詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    忘れるに時効はあるの?

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    かおるこ
    ひと
    小学生で妹が生まれてから、理不尽なことで父によく叱られました。
    例えば、寒いので暖房をつけたいと言うと殴られ、ピアノを弾くとうるさいと言われ、
    私物をリビングに置くと汚いと言われる等。
    母に相談しても、「あなたが悪い」と言われるだけ。
    母が留守の時に、殴られることもよくありました。
    小学校の時には、殴られるので泣き叫ぶと、風呂場につれていかれタオルで口を塞がれ、もっと殴られたりもしました。
    初めはそう思っていましたが、妹がしても怒られないことに途中で気づき、
    学生の時(小学校~大学)、父がいるときにはずっと部屋にこもり、父には一回も話しかけないようになりました。

    同時期に、母に学校の相談をしても「あなたが悪い」としか言われなかったり、妹への対応と差別されたり、辛い毎日でした。
    他の家族には言わないのに、私がくしゃみをしようものなら「汚い!」と言われ、風邪を引くと「家族にうつるから自分の部屋から出ないように」
    「食事の時間もずらすように」と言われたりもしました。

    その一方、大学に行かせてもらったり、結婚時にお金を持たせてもらったりと、
    資金面では不自由することは無く、その面は感謝しています。

    しかし理不尽なことで殴られ&叱られたことは未だに忘れることができず、
    父のことを呼ぶことはできず、母とも腹を割って話すことはできません。

    先日出産で里帰りをした時に、ふとしたことで母と口論のなり、その時母から
    「昔のことをずっと根に持っているからあなたが嫌い!!」と言われました。

    昔のことでも、私の心の奥に刺さっており一生忘れることはできないと思っています。
    出産の時に受けたカウンセリングでも、父母のことを話すと涙が止まらなくなってしまいました。
    古いことだからといって、忘れなくてはいけないのでしょうか?

    トピ内ID:4228593329

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    忘れたほうがあなたにとって幸せ

    しおりをつける
    🐱
    とおりすがり
    お辛い思いをされましたね。
    でも、やったほうは覚えていないものです。私も幼少時ずいぶん理不尽なことを言われたりしたな…と大人になってから「あれはどういうことだったの?」と言ったことがありますが、両親は「いまさら何を」という感じでした。私から見れば我侭をよく聞いてもらっていた妹も「そのとき言い返さないでいまさら人のせいにするの?」と。

    その結果私は、こちらが覚えていて、反抗することすら不可能だった辛い出来事でも相手はこれっぽっちも罪悪感を抱いていない、だからそれは過去のこととしなければ、自分自身がしんどいだけだ、と悟りました。たぶん謝ってもらったとしても理不尽な思いをしたことは消えませんし。

    いまでは友好的な関係になっていますが、それでも内心一歩引いて接しています。トピ主さんも無理に忘れようとするのではなく、区切りをつけて、そのうえで今後のお付き合いを考えていかれるのがいいと思いますよ。

    トピ内ID:9388244419

    閉じる× 閉じる×

    まぁたいへん。

    しおりをつける
    🙂
    忘れろ。
     忘れられないでしょうね。私の母は60歳ですが、未だに自分の母親や父親のことを愚痴ります。すでに他界してるのに。真ん中の娘だったから自分は可愛がられなかった、料理ばかりさせられて使い勝手よくされただけで何もしてくれなかったなどと、言うので可哀想です。
     そんなことを聞かされて育った私は親に頼らず、自分で道を切り開いてやってきましたね。だからなんだか母親なのに、親とは思えなかったです。
     ということで、トピ主さんも辛かったでしょうが、自分のお子さまには愛情深く接してあげてください。

     親に限らず他人でもそういうヒドイことする人がいますが、たぶん暮らすだけで精一杯で、ついそういう態度をとる人っていますので、忘れてあげましょう。そういう人はきっと気が付かないし、自分が他人に良い恰好もできないこともわかってるし、良く思われたいのに、そうする能力がないから無茶をするのです。
     一般的に人を不快にさせたり、怒りをぶつけたり、張り合ったりする人というのはその人自体が心が乏しいのですから治りません。
     トピ主さんは過去は水に流し、子育てで幸せをいっぱいにしたらいいのです。

    トピ内ID:2447805531

    閉じる× 閉じる×

    よくわからないのですが…

    しおりをつける
    blank
    のうひめ
    そんなに苦痛なのに何故、里帰り出産したの?
    文面だけで判断すると、トピ主様が精神的に自立されていないように感じます。
    本当にイヤなら寄り付かないでしょう?イヤな思いは回避できるのに敢えてしなかった理由がわかりません。
    いつまでも子供でいたいのでしょうか?忘れた方がいいというか、自己消化すべき問題です。
    子供時代のトピ主様の目線でなく、今の(大人になった)目線で親を見つめてみてください。
    親も自分と同じ人間なんだな~と思えませんか?親に過剰な期待を抱き過ぎに感じます。
    トピ主様の気分を害してしまったらごめんなさい。

    トピ内ID:2141951836

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの味方

    しおりをつける
    blank
    天使見習
    忘れることに時効はないと思いますよ。
    けれど、トピ主さんが、その想いを持ち続けることは幸せに繋がるだろうか?
    トピ主さんが安らぐにはどうすればいいだろう?
    改めて、カウンセラーに胸の内を打ち明けるのはいかがでしょうか?

    トピ内ID:3829540790

    閉じる× 閉じる×

    忘れないで

    しおりをつける
    しとらす
    これまで貴方の身の上に起こった、嬉しい・悲しい・楽しい・つらい事が貴方を造ったのです。忘れるというのは、つまり『相手を許さないといけないのか』と思っているのでしょう? 許せないなら許さなくて良いですよ。 
    NHKの『福祉ネットワーク』番組サイトが貴方を楽にしてくれると思います。是非、覗いてみてください。

    トピ内ID:2022636034

    閉じる× 閉じる×

    忘れられたら楽だけど、忘れられないよね

    しおりをつける
    blank
    ミント
    私の親と似てます。先日「機能不全家族(西尾和美)」を読みましたが、8割の親は子供に悪影響を及ぼすのだそうです。
    勿論、そんな親を反面教師にしてサバイバル能力を身につけて行く子供も居ますが、多くの子供は受けた傷を癒せないまま大人になります。

    「毒になる親(スーザンフォワード)」によると、許さなくて良いんだそうです。

    どちらの本も、この掲示板では良く紹介されていますので、一度読んでみてはどうでしょうか。私は、読んでから、凄く楽になりました。
    カウンセリングにも2年くらい通いました。
    自分の中にいた子供は4歳でした(妹が産まれた歳です)。まだまだ癒せませんが、自分を丸ごと自分で受け止める事から始めています。

    トピ内ID:3054328384

    閉じる× 閉じる×

    忘れるのは無理です。

    しおりをつける
    🐤
    ラブ
    かおるこさんツライ経験をお持ちですね。
    私も父親から何度も殴られたり、「お前なんて死んじまえ」と睨まれならが、言われた経験があります。書き出せば限がないのでこの程度にしますが、忘れる事なんて絶対無理ですよ。その事実をかおるこさん本人の中でどう処理をするかだと思います。
    私はこう思うようにしています。愛情だけで育つのが勿論理想ですが、過去のツライ経験のおかげで、人一倍人の痛みがわかる人間になれたのだと。過去の出来事を忘れる事も出来ないし、勿論なかったことにも出来ないのであれば、後は本人の気持ち次第です。
    ただ、言われた方も心に傷を負いますが、言ってしまった(手をあげてしまった)方も罪悪感で心を痛めていると思うのです。痛めて自業自得かもしれませんが、人間は弱いですし、怒りをコントロール出来ず、心にもない言葉を吐いてしまった経験は皆ありますよね。きっと両者が被害者なのかもしれません。
    かおるこさんは良い母親になるのでしょうね。ツライ経験をした分心の優しいお母様になるのだと私は思ってます。少しでもpositiveに考えて将来に目を向け頑張って下さい。

    トピ内ID:1702603529

    閉じる× 閉じる×

    忘れようと思っても

    しおりをつける
    blank
    tsumugi
    忘れられることではないですよね。
    私の場合は母から理不尽な暴力をうけておりましたが、もちろん忘れることは出来ません。今でも母と腹を割って話すことも出来ないし、甘えることもありません。
    執念深いなぁと自分でも思いますが、こればかりはどうすることも出来ないと諦めております。

    かおるこさんは現在、ご自分の家庭を築き、かわいい赤ちゃんにも恵まれておられるようです。今は1人で部屋に籠もらなくても守ってくれる旦那様がいらっしゃるんですよね?そこがあなたの居場所でいいのではないでしょうか。
    今回のお母様からの暴言は、かおるこさんが里帰りをされた結果起こった事故だと思い、今後は里帰りの期間を短くするなりしてご自分のこれまでの気持ちを抑えればいいと思います。

    で、質問の答えですが、私は忘れようと思っても簡単に忘れられるようなことではないと思っておりますので、無理に忘れる必要はないと思います。
    なんだかまとまりのない文章でごめんなさい。

    トピ内ID:0180836767

    閉じる× 閉じる×

    心に時効はありません

    しおりをつける
    😠
    う~ん
     心に刺さった傷に時効はありません。自分が意識していないような心の傷でも、出てくることが医学上証明されていますよね。PTSDです。
     このように、無意識下にある記憶でさえ消えないのですから、記憶は消えることはないと私は思います。
     従って、出来るだけ実家とは付き合わない方がよいと思われます。会う度に、記憶は鮮明になり、あなたを傷つけるでしょう。あなたのお子さんの子育てに影響が出ることも考えられます。
     悲しいことですが、実父母を反面教師として、良い母親になって下さい。私の妻は、心的虐待を受けて育ちました。私が、子どもを叱るとき、子どもの気持ちを聞いて、優しく諭すのを見て、そばにいた妻に泣かれたことがあります。「私もこのようにして、育てられたかった」と言って、涙が止まらなかったようです。
     子どもに切れそうになる度に、実父母を思い出して、踏みとどまったようです。
     子どもが大きくなってからは実家とも普通に付き合っていましたが、最後まで(亡くなるまで)許すことは出来なかったようです。それが現実です。
     トピ主さんはご主人とお子さんと、暖かな幸せな家庭を作ってください。

    トピ内ID:5842996182

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さん、つらかったですね・・・

    しおりをつける
    blank
    羽衣
    読んでいるだけで涙が出てきました。
    お母さんは思いやりがなさすぎです。
    完全にお母さんが悪いと思います。

    私も過去に母に同じような事を言われたことがあります。
    私の場合は母の言葉の暴力でした。
    八つ当たりも年中あり、子供心に深く傷ついたことを覚えています。
    明らかに自分(子供)は悪くないのに、罵声を浴びせられる事も多々ありました。
    母は仕事もしていたので気持ちにゆとりがなかったのでしょう。
    育児には年中イライラしているようでした。
    父はそんな母を見ても見てみぬふり。
    夫婦仲も悪く、子供心に暗い影を落としていた記憶が今でもはっきり残っています。

    4年前に父が亡くなった後、しばらくしてから
    今もその心の傷で苦しんでいる胸のうちを始めて母に伝えました。
    でも、返ってきた言葉は
    「執念深い。気持ち悪い。20年以上前の事を根に持って恐ろしい子だ。」と言われました。
    その時から私は母だと思わないようになりました。

    育ててくれた事は感謝しています。
    でも、言葉の暴力は一生忘れません。

    トピ主さんの心の傷がいえる日が一日も早く訪れる事を祈っています。

    トピ内ID:9967855225

    閉じる× 閉じる×

    忘れる必要はない。でも

    しおりをつける
    blank
    一時
    本当に辛い経験って、忘れられる物じゃないです。
    一生抱えて行っても良いです。私にもあります、そういう事が。
    でも、必要なのは整理し、昇華することなんです。
    忘れるのと昇華するのとは違います。
    何が違うって、自分の辛さが違います。
    辛いことを忘れられなくても、整理し昇華することで自分の辛さが無くなります。
    逆に、その辛い経験を糧に前向きになれたり、他人の痛みを理解できるようになります。痛みを与えた人間のことは、ある意味でどうでもよくなります。自分と切り離せるから。
    憎んだり恨んだりしているのは、昇華できていないから。
    まだ痛みを与えた人間にこだわっているから。

    忘れなくていいから昇華してください。
    そのためには時間がかかると思います。言葉にすることで整理でき、「自分が悪いわけではないのだ」ということが理解できたりします。
    カウンセリングは続けてみてください。忘れるためにではなく、昇華するために。

    トピ内ID:7812211928

    閉じる× 閉じる×

    人を許す事はできても、忘れる事はできない。

    しおりをつける
    blank
    メローゴールド
    かおるこさん、つらい子供時代を過ごしましたね。
    「忘れる」ということは自分の意思で出来る事ではありません。

    私の知人の96歳になるお母さんは、何十年も前に亡くなっている
    姑にされたひどい仕打ちの事をいまだに悔し涙しながら愚痴るそうです。

    また別の60歳の知人は高校生の時に父親が女を作って家を出て行ったそうです。
    兄は大学を諦め、自分は苦学して弁護士になりました。
    父親を反面教師として生きてきて、妻に優しく子煩悩な人ですが
    今まで引きずっている「怒り」のようなものが彼の顔に表れているのを私は感じます。
    もちろん、こんな事は彼や奥さんには絶対言いませんけれど。
    本人のせいではないけれど、そういう苦労をした事のない人のような
    屈託のない笑いはできないのでしょう、きっと。

    さて、かおるこさんは今はお幸せですか。
    もし、過去の事がいまだに影を落として生活に支障をきたしているなら
    カウンセリングを受けたらどうでしょうか。
    忘れる事は出来なくてもしかたありません、でも許す事は出来るかもしれませんよ。
    そうしたら、きっと自分が楽になれるかもしれません。

    トピ内ID:2123793410

    閉じる× 閉じる×

    継続的なカウンセリングを

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    トピ主さんはまったく悪くありません。

    両親が「毒親」であっただけです。悪いのは両親です。
    『毒になる親』という本をご紹介します。

    また、ご両親から受けた精神的な傷を癒すために、継続的なカウンセリングを受けることをお勧めします。また、できればご主人にも両親のことを説明し、あなたを両親から守ってもらってください。

    重ねて言いますが、トピ主さんはまったく悪くありません。悪いのは両親です。くれぐれも自分を責めないようにしてください、。

    トピ内ID:4104103638

    閉じる× 閉じる×

    記憶は消えないけど……

    しおりをつける
    🐱
    生還者
    色褪せる事は有ります。
    鮮明なカラー映像が、セピア色の残像のようにね…

    私の場合は、30年の時間がかかりました。
    今は全てを許し、自分の中で昇華出来ていますから、そんな事があったと思い出しても、悲しくはありません。

    記憶は消去出来ないけど、いつか主さんにもそんな日が来る事を祈っています。

    トピ内ID:9133275254

    閉じる× 閉じる×

    私の場合。

    しおりをつける
    😑
    りんご
    甘えたいけど、甘えれば傷つけられるの繰り返しなのでは?
    私もそうでした。気を許すと、傷つけられます。


    お勧めするわけじゃないですが
    私は電話がきても、とりません。
    もう、関わりたくないって気持ちが
    大きくなってしまったので。

    親だって完ぺきじゃなって
    何度もつぶやいたけど無理でした。
    今でも言葉で傷つけてきます。
    パニック障害になってから
    親だと思うのも嫌になりました。

    でも、これはこれで罪悪感なのか
    親・兄弟の夢を見たり、「これでいいのか」と
    悩んだりします。
    それに、出ない電話がいつかかってくるかで
    ビクビクしたりします。
    実家とは遠くに住んでいますが
    勝手に来るんじゃないかって
    思う事も。

    でも、傷つく事はなく、前みたいに
    眠れない事もなくなりました。

    トピ内ID:5652193566

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      記憶は誰のもの?

      しおりをつける
      うにゃんご
      「忘れたほうがあなたのため」というのは、第三者の勝手な言い分ですよね。
      経験したのはあんたじゃないんだから、といいたくなっちゃう。
      お母さんの言葉、胸に刺さります。

      かおるこさんが「忘れられない」なら、それでいいと思います。

      「忘れたい」と願うならば、忘れられるようになると思います。


      ご自身の心の傷に正面切って向き合っておられる、かおるこさんは
      とても勇敢だし素敵だと思います。
      なかなか、そうやって直視することって難しいです。
      きっと、理不尽な仕打ちをされていた頃より、記憶に悩まされる今より、
      ずっと素敵な未来を、かおるこさんは築くことができるような気がします。

      トピ内ID:2969143012

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0