詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「どっちでもいいよ」が旦那の口癖

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆき
    ひと
    私の旦那は、誰からも「優しい人でいいね」と言われるくらいいい人です。そこが好きで結婚しました。
    でも、結婚してからその優しさはエスカレート(?)し、家庭内で全く自己主張をしてくれなくなりました。

    義父母に迫られて、「断れなかった」といい、次男なのに同居を決意。すでにいま同居しています。
    それだけでなく、私が言うことほとんど全てに「どっちでもいいよ?ゆきはどっちがいいの?じゃそっちでいいんだよ」と必ず言ってきます。物事は全部私が決めてるみたいで、嫌なんです。

    何から何まで、この調子でまいってます。
    彼にとってみれば私の気持ちを大事にしてくれてるんだと思う。でも、はっきり言って寂しいです。議論にならない、相談にならない、頼りにならない。
    彼は本当は優しいのではなくて、私の考えてることに全然興味がないんじゃないか?本当は私のこと好きではないんじゃないか?と思うようになってきています。どうしたら旦那の気持ちを言ってもらえますか?
    なかなか、手ごわいのでいい方法を教えてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    友人の旦那さんが

    しおりをつける
    blank
    いいなぁー。
    私の夫は、自己主張が激しくて困っているぐらいですが、友人の旦那さんは、トピ主さんの旦那さんと全く同じような感じです。

    奥さんが何をしていようと、全く気にしない人のようで、私から見ると羨ましいですけどね。(友人は水商売、浮気などいろいろやっていました)

    やっぱり興味がないのでしょうか。。。でも、子供が唯一の生きがいらしく、子供に対しては、かなり興味あるみたいでしたよ。私の友人は、最初は不満に思っていたみたいだけど、今では開き直ったのか、「旦那が優しくて何でも言いなりなの~」と自慢していますよ。

    彼女の場合は、自分の実家に毎週旦那と帰っているみたいです。うちの夫では考えられませんので、そういうところは羨ましいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もしかしたら・・・

    しおりをつける
    blank
    ひなた
    「どっちでもいいよ」という言葉が返ってくるということは、質問するとき「AとB,どっちが良い?」という感じにされているのでしょうか?

    そうだとしたら、今度から質問するときに「どうしたら良いか自分では判断がつかないので、あなたの意見を仰ぎたい」と言って見たら良いのでは?この質問に対して「どうでも良いよ」と答えるのであれば、これは明らかに「無関心」ということだと思います。(ただし、質問が本当に「どうでも良い」内容な場合は、この限りではないですけどね)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何度も断られると

    しおりをつける
    blank
    avp
    逆に、決定しても嫌な顔をされたり、
    問答になる事が多かったり、
    説得に時間がかかったり、
    そんな事が何度も繰り返されると
    「もう良い。好きにしてくれ。」
    って感じになります。
    昔そういう事を続けていた記憶は
    有りませんか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「どっちでもいいよ」は

    しおりをつける
    blank
    エアプランツ
    優しさからきてはいません。「優柔不断」からきています。またあなたの意見を尊重してもいません。
    「どうでもいい」ということなのです。
    相手に決定権を与えるのは、責任も一緒に押し付けているのです。
    同居の時は、どうしてあなたが決めなかったのですか?なんでもあなたに決定権を委ねて押し付けてきたのに、どうしてそこだけ「断れなかった」とご主人が決めてきたのでしょう。
    「おまえが決めていいよ」この「いいよ」の部分がとてもイヤです。自分では何も考えない、決められないのに、あたかも決定権を「あげるよ」と言わんばかり。
    「どっちでもいい」と言われたら、全部あなたの都合のいい方にしてはどうですか。
    だって「どっちでも」「なんでも」いいのですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    その気持ちをきちんと伝えてみては

    しおりをつける
    blank
    もやしっこ
    「どっちでもいい」は「どうでもいい」と同じことだと友人に言われ、
    「なるほどその通りだ。」と思いました。それ以来使わないように気をつけています。

    トピ主さんは、このトピに書いたことをそのままご主人に話してみてはいかがでしょうか。

    自分の気持ちを率直に伝えるって大切なことだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ウチの夫も

    しおりをつける
    blank
    クス
    何かと決めなければならないとき「どっちでも良いよ、クス(私)のしたいようにすれば?」という返事でした。
    そんな感じでずっと6年も過ごしていたのですが、ある日「もう、こんな我慢だけの生活はコリゴリだ~!」と、いつの間にか不倫直前の相手まで出現し、離婚騒動になりました。
    私は毎回、夫の意見も訊いていたのに夫は「我慢していた」と言い張ったのです。

    と、まぁ、こんな事例もあるので、しつこいくらい「本当に良いの?我慢してない?私に不満はないの?」と訊いた方が良いと思います。

    自分だけが我慢していると思っている旦那さんて、意外と多いと思うんですよ。で、それを理由に浮気したり自由を求めたり・・・
    局面、局面で、夫と妻の言い分をハッキリさせて、自分だけが我慢しているワケではない、妻も我慢している部分もあるという事実を提示しておいた方がいいと思いますよ。
    私の夫は、私の我慢など知らず「これまで自分が我慢して周囲は丸く収まっていた」と勘違いしていました。

    そうならないよう、お互いに我慢しているコトは言葉で表現するコトをオススメします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    たぶんですが

    しおりをつける
    blank
    たまこ
    ごめんなさい、旦那さんは優しさからあなたの意見を優先させてるわけではなく、本当にどっちでもいいんだと思います。私の夫もそんな感じです。

    具体的にどんな内容を相談されてるのかわからないのに決め付けるのも何ですが、あなたが「どっちにしよう」と悩むポイントの多くは、旦那さんにとっては悩むまでもないこと、どちらでもOKなことなのだと思います。(本当、私の夫と似てるんです)
    「どっちでもいい」こそが彼の意見なのだと思いますよ。

    どうしても旦那さんの意見が欲しいなら、「この件について家族の一員として頭を使うことはあなたの義務。とにかくあなた自身の選択を示して」と「義務宣言」をしましょう。それを言うにふさわしい話題の時だけですよ。あとの軽い問題は自分で決めましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    単に意見を聞く

    しおりをつける
    blank
    かんぱねるら
    選ばせるのではなくて、
    「どちらが好き?」とか「それぞれどう思う?」
    というような聞き方をされてはどうでしょう。
    どっちでも良くても、
    「こっちはこうだ」、「そっちはこうだ」という
    意見は話せるはずです。
    それすらも曖昧に避けるのなら
    そりゃあもう本当にいいかげんなだけですから
    思う存分喧嘩した方がいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちも同じでした

    しおりをつける
    blank
    きょん
    うちの旦那もそうです。
    はじめは”私の意見を尊重してくれて、優しくて~”という感じで自慢でしたが、年数が経つと優柔不断で頼りなく感じるようになった時期もありましたが、私の言い方・出方ひとつでちゃんと答が帰ってくるようになりました。人には色んなタイプがいるようで、私はせっかちなので、思いつきで何でも言って廻りを振回し自分も疲れてしまいと、いつも反省ばかりです。でも彼はマイペースなのでとてものんびりしてるけど、冷静に物事を判断し確実にいい結果を出してくれます。こんな支離滅裂な私に対して腹を立てることなく、”いいよ”って何でも受け止めてくれる旦那を今はとても尊敬しています。人の性格なんて取り方によっては、長所にも短所にもなるんだなって思います。
    トピ主さんの旦那さんもきっと素敵な旦那さんだと思いますよ。私も偉そうな事は言えないのですが、同じように悩んだ事もあったので、一言”相手をけなすんじゃなく、伸ばしてあげるように、お互い歩み寄る事が大事だと思います”だって世界でたった一人の旦那様ですから…。頑張って下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    だんな様の同類より

    しおりをつける
    blank
    いち夫
     既婚男性です。
     私も比較的「どちらでもかまわない」と言います。おそらくトピ主さんのダンナさんに近いのでしょう。

     「優柔不断」「無関心」とさんざんな言われようですが、同類から多少の弁護をさせてもらいます。

     選択肢のどれを選んでも特に不満がない場合は「どちらでもいい」をよく使います。
     仮に「70点が満足ライン」だとすると、二つの選択肢を80点と83点と感じたなら、「どちらでもいい」と答えるわけです。
     妻は常に100点に近いほう、点数が高い方を選びたいらしく、いろいろと意見を求められることもありますが、私とすれば、70点を超えていればどちらでもいいんです。本当に。サイコロ振って決めてもいいぐらいです。
     であれば、価値観や好みによって点数付けに差が出ることもありますから、こだわりがある人が選んだほうがいいだろうと思って「どちらでもいいので任せる」と言います。これがそんなに問題のある行為だとは思えません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    だんな様の同類より(2)

    しおりをつける
    blank
    いち夫
     無関心なわけではないので、相手から提示された選択肢によっては、「こちらがいい」あるいは「こちらはイヤだ」ということはありますし、優柔不断なわけではないので、相手が本当に決めかねている場合は「んじゃ、こちら」と適当に決めます。

     だんな様は三択以上のときに「これ(とこれとこれ…)はイヤ」とおっしゃることが多くありませんか?
     これは、満足ラインに達しない選択肢を除外しているわけです。で、残った満足ラインを超えている選択肢ならどれでもかまわない、と。

     これによって責任を押しつけているつもりはありません。少なくとも、相手の選択に対して後で自分が不平不満を言うことはありません。

     もうひとつ。
     「どちらでもいい」という私から強引に意見を引っ張り出して、そのうえその意見がソデにされることがあります。これは頭に来る…というより失望します。
     意見を聞いたのであれば、それを反映させてほしい。もし、意見を出しても採用されないなら意見を言わなくても一緒だ、と感じます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同居が不満

    しおりをつける
    blank
    ape
    同居が不満なだけでしょ。
    自分の言うことだけでなく、他人(義親)の言うこともきくから不満になったわけでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    我が家はこんな感じ

    しおりをつける
    blank
    りさ
    その気持ちを涙ながらに伝えてみたら、ご主人は変わってくれるんじゃないかなあ?
    どうでしょうか。。

    ちなみにうちの夫(ブラジル人なのですが)も「どっちでもいい」男です。
    結婚してから10年、最初のうちはもうそれで喧嘩ばかりでした。
    トピ主さんと全く同じ気持ちでしたよ。私に興味がないの?寂しいって。一時は離婚も考えたぐらい!

    けれど冷静になってみると、うちの夫の「どっちでもいい」は、本当にどっちでもいいから、だという事に気づきました。
    優柔不断なのではなく、「君の好きな方でいいいんだよ、君が好きで選んだ方を僕も嬉しく思うから」という天然の気持ち。
    でも私は「そう言われる事が嬉しくない。私はあなたに決めてもらった方がずっと嬉しい時もあるの」と気持ちをぶつけました。

    そうしたら「そうかー」と、その後は即答。もっと早くこうすればよかった(笑)。といっても気づくと、夫に選ばせても、「んーでもやっぱこっちがいいな」などと結局、私の選んだ方に進めてしまうケースが多く、夫も笑っていますが。

    こんな夫婦もいますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一般的に

    しおりをつける
    blank
    そうだね
    女性の質問って最初から自分の答えがあり、それに同調を求めているので、下手に違うほうを選ぶと、そうしたくない言い訳が始まるので、男性はそういう問いに答えたくないんですよ。だからどっちでも良いということになるんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちもです

    しおりをつける
    blank
    もも
    うちの場合は、優等生でいたいのです。はっきり何かを言って、責任を取らされ、非難されるのが嫌なのです。その原因は彼の実家にあると思っています。実家では主人は「優しく、頼りがいのある次男であり、夫である」との待遇を受けているので、そのスタンスを崩せないのです。

    確かに以前は、私も主人に意見をしたり非難した事がありました。でも主人はそれ以上の事を私に言ってきます(自己主張はしないが、他人の批判はする)。そして自分はとっても我慢をしていると言います。多分自分を殺して実家の期待に添ってきた結果だと思います。またそれを重んじる家風です。考えると、ちょっと気の毒ではありますね。

    トピ主さんのご主人も、義父母さんの監視下では「言わぬが花」を通されるような気がします。対策は、トピ主さんも何も言わない事しか思いつきません。ごめんなさい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      わかります!

      しおりをつける
      blank
      おんなじ!
      夫ではありませんが、彼も同じです。

      いつも自分ばかりが選択しているのは本当に嫌なもんですよね。

      どなたかが仰っていたように「70点以上でどっちでもいい」のかもしれませんが、「どっち(どれ)が良い?」と聞くほうも、そこに辿り着くまでに色々な選択肢から絞って絞って「どっちが良い?」と聞いているのに答えが「どっちでもいい」。これはがっくりきます!

      「決められないから聞いているんだよ!」と思う+言ってしまうことが最近は多いです。

      「○○しようね」と言って、私が進めないと事が進まないので、彼は、面倒くさがりで優柔不断なだけなのだ、と最近は思っています。

      今はもう私が事を進めることもなく向こうが言い出さない限りは流れたら流れただ、と諦めの境地(?)です(物事が進むのは10のうち2あったら上出来)。

      そんな訳で彼との結婚も躊躇しています。この先嫌だもの、一大事に「70点以上だからどっちでも良いよ」は。

      トピ主さんもきっとこんな感じかしら、と思ったのですがいかがですか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      スパッと!

      しおりをつける
      blank
      きっき
      文を見る限り、トピ主さん自信も
      「どっちでもいいよ」
      思考なんじゃないかなと思いました。
      だんなさんに決めてもらっているのでしょうか。

      さておき、うちの父が優柔不断です。
      選択猶予があると、おおかた「何でもいい」
      外食のときも「何でもいい」と言う事が多いので
      ある日
      「あいにく”何でもいい”というメニューはないんだけど。」
      と突っ込んだところ父も母も
      大うけしてました

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      そう思うな

      しおりをつける
      blank
      ふゆ
      わたしもそう思う。
      うちもそうだから。
      だから最近か主人に返事を強要しちゃうことがある。
      「どっちがいいの?!」って。
      喧嘩の発端でもあります。
      はぁぁ。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      どっちでもいい・なんでもいい

      しおりをつける
      blank
      ponk
      うちの夫の口癖です。
      そう言われた時、最近は、『どっちでも良いって答えは要らないんだよ!そんなの聞く意味が無い』と答えてます。迷ってるから聞いてるのに、そんな風に答えられても本当に何の意味も無いですよね。

      でもね、夫の言い分もあるんですよ。
      「お前は人に聞く前に自分の中で決めていることが多い。俺が、お前の頭の中で既に選んでいる方の意見と違う方を選ぶと、必ず反論してきて俺を言い負かし、『あぁ、やっぱり自分が良いなと思っていた方が良かったんだ』と再認識するために聞いてるんじゃないか?そういうことが多いから、おれは『どっちでもいい』って答えるようになったんだ」と。

      確かにその通りでした。自分の意見を正しいと再認識するために、相手に選ばせて、同じ物を選べば「そうだよね、やっぱり」と満足し、違うものを選べば「え、でも~~じゃない?」と反論して、結局自分の思うとおりにしてきてました。夫に言われて初めて気づいたんですよね。反省してます。

      もしかして、トピ主さんもこのような傾向はありませんか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      トピ主
      たくさんのご意見ありがとうございます

      皆さんの話を読むにつれ、自分も反省するべき点があることに気づかされました。
      旦那と このことについてキチンと話し合ったことがなかったので、機会をみて気持ちをちゃんと伝えてみようと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      言い方1つで印象が変わる

      しおりをつける
      blank
      あい
      >「どっちでもいいよ?ゆきはどっちがいいの?じゃそっちでいいんだよ」

      夫が優しい?私にはそうは思えません。私ならこんな言い方されたら、なんて失礼なヤツ、と怒ると思います。

      実はわたしの夫の同類です。でも言い方が違う。「どっちにする?」という問いには「あいの好きな方がいい!」「あいの行きたいところに僕も行きたい!」

      ホントにどっちでもいいみたいです。で、決定権を私に振ふるんですよね。でも夫の言い方なら腹は立ちません。よーし、私の好きな方にしよ、って思います。

      ちなみに私の父も母に例えば「卵焼きと目玉焼きとどっちがいい?」と聞かれて「どっちでもいい」とか「目玉焼きでいい」と言う返事をしていましたが、私を妹がキレて「でいい」とはせっかく聞いてくれてるお母さんに失礼だ!と厳しくチェックをいれた結果、「目玉焼きがいい」とか「簡単な方を頼む」、といえるようになりました。

      トピ主さんも気になるなら、がんばって夫を教育してそんな失礼な言い方を改めさせましょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      もやしっこさん案に全面賛成

      しおりをつける
      blank
      さくら
      相手にこれを見せたらいいようにおもいます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      わかりますよぉ

      しおりをつける
      blank
      夫歴6年?
      うちの場合は選択肢がある場合は「どっちでもいい」
      とはあまり答えません。本当にどっちでもいいときも
      じっくり考えてより良い方を・・・嘘です、ほとんど適当に決めて答えます(考えたふりはします)。

      ただ、妻が内心選んで欲しい方を決めているのに、聞かれるときは厄介です。
      決めてるんやったら聞くなー。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私自身がよく「どっちでもいいよ」という人です

      しおりをつける
      blank
      ノベンブレ(♀)
      本気で「どっちでもいい」と思っている時にしか、この言葉は言いません。
      つまり、相手に対して譲歩しているわけではないんです。
      優しいというより、単に「こだわらない性格」なのだと思います。
      (女性ってどうでもいい事にこだわる人が多いなぁと、自分も女性ながら、つくづく思っています。)

      もうひとつ、「後で文句を言われたくない」。
      女性との会話でよくあるのが

      「中華とフレンチ、どっちがいい?」
      「どっちでもいいよ」
      「あなたが決めてよ」
      「じゃあ、中華。でもフレンチでも私は文句を言わない。あなたも後で文句を言わないでよ。」

      …そして中華が不味かった場合。
      「あなたが中華って言ったから中華にしたら、不味かった~。」

      という人が多いんですよね。
      たまにであれば軽い会話として楽しめますすが、毎度となるとストレス。

      多くの男性が女性に対して「どっちでもいい」を連発するのは、こういう理由があるからじゃないかなと思ってます。

      解決策としては、
      ・意見を求める時は、選択性じゃなく、最初から。
      ・2人で話し合って決めた事は、後で文句を言わない。

      これにつきるんじゃないでしょうか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      せめて相談相手になってもらって

      しおりをつける
      blank
      なな
      ダンナの意見、究極は「どっちでもいい」であっても
      トピ主さんが相談した時点で迷っているわけですから、
      せめて相談相手として会話の壁打ちの「壁」役を務めて欲しいですよね。

      相談のキャッチボールをしている間に、本当はどっちが良かったのか見つかると思いますから。

      だから彼には「相談につきあってほしい」と、まずは話を聞いてもらうのはいかがでしょうか。話しながらトピ主さんは言いたい事を全て表に出してみて、最終的な結論に結びつければ良いと思います。

      カウンセリングや相談って元々そういうものですから。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        答えは出ている

        しおりをつける
        blank
        どど
        りささんの文章の中に。
        >>夫に選ばせても、「んーでもやっぱこっちがいいな」などと結局、私の選んだ方に進めてしまうケースが多く


         これです。女は「どっちがいい?」と聞くので、男が選ぶと、「でもね、こっちの方がね私はいいと思うの。だって・・・」と、ぐだぐだとこっちが選んだのと反対側の選択肢の良さを並べ立て始める。で「じゃあ、そっちでいいよ」となる。

         自分で先に決めてるなら、始めから聞くな!馬鹿にしてんのかと思います。
         体裁として、「二人で選んだ」というアリバイを作って、後からの文句を封じ込めたいだけで、本当は、こっちの意思を尊重したり、意見の相違に合意点を見出そうとする気なんか、微塵もないんですよね。

         女の言う「話し合い」って、大概こんなもんですから、真剣に受け取るだけ時間の無駄なのです。だから、「どっちでもいい」のです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私はそれに甘えています

        しおりをつける
        blank
        けろこ
        うちの主人も私が、「*と#どちらがいい?」と聞くと、必ず「どちらでもいいよ。けろこの好きな方で」と答えます。そこで、「たまにはちゃんと選んでよー。」と言ったら
        「けろこの中でどちらにしたいのか、もう決めてるだろ?それで俺が逆を選んだらひそかにがっかりしているじゃん。たまにすねるし・・・。それくらいなら、けろこの好きな方にしてくれた方がいい。その方が俺も嬉しい」
        と言われました。そう言われてみれば、以前は私から質問しておきながら、主人が私の好きでない方を選ぶと、(がーーん。こちらがよかったのに・・・。)と心の中でつぶやいていたような・・・。しっかりそれを気づかれていました。
        こんな状況とは違いますか??私は最近では「今日は○○しようねー。」と開き直って甘えています***。さすがに本人の中で嫌な事は「嫌だ」と言われますが、大体受け入れてもらっています。我がままになり過ぎないようには気をつけなくてはなりませんね(自分で反省)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それじゃあ同じです。

        しおりをつける
        blank
        かんぱねるら
        >おんなじ!さんへ

        > 「決められないから聞いているんだよ!」と思う+言ってしまうことが最近は多いです。

        これはどうかと思いますよ。
        だってほら要はあなたも決められないのに
        相手が決められないことにだけ腹を立ててることになる。
        結局決められないから決めてもらうのであれば
        それは同じことになってしまうと思います。
        もちろん、だからといって
        「どっちでもいい」を正当化する気もありませんよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        おかずの選択

        しおりをつける
        blank
        仲良し
        「晩ご飯、何食べたい?」と夫に聞くと
        「何でもいい」と答えるので
        「本当に?何でもいいねんね?…じゃあ納豆と、お刺身と・・・」(納豆とお刺身は食べられない夫)
        すると、あわてて「イヤ・その・・・お肉系統で…」と少し進歩。

        その応答にも慣れてしまった頃
        私「晩ご飯、何食べたい?」
        夫「納豆と刺身以外で…」
        私「じゃあ・・・前菜がクッキーで、メインがケーキ、デザートにプリンでいい?」と作戦変更中です!

        もちろん聞くのは休みの日位で、毎日聞いたりしませんが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も「どっちでもいい」という夫です

        しおりをつける
        blank
        くら
        私もトピ主さんのご主人によく似ている夫です。
        自分自身、優柔不断だと気にしていた時期もあったのですが、あるとき人に誘われ、エニアグラムという性格分類学?のワークショップ(セミナー)に参加し、私が「どっちでもいい」とよく言うのは性格によるもので、そこには理由もあるということに気づきました。
        エニアグラムは「人間の性格は大きく9つに分類でき、それぞれ心理作用が違う」という考え方です。
        小町でも過去にエニアグラムの話題が出ていますが、自分の性格はもちろん、他人の性格のメカニズムを知ることができて、ご主人を理解するのにも役立つと思いますよ。私は日本エニアグラム学会という会のワークショップに参加したのですが、夫婦で参加されている人も何組かいましたよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  31
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0