詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    いまどきの小学生。通知表の評価は?

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💡
    ようよ
    ひと
    現在小学2年生の娘がいます。
    2年生も終わり、先日通知表をもらってきました。うちの学校だけなのかわからないので教えてください。
    1年生の時から各科目に
    例)国語…文章を分かりやすく表現する事ができる・・・◎、○、△
    こんな具合で評価されます。
    娘は、全科目25項目位のうち◎が21つ、○が4つでした。今までもほぼ同じ所が○で、◎から下がる評価はありませんでした。(それでも変動したのは1つ、2つ)
    娘は、全部◎の子もいるから自分は出来ないと言いますが、私自身が中・高とほぼオール3(5段階中)、たまに2。体育と音楽だけ4か5という成績だったので娘の評価は良いと思っています。
    実際ほぼ◎じゃなきゃおかしいのでしょうか?3段階評価で例えたらオール3に近い成績って良い方だと思うのですが…

    そして、このような数字にしない評価って今では当たり前なのでしょうか?
    正直数字じゃないと、我が子の成績がどのくらいに位置しているのか分からないのです。私の頃はクラスで5は何人。4は何人と決まっていたので4の○とかあったのですが、今は数字にしないのでしょうか?
    低学年のうちだけなのかな?とも思うのですが…

    皆さんの学校はどうですか?

    トピ内ID:3088339648

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    絶対評価ですから

    しおりをつける
    blank
    ゆうか
    他の子の成績は関係なく
    その子が、出来ているか、理解しているかの成績です
    まあ先生によって、多少は付け方が、甘かったり厳しかったりもあるようですが
    指針というものがあると思うので、それに沿ってつけていると思います

    2年生なら、その成績はいいほうだと思います
    宿題の提出も、発表もちゃんとしているのでしょう
    娘さんが納得できないのは
    自分より出来る子がいるからじゃないでしょうか?
    1番じゃないから

    でも、2年生でオール◎というのは、本当に少ないと思いますよ
    このまま維持していければいいですね

    トピ内ID:3979196954

    閉じる× 閉じる×

    おかしくないですよ

    しおりをつける
    🐤
    risarisa
    うちの小学校も全学年◎~△の評価でした。
    初めてもらったときには、どう見ていいか理解できませんでした。
    うちは学期末の懇談のときに通知表を見せてもらえるシステムなので
    その時に先生の目からみてどれくらいの評価か聞きました。
    全25項目とはまた多いですねー
    うちは各教科に一つだけでしたけどね。
    ◎が21個で○が4つ、かなりよく理解できてますよという評価と
    私なら受け取り、子供をめいっぱい褒めると思いますねぇ

    うちも中学は5段階評価になると聞いてます。
    私自身も小学校では5段階だった記憶があります。
    昨今、運動会でも順位をつけずにみんなでゴールなんて馬鹿なことを
    する学校が多いらしいですから
    ○△の評価もあんまり驚きもしないですね。

    中学になってうんと成績は伸びますから
    まずは他人との協調の有無、性格を重視して楽しく通ってくれたら
    よしとしました。

    トピ内ID:8755993188

    閉じる× 閉じる×

    評価の仕方が変わっています。

    しおりをつける
    🐤
    はっちゃん2
    私(40代)の子どものころは相対評価、これはトピ主さんも書かれている
    クラスの中で5は何人、4は何人と決められている評価方法です。
    今は中学校の通知表までは絶対評価になっています。
    私の子供が通っていた小学校では三重丸・・よくできた、二重丸・・できた
    丸・・努力しようでした。
    中学校も良く似た評価でABC評価で学年末に数字で3段階評価つけますが
    これも絶対評価なのでたぶんA評価は多いと思います。

    私は義父母と同居しているので子供の通知表は毎回見せていますが、絶対評価の通知表は理解できないといいます。三重丸やA評価が沢山あると
    成績がいいように思いますが、実際は担任の先生が子どもに応じて評価しているので、クラスの中での成績は小学生では分かりにくいと思います。

    中学校だとテストで成績(順番)も出るのでそちらを基準にできます。

    トピ内ID:0902103655

    閉じる× 閉じる×

    親の世代がもらっていた通知表の評価は

    しおりをつける
    🐱
    母猫
    『相対評価』と言われる『集団の中でどの位置にいるか』を表すものでした。
    みんなが100点を取っていれば、たとえ98点でも5はつかず
    人を追い越さない限りは評価はあがりません。

    それに対して今の子供たちがもらってくる通知表の評価は
    『絶対評価』と言われる『目標に照らしてどこまで達成できたか』を表しています。
    みんなが100点を取っていれば、みんなが◎や3(3段階の評定の場合)をもらえます。

    学校にもよりますが、目標の85%を達成していればAや◎がつき、
    ご存知の通り低学年のテストは大抵の子が満点に近い成績をとってきますので、◎ばっかりのお友達がたくさんいるのも仕方がないものといえます。

    中学年・高学年に進むにつれて
    『目標をクリアしてB(○)、発展的内容まで理解できてA(◎)』という基準がきっちり守られるようになり
    ひとりひとりの習熟度が成績表にありありと出てくるようになります。

    低学年のうちは、成績は気にせずに、
    先生のお話が聞けて落ち着いて過ごせているのかどうかを
    面談等のお話でつかんでおくぐらいでよいのではないかと思います。

    トピ内ID:8362954407

    閉じる× 閉じる×

    ウチの学校は

    しおりをつける
    blank
    桜子
    ウチの子供は小学4年ですが、ABC評価です。ウチの子は、ほとんどがBです。でも、学力テストなどは、かなり良い点数とってるんです。だから、通知表見てあんなにテストの点数いいのに、と、納得いかない部分もいっぱいあります。だから、小学生のうちは、通知表もあてにならないなぁと思っています。特別悪い評価じゃなければ気にしなくていいのでは・・。中学になれば、テストの結果で、子供が、どの位のものなのか、はっきりすると思います。

    トピ内ID:7125677988

    閉じる× 閉じる×

    ウチの中学生も

    しおりをつける
    🐱
    まくど
    ○ △などの三段階ですよ~
    小学生の時は、◎は95点以上とかテストで判定できるものは、
    しっかり決まってました。
    なので◎が多いのは、良い成績だと思います。
    昔は、相対評価でしたが、今は絶対評価でクラス全員が95点以上なら全員◎のはずです。(ウチの中学校)
    しかし、高校入試のための内申点は、相対評価で10段階らしいです。
    100点がいっぱいいると95点でも、7しかもらえないということがあります。

    トピ内ID:5119763298

    閉じる× 閉じる×

    絶対評価と相対評価

    しおりをつける
    blank
    集団下校
    私の住んでいる県でも、絶対評価です。
    到達点に達していると先生が判断すれば、クラス全員が◎になってもいいのです。
    うちの子供たちが卒業した小学校では先生がバイエルしか弾けなくても1・2年生なら音楽は担任が教えていましたし、低学年はペーパーテストもなかったので、まじめにやっていれば◎がつくのかな?体育、図工、音楽などは先生の主観が入りやすいですね。

    でも中学へ行くと、小学校の成績はあまりあてにならないとわかります。教科ごとに専門の先生が指導・評価しますし、単元ごとのテストではなく、範囲は非常に長いので本当の能力がわかるかも・・テストが95点でも、先生の納得する回答をしていない箇所があれば、5が4にもなります。
    うちの子、体育が苦手ですが、期末テストで95点の時も60点の時も成績は変わることなく3です。実技が全てなんですね。「もう体育は勉強しない」って言ってました。

    数学は積み重ねが大切。積み木が一つ欠けると上へ積んでいく事ができなくなりますから、今から復習の癖をつけるといいと思います。
    お嬢さんはよくお出来になってますね。
    たくさん褒めてあげてくださいね。

    トピ内ID:7791981881

    閉じる× 閉じる×

    41年生まれですが

    しおりをつける
    blank
    きびなご
    私が小学生のうちは、数字での評価はありませんでしたよ。よい・ふつう・がんばりましょうの三段階だけです。

    10年前小学生だった上の子たちも、現役小学生の下の子も、学校は別ですが「数字ではない三段階評価」です。


    成績そのものは、私たちの頃と違って絶対評価だから成績表だけでは比べられないし、地域や学校によって評価に差があると思います。

    トピ内ID:2018945971

    閉じる× 閉じる×

    担任の先生に評価基準を聞いてみる1

    しおりをつける
    blank
    くるくる
    トピ主さんがおっしゃっている、
    「5が何人、4が何人…」
    という評価は、「相対評価」といい、昨今はなくなってきています。
    現在主流の評価は、「絶対評価」で、ある一定の基準まで到達しているかどうかを評価するものです。

    例えば、「年間のテストが80%以上できていれば○」などです。
    極端な話、クラス全員がこの基準を達成していたら、全員○がもらえますし、誰も達成できなければ全員△になります。

    また、教科ごとに5~4この観点にわかれていると思います。
    これを、「観点別評価」といい、各教科の中でもさらに細かく評価を行うものです。
    例えば、国語なら「関心意欲態度」「読む力」「聞く・話す力」「書く力」「知識理解」の5観点に分かれ、それぞれに○や△がつきます。
    この観点を合計して「5」や「1」など教科ごとに出される成績を、「評定」といいます。
    トピ主さんが学生の頃、数字でもらっていた成績は、この評定に近いものです。

    最近の小学校、特に低学年では、評定は出さず、観点別評価までで成績を出している学校が増えています。

    トピ内ID:2624013182

    閉じる× 閉じる×

    担任の先生に評価基準を聞いてみる2

    しおりをつける
    blank
    くるくる
    「相対評価」と「絶対評価」のメリット・デメリットはそれぞれあり、教師間でもどちらが分かりやすいか意見が分かれており、今なお研究が進められています。
    詳しくはネットでお調べください。

    一番に言えることは、現在の両親の学生の頃とは成績の付け方がまるで違う、ということです。
    学校側も研究を進めていますが、とにかく分かりにくくて回りくどいのが現在の成績の付け方です。

    評価基準は学校によって違いますので、通常、評価の仕方について学校から説明がされます。懇談会に参加していれば、担任の先生から説明があったのではないでしょうか。
    もし説明がない、または懇談会に参加できなかったのでしたら、担任の先生に直接評価基準について質問してみてはいかかでしょうか。
    どの程度できていれば「◎」がつくか、教えてくれると思います。

    ただ、担任が説明していないのなら聞く必要もあると思いますが、懇談会で説明したのに、参加もせずにあとから聞いてくる親、というのは学校にとって「協力意識の低い親」という認識になりますから、来年度から懇談会や個人面談でしっかり聞くのがよいかと思います。

    トピ内ID:2624013182

    閉じる× 閉じる×

    気になりますよね

    しおりをつける
    🙂
    のほほん
    2年生になる子供がいます。

    私も小学校の成績の見方が、いまいち掴めません。
    こちらの学校はABC評価で23項目に分かれています。
    我が子はAが12個、Bが11個。
    これがクラスの中でどの程度のレベルなのか、それが分からないんですよね。
    昔の相対評価と違って、今は絶対評価なので・・。

    私の小学校の頃の成績と比べるとかなり悪いと思うので、低学年のうちからこれで大丈夫なのか不安です。
    (低学年はほとんどAなのが普通だと思ってました)

    個人面談のときに先生に聞いたところ、我が子はクラスのなかで普通よりできてます、と言われました。
    うちの学校ではBが普通で、あまりAをつけない厳しい評価をする学校のようです。

    学校によって評価の基準が違うのではないでしょうか?
    トピ主さんも、お子さんがどの程度の位置にいるのか先生に聞いてみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:3564359307

    閉じる× 閉じる×

    昭和44年生まれ

    しおりをつける
    🐤
    東京23区育ちですが、きびなごさんとほぼ同じ「良い、ふつう、努力しましょう」の3段階でした。

    子供(今春中学卒業)は、小学1年の1学期のみ「できる、もう少し」の2段階でそれ以上は「よくできる、できる、もう少し」の3段階でした。
    中学は、数字で5段階でしたよ。

    確か、小学校も中学校も先生は「うちは相対評価」とおっしゃっていた気がします。
    トピ主さんのところはどうなのでしょうね。絶対評価なのでしょうか?

    トピ内ID:8267891811

    閉じる× 閉じる×

    わかりづらいですよね

    しおりをつける
    🐧
    青い鳥
    うちの子の小学校は、低学年のうちは「よくできる・できる」の2項目のみ、高学年からは「よくできる・できる・もう少し」の3項目でした。

    『よくできる』に○がついているから油断していたら、中学校に行った途端散々な成績を取ってきましたよ(笑)
    いったい何がよく出来てたんですか??と、小学校の先生に小一時間ほど問い詰めたい気分でした。

    今高校生ですが、もの凄くわかりやすい成績表を持ってきます。
    テストの点数に応じた5段階評価です。100~80点は5、79~60点は4、といった具合です。
    でも来年度から、85点以上じゃないと5をもらえなくなるんだ、と娘がこぼしていました。

    トピ内ID:8555808693

    閉じる× 閉じる×

    昭和55年生まれ

    しおりをつける
    🐶
    匿名さん
    私が通っていた小学校も1年生~6年生まで20(記号がなかったのでごめんなさい。)〇・△でした。私の場合は、〇と△が多かったですけど今思えばとても懐かしいです。中学校と高校は5段階評価でしたけど。岐阜のある女子高は10段階評価だったって友達から聞いたこともあります。

    トピ内ID:7968609078

    閉じる× 閉じる×

    わかりにくいですよね

    しおりをつける
    🎶
    lunch
    クラスの中での序列が一番分かりやすいのに・・・と思います。
    でも、考えようによっては、序列にしたらレベルの高いクラスだとすっごくできてもそれが普通だし、逆にレベルの低いクラスだとちょっとできるくらいで大変良いになってしまい気が緩んだまま中学に上がって衝撃を受けると思うので今の絶対評価でいいんじゃないかな~と思っています。
    私が気にするのは先生のコメント欄のほうです。家庭の話題にしています。

    トピ内ID:9902967089

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      びっくり

      しおりをつける
      blank
      りびえら
      うちはまだ小学校入学前なんですが。

      事態はそこまで進んでるんですね。

      学校も教師も教育委員会も、「悪い評価」を出す事に及び腰なんですよね。
      結果、このような「結局良いのか悪いのか分からない通信簿」になると。

      絶対評価から導き出された通信簿なんて良くても安心できないです。
      だって、絶対の基準が文科省ですから。

      親は本音じゃ「相対評価」を知りたがってますから、これじゃ塾が流行るのも当然です。
      塾はちゃんと何人中何番目って教えてくれるでしょうから。

      そもそも社会に出たら、能力の採点は相対評価ばかりです。
      みんな頑張ったから、みんな同じってわけじゃないですよね。

      どうして「悪い評価」を付けるのが駄目なのかさっぱり分かりません。

      もし、社会はできるけど算数は出来ない。
      だったら、そうならそうと評価を下すのが教師の役割だと思いますけどねえ。

      全部が◎だと、何が得意で何が不得意か分からないですよね。
      子供の適性も分からないし。


      困ったなあ。



      トピずれ失礼致しました。

      トピ内ID:1052957950

      閉じる× 閉じる×

      評価基準は先生個人?!

      しおりをつける
      blank
      小2年生の母B
      トピ主さんのお嬢さん優秀ですねー! 娘など、24項目中、「良くできる」が12、「できる」が12。 大・親バカですが、計算も漢字も3年先まで(公文ではありませんが)良く理解できていると思います。ピアノや新体操の教室へも幼稚園時から通っていて、コンクールや大会にも参加しています。けれど、国語、算数、音楽、体育・・・・オール「よくできる」ではありません。 
      どうしてうちの子が…!なんて言おうものなら、モンスター呼ばわりですかね(笑)。
      因みに、個人懇談では、「授業中は積極的に手を挙げて発言し、クラスの中でも計算が一番早いです。勉強に関しては、何も申し上げる事はありません」て言われていたんですよねー。
      ゆとり教育が見直されるようになった今、評価も相対評価に戻す議論があってしかり、かもしれません。

      トピ内ID:6881713467

      閉じる× 閉じる×

      学校によって違います。

      しおりをつける
      blank
      とおりすがり
      都内公立小の例です。
      「よくできる」「できる」「もう少し」の三段階での絶対評価です。

      この学校では入学以来一貫して、「『できる』が到達目標を達成している状態であり、基準である」という説明を受けてきました。

      実際、「よくできる」はテストが平均で満点に近かったり、音楽でピアノ伴奏をしたり、というような特筆すべき成果があったときについているようです。また、その基準は、学年担任の話し合いで毎期決めるそうなのです。だから、同じ評価項目であっても、学期が違えば評価の対象が違うので、「一概にあがった、下がったと考えないでください」とも言われています。

      トピ主さんは保護者会に出席していますか?保護者会で説明がないようでしたら、「家庭学習の取り組み方の参考にしたいので、通知表の見方を教えてください」と質問しましょう。

      ただ、所詮三段階の評価で、学習内容もさほど難しくないので、宿題をきちんとやり、授業態度の印象がよければいい評価がつくようです。学校の通知表は、学力評価よりも、生活面や所見欄中心に見たほうがいいと思います。

      トピ内ID:4499378096

      閉じる× 閉じる×

      お門違いの見本

      しおりをつける
      blank
      現代の無責任男
       私の小学校時代(1968~1974年)の通知表もそうでしたが,数字を用いないことで,所謂「脱偏差値(本来,偏差値という言葉のこんな使い方は間違っている筈ですが)」を実施しているつもりになってる,ということなのだと思っております。どんな表現方法を用いようと,相対評価だろうと絶対評価だろうと,児童・生徒に優劣を付けてることになんの変りもないのですが…。
       余談ですが,こういう履き違いというか浅はかさについては大学のAO入試も同様だと思っております。

       通知表については,単純に「◎→3,○→2,△→1」と置き換えて考えてもよいと思われます。要は5段階評価に代えて3段階なのだと。娘さんには,「◎」がほぼ全てであればよく頑張った証しなのだと言ってお聞かせになってはいかがでしょうか。

      トピ内ID:5383778276

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます

      しおりをつける
      💡
      ようよ
      絶対評価、相対評価…お恥かしながら初めて知りました。私は昭和50年代半ばの都内23区内公立学校出身。娘も私も母校に通っています。
      絶対評価だと大まかな事をこなせば◎になる可能性が高いんですね。分かってきました。うちは図工や音楽は1年生から専科の先生です。娘はピアノと水泳は習っていますが勉強は全く×。
      学校のテストは間違えた所をもう一度直して出せば100点になります。やり直し無しで100点は今までにあったかな…?少しはあったかな?と言う程しかありません。大抵ケアレスミスで95点や85点。毎日に宿題はきちんとやるけど、毎日「わからない!」と大暴れしながら私と格闘してこなしています。学校では友達と分け隔てなく元気に遊び、忘れ物をするのが恥かしいから念入りに確認したり、先生の話をよく覚えてきて教えてくれるし、期日1週間あっても翌日に出さなきゃ落ち着かない性格です。なので先生から見たら容量良くこなしていると思うのでしょう。
      積極的ではないけどコメントにも「正義感が強く」「整理整頓が上手」など書かれます。
      これも最初は驚いたけど、今は先生もパソコンで記入したコメントを貼っているんですね。

      トピ内ID:3088339648

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      つづき

      しおりをつける
      💡
      ようよ
      塾などに行かないとレベルが分からないというのは絶句でした。だから塾に行く子が多いんですね。クラスの半数が塾か公文に行っています。うちは授業を大事にしてほしいから勉強は考えていませんでした。受験を考える事も無いので良いけれど、子供を知るって大変なんですね。
      保護者会や個人面談は毎回行っています。面談は希望制ですが仕事を早退してでも行きます。ただ一人15分なのですぐ終わってしまって。
      保護者会は学年会なので先生が学期のポイントを説明するプリントを読んで終了です。ホールなどでマイク使ってやるような会なので中々質問出来ません。PTAやっていれば学校で立ち話なんかもするようですが、仕事してると行く機会も無いですし。
      入学したころに通知表について話あったかもしれないですね、覚えてないのかな。周りの人も皆理解に苦しんでいるので知られてないのかも。
      皆さんの話を読んで、娘が先生から良い評価を受けていることを喜んで良いんだと安心しました。
      娘にも友達との競争じゃなくて貴方をみて付けた評価だからこれは凄いんだよ!と褒めてあげたいです。

      トピ内ID:3088339648

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      私自身の通知表はABCでしたよ

      しおりをつける
      🐶
      与那
      もう20年もたちますが数字の評価ではなかったのでそれぞれ学校によって違うのでは?
      因みに横ですがS県W市で小学校教員している友人がなげいていましたが保護者たちとの衝突を避けるため?学校側から教員にどんなに悪くてもCはつけないよう指導が入るんだそうですよ、こればかりは時代でしょうかね。

      トピ内ID:4224824840

      閉じる× 閉じる×

      驚いています

      しおりをつける
      blank
      ありす
      成績の付け方が
      相対評価から絶対評価に変わったのは
      2000年頃からです
      当時かなり話題になったと思いますが・・・

      学校によって
      つけ方の差はあり、トピ主さんのお話を聞くと
      少し甘めかとは思いますが
      到達もしていないのに
      評価が本来は△(3またはC)なのに、保護者たちとの衝突を避けるために○(2またはB)になることはないですよ
      中学と違い、小学校は教科の総合の評価もないので、確かに判りにくいとは思いますが
      成績表の説明は、お便りもあったと思いますけど
      ちゃんと読んでいますか?

      トピ内ID:3979196954

      閉じる× 閉じる×

      絶対評価で良いのでは

      しおりをつける
      🙂
      おひょい
      その評定で、かつ試験でもほぼ必ず9割前後とれているなら、お子さんはバランスの良い優等生で、先生とも上手くいっていて、学校生活が楽しいでしょう。お母様は満足なさっていいのでは。上手にほめて伸ばしていけば、高校受験でも満足できる結果が出ると思います。

      絶対評価か相対評価かということについてですが、高校受験が主体の地方ならともかく、都心で中学受験をする子が多いなら…そして中学受験を考えていないご家庭なら、やや曖昧な絶対評価のほうがむしろ落ち着いてお子さんを評価できて良いと思います。

      高学年になると、受験を考えている子どもたちは、徹底的なペーパーテストのトレーニングを受けます。学校よりもはるかに進度が早いですし、内容も難しい。そうした子供たちと、順位を競うのは困難だし、無駄です。

      受験をしないのだったら、細かい点数に一喜一憂せず、余力で読書や自由研究に力を入れ、ラジオの英語講座を聞いて先取りするなど、将来の高校受験に向かって、力を蓄えたほうがずっといいと思いますよ。

      トピ内ID:5315325570

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます

      しおりをつける
      💡
      ようよ
      色々と聞けて助かります。
      通知表の見方について特に文書が配られた事はありません。毎日連絡帳にお便りが何枚と娘が書いてきて、一枚でももらい忘れがあったら必ず先生に問い合わせてもらいますので、見落としは無いです。多くの保護者が「よくわかんないよね」と言っているのでおそらく、そのための説明は無かったのでしょう。
      新学期からは担任も変わるので(1.2年は一緒でした)評価も変わると思うし、次の面談(7月頃ですが)でそこを重点に聞こうと思います。

      また娘の学校は公立ですが、中学受験が毎年多くいます。私立じゃなくても中高一貫校を選ぶ家庭も多く、6年生で塾に行っていない子は殆どいないようです。比較的上を目指す家庭が多いのか、幼稚園でも公文で勉強している子が多く、掛け算の時期には皆あっという間にクリア。2年生でも割り算をやってる子も多くいます。公文か、勉強塾か、そろばんか。2年生ではまだクラスの3分の1くらいしか通っていないけど3年生になると増えるかもしれませんね。
      私は自分の地元で子供を育てているので母校の公立に行ってくれる方が嬉しいのですが、子供の様子をみて判断ですね。

      トピ内ID:3088339648

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (3)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0