詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    靴を脱いでと頼んだら怒って帰ってしまった調律師

    お気に入り追加
    レス72
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    傷ついた
    ヘルス
    すみません,愚痴のトピです。
    北米に住んでいます。
    先日ピアノの調律を頼んだら,約束より15分遅れて着ました。ドアを開けたとたん,なんか感じ悪い人たち(調律師とその奥さん?)と思ったのですが、とにかくなかにはいってもらい「靴を脱いでください」と丁寧に言いました。するとむっとして「何で?真っ白のカーペットでも敷いているわけ?」と言うので、「いえ,そういうわけではないのですが,普段靴を脱いで生活しているので」と言うと,怒ったまま,帰ってしまいました。今の家は,キッチン、トイレなど以外はすべてカーペットで,小さい子供がいるので,靴のまま入ってほしくなかったのです.私が頼んだことはそんなに非常識だったのでしょうか?メンテナンスの人などは,出たり入ったりするので,脱ぎたがらない人が多いのは知っていましたが、、、、。

    最近アンラッキーだったり、嫌なことが続いているので落ち込んでしまいました.

    落ち込んでいますので,批判レスは,つけないでくださいね.

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数72

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  72
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    Japanese style

    しおりをつける
    blank
    匿名
    と言えば、大抵理解されましたけどねぇ、私のそれほど多くない経験では。変な人に当たっちゃったのでしょうか。

    それとも、私が恵まれていて、たまたまみんな異文化に理解がある人だったのでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    元気をだして!

    しおりをつける
    blank
    橋本
    日本に住んでいるので、
    その土地の環境はわかりません。

    でも、傷ついたさん、落ち込まないでください。
    相手を思いやることができなかった
    調律師さんが変だと思います。

    友達が調律師をしています。日本人です。
    北米とかかれていたので
    近所だとは思わないんですが、
    万が一、近所なら彼女に頼むといいですよ。
    元気がもらえるような素敵な彼女です。

    http://piano.solidspot.com/default.html

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    よかったじゃない

    しおりをつける
    blank
    土曜日
    理由1-日本人(アジア人)が嫌い。そこで靴を脱げと言われて、命令された気分になった。

    理由2-靴下に穴が開いている。

    そんな人に調律されたら、悪意でミスをされていたかもしれません。帰ってもらってよかったと思いましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    クツカバー

    しおりをつける
    blank
    mm
    災難でしたね。北欧在住ですが、こちらでは病院の中、学校の中など、ビニール製のクツカバーを履くのが習慣になっています。そちらは雪の降る土地ですか?探して家に常備しておいたらいかがでしょう?業者の人にはそれを履いてもらう。
    それにしても靴のまま家に上がる英、米の習慣って最低ですよね。ヨーロッパでは脱ぐか、部屋履きに履き替え、土足でそのまま家に入る国は少ないそうです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    う~ん。。。

    しおりをつける
    blank
    MOTO2
    トピ主さん、辛い思いをされましたね。

    その調律師さんたちに「靴を脱いでください」と言われた時にスリッパなどの用意をされていましたか?
    また、どうしてトピ主さんが靴を脱いでほしいのか、説明をされましたか?

    靴をいつも着用する人々にとって「靴を脱ぐ」=「ベッドイン」というニュアンスをもたれる場合もあるみたいです。

    ですから、スリッパを用意されるなり、お子さんが小さいので部屋では靴を脱いだ生活をしているという詳しい説明なりがあったほうがよかったのでは、と思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    分かります~

    しおりをつける
    blank
    Kean
    イギリスに住んでいました。

    私も似たような事、ありますよ。
    ピアノの調律師ではなく、家の修理の人だったんですけど、「俺が足に怪我したらお前が払ってくれるんだな」などさんざん悪態つかれました。同じ様な話をネットの掲示板で読んだ事もありますし、そういう目に遭っている日本人は多いみたいです。

    ただ、あちらも安全の為にワークブーツを履いているし、うちには子供もいないので、その人に限らず修理関係の人たちの土足はOKにしてしまいました。
    その後、自分で掃除しなくてはなりませんでしたが、それこそ、怪我したから治療費払えなんて言われる方が嫌だったので。

    でも、それまでほとんどの人たちは特に不満も漏らさず靴を脱いでくれていましたよ。中には「あ、日本人は家の中で靴はかないんだよね」と言って、自分から脱いでくれる人とかも。
    トピ主さんのケースは、その人たち、最初からやる気がなかったような気がします。ピアノの先生に相談されてみてはいかがでしょうか。いい人が見つかると良いですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    室内履き(スリッパ)を用意しましたか?

    しおりをつける
    blank
    ?
    もししていなかったら今後用意されたらどうでしょう?

    でもスリッパで水虫がうつるとかの理由で日本の医院などでもいやがる人が増えていますが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    生活習慣の違いで仕方ない

    しおりをつける
    blank
    LA
    幼い頃、父の仕事の都合で米国に住んでいました。
    日本人が住んでいたコンドミニアムを借りたので
    日本と同じように靴を脱いで生活していました。

    父のテニス仲間が我が家に寄る時、最初のうちは
    理由を話して靴を脱いでもらっていましたが、後に
    テニスシューズ着用時のみ、そのまま家に入っても
    よいことになりました。家の中でも靴を履いたまま
    生活をする人達にとって、靴を脱ぐということは、
    ものすごく抵抗があるそうだ、と聞きました。

    大きくなって知ったことは、靴を脱ぐということは
    彼等にとって、服を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい
    ものだということです。外国の某小説の中には
     男「何だか、靴を脱ぎたくなってきたなぁ」
     女「だめよ、そんなことを言っては」
    と、女の関係を持ちたいと思う男の台詞として
    靴を脱ぐ、という言葉が出てくるくらいです。

    という事で、調律師さんが怒るのも仕方ないです。
    今後、現地の方が家に入る時は、靴を履いたまま
    その上からビニール袋に足を入れてもらうか
    靴の上にはける巨大なスリッパのようなものを
    用意された方がよいでしょう。ご愁傷様でした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    北米・・・

    しおりをつける
    blank
    匿名おとこ
    北米と言っても広いので私の知識が及ばないところもあると思います。
    でも、靴を脱いで生活するというのはそんなに一般的なんですか?

    日本人としては、それもありかなぁとは思います。
    でも、その土地で暮らす人々の多くが「客であっても靴を脱げ」と言うのが一般的かどうか。

    感じが悪い云々は主観でしかないし、具体的行動は靴を脱げとトピ主が命じたら怒って帰ったことしかわかりません。これだけでは、「客であっても靴を脱げ」というのが一般的でない(=非常識)なら、「至極当然じゃん」としか思えませんよ。

    少なくとも、日本の常識を持ち込んで「あたりまえだろ、非常識じゃないじゃん」と叫んでも通用しないことくらいはわかるのではないでしょうか。お願いの仕方がどうだったのか、サービス業としてどうなのか、いろいろと余地はありますけど、ね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    習慣とまではいかないけれど

    しおりをつける
    blank
    はちがとぶ
    北米でだって、小さいお子さんのいるお家では特に、日本人に限らず、靴を脱ぐように求められる事が多々ありますよ。 北米生活が長い為か、私自身は感覚麻痺で、この頃サービス業者に靴を脱いでもらう事はないんですが、昔々イチイチ頼んでいた当時、中には脱がない!という人はいましたけれどね。 本当に嫌なら帰って貰うまでです。 調律師が一人しかいないような町に住んでいるのならそうも出来ないでしょうけれど。 それか、ペンキ屋さんでビニールシートを買って来て玄関から目的地まで通路を設けましょう。 靴を脱いで生活していますから、この上を歩いて下さいね、とにこやかに言えばわざわざ無視する人もいないかと。 案外凄い水虫で・・・なんて事があるかもしれませんから、一概に脱ぐ方が良いとも言えないかもしれませんしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は手の汚れ!

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    ええぇ!全く非常識ではないですよ!!
    私は7年ほど北米にすんでいましたが、何人の地元の家族のお宅でも、土足禁止というところがありました。
    もちろん、家に来る人みんなに”靴は脱いでください”って言ってましたけど、そんな怒って帰ってしまったなんて話聞いたことなかったです。

    ちなみに私の場合ですが、日本に帰ってきてから引っ越した先のリフォームで家の中の壁を全て塗り返したことがありました。その後、電話工事の人を呼んだのですが、作業者の手がものすごく汚れていたらしく、帰ったあとに壁一面に黒い手形を残されました。
    ものすごく、気持ち悪かったです。もちろん文句を言って、壁一面塗りなおしの費用をNTTに払ってもらいました! それ以外、工事の人が来るときには、必ず作業の前に手を洗ってもらうようにお願いしています。

    なんか、思い出してしまいました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じ

    しおりをつける
    blank
    経験あり
    私も北米在住で、全く同じ経験があります。
    でも相手は調律師さんではなく
    アパートのメンテナンスの人ですが。
    私の時も
    「靴を脱いでください。
    私たちは靴を脱いで生活していますので」と
    丁寧に頼んだのに
    「なんで脱がなきゃダメなの?」という感じで
    偉そうに言われて途端に腹が立ちました。
    それでも靴のまま入ってこようとしたので
    「靴を脱いでもらえないなら入ってこないで下さい」と
    言ってしまったのです。
    そしたら怒って何も言わずに帰ってしまいました。

    私に非はなかったと思ってますよ。
    人の家に入るのに靴を脱ぐくらいの要望に
    従わずどうする、って思います。
    おそらくただ単に面倒なんだろうな、と。

    しばらくして別の件で同じメンテナンスの人と
    もう1人別の人が来た時は
    普通に靴を脱いで入ってくれましたが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちも追い返してしまった

    しおりをつける
    blank
    ぽけちゃん
    工事の人に安全靴が必要なのはわかりますが、調律師ですよね。
    脱いでくれてもよさそうなものです。
    うちは夫が断固として靴を許さないので、どうしても脱がない人に、靴の上からビニール袋を履かせたことがあります。
    「生まれてから靴を脱いだことがない」と、言い張ったペンキ屋の見積もりのおじさんにはお帰り頂きました。
    落ち込まないでもいいですよ。
    自分流を通した方が、いい時もあります。
    外で何踏んでるのかわかんないのに冗談じゃないわ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    生活習慣の違いですよね

    しおりをつける
    blank
    ぱっぴん
    傷ついたさんは海外にお住まいなのですよね。
    日本は自宅では靴を脱ぐ生活習慣ですが
    外国では靴を履いたままの生活が多いですよね。
    なのでそのピアノの調律師さんは靴を脱いで
    自宅に上がるという概念が分からなかったのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自衛策

    しおりをつける
    blank
    なな
    我が家も、長年靴をぬいでもらう、もらわないで、いろいろと苦労しました。靴を脱ぐ習慣がない人にとっては、「宗教的意味があるのか?」と、かなり不思議なようですね。

    それだけでなく、害虫駆除、引越しやさんなど、保険の関係もあり、靴をぬいで作業できないという決まりがあったりします。

    我が家の場合、靴をぬいでもらうか、シューカバーをしてもらうかでしのいでいます。医療用や、ペンキ屋さんが使っているシューカバーです。靴の上からカバーをしてもらうので、家の中が汚れません。それまでは、スーパーでもらうビニール袋を靴の上からやってもらってました(笑) 誰も何もいいませんでしたが、変なやつだと思われていたはず。

    その調律師のばあい、ただの嫌な人なので、気にすることないですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      おかしくない

      しおりをつける
      blank
      カーペット
      私も北米です。もちろん中には嫌な顔をする人もいますがそれで帰ってしまうのはカスタマーサービスとして失格です。文句を言うかさっさと他の人に電話しましょう。前、ケーブル会社からの人はちゃんと靴ぬいでくれました。まー、引っ越し会社だけは例外でこれだけは土足でも目をつぶってますが。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      文化と感覚

      しおりをつける
      blank
      papamusi
      文化の違いで感覚も変わると思います。
      以前読んだ本では、女性が人前で、家の床の上で
      靴を脱いだ姿を見せるということは、非常に
      恥ずかしいこと(ある意味で屈辱的な感覚)
      らしいです。
      またウェブで見たらこんな文章もありました。
      ご参考までに。
      http://www.gakuto.co.jp/hieigo/lesson02/001.html

      >靴を脱ぐのは裸になるも同然!?

       欧米では,靴が特に汚れていない限りは,室内でも靴を脱ぐ習慣はありません.直接床に座ったり寝転がったりする習慣がないのも理由の1つですが,靴を脱ぐということは裸になるのと同じくらい大胆で恥ずべき(?)行為だという感覚があるようです.
       しかし,最近ではアメリカの西海岸を中心に,靴を脱ぐ習慣が次第に広まりつつあります.理由はごく簡単で,室内がより清潔になるということと,帰宅したら靴を脱いでスリッパなどに履き替えた方がくつろげるというもの.もちろんまだまだ少数派ですが.

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      よくあることです

      しおりをつける
      blank
      経験者
      トピ主様、災難でしたね。
      私は以前は米国、今は英国で生活しており、似たようなことは何度もあります。靴を脱ぐ生活パターンは日本人特有ではなく、米・英の地元の知人宅でもよく見かけます。
      さて今回の件、ピアノの調律ならば、工事や作業のため安全靴が義務付け、または靴着用が推奨されている人たちとは違いますから、単なる習慣の問題ですね。双方話し合って決めればよいです。ですからその点の話をせず、または聞かず怒って帰った調教師が悪いです。
      英米では異なる常識の人たちが大勢暮らしています。主張すべきははっきり議論しないと相手に呑まれます。怒って帰るのもその人の主義を通そうとする行動ですが、ハリウッドの大女優が相手ならその調律師も卑屈にぺこぺこしながら靴脱いだはずです。そう、力関係です。こっちも遠慮せず卑屈にならず、びしっと非難して良いのですよ。ただ日本に帰ったらビシビシは若干控えめに。日本は英米じゃありませんから。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      日本に限らず、靴を脱ぐ

      しおりをつける
      blank
      merimeri
      文化の国ってありますよね。アジアの国々や、トルコやイランもそう。

      そういった文化の違いを理解できる知能がある人は、靴を脱いでくれます。理解する気のない人(または靴下に穴の開いている人)は怒り出します。これはヨーロッパ人でも一緒。

      次回は予約時に、「うちは家の中は日本式です。靴を脱いでもらえますか?」と確認しましょう。ダメなら、ビニール袋を足に巻いてもらいましょう。(これをやっていたのは、ヨーロッパの不動産屋さんやアメリカのメインテナンスの人たち。アジア文化のことを知っていたし、慣れていた…)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      不運でした

      しおりをつける
      blank
      えげれすどん
      たまに、そういういや~な人がいます。 日本でも、英国でもいますよ。

      イギリスでも、白人でキリスト教徒でも、土足禁止の家が、結構あります。
      子供が小さかったり、アレルギーだったりすると、特にそうです。
      だから、それほど「超」珍しい要求という感じが、英国だとしません。

      あと、英国に多いインド系やトルコ系、パキスタン系も靴を自宅で脱ぎますし。

      調教師の人は、おそらく自分が仕事立て込んでいて、苛苛している。  
      そんなときに、靴を脱ぐのは面倒くさい。  
      ああ、何でそんな細かいこと気にすんだよ、とむかつく。  
      しかも、アジア人のくせに!<というちょっと、差別意識もある人が多い>なんて思ってしまう。

      切れちゃった! なんちゅうかんじでしょ?

      まあ、不運だったと思って、次回は違う調教師に頼んでみてください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      習慣の違いなのでしょうね

      しおりをつける
      blank
      おとと
      靴を脱ぐ意味が不明で何でそんな変なことを要求されるのかと頭に来たのかも。

      日本の習慣を知っていて、かつここは北米だが、日本の習慣で生活しているということが瞬時に飲み込める人だったらよかったのにねえ。

      習慣の違いって、説明されてもなかなか実感としてわかりづらいのかも。

      1.友人が米人学生をホームステイさせたら(日本国内での話)、一応屋内では言ったとおりに靴を脱ぐのだが、忘れ物をしてちょっとうちにとりに入ったりする時は平気で土足で入ってきてまた土足で出て行く。注意しても笑顔で「ソーリー、ソーリー」で「大した問題じゃない」としか思ってないようだと嘆いてました。

      2.三十年ぐらい前、(日本の)商店の入り口に中古の靴が揃えて置いてあった。いぶかしく思いながら店内に入ったら、若いアメリカ人らしき女の子が裸足で商品を見ている。きっと「日本では室内に入るときは靴を脱ぐのがマナー」と聞いて来て、一般商店なのに頑張ってそのとおりにしたのでしょう。他の日本人は全員靴はいてることに気付かないの?

      笑えた?ちょっと元気出た?元気出してね!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      批判をするつもりはありませんが

      しおりをつける
      blank
      きれます
      工事をする可能性のある人は安全のために靴は脱がないいのです。
      脱ぎたがらないのではなくて、規律でそうなっているので、靴を脱いでいてけがをしたばあい、保険などもおりないのですよ。
      もしものときに保障が出来ないかもしれないので靴を脱いで欲しいと頼むべきではありません、

      >「脱ぎたがらない人が多いのは知っていましたが、、、、。」
      とかいておられますよね。ということは、以前にに断られたり嫌な顔をされた経験があるのですよね?
      相手に対応もおとなげないですが、
      断られる可能性があるとわかっているのだから。とぴぬしさんが、自分のうち専用の靴にかぶせるBOOTIEを用意しておくべきだったとおもいますよ。
      断られたら、靴を脱いで欲しい理由を述べるより、こちらを靴にかぶせてくださいとすぐに差し出せるようにしておくべきです。
      単にとぴぬしさんの不手際だとおもいます、

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      むうう

      しおりをつける
      blank
      ぐっだいまいと
      私も海外に住んでます。

      いや~、日本人の友達はもちろん、日本のことをよく知っている人はこちらから言わなくても、靴脱いでくれますけどね、それ以外の人にはちょっと私の方からも言いにくいです。穴のあいた靴下を、靴はどうせ脱がないからいいや、って履いている人もいますしね~(笑)

      きっとそのピアノ調律師の人もそうだったのでは?

      それか来る前に何か嫌なことがあって不機嫌になり、単にトピ主さんに八つ当たりしただけとか、それくらいのもんでしょう。

      気にしない気にしない!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      ビニール利用!

      しおりをつける
      blank
      りり
      ハワイ在住です。こちらは靴を脱ぐ習慣の家が多いのでそのようなトラブルは少ないのですが、テキサスにいたころ、ほとんどの人が靴を脱がないで家に入って来たがりました。
      靴の上からビニールみたいなものを履いてもらってはいかがですか?これは結構皆さんしてましたよ。ビニール持ってくるフィクサーの方もいました。

      靴を脱ぐ行為って嫌がる人は嫌みたいですね。怒って帰るのはどうかと思いますが。

      北米ですか。寒そうですねぇ~。こちらは常夏。でも雪が恋しいです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      よくある

      しおりをつける
      blank
      プリン
      あちゃーっ。。帰っちゃった?
      そりゃ困っちゃいますねぇ。
      トピ主さんの頼んだことは非常識ではありません。
      私も在米15年目なんですが基本的に家では土足厳禁にしてます。非日本人の友人もちゃんと理解してくれて靴は脱いでくれます。だだね、業者の人、例えば、ケーブルTVの人とか、プラマーとかが修理にくると、ドカドカ入ってきちゃいますね。はじめは「おいおい!」って思ったけど、最近じゃ、これはもう仕方ないかな?って諦めてますよ。その人たちが帰った後でモップがけしてますけどね(笑)うちの義父(アメリカ人)もいつもやってくれます。何度言っても忘れちゃうみたい。習慣の違いだから仕方ないですね。とは言え、アメリカ人でも分かってくれる人はいますから、あんまり落ち込まず、他の調律師を探しましょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      心や体の悩みランキング

        その他も見る その他も見る

        郷に入っては郷に従う・・・

        しおりをつける
        blank
        ポチ
        外国文化に逆らうとそういう問題が起こりがちです。
        日本大使館内のピアノの調律にきた人なら間違いなく靴を脱いだでしょう。
        あなたの家はアメリカ国内にありますから・・怒るのは当然と思います。

        「郷に入っては郷に従う」の諺ですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        もう一枚履いてもらう

        しおりをつける
        blank
        もとCA
        感じ悪い人にあたってしまってアンラッキーでしたね。

        ピアノの調律師については存じませんが、修理に来た方に、ハードシューズを履いていないと事故時に保険のカバーが効かなくなるので、靴は脱げないといわれたことがあります。

        そうでなくとも「靴を脱いで」と言うと皆さんかなり退かれますので、DIYショップにある、靴の上から履く不織布製のカバーをそういう方には履いてもらってました。出たり入ったりのときは、ブルーシートを引いて対応しました。

        落ち込まないで、次行きましょうね、次!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        確か・・・

        しおりをつける
        blank
        元北米在住
        もう帰国していますが、数年前まで東海岸に
        在住していました。

        靴というのは、作業中の危険から足を守るために
        履く・・・という意味があると思います。
        (夫がエンジニアをしていますが、たまにプラントの
        視察などで現場へ出る時は、足に重いものが落ちてきた場合でも、怪我をしないように特殊なものを履いていると言っていました)
        なので、煙突掃除の方や電気関係の修理の方などには、在米当時、靴を履いたまま作業して貰っていました。裁判になっても困るな、と思って。
        文化の違いと言えば、それまでなのでしょうが。
        日本では引越し業者の方、靴下まで履き替えてくれますものね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あらま・・・

        しおりをつける
        blank
        がんばれー。
        お願いしたのに、いやですねぇ。
        それも遅れてきただなんて。

        でも靴を脱ぐ生活習慣がないんだから
        しょうがないと思うのは私だけでしょうか・・・?
        日本じゃないんだもん。
        私は日本に住んでいます。それも畳の生活です。
        ホテルに泊まるときも、靴を脱いでしまいますよ(笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        シャンプーキャップ

        しおりをつける
        blank
        落ち込まないで
        あまり深く考えないほうがいいですよ。それにしてもプロ意識のない人だとは思いますが、まあ、この国にはいろんな人がいますからね、そう割り切ったほうがいいですよ。

        私も北米在住ですが、靴を脱いで、と頼んだことはありません(フローリングだし、ペットの毛を毎日掃除しているので)が、屋内で仕事をする人達はシャンプーキャップ(ホテルのアメニティにあるような使い捨てタイプ)を持参し、玄関でそれをつけてくれます。

        次回のためにシャンプーキャップを3ペア位用意しておいてそれを付けてくれるように言えばいいと思います。なんで?と聞かれたら「小さい子供がクローリングするし、うちでは靴を脱ぐ習慣なので」とはっきり伝えましょう。(Beauty supplyで売っています)

        もしあなたがナイスに言ったのにも関わらず嫌な態度に出られたらサービスを断ってもいいんじゃないでしょうか?あなたの家なんですからちゃんと主張して!負けるな!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  72
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0