詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 伝統芸能?出てくるのは襖(ふすま)だけ。現在は見れない。
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    伝統芸能?出てくるのは襖(ふすま)だけ。現在は見れない。

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    こんにゃく
    話題
    分かりにくいタイトルですみません。
    どうしても忘れられないので、どなたがご存知の方があれば
    教えて下さい。

    それは伝統芸能だと思うのですが
    襖(ふすま)が何枚か重なっており、それぞれに美しい絵が
    書かれています。
    襖をすばやく開け閉めしてどんどん絵が変わる・・といった
    感じで、出てくるのはこの襖のみでした。

    ずっと前にHNKか何かで見たのですが、
    この襖の芸?はどこか地方のもので、後継者はいなくて
    もう見られない・・といっていた記憶があります。

    襖が閉じるたび、次の絵がどんどん出てきて
    それは雪景色だったり、かなり美しく感動しました。
    出来れば(生では無理ですが)また見たいと思うのですが
    情報がこれだけでネットで検索しても全く分からず。
    ご存知の方がいたらどうぞよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:7119088687

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    たぶん、ですが、、、

    しおりをつける
    🐤
    そらあおき
    人形浄瑠璃の舞台で場面転換に用いられている「道具返し」という、襖を開いて背景画を変える仕掛けがありますが、たしか淡路島(もしくは阿波?)の人形浄瑠璃座では、人形芝居の上演後に「道具返し」のみを三味線の音色にのせて次々と20ほど披露し観客の目を楽しませる、ということをしています。

    おそらくこれではないかと思いますが、「道具返し」はあくまで人形浄瑠璃に付随するものであってそれ自体がメインの芸能ではないので違うかもしれません。

    後継者は減っていますが、淡路島の「淡路人形浄瑠璃館」に行けば観られると思います。

    トピ内ID:8029371042

    ...本文を表示

    これかしら

    しおりをつける
    🙂
    irasari
    襖絵からくり
    http://www.topics.or.jp/localNews/news/2008/10/news_122386115505.html

    トピ内ID:6564884478

    ...本文を表示

    違っているかな

    しおりをつける
    blank
    おひょい
    似たものを見たことがあります。でも違っているかな…と思うのは、現在でも見ることができるはず、なので。
    私が観たのは、「淡路人形浄瑠璃」(うずしお記念館だったかな、公共の建物の中で常設で行われる人形芝居)の、芝居と芝居の間で行われる出しものです。
    その間は人形は登場せず、背景の美しい絵が描かれた襖が、左右に開き、さらに開き、今度は上下に開き、また左右にと、どんどん変化していくのです。絵も奥行きを感じさせる独特の手法で、眼前に次々に風景が広がり、観客は不思議な世界に引き込まれる…という感じ。
    私は淡路人形浄瑠璃以外の人形浄瑠璃をまだ見たことがないのです。それで思ったのですが、昔はどの人形芝居でも、このような出しものがあったが、失われつつあるということでは?
    違っていたら、ごめんなさい。

    トピ内ID:0603039971

    ...本文を表示

    淡路人形浄瑠璃

    しおりをつける
    🙂
    おひょい
    気になったので、淡路人形浄瑠璃館に電話をかけてみました。
    (常設されている建物の正式名称は大鳴門橋記念館でした、すみません)
    ここでは現在は、お芝居上演のあとに、襖をどんどん変化させる出しものをやっているそうです。今でも見られます。
    その名前は「大道具返し」。
    昔の人形浄瑠璃では、お芝居の中で見せていたものだそうです。たとえば「忠臣蔵」だと、お城の中の光景がどんどん変化していく…という具合に。そして襖の数が多ければ多いほど、観客は喜んだものだそうです。
    場面転換に利用して、観客を沸かせたのかもしれませんね。

    トピ内ID:0603039971

    ...本文を表示

    とぴぬしです!ありがとうございます!!

    しおりをつける
    🙂
    こんにゃく
    皆様ありがとうございます。自分のトピが見つけられず、本日見ました!
    お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。

    そらあおき様
    人形浄瑠璃で使われているのですね。実は書き忘れてしまいましたが
    襖絵がメインだったのかは分からないのです。
    番組で襖絵を見たのは確かですが
    前後に何があったかはあまり覚えておりません。
    ただ教えていただいたものと非常に近いので
    同じものかもしれません。ありがとうございます!

    irasari様
    探している襖絵とは残念ながら違うようなのですが
    こちらの襖絵もとても興味が沸きました!
    ありがとうございました!

    おひょい様
    色々調べて下さって感激です。
    人形浄瑠璃の道具返しやはりその可能性が高いような気がしております。
    NHKの番組で見たものは、前後を覚えていないのですが
    襖絵に関しては説明いただいたものと同じでしたので・・。
    後継者がいないというのは、聞き違いなのかもしれません。
    3~4年ほど前のことなので記憶も曖昧になっております。
    夏休みになったら実際に見に行ってこようかと計画中です。

    トピ内ID:7119088687

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0