詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    児童手当金の所得制限について

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    らん
    子供
    9月に男児を出産した育児休暇中の1児の母です。
    夫婦ともに厚生年金に入っています。
    児童手当金の所得制限が、
    0人 468万
    1人 506万
    2人 544万
    ・  ・
    ・  ・
    という表を見て、夫はその制限に引っかかるので
    (とは言っても50万程です)
    だめもとで児童手当の申請をしたのですが、
    あっさりその場でOKがでました。
    折角貰えたので、あえて質問しなかったのですが、
    506万以上の人は貰えないのではないのでしょうか?
    実際は、年収いくら迄なら貰えるのでしょう?
    1千万以上の人は貰えないみたいですけど。。
    2人目の参考にもしたいので、
    どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは収入金額でしょう

    しおりをつける
    blank
    定額減税廃止反対
    所得と収入の違い分かってますか?
    所得=収入-各種控除 です。
    多分、ご主人の収入の金額がその制限より50万円超えていたのではないですか?

    役所の人は所得金額を見て、制限内と判断したのだと思います。間違えたのではありません。来年の1月頃、会社から源泉票を貰うと思いますが、それに所得金額が出ています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    貧乏なのにもらえない

    しおりをつける
    blank
    みい
    うちの亭主は給与所得520万円弱ですが,残念ながら児童手当はもらえませんでした。

    厚生年金加入者は特例給付なので,扶養家族2名(お子さんと育休中の妻)なら,給与所得(給与収入-給与所得控除)で536万円までO.K.では。給与収入でいえば737万円程度までもらえるようですよ。

    トピ主さんが復帰してもご主人の給与収入が695万円までならもらえるんじゃないでしょうか。

    ちなみに給与所得控除の計算は,給与収入*0.1+120万だと思います。サラリーマンの必要経費という扱いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それは

    しおりをつける
    blank
    児童手当もらえない
    トピ主さんは額面の総収入を見てませんか?
    児童手当金の基準となるのは源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」です。
    なので実際のいわゆる「年収」とは違います。年収が基準より50万円しか超えていないのであれば控除後の金額が基準をクリアしている可能性は十分に考えられますが。その点確認されてますか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    詳しいと言うか。

    しおりをつける
    blank
    おうおう
    額面(総支給額)と対比してるんですかね、それなら実際の「所得」って手当金の凡例みたいなのに概算の仕方が有ると思いますが、一番大きい額じゃあ有りませんよ。

    こう言った条件って、全く同じじゃなくってベースがちょっと違ったりするんですよね。
    特に、児童手当とかその辺りの福祉系のものって、夫婦子供2人位だと、年収こみこみで600万位までなら支給要件を持たすものが多いようですよ。

    だから、544万だと、年収のこみこみで600万ちょい位までは、引いた後の額で要件内ってなるんじゃ有りませんか?。つまり、40ちょいの全業種平均位までの給与総額なら支給されるって感じかな。

    あっ、でもこれって厚生年金加入者などを対象の額なんで、国民年金加入者の場合は、同じ扶養者数でも100万以上低くないと駄目な筈です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一千万円ないけどもらってませんよ

    しおりをつける
    blank
    ホシイ母
    欲しいなあ、児童手当と幼稚園の就園補助金。

    普通のサラリーマン家庭です。一度ももらったことないです。子どもはみな平等、支給年齢あげるくらいなら、今までどおりの年齢までで全員に下さい。小学生なんてお金かからないでしょう。

    居住市では就園補助金の支給は通っている幼稚園であり、みな一斉に取りに行きます。もらえない人はいつ支給されるのか知らないので「お金出るね」の会話に入れず「もらってないの?」となる。当日も、来てなかった事や名簿の番号が飛んでいた事でもらっていないのが一目瞭然。「高給取りね」と嫌味を言う人も。実質格安で通園している子と「定価」で通園する子。不公平。せめてわからないように支給して欲しい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    収入額と所得額は違います

    しおりをつける
    blank
    税金
     トピ主さん、収入額と所得額を混同していませんか?。所得制限の場合の所得とは、収入額ではなくて所得額(給与収入の場合は給与所得控除を差し引いた後の額)です。

     給与所得額の算出については

    http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm

     辺りをご覧になれば分かると思います。確認してみて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    扶養者の数に注意

    しおりをつける
    blank
    たろたん
    扶養者数は昨年の12月31日にだんなが扶養している人数です。育児休暇中ということは、昨年末はだんなの扶養者数は0になりますので、注意してください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    らん
    お恥ずかしい限りです。

    額面の総収入をみていました。
    所得とは、税引き後の金額なのですね。
    余裕で貰える年収でした。

    復帰して、貯金に勤めます。
    中々検索できなくて、お礼が遅れました。
    皆さん、どうもありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    違う、違う

    しおりをつける
    blank
    定率減税廃止=増税
    >所得とは、税引き後の金額なのですね。

    違います。

    所得とは、収入から給与所得控除や、社会保険料、配偶者控除などを控除した後の金額です。

    所得税は、その金額に10%とか20%等の税率をかけた金額です。(所得額に応じて%が決まります。)

    住民税は、その所得税に応じて計算され、翌年、12回に分けて毎月の給料から引かれます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そんなに税金払ってませんよ

    しおりをつける
    blank
    大いなる勘違い
    所得というのは、収入から控除額約200万円位を引いた金額です。

    トピ主さんの旦那さんが、税金を200万円も払っている筈はありません。

    年収が550万円位とすると、所得税は年間20万円位でしょう。多くても30万円、少なければ10万円位。
    それに住民税が、所得税の7割くらい。

    多分、トピ主さんのおうちでは、所得税は貰う事になる児童手当ととんとんだと思います。

    給料の明細を見れば、所得税は一ヶ月に1~2万円位しか引かれていないと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0