詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    江戸時代、結婚をなんと呼んだ?

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    おーちゃん
    話題
    日本史に詳しい方がいたら教えてください。
    結婚式のことは祝言といいましたよね。
    では結婚そのものをなんと言っていたのでしょう。
    結婚と言う言葉は江戸時代にあったのですか?
    例えば離縁した男性が過去の結婚生活を語るとしたら「私は○年前に一度結婚しています」と言う場合。
    今の所読んだ時代小説(鬼平犯科帳1~4巻、宮部みゆき短編)では答えが見つからないので、ご存知の方教えてください。

    トピ内ID:8884262416

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 2 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    娶る、嫁ぐでは?

    しおりをつける
    blank
    ななみ
    私がよく読むのは山本周五郎・藤沢周平作品ですが…。

    武家の男性の場合、「妻を娶る」、女性の場合は「嫁ぐ」ではないでしょうか?
    でも、町民・農民層は「嫁をもらう」「嫁に行く」くらいの言い回しだったように思います。

    トピ内ID:4029171952

    ...本文を表示

    所帯を持つ

    しおりをつける
    ゆきんこ
    というのが浮かびました。
    「今度、お美代と所帯を持とうと思うんだ」とか
    「あの人と所帯を持ってたんだけど、離縁してねぇ」とか。
    なんか一般庶民(町人)的言い方ですね。
    武家や公家はなんと言っていたのでしょうか。
    「輿入れ」とか「縁付く」は女性から見た言い方ですし
    「結婚している状態」をさす言葉ともちょっと違うような。
    皆さんの意見が楽しみです。

    トピ内ID:5597518966

    ...本文を表示

    めをとまんざい

    しおりをつける
    🙂
    くまんパパ
    めちゃくちゃ面白い設問ですね~。

    僕は、結社に所属して短歌を詠んでおりまして、言葉には深甚な関心がありますが、うわ~なるほど、江戸時代にね~、何て言ったんだろう。興味津々です。
    皆さんのご意見も聞きたいな~。

    ・・・確かに、「結婚」じゃないっぽいですね。

    とりあえず思いつくのは、
    婚姻
    めおとの契り
    鴛鴦(えんおう、おしどり)の契り
    比翼連理(ひよくれんり)の縁(えにし)
    所帯持ち、とか。

    ・・・なにしろ、民主主義じゃなくて封建時代ですから、「家」に嫁ぐという意識の方が遥かに強かったでしょうからね。

    もしかして、「夫婦」という具体的な概念はあっても、「結婚」という抽象的な概念そのものが、ほとんど意識されなかった、なんてこともあるかもね~。

    トピ内ID:0749521409

    ...本文を表示

    無かった

    しおりをつける
    🐶
    お節介おばさん
    「結婚」という単語は明治時代に英語の「Marry」の訳として考え出されたものらしいですから、江戸時代は、今の概念で言う結婚にあてはまる言葉は無かったのでしょう。

    「私は○年前に一度結婚しています」
    死別したのか、離縁したのかわからないけど、過去形である。
    町言葉で
    「わっちは○年前には嬶がいやした」
    的な感じでしょうか?

    お武家さんだったら
    「私は○年前、祝言をあげたことがあります」
    とか?

    トピ内ID:5358486050

    ...本文を表示

    ウィキペディアより

    しおりをつける
    🐤
    みっちゃき
    「結婚」で検索してみました。

    ウィキペディアに下記のような記載がありました。

    日本における結婚
    ~~略~~
    「結婚」の語源
    「結婚」の文字は「婚姻」の文字と共に漢籍を由来とし、日本では平安時代より用いられてきた。しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。明治時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:日本国語大辞典第二版)

    トピ内ID:5567882449

    ...本文を表示

    祝言

    しおりをつける
    パラオ
    祝言(しゅうげん)ではないでしょうか。ただ、祝言した、という言い方はないように思います。祝言を挙げた、ですかね。

    トピ内ID:4522035016

    ...本文を表示

    輿入れ 嫁ぐ

    しおりをつける
    blank
    しろくま
    輿に乗って嫁ぎ先に行くからかな

    輿入れって言いますよね


    ~年前に嫁ぐとも言うかな。

    お嫁さんがお婿さんの家に入るという概念だったので、
    入るとか嫁ぐとか言うのでしょうね。

    トピ内ID:1779102303

    ...本文を表示

    そう言われてみれば…

    しおりをつける
    🐶
    パピ子
    なんて書いてあったっけ?って考えてしまいました

    輿入れ(これもどちらかというと結婚式のニュアンスがつよいかも)
    所帯をもつ

    あと何があったかな…
    他の方のレス、わたしも拝見したいです

    トピ内ID:7781448144

    ...本文を表示

    所帯を持つ

    しおりをつける
    blank
    ひろひろ
    「所帯を持つ」が普通じゃないでしょうか。
    「嫁を取る」「嫁を持つ」も言います。

    「添う(そう)」という表現もあります。
    これは当時書かれたものにはよく出て来ますが、時代小説には出てこないかもしれません。
    「○年の間、お米(仮名)という女と添っておりましたが…」
    「こんな男(おのこ)と添いたいものじゃ」みたいに使います。

    トピ内ID:8917432667

    ...本文を表示

    昔時代劇をよく見てました

    しおりをつける
    blank
    ミモ
    現在海外在住ですが、子供の時から父が時代劇が好きなので、よく見ていました。

    正しいかどうかわかりませんが、
    夫婦(めおと)とか、所帯を(しょたい)を持つと言うような言い方をしていましたね。
    結婚=めおとになることですし、結婚=しょたいを持つ事なんでしょうね。

    「私は○年前に一度所帯を持った事がある」みたいな?

    違っていたらゴメンナサイ。

    トピ内ID:1225280585

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0