詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「りんごのき」というタイトルの本

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    アップル
    話題
    どなたか「りんごのき」というタイトルの本のことをご存知でないでしょうか。 学生時分に、この本を読んだという友達がいたく感動し、私もそのうち読んでみよう!みよう!みよう・・と思って早や数年が経ってしまいました。 今ではどの書店(岩波や講談社等の出版会社名)も著者の名前も分かりません。確か、外国の書籍を日本語訳してあるものだったと思います。 タイトルは、「林檎の木」、「りんごの木」等、どの部分が漢字だったかもうろ覚えです。すみません。 どなたか、この本についての情報をお持ちでしたらお教えください!(ネタバレも可です)

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    おいおい、検索してみようよ。

    しおりをつける
    blank
    いなか娘
    ゴールズワージーの林檎の樹ですね。 新潮等で文庫本が出ています。 ものすごく薄い本なのであっという間に読めますよ。  

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    切ないラブストーリーです

    しおりをつける
    blank
    おばさん
     懐かしくて、思わず書き込んでしまいました。中学生の時、漫画になったものを読み、感動して文庫本を買いました。  大人になってから、「サマーストーリー」という映画になってるのを発見!即、見ました。ラストシーンの、男の人の気持ちは本当によく分かります。  映画も、おすすめします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    懐かしい!

    しおりをつける
    blank
    しんえもん
    中学生の頃読みました。 今読んだらまた違う感想なんでしょうが、当時は子供 だったせいか、何だか後味が悪かったのを覚えています。 前の方も仰っていますが、とても薄い本ですので すぐ読み終わると思います。 是非探して読んでみて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私が持っているのは・・

    しおりをつける
    blank
    まりん
    トピ主さんが探しているのと違うのかもしれませんが、私が持っているのも、りんごの木が出てくる、とても感動する本です。 シェル・シルヴァスタイン作、本田錦一郎訳の『おおきな木』とゆう絵本です。 1985年(私が小学生の時)に、先生から頂いた物で、結構古いですが、2~3年前に本屋さんで並んでいるのを見かけました。 私が持っているのは『篠崎書林』から出たやつです。 内容は、1本のりんごの木が、1人の人間に限りない愛を捧げる、美しくも悲しい物語です。 絵本だけど、私にとっては手放せない大切な本です!! 機会があったら一度、読んでみて下さい!!感動します。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    シルヴァスタイン

    しおりをつける
    blank
    おうあ
    原題「The Giving Tree」 シルヴァスタインの本のことでしょうか。 英語で読まれたほうが,作者の思いが素直に伝わる気がします。平易な英語なので,無理なく読めると思います。 日本語版だと,少し「道徳本」色が強いような気がします。訳本の難しさですよね。 息子を持つ母の心境・気概・愛・人生の無情・・・・ 彼の詩は,どれも哲学的透視力を含んだセンチメンタリズムから成り立っていると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    サマーストーリー!

    しおりをつける
    blank
    tommy
    私の好きなイギリス映画です。 りんごの木が原作でした。 私は「サマーストーリー」で 号泣しました。 トピ主さんも是非見て下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ネタはバラしませんが

    しおりをつける
    blank
    あっこ
    むか~し、好きだったマンガの主人公の女の子が「林檎の木」を読んで泣くというシーンを見て、どんな小説なんだろう?と興味を持ち、本を買いました。 なんだか切なくて悲しいお話です。  それが、これまたかなり前ですが「サマーストーリー」という映画になり、どんなもんだろうと思ってビデオで見たところ、原作と決定的に違う部分があって、とてもガッカリしました。  ちなみに、「林檎の木」と同じ本に入っている「人生の小春日和」という小説もなかなか味わい深くて良い作品だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    早とちり,すみません

    しおりをつける
    blank
    おうあ
    先に一度レスしたものです。 トピ主さんはタイトルを挙げていらっしゃるのに,よく読みもせず書き込みしてしまいました。失礼しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    持ってる!

    しおりをつける
    blank
    切り株
    中学の英語の教科書に載っていました。 卒業してから、たまたま洋書コーナーでみつけて即買いしました。 お気に入りの一冊です! 「The Giving Tree」

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]