詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    美しい日本語の詩・本

    お気に入り追加
    レス35
    (トピ主10
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さいわい
    話題
    美しい日本語の詩や本を教えてください!

    昔から、あまり文語調の本を読まず、現代文学のようなものばかりを読んでいました。
    が、最近、昔の日本人が書いた(特に、外国の詩や小説を訳した)文章がとても美しいことに
    今更ながらに気づいたのです。
    たとえば、
    「山のあなたの空遠く 幸いすむと人の言う」
    とか、ああいうものです。

    きっと、たくさん有ると思います。
    ぜひともお勧めのものを教えていただけるとうれしいです。

    トピ内ID:7395181393

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数35

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (10)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    鈴木信太郎訳詩集

    しおりをつける
    blank
    バニラティー
    私は、堀口大学より、鈴木信太郎訳の、フランス象徴主義の訳詩が好きです。

    それから訳ではありませんが、浪漫派時代の島崎藤村詩集。「小諸なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ」など。

    やはり、一番好きなのは、鈴木信太郎の日本語でしょうか。美しく豪華です。

    それから、萩原朔太郎は、ぞっとするほど言葉が好きです。そして、古典から、和泉式部が好きですが、もう一人、俊成女(むすめ)と呼ばれている、定家の姉妹とも、俊成の孫娘とも言われている人が、好きです。

    皆様のお勧めも、楽しみに拝見したいトピです。

    トピ内ID:9459339196

    ...本文を表示

    三好達治の詩

    しおりをつける
    たかちい
    三好達治の詩は、叙情的な作風で日本語が美しく感じられます。
    有名な『甃のうへ』をご紹介します。

     あはれ花びらながれ
     をみなごに花びらながれ
     をみなごしめやかに語らひあゆみ
     うららかの跫音(あしおと)空にながれ
     をりふしに瞳をあげて
     翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり
     み寺の甍みどりにうるほひ
     廂々(ひさしひさし)に
     風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば
     ひとりなる
     わが身の影をあゆまする甃(いし)のうへ

    「雨は蕭蕭と降つてゐる」の語句で有名な『大阿蘇』や
    「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ」の『雪』も彼の詩です。

    トピ内ID:0164514527

    ...本文を表示

    向田邦子さんの随筆

    しおりをつける
    blank
    山猫
    向田邦子さんの文章はとても綺麗なすっきりとした
    日本語だと思います。

    トピ内ID:5707589888

    ...本文を表示

    私の美しい日本語小説NO1

    しおりをつける
    🙂
    k
    森鴎外「舞姫」

    トピ内ID:7508066007

    ...本文を表示

    私の好きな詩です

    しおりをつける
    😀
    まーまれーど
    島崎藤村の「初恋」という詩があります。

    まだあげ初(そ)めし前髪の
    林檎のもとに見えしとき
    前にさしたる花櫛の
    花ある君と思ひけり…

    まだ続くんですが、これが胸きゅんな詩なんです。
    言葉の響きや文章全体のリズムが、とても美しいと思います。

    あと、高村光太郎の「道程」という詩も好きですね。

    更にいうと、さいわいさんがおっしゃる詩とは違うかもしれないけど、清少納言の「枕草子」もいいなぁと思います。私は特に冬が好きなんで、とても共感を覚えます。

    もし、興味があったら、漢詩なんかも読んでみるといいと思います。読み下した文章は、響きが美しくてステキです。

    トピ内ID:0714399977

    ...本文を表示

    海潮音

    しおりをつける
    blank
    ガブリエル
    岩波文庫にあると思います。一冊まるごと上田敏訳の有名な文語調の詩ばかりで、トピ主さんがおっしゃるカールブッセの「山のあなたに…」も載っています。

    私が好きなのはブラウニングの「ピパの詩」、世は全てこともなし。平和な気分になります。

    トピ内ID:4121135480

    ...本文を表示

    有島武郎

    しおりをつける
    😀
    エリゴ13
    「山のあなたの空遠く 幸いすむと人の言う」…『海潮音』-上田敏訳詩集-ですね。
    懐かしいです。高校時代にむさぼるように読んだなあ。。

    「秋の日の ヴィオロンの ためいきの身にしみて うら悲し」(上田敏訳)
    ヴェルレーヌですが、訳を比べるのも趣があって、面白いですね。

    「秋風のヴィオロンの 節(ふし)ながき啜泣(すすりなき) もの憂き哀しみに わが魂を痛ましむ。」(堀口大学訳)

    小説ですが、有島武郎さんの「一房の葡萄」は如何でしょうか?
    一片の絵画を見るような美しさがあります。

    私も、皆様のレスを楽しみにさせていただきますね。

    トピ内ID:5657197930

    ...本文を表示

    島崎藤村も良いです

    しおりをつける
    blank
    sato
    五七調の、口ずさみたくなる詩が多いです。

    ▽小諸なる 古城のほとり…(衣なる古城のほとり)
    ▽まだ上げ初めし 前髪の…(初恋)
    ▽昨日また かくてありけり…(千曲川旅情のうた)
    ▽名も知らぬ 遠き島より(椰子の実)
    などなど、よく知られた詩が多いのも取っ付きやすいです。

    他には、北原白秋の言葉遣いには感心させられます。
    言葉の魔術師ですね。
    童謡に歌われている詩も多く、親しみやすいですよ。

    トピ内ID:2967117073

    ...本文を表示

    きゃ~~、皆さん、ありがとうございます!・1

    しおりをつける
    blank
    さいわい
    トピ主です!
    こんなにレスいただけるなんて……本当に「さいわい」です!
    皆さんのレスを読むだけで、
    「何て美しい日本語……!」と鳥肌が立ってしまいました。
    絶対に全部蒐集・読破・そして口ずさんでしまうほど読み込もうと思います!

    >バニラティー様
    鈴木信太郎さん、ですね。恥ずかしながら、初めて拝聴する名前です。
    島崎藤村の引用文も、本当に涙が出るほど美しい!とおもいました。
    萩原朔太郎も、ぜひ読んでみます。
    ああ、どうして若い頃こういった本に触れなかったのでしょう。本当に悔やまれます。
    レス、ありがとうございました!

    >たかちい様
    三好達治、名前だけは聞いたことがあります。
    まず、情けないことにタイトルの「甃」が読めませんでした…とほ。
    漢字には自信がある、と思っていた自分のおごりが本当に情けなや。
    昔の日本人の日本語力は、本当にすごいですね。
    なんて美しい言葉、リズム、表現力でしょう。
    「太郎の屋根に…」
    は辛うじて知ってました。
    三好達治だったんですね。
    氷室冴子さんの本で知ったのですが、美しいですね。
    是非読みます、有難うございす!

    トピ内ID:7395181393

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    きゃ~~、皆さん、ありがとうございます!・2

    しおりをつける
    blank
    さいわい
    顔アイコンをハート目にしたいくらい幸せなトピ主です。

    >山猫様
    向田邦子さんは、いくつか読んだことがあります。
    簡素な中にも、うーん、何というか、私の拙い日本語では表現に誤りがあると失礼なのですが、
    密度の高い感情や表現が含まれているという印象がありました。
    大根を半月に切る際、損ねてしまうと祖母のお叱りが怖くて慌てて食べてしまうのは向田さんの小説でしたっけ?
    改めて読み返してみたいと思いました。思い出させて下さり、ありがとうございました!

    >k様
    はい、舞姫ですね! もう想像力が書きたてられて、それだけでも美しいです。
    舞う姫……もう陶酔しちゃいそう。
    ありがとうございました!

    >まーまれーど様
    あ、それ、知ってます!
    知ってるというか、部分的に聞いたことがある、位ですが…。
    何て初々しくて可憐な詩(うた)なのでしょう。
    まだ上げ初めし前髪の……口ずさむだけで初恋の気分…。
    私も、冬が季節で一番好きです。
    清少納言は学校の古典で嫌々読んでいたので、今回改めて日本語を楽しむ気持ちで読み返したいと思います。
    ありがとうございました♪

    トピ内ID:7395181393

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(10件)全て見る
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (10)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0