詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 猫が主人公、たまごのからを被ったねずみの児童書
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    猫が主人公、たまごのからを被ったねずみの児童書

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    電気羊
    話題
    こんにちは。
    子供の頃に読んだある児童書のタイトルが思い出せず、質問しました。

    主人公は猫。ある家に新しく飼われる事になります。
    その家の屋根裏にはたまごのからを被った変な動物(ネズミ)が住んでおり、猫はネズミに隣近所に住んでいるいろいろな人間たちの実態や隠し事、そして猫として生きていくにあたっての知識を教わります。
    最後にたまごのからだけが残された屋根裏を猫が見て、ネズミがいなくなってしまったことを無言の中で悟り、屋根の上を走っていく…のようなシーンで終わっていたように記憶しています。

    書店、作者も不明な上に曖昧な記憶で申し訳ありませんが、心当たりのある方はよろしくお願いします。

    トピ内ID:1759207126

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    実家にあります

    しおりをつける
    🐤
    エムティー
    今は亡き祖父からのプレゼントでした。
    故・東君平さんの「のぼるはがんばる」ではないでしょうか。
    あの版画絵はなんともいえない味わいがありましたね。

    久しぶりに私も読み返してみたくなりました。

    トピ内ID:2024319235

    ...本文を表示

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    😀
    電気羊
    「のぼるはがんばる」、その名前を聞いた瞬間ピンと来ました。
    そして改めて検索してみて表紙絵の版画を見て確実にこの本だと分かりました。

    この本のタイトルを思い出そうとして既に5年ほど経過してしまい、もう生きているうちにこの本と再会できないかも、とまで考えてしまっていたので本当に感激です!

    しかしなるほど、復刻希望されてまたしばらく経過しているようで、まともに買う事は難しそうですね。
    ともあれ、タイトルが分かっただけでも嬉しいです。ありがとうございました!

    トピ内ID:1759207126

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    実家にあります(2)

    しおりをつける
    🐤
    エムティー
    こちらこそ、お役に立てて嬉しいです。
    トピ主さんの、タイトルが明瞭的確な表現だったので
    私も「これかも?」、そして内容から「これだ!」と。

    今、手元にはないです(実家にある)が、
    たしかハードカバーの右開きに、作者・東君平さんの
    おうちに実際いた子猫時代の「のぼるくん」が載っていました。
    「のぼるはがんばる」は終り部分が謎(一応)&ちょっぴり
    せつなかったりですが、終始温かく、朴訥とした版画絵が
    すばらしい物語です。

    ところで、便乗で申し訳ないですが
    「そらとぶすぷーん」という絵本ご存知ないでしょうか?
    (トピ主さんやこのトピを見る人と、30代の私と年齢幅が近いかと思いまして)

    好き嫌いの多い子ウサギが、ある日木にひっかかっている
    スプーンを見つけ、そのスプーンでシチューを混ぜたり
    食事をすると、何を食べても極上の味になるという・・・
    作者がわからないので検索もひっかかりません。
    高校生時代に手放してしまったのですが、
    初めて所持した絵本だったので、
    心に残っていて折に触れ、なんとなく探し続けてしまいます。

    便乗ですみません。

    トピ内ID:2024319235

    ...本文を表示

    著者は分かっても…

    しおりをつける
    blank
    電気羊
    「そらとぶすぷーん」、こちらも検索してみましたが、「ささもとけい」さんが著者ということしか分かりませんでした…。
    私自身も知らない絵本ですが各サイトのレビューを見るに大変高評価を得ている絵本のようですね。興味深いです。
    Amazonの在庫やユーズドのほうでも取り扱ってないようで、やはり地道にユーズドのほうで入荷されてくるのを待つほか無さそうですね。。

    実は「のぼるはがんばる」その後、Amazonで思い切って購入してしまいました(笑)
    定価を軽くオーバーして3000円という値段でしたが、やはり思い出には代えられませんね。
    改めて読んでみて懐かしく感じながらいろいろな部分で記憶違いをしていて苦笑。
    特にチューインガムの名前まで忘れてしまっていたとは…。
    しかし「たまごのからを被ったネズミ」という強烈な印象は忘れられませんでした。
    ちなみにこの本のイラスト、私個人が趣味で切り絵をしているので分かったのですが、版画ではなくて切り絵のようです。
    これも本当に印象深いものですね。ひと目で思い出してしまいました。

    30代ですか、私も同年代です。なんだか嬉しいですね!

    トピ内ID:1759207126

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主さん、感謝です!

    しおりをつける
    🐤
    エムティー
    レスが遅くなってすみません。
    色々な情報ありがとうございます。

    手元にないのですが「のぼるはがんばる」の
    温かいイラストは版画ではなく切り絵なんですね。
    ずっと版画だと思い込んでました(^^

    ちょっとお高くなってしまったようですが、
    なかなか良い児童書と思います。
    最後が少しシュールな展開の物語なので心に残るのでしょうか。

    また、便乗の質問にかかわらず「そらとぶすーん」の作者の
    名前を教えていただき恐縮至極です!もう入手は難しいかも
    しれませんが、作者の名前が判明して嬉しいです!

    年をとったのか、ふとした時に思い出の絵本や児童書を
    渇望してしまいます。。。

    トピ内ID:2024319235

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0