詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 男性に質問です。「男が男に惚れる」って?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    男性に質問です。「男が男に惚れる」って?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    獅子座流星群
    ひと
    表題通りです。いわゆる「男が男に惚れる」というような状態になった事ありますか?

    それはどのような場面で、どういった相手に対してだったのでしょう?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    憧れなら…

    しおりをつける
    blank
    まる王子
    トピ主さんのご質問の意図は恋愛ですか?
    それとも、一種あこがれのような恋愛感情抜きのものですか?

    前者なら、経験ありませんので、お答えありません。

    後者として、レスしますと…。
    嫌われちゃいそうですが、憧れられたことはあっても憧れたことはありませんです。

    なぜかというと、「負けてなるものか!」の精神で頑張って生きてきたからです。
    だから、いわゆる敵も少なくなかったですが、常にリーダーでした。
    男が男に憧れることをもちろん否定しません。慕われると嬉しくなって、実力を発揮できたりするもんです。
    ただ、憧れた時点で、その人を超えることができないんじゃないかな?という不安から、憧れないように自分をコントロールしちゃっているのかもしれないですね。

    例えば、イチロー選手やGacktなんか、かなうわけないんですけど、決して憧れてはいないでしょう。私の中では。

    全然、見当違いのレスだったとしたらゴメンナサイね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    敵わないほど凄い人

    しおりをつける
    blank
    ホモではないです
    どう逆立ちしたって敵いそうもない人、いつか自分もそうなりたいと思える人。
    そんな人を凄いなぁ~、カッコいいなぁ~と感じたときに、そう表現する場合があります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    よくある話です

    しおりをつける
    blank
    左翼嫌い
    例えば自分が或る仕事に失敗して会社に損害を与え会社での自分の立場が危なくなったとします。面倒見の良い上司がいて、よし俺が責任を取ってやる、次は頑張れよと言ったとします。上司は会社から減点をもらいますが、失敗した部下にとってはこの上司の為ならどんな事でも尽くそうと考えるでしょう。そういう時に、男が男に惚れる、というのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    今年のオリンピックのマラソンランナーさん

    しおりをつける
    blank
    おとこ♂
    今年のオリンピックの男子マラソンでトップで走行中に走行妨害をされて金メダルを逃させられたブラジルのデリマ(こういう名前だっけ?)選手。

    あの人のゴール前のパフォーマンスやその後の対応を見ていると尊敬しちゃいます。

    男が男に惚れる、と完全一致しない感じもしますが、人間的に好感をもてますね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一例としては

    しおりをつける
    blank
    日朗
    恩を受けて恩に着せられなかった時ですかね。
    とある小説の一節借りるなら、
    「ひとりの男が自分の命を助けてくれたら、
     そいつのために命を捨ててようやくチャラになる」
    といったところでしょうか。まぁこれは極論ですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    男性が男性に惚れるとは、

    しおりをつける
    blank
    ザック
    ある男性の精神性や能力に心酔するということです。
    そして尊敬の念を持って自分もそうなるために努力しようとする気持ち。

    言い換えれば、「ある特定の分野での師を見つけたとき」とでもなりますかね。

    その分野は何でもいいです。強さ、優しさ、生き方、考え方。主に精神的なものが多く、単に運動能力や外見、生まれ持っての才能について惚れるってことはあまりないと思います。

    私の場合は歴史上の人物が多いです。スポーツ選手の、ファンを大切にしたり、相手を思いやる礼儀のようなところでも心を動かされます。実生活では、組織で上には厳しいが部下は愛情を持って育てるといった人間性を持っている人に惹かれるかな。

    性別に関わらず、人間は世に出ると自分の能力のなさを思い知りますよね。世界には自分より優れているところを持っている人間がいくらでもいる。人は全ての部分で他人より秀でることなんかありえない。そこで向上心が芽生えると、他人の尊敬すべき部分が必然的に目につくようになり、そして手本にしようとする。その対象がたまたま男だったときに、男に惚れるということになるのだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    男は単純な生き物ですから

    しおりをつける
    blank
    なおゆき(♂)
    「いつも公明正大でありたい」とか
    「誰かのために役に立ちたい」とか
    「大切な誰かを守りたい」とか

    理想像というか、「なりたい自分」というものが誰にもあると思います。

    ただ…男は単純な生き物ですから、頭ではいろいろなことを考えていても、実際にはどう振舞っていいのかわからない事が多いです。

    そんな時、身近にその「理想」を自らの行動によって示してくれる人がいて、その姿を目の当たりにするとき、

    「ああ、これこそ理想の生き方」

    と感じ入ってしまうのです。

    そして、そういう「理想の体現者」のために自分も何かしたい、自分もその人のように生きたい、と強く願うのです。
    それこそ、その人のためなら身命をかけても惜しくは無いと思うほどです。

    政治家や思想家、宗教家にたくさんの人が付き従う気持ちは、おそらくこれでしょう。
    女性を愛する気持ちとは違いますが、確かに恋愛に近い感情だと思います。
    だから「惚れる」と表現するのだと思います。

    僕にもひとり、命を賭けても良いと思う親友が居ます。
    ここで言うところの「惚れた」男ですが、
    もちろん肉体関係は今までもこれからもありません(苦笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず

    しおりをつける
    blank
    るいん
    松本零士か、本宮ひろ志の漫画を読みましょう。
    それが一番理解が早いかな。

    文章で説明するの、結構難しいので。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    尊敬、憧れを含めれば…

    しおりをつける
    blank
    NEWSMan
    1つの道へただひたすら突き進む人
    (イチロー、松井秀喜、中田英寿…)や
    正しく「紳士」という言葉が似合う人
    (東山紀之…)など含めれば、私にもいます。

    雲の上の人に対し「男が男に惚れる」
    ということはあると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    士は己を知る者のために死す。

    しおりをつける
    blank
    ジュウザ
    男としての存在価値を、本当に認め理解してくれる人(同性)に対して抱く感情と関係だと思います。
    古代の中国では、確か「士は己を知る者のために死す。」という意味の言葉があり、義を貫くは、いかに自分の男気(価値)を理解・評価してくれるかにあったようです。男としては、その誇りが生きていく上でとても大切なことだと共感できます。

    もう1つの意味合いとしては、
    「自分の器量を超え、かつ人間味のある男」に対して抱く感情でしょう。
    これは、男としてライバル心(または羨む心)が何故か起きない、つつみ込んでしまうほどの器量の大きな男というイメージです。

    私個人としては、そのような方にはまだ巡りあえておりません。これは自分自身の人間関係にも課題があるからでしょうね。反省しなければ・・。
    (現代においては、敵か味方かという判断基準でしか、人と接することができない傾向にあると感じています。少し寂しいですね。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    惚れる男

    しおりをつける
    blank
    ボンクラ野郎
    男が男に惚れるってのは、多分その男の
    「義侠心に感銘を受ける」って事じゃないかな?
    現代日本の日常生活では滅多に垣間見ないけど
    自分を犠牲にして自分より弱い者を守る、とか。
    そういう行為には同性として感銘を受けますね。
    時代劇風に言うと、やっぱり
    「ヨっ、にーさん、漢(おとこ)だねー!」って感じ。

    あと、てらいなく、しかし真摯に異性(女性)に
    礼を尽くす男にも侠気(おとこぎ)を感じますね。
    例を挙げるなら映画「プリティ・ウーマン」のホテル支配人。
    支配人、はじめは得意客の依頼で娼婦の面倒を見るんだけど
    ラストは娼婦を一人前の淑女として扱い、最大級の礼を尽くす。
    実はこの映画で一番美味しいのはR・ギアなどではなく
    このホテル支配人だ! わたくし、彼に惚れました(笑)。

    なので日常生活でも、配偶者や恋人に限らず
    女性にキチンと礼を尽くせる男には
    大袈裟に言えば惚れます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    獅子座流星群
    トピを送信した後、敢えて女性の多い掲示板に出す話題ではなかったかなぁと反省したのですが、書き込み頂いた男性の皆様ありがとうございました。

    実は「プロジェクトX」の大ファンなんです…。大きな事業の最初の一歩は、実はまさに表題のような「男が男に惚れた」瞬間に始まっていた、という状況が多いような気がします。

    私は女ですが、女同士にも意気に感ずるとか人間として尊敬するという事は勿論あります。でも女が「惚れた」と表現する時はやはり、異性に対して「惚れた」時。

    自分にない物に対する軽い羨望と嫉妬(?)とともに、読ませて頂きました(笑)。ボーヴォワールの言葉はむしろ男性にこそ相応しいと思う昨今です。「人は男に生まれない。男になるのだ。」

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0