末調整って

      しおりをつける
      blank
      かみこ
      あくまでも「払いすぎた税金が帰ってくる」って事ですからね。
      単に、職場の方で毎月税金を払いすぎないように調整しているのかもしれません。

      試しに自分で計算or税務署の税金相談窓口などで聞いてみたらどうでしょうか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      追記。

      しおりをつける
      blank
      会計事務所職員
      計算違いでないのなら、最初から毎月のお給料から引かれている源泉税を少なめにしているのかも。
      どうせ年末に返すなら、「毎月少しでもお給料を多く払う」為に「引く源泉を少なく」して、だから「年末調整は数百円単位しか返らない計算」になる。
      と云うのもちょっとイレギュラーなんですがありかも?、です。

      それか、その会社の他の従業員の方が年末調整時に生命保険等の控除の証明書を提出していないか、ですかねえ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      年末調整について

      しおりをつける
      blank
      炬燵で蜜柑
      YAHOOで年末調整と入力して検索してみてください。
      分かりやすい解説が載ってます。

      結果的に年間所得に対していくらの税金を払うのかと言う事なんで還付額は関係ないです。

      もし、間違っているかもって思われるんでしたら
      ご自分で計算しなおしてみてください。

      そんなに難しい事ではないですよ!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      手計算してみては?

      しおりをつける
      blank
      帝国
      年末調整の計算は簡単ですので、手計算をして確認することをお薦めいたします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      戻ってくることが当たり前じゃないですよ

      しおりをつける
      blank
      ばなな
      年末調整って簡単に言えば一年間の所得で年税額を計算して、それまでに徴収した所得税と精算するものですよね。

      戻ってくる金額が多い少ないじゃなくて、トータルでみた年税額で考えてください。

      戻る金額が少ない人は毎月控除されている所得税の金額が多くないということです。

      追徴の人だっていますしね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      返金ではないですよ。

      しおりをつける
      blank
      rinko
      年末調整って、「戻ってくるもの」ではなくて、名前のとおり「調整するもの」です。きちんと計算して、取り過ぎていた方にはお返しする(もどってくる)、納め足りていない方からは追加で徴収します。
      給与所得者だと、年間の収入をおおざっぱに予測をつけて、毎月の給料から税金(見込み額)がひかれていきます。一円単位で計算しているわけでもないですし、残業代が毎月違ったり、手当て額が違ったり、収入の増減があるので年の最初に「この人の所得税は年間○○円、よって毎月いくら引きます」ということができないのです。
      もし戻ってくる額が少ないのなら、それは見込み計算と実際の納税すべき額が近かっただけです。たくさん戻ってくる方は、見込み計算でたくさん納めすぎていただけです。損も得もしていませんのでご心配なさらなくて大丈夫です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      ありえないとは言い切れないので

      しおりをつける
      blank
      う~ん
      トピの内容だけでは判断できませんが、考えられる理由はいくつかあります。

      1 毎月徴収される所得税の額が規定より少なかった
       (または、同僚の前の職場が多く徴収していた)
      3 扶養親族・保険料控除等の申告漏れ
      2 年末調整の計算間違い

      1であれば、最終的に支払う所得税は同額になりますが、2.3だと税額が違ってくる可能性があります。

      自分の給料について、詳しく教えてもらえないというのはどうかと思いますが、そういう状況であれば自分で計算してみることをお勧めします。

      毎月の給料明細と、源泉徴収票があればある程度の確認ができますが、より詳しく知るためには「国税庁」のHPに年末調整の方法が書いてありますので、そちらをみてみると良いでしょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      源泉税を納めているか

      しおりをつける
      blank
      事務してます
      戻るかどうか、は、月々、どれだけ給料から納めているかによって違ってくると思います。毎月、源泉徴収表をみながら預かり金として徴収している金額が少なければ、戻りも少ないだろうし。初めから、全然、徴収されていない場合(たとえば、扶養家族が多く、給料が少ない場合)は、まったく戻りません。以前の職場では戻ったということですが、以前の職場と同じだけ、所得税が月々源泉されていたのかどうか、でも、異なってきます。1月から11月までの給与明細を集計して来月の明細を加えて、昨年の源泉徴収票と比較して明らかに異なるなら、質問されたらいかがでしょうか? 税率は昨年と変わってないと思います。
      パートだから、正社員だから、ということで税額は変わりません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      すでにレスがあると思いますが

      しおりをつける
      blank
      さんご
      御自分で計算してみれば納得いくことです。
      源泉徴収票や毎月の給料明細があれば出来ます。
      計算方法はネットで調べれば分かりますし、
      それでも分からなければ税務署に計算の仕方を聞けばいいと思います。
      勤め先が意図的に間違った計算をしていたら、それが元でトラブルが発生するかもしれませんが、自分の税金がどのように計算されていくら納めているかを把握するのは当然のことです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る

        まずは自分で計算してみる。

        しおりをつける
        blank
        名無しさん
        年収等の詳しい情報がないのでわかりませんが。
         まずは、推測できるところで、
        小さな事業所に勤められているということで、社会保険関係はどうなっていますか?
         小さな事業者は社会保険は入っていなかったりします。
        もしくは、事業団体の健康保険のみとか…。
         そういった場合、自分で国民健康保険や年金を支払ってその金額を申告(年末調整の時の書類で生命保険や配偶者特別控除の申告書がありますねその書類に社会保険について記載する欄があります。)しない限り社会保険料控除が受けられませからそういった場合は税金が高くなりますが。
         あとは、その事業者が入れてる給与ソフトの税金計算が変で毎月の源泉所得税の金額が少なくなっているとか(
        実は結構ある話です)
         その年末調整の計算に疑問があるなら、まずは自分で計算された見た方が良いかと思います。
         もし、間違えがわかって指摘してごたごたするのが嫌だったらご自分で確定申告して返してもらってもよいですしね。
         

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        調べてみては?

        しおりをつける
        blank
        パート主婦
        年末調整のシミュレーションができるサイト、色々ありますよ。「サラリーマンの確定申告」というサイトとか。源泉徴収票はお持ちですか? それを見ながら必要事項を打ち込んでいけば、還付額が正しいかどうかが分かるはずですよ。どうしても疑問があるなら、役所に問い合わせてもよいのでは? あなたの納税額がいくらだったかは、役所で証明書を取ればすぐ分かります。それと照らし合わせてみるとか。税務署に尋ねてみてもいいんじゃないでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        詳しい状況がよくわからないんですが

        しおりをつける
        blank
        ヘンヘン
        もしかして個人で加入してらっしゃる生命保険や年金を計算にいれてない…のでは?
        毎年、保険会社から年末調整用の証明書類がきますよね。
        それの提出は求められてますか?

        求められてない場合は、計算に入ってないと思われますので(普通はやってくれるんですけどね…)確定申告をご自分でやったほうがいいかもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そもそも

        しおりをつける
        blank
        ちいず
        年末調整とは毎月給与から所得税として引かれた総額と
        一年間の収入を生命保険、扶養控除などを計算して
        本来納めるべき所得税額を算出します。
        多く徴収されていれば還付金があり、
        少なく徴収されていれば追加の徴収があるものです。

        なので源泉徴収表を貰ったら
        一年間の給与の総額、徴収された所得税の総額
        受けられる控除の金額を確認して
        ご自分で再計算されてはいかがでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        確定申告へ行きましょう

        しおりをつける
        blank
        きりんこ
        年末調整の時に保険の資料などを職場に提出しないで、
        源泉徴収表が出たらそれと資料を持って確定申告に税務署に行きましょう。
        ちなみに、還付申告なら1月16日から受け付けますよ。
        うちは給与所得ですが2箇所以上からの収入があるので、毎年確定申告に行っています。
        税務署では親切に書き方を教えてくれます。
        最近はパソコンで入力することもできます。
        そのときも係りの人が丁寧に教えてくれますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  39
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0