詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 【求む・ミステリー】通勤用の読書小説を探してます!
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【求む・ミステリー】通勤用の読書小説を探してます!

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    かえる
    話題
    通勤電車用の小説ネタがつきたので、みなさんの本棚をのぞかせてください~。

    通勤の苦しさが忘れられる、ドキドキハラハラのミステリー物で
    且つ、登場人物に愛着がもてるシリーズものが希望です!

    【希望】
    ・日本作家
    ・なるべく文庫本
    ・想像もつかなかった結末が用意されているミステリー
    ・愛着がもてる主人公

    【私の嗜好】
     ●小説/漫画
     ・東野圭吾全般(特に白夜行ははまった・・・)
     ・パトリシア・コーンウェル「検視官シリーズ」
     ・コナン
     ・ゴーストハント
     ・交渉人 勇午
     ●映画/ドラマ
     ・24
     ・羊達の沈黙
     ・トライアングル
     ・SAW (ただし、1のみ・・・)
     ・ケイゾク
     ・アンフェア
     ・沙粧妙子-最後の事件

    などなど。新旧問わずで教えてください~!!
    ぶしつけですが、宜しくお願いいたします!

    トピ内ID:3566887666

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    島田荘司 御手洗潔シリーズ

    しおりをつける
    🐱
    mai
    「想像もつかない結末」で、パッと思いついたのは島田荘司の比較的初期の小説です。とくに「御手洗潔」シリーズは、短編も長編も面白いと思いますよ。
    御手洗シリーズ以外では、『奇想、天を動かす』が、まさに想像もつかない結末。

    夢中で読んでいた頃が懐かしいです。

    トピ内ID:3230469638

    閉じる× 閉じる×

    ご希望の日本作家ではないですが

    しおりをつける
    🙂
    chiyo
    ご希望の日本作家ではないですがスティーブンキングの小説なんかどうでしょう。
    キングの小説に登場する少年少女には愛着わきますよ。
    彼は、私たち大人が忘れかけていた、子供のころの気持ち、考えを文字にするのが非常にうまい。
    日本人だから理解できないのか、そもそもキングの小説自体に理解に苦しむところがあるのか、納得いかない展開も多いですが、たとえば、「IT」などははなかなかの秀逸です。
    キングの小説にはまると、他の執筆本とのつながりをたどって、あれこれ小説に手を出してしまう。それで、「あ、あの小説の、あの人が、この小説に登場してる!」などの発見もあり、どきどきわくわく。なるほどと関心することもしばしば。
    そうなると、ずるずる数年は、キングの小説にどっぷりはまるのではないでしょうか。

    あと、「羊たちの沈黙」は文庫本がありますので、ぜひ。その前の「レッド・ドラゴン」(日本語訳は最悪ですが)、また続きもありますので、ぜひ。

    トピ内ID:4212413885

    閉じる× 閉じる×

    高橋克彦のドールズは?

    しおりをつける
    🎶
    通りすがり
    角川文庫:高橋克彦さんのドールズシリーズはおすすめです

    「ドールズ」(1997/8)
    「ドールズ 闇から覗く顔」(1998/2)
    「ドールズ 闇から招く声」(2004/2)

    残念ながら最新刊の「ドールズ 月下天使」(2008/9/26)はまだ文庫じゃないので通勤にはちと不向きかもですが…シリーズですが1冊ごとに話は完結していますのでどれも読みやすいと思いますよ

    トピ内ID:0343075237

    閉じる× 閉じる×

    「館シリーズ」

    しおりをつける
    blank
    バグズ
    想像もつかないオチ、と言われると私もmaiさん同様「御手洗潔シリーズ」がまず浮かびます。
    御手洗シリーズの第一弾で島田荘司氏のデビュー作でもある「占星術殺人事件」は、読みながらゾクゾクさせられました。その後貪るように御手洗シリーズは読みましたね。

    それ以外でしたら、綾辻行人氏の「館シリーズ」はいかがでしょう?
    「十角館の殺人」から始まり、現在で8作発表されています。
    こちらもオススメです。

    最近読んだシリーズ物で面白かったのは堂場駿一氏の「刑事・鳴沢了シリーズ」です。
    コチラは「想像もつかないオチ」という訳ではないのですが、鳴沢了という主人公キャラがとても魅力的で、読み進める内にどんどんハマって行った感じです。
    ただ、一作目・二作目辺りまではちょっと読みながらイライラする感じがしたのですが、それでも何だか気になって続きを読んで行くと・・・気がついたらどっぷり鳴沢了にハマっていた、という感じですね。

    トピ内ID:2100147379

    閉じる× 閉じる×

    マンガ家マリナシリーズ

    しおりをつける
    blank
    がまがえる
    すみません、古いのですが、
    「読みやすくて、主人公に愛着がもてるミステリー」で思い出したのが、
    昔コバルト文庫から出ていたマンガ家マリナシリーズです。

    今は廃盤になっているようですが、古本屋などにはあると思います。

    トピ内ID:7163860419

    閉じる× 閉じる×

    ベタですが

    しおりをつける
    🐱
    通りすがり
    松岡圭佑の『千里眼』シリーズなんていかがでしょう。
    元幹部自衛隊で、現在臨床心理士の岬美由紀のお話です。
    ミステリーとはちょっと違うかもしれませんが、
    電車で読むにはピッタリかと思います。

    トピ内ID:4119398504

    閉じる× 閉じる×

    森博嗣さんの

    しおりをつける
    blank
    なっつ
    森博嗣さんの「すべてがFになる」はどうでしょう?
    学生時代に友人に貸してもらって読みましたが、その後数ヶ月のうちにシリーズ読破してしまいました。
    S&Mシリーズ、百年シリーズ、Vシリーズ、Gシリーズと独立したシリーズ作品があるのですが、最後に四季シリーズを読むと全てが繋がってしまう壮大な舞台設定になっています。

    トピ内ID:4132261088

    閉じる× 閉じる×

    古いのですが

    しおりをつける
    🐤
    先田 高
    疲れないで、気軽に読める短編集として、阿刀田 高の「ナポレオン狂」をお薦めします。13篇が収められています。

    トピ内ID:3658662470

    閉じる× 閉じる×

    雫井脩介さんの小説で。

    しおりをつける
    🎶
    杉下
    「犯人に告ぐ」というのがあります。
    豊川エツジさん主演で映画化もされました。

    「クローズドノート」で有名な雫井氏ですが、
    推理小説もなかなか読ませてくれます。

    双葉文庫、上下巻です。

    トピ内ID:9904482586

    閉じる× 閉じる×

    なんとなく

    しおりをつける
    blank
    ゆき
    レスで好きな作家さん達があがっているので嬉しいです
    私のオススメは
    恩田陸さんの「ネクロポリス」
    文庫だと上下巻です。
    あとちょっと変わった感じだと
    久坂部羊さんの「廃用身」
    がオススメです。

    トピ内ID:0727409764

    閉じる× 閉じる×

    乃南アサ

    しおりをつける
    🐧
    luckylady
    東野圭吾さんがお好きなら、乃南アサさんがお勧めです。
    特に音道刑事シリーズは長編も短編集もあり、簡単に読めます。
    私は滝沢刑事とのコンビの「鎖」が好きです。

    それと横山秀夫さんも面白いです。「半落ち」が有名ですが、
    今TVでやっている「臨場」や「影踏み」や「第三の時効」がお勧め。

    雫井修介さんの「犯人に告ぐ」は映画で見るより、原作の方がずっと
    面白いです。伏線がいろいろあって・・・

    トピ内ID:5885514924

    閉じる× 閉じる×

    驚く結末

    しおりをつける
    🙂
    あや
    殊能将之さんの「ハサミ男」
    西澤 保彦さんの「七回死んだ男」
    宮部みゆきさんの「火車」

    結末にこだわって選んでみました。

    トピ内ID:8671367799

    閉じる× 閉じる×

    有栖川有栖 

    しおりをつける
    🎶
    たくみ
    臨床犯罪学者・火村助教授と、推理作家・有栖川有栖(作者同名・男)コンビのミステリーです。
    私的にニヒル(死語?)で男前な火村センセと天然有栖は何度読み返しても面白いと思います。
    火村センセのセリフが気障で好き(笑)
    殺人事件に巻き込まれた有栖が「来てくれたんやな(大阪弁)」と言うと、
    「そう、風のように」とか言っちゃうとか(笑)
    まずは『46番目の密室』からどうぞ。その後は『国名シリーズ』かな。
    読後済みならごめんなさい。

    トピ内ID:6900469984

    閉じる× 閉じる×

    私も阿刀田高さん

    しおりをつける
    🙂
    ガンバレチビ
    先田高さんがすでに挙げられてますが、私も阿刀田さんがお勧めかな。
    というのも、私の勝手な意見なのですが、通勤電車ってゆっくり読めないので続きが気になる長編物は家で読む用となってしまうんですよね。

    阿刀田さんは古くからの作家さんなので、もう読んでしまってるかもしれませんが、短編の名手です。
    「ナポレオン狂」ももちろんお勧めですが、ハズレがほとんどないと思います。
    想像もつかなかった結末、というのにも当てはまるかな。

    トピ内ID:8957887773

    閉じる× 閉じる×

    赤川次郎さん

    しおりをつける
    ako
    愛着のもてる主人公…が多いので個人的には大好きです。

    まぁ、本格ミステリーではありませんが、疲れた時にはおすすめです。

    トピ内ID:1273325848

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      漫画のコナンが好き ということで

      しおりをつける
      blank
      あさひ
      遠慮なくそれっぽいのを薦めてみます(ぁ

      松原秀行さんの「パスワード」シリーズ(青い鳥文庫)
      第一巻「パスワードはひ・み・つ」以下現在も続いてるタイトルですがミスリードやどんでん返しっぷりは「児童書レーベルだから」と馬鹿に出来ません
      いわゆる「少年探偵団」モノで、一つ変わってるのは"チャットで集まった小学生たち"が最終的に一致団結して現実の事件にむかうところですかね。(一巻発売が1995年というから驚きです)

      加藤元浩さんの「Q.E.D.-証明終了-」シリーズ(漫画)
      理路整然とした"真相"の突き詰め方はミステリーファンに定評がある漫画です。
      巻数でみますと序盤こそ一定ではありませんが、およそ半々の形で「日常の謎」を扱うなどチョット風変わりなところもありますがクオリティは高いです
      (掲載誌の関係で、「1巻2話構成」「基本一話完結」を貫いてる点も評価されてるようです)

      トピ内ID:2609541740

      閉じる× 閉じる×

      京極夏彦

      しおりをつける
      月見
      姑獲鳥の夏などはいかがかな?

      トピ内ID:1277288497

      閉じる× 閉じる×

      人質カノン

      しおりをつける
      blank
      さくら
      宮部みゆきさんの作品です。

      後は、筒井康隆さんが学生時代から、好きですね。

      最近見つけた本で、「七つの怖い扉」宮部みゆきさん、高橋克彦さん、乃南アサさん、夢枕獏なんかが書いた作品の短編集も、面白かったですよ。

      トピ内ID:5935803719

      閉じる× 閉じる×

      日本の作品ということで

      しおりをつける
      🐱
      ぽっちゃ
      島田荘司さんの「奇想、天を動かす」が大好きです。昔母が図書館で借りてきたのを乱読、その後どうしても読みたくなり、作者もタイトルも全く分からない状態で本屋でそれらしいタイトルのミステリを立ち読みしまくり探したという本です。想像もつかなかった結末、とはちょっと違いますが、日常を忘れハラハラドキドキ、は出来ますよ!おすすめ!

      あと、古いですが横溝正史さんの金田一シリーズ。レトロ感満載、ちょっと怪奇ミステリっぽい、でも実は哀しい人間の性がおりなすミステリー。おどろおどろしいストーリーではありますが、探偵の金田一さんやその他の登場人物は愛すべき人が多く、また短編も長編もありますから通勤にはもってこいかと。

      作家さんでくくるなら、宮部みゆきさんや内田康夫さんのミステリはとても感情移入しやすく、宮部さんなら「火車」「長い長い殺人」「霊験お初シリーズ」、内田さんなら浅見光彦シリーズは勿論、信濃のコロンボも侮れません。

      でもお時間があれば、大きな書店へ行ってご自分で色々探してみるといいと思います。先入観なしで選んだ本がとても面白かった時の達成感といったら・・・!!

      トピ内ID:0570074111

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0