詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    北欧社会の実態は?

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    Hanako
    話題
    テレビなどで、よく日本の評論家や政治家が、高度福祉社会の北欧諸国は「安心して生活できるすばらしいか国・・・」、「長い歴史の中で、国民と政府との信頼関係が出来上がっているから成り立つ」と褒め称えるコメントを聞きます。
    その一方で、以前スウェーデンに住んでいた知人が「高度福祉社会を支えるための税率は恐るべき高く、あまりの高税率、高負担で、やる気と能力のある若者は海外に移住したがる・・・」という話を聞いたことがあります。
    実際に北欧諸国にお住まいの方々がいれば、是非、現地の声を伺いたいです。
    高福祉を支える高負担に対して多くの人が納得しているのでしょうか?
    またそんなに多額の税収入があっても政府・官僚たちの汚職などはないのでしょうか? 
    ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク。
    北欧にお住まいの方々、ご意見を聞かせていただければと思います。

    トピ内ID:4954571898

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    「北欧」?

    しおりをつける
    🐴
    西行
     スウェーデンと、他の3国とは違います。東アジアでも日本と韓国と中国とが実際はかなり違うように、北欧と呼ばれても各国に違いがあります。
     高福祉で有名なのはスウェーデンですね。ノルウェー、フィンランド、デンマークは別だと思います。

    トピ内ID:7364991659

    ...本文を表示

    興味深いです

    しおりをつける
    🐧
    suomi
    >以前スウェーデンに住んでいた知人が「高度福祉社会を支えるための税率は恐るべき高く、あまりの高税率、高負担で、やる気と能力のある若者は海外に移住したがる・・・」

    素朴な疑問として、とても興味があります。
    次世代のやる気をそいだ政治では国力が落ちますものね。

    今、現在の北欧諸国に住んでいらっしゃる方、かかわりのある方のお話伺いたいです。

    トピ主さま、ありがとうございます。

    トピ内ID:8446239395

    ...本文を表示

    スウェーデン在住です

    しおりをつける
    blank
    Anna
    消費税が25%、最低所得税が30%のスウェーデンに住んでいます。
    「あまりの高税率、高負担で、やる気と能力のある若者は海外に移住したがる」確かにこういう考えの方もいらっしゃいます。それとは同時に、この国のシステムに誇りを持っている若者も多いように思えます。税額を半分にして、国民それぞれ個人の負担にしよう!という政党は現在ではないのでは。現在政治の鍵を握っている右寄りの政党でさえ、社会(民主)主義から大きく離れることはないと思います。

    学校のカリキュラムのせいなのか、若者の政治に対する関心も高いですよ。高負担なのだから、言いたいことは言わせてもらう!という感覚でしょうか。

    しかし、政治のユートピアと言うわけではないので、もちろん汚職はあります。ある大臣が仕事で使うべきキャッシュカードを、個人用に使ったと言うことで政治家を休業に追い込まれました。(60万円ほどで、本人は前借のつもりだったとか)日本に比べると規模が小さいと思うのですけどね。

    トピ内ID:3373153970

    ...本文を表示

    デンマークより 1

    しおりをつける
    blank
    でんでん虫
    スウェーデンとの違いは分かりませんが、デンマークも一応高福祉だと思います。医療は無料(歯科は子供は無料だけど大人は有料で結構高い)、教育も大学院まで無料です。大学生には親の収入や本人の成績の良し悪しと関係なく返還不要の奨学金も出ます。また失業保険金は4年間出ます。

    医療は無料だけど、ホームドクターが決まっていて日本のように毎回違う医者にかかるというようなことができないのは不自由に感じます。それに専門医にかかる前にいちいちホームドクターの判断をあおがなくてはなりません。また必要最低限のことだけしかやってくれません。たとえば妊娠中の超音波検診は2回だけです(持病等で特別配慮が必要な人にはもちろん必要なケアがされますが)。

    高福祉社会とはいえパラダイスではないので、いろんな問題点はありますが、たとえば子どもが出来ても教育費の心配をしなくてもいいし(お稽古にたくさん通わせたいとかいうのは別ですが・・)、突然病気になっても借金などする必要なく最低限の生活は出来るだろうし、基本的に安心して暮らせる社会だと思います。

    トピ内ID:5289358705

    ...本文を表示

    デンマークより 2

    しおりをつける
    blank
    でんでん虫
    優秀な頭脳の海外流出は確かにあるかもしれませんが、それは日本でも言われてますね。それと比べてこの国からの流出が多いのか分かりませんが、みな英語が流暢なので、海外に出易いということはあるかも。逆に海外に出なくても既に国内の職場がインターナショナルです。小国なので海外とのつながりなしにやっていけませんので。

    「国民と政府の信頼関係がある」というよりは、国民は政府や政治家がちゃんと仕事をしてるか監視して、不満があればストライキや選挙での投票などで自分達の意思をちゃんと示すという感じです。対等な関係なのです。小さな国なので、お互いの距離が物理的に近いというのもあるでしょう。

    日本は大国なので、北欧の小さな国とは違って何をやるにも意思決定に時間がかかり、変化のスピードが遅くなってしまうのは否めないかもしれません。

    汚職は各国を比較した統計によると少ないようです。私の実感としても少なくとも日本より多いとは思いません(ただの一市民の日常生活での感触だけど)。

    トピ内ID:5289358705

    ...本文を表示

    ノルウェーでは

    しおりをつける
    blank
    モモ
    北欧に住んではおりませんがノルウェー人と結婚し、短期間ですが滞在し、あちらの方々ともお会いしました。確かに日本ではまず認められない、日本人感覚では考えられないような理由で失業保険を受け取っておられた方もいらっしゃいました。それも日本円だと月20万円ぐらいになるような金額だったでしょうか。

    とは言え、通常皆様きちんと就業、納税されておられます。そして、だからこそ無料、若しくは僅かな負担で受けられる色々な教育目的のコース、医療サービスを幅広く利用しているようです。この辺りの信用があるので、皆様きちんと働いて高い税金を納めていらっしゃるのだと思います。

    税金には老後の年金への負担も含まれます。ある意味、日本のように個別に支払う、教育費、医療費等の為に貯金する必要がないと言うことでしょうか。一方で無料となると英国などもそうですが、政府よりの資金はタイトになり治療を受けるのに長期間待つ、最新の治療が受けられない等の問題もあり、経済的に余裕のある方々はプライベートの医療機関を利用する方が多いようです。

    トピ内ID:7547484042

    ...本文を表示

    基本的に

    しおりをつける
    blank
    KATA
    大なり小なり汚職の無い国は無いですけどね。
    ノルウェーの税金は、一般家庭では貯金が出来ないほど高いですし、
    夫婦だと共稼ぎでないととても生活できないそうです
    病院はお金かかりませんが、ものすごい待ち時間がかかります。

    もちろんその代わりのメリットはありますが
    調べても調べても日本向きじゃないなーっていう感じですかね。

    そして、今現在、大抵の北欧諸国が破綻しかかってます。
    スウェーデンなんかヒドイモンです。

    トピ内ID:3228385861

    ...本文を表示

    基本的な考え方が違うと感じました

    しおりをつける
    💤
    mint
    スウェーデンの企業との取引があり、数年前まで結構な回数で出かけていました。

    税金は驚くほど高いですよ。いつも小生のお相手をしてくれた人は、その企業の重役クラスでしたが、自分の収入ランクでは50%の税率だと言ってました。
    その代わり、教育や医療・福祉については負担ゼロです。これは国民すべて共通だそうです。

    物価は日本と変わりません。でも、多くの一般的な家庭でも、大小の差はあれ、郊外の湖沼近くにセカンドハウスを持ち、週末ごとに出かけて行くのだと聞かされました。
    冬は長く、午後2時を過ぎると、もう夕闇。夏は短く、8月下旬のストックホルムではセーターやコートが欠かせません。でも、人々は明るく人生を楽しんでいるように思いました。
    日本との、この違いは何でしょうね?

    それと、余談ですが、ストックホルム市内観光に利用したバスの運転手が、本業は警察官だったことに驚きました。彼は3つの携帯電話を持っており、ひとつは個人(奥さんからよく電話が入ってました…)、ひとつはバス会社、そしてもうひとつは警察からの緊急連絡用。生活のためだ!とウインクした笑顔が忘れられません。

    トピ内ID:2792441416

    ...本文を表示

    フィンランドです

    しおりをつける
    blank
    にょろにょろ
    確かに税金は高いです。さして所得が高くなくても所得税と地方税で給料の4割くらいは引かれるでしょうか。消費税は22%(食料品17%)です。

    でも,生活費がそんなに高くつかないんです。外食はむちゃくちゃ高いですが基礎食料品は安く,高速道路は無料,特に教育費が大学まで無料なのは大きいですね。病院も,公共なら無料に近いですが待ち行列が長く,手術も何か月待ちということがよくあります。

    税金の高さについては,統計によればしかたがないと思っている人が大多数,また生活の満足度が高いと聞きました。それだけ使途の透明性や高福祉が評価されていると思います。老後に向けた貯金などあまりしないようです。

    社会全体として,ぎすぎすしていなくておおらかで他人に親切な人が多いと感じることがよくあります。しかしもちろんアルコールや麻薬におぼれる人もいます。

    トピ内ID:7430884684

    ...本文を表示

    私も不思議でした

    しおりをつける
    blank
    オーロラ
    スウェーデンに住んでいました。

    ご主人が仕事を辞めて大学生、奥さんは子どもを保育園に入れてパート、不動産収入などはなしの30代夫婦、というような、日本でなら「どうやって暮らしているのだろう?」と不思議に思う家庭をいくつも見てきました。
    女性の就業率の高さがよく指摘されますが、ママもパパも帰宅時間は早いですし、パパの育児休暇取得率も高いです。
    働く=バリバリキャリア=仕事が人生のメインという高所得の階層ではなく、生活のために仕事をしている『普通の階層』をターゲットに政策がなされているのではないでしょうか。
    自己責任を問う前に、セーフティネットでカバーしている部分が大きいと思います。

    ただ、労働者主体なので生活上の便は良くなく、医者は順番待ちで手遅れになることもあり、日本でなら「責任感あるの?!」と責められそうな仕事上の言動を目にすることも多かったです。
    自分を責める意識があまりないのかもしれません。
    (だから高福祉におんぶ出来る???)
    その分、人はのんびりで素朴です。

    トピ内ID:5233083123

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0