詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    負けなくないという気持ち

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    仕事
    小さい時から我が強く、負けず嫌いでした。
    その気持ちがモチベーションになったのか、勉強に励み医者になりました。

    今でも医者になった理由を聞かれるたびに言葉につまります。「お前に医学部は無理だ」と言った学校の先生や、「がり勉」とからかわれた級友を見返したくて…などとは口がさけても言えません。

    医師になり、様々な経験をした今は患者さんの助けになれるようにという事をモチベーションに勉強できるようになりました。
    でも時折苦しくなります。
    時々、押さえがたい「負けたくない」という気持ちに襲われます。治療方針が異なり他の医師とディベートになったときなど…。自分の勉強した事や経験に固執したり…我にかえっては自己嫌悪で落ち込みます。純粋に患者さんのためだけを思って励んでいらっしゃる方々は決してその大原則を忘れず、沈着冷静に判断を下していますよね。

    異常に競争心や我が強い方でそれをコントロールすることに成功している方、どんな風に折り合いをつけていらっしゃいますか。
    何か自戒していることなどありましたら、教えて下さい。

    トピ内ID:7407833520

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お疲れさまです。

    しおりをつける
    🐷
    kobu
    激務、毎日お疲れさまです。

    医師になった動機、良いじゃありませんか。医師になる人は皆「患者さんのために!」と清い志を持っていなければならないのでしょうか? 私の周囲にも医師は結構いますが、皆、その動機は様々ですよ。でも、彼らは、当たり前ですが、日々真剣に患者さんと向き合っている様です。

    さて、自分の負けず嫌いの気性を持て余していらっしゃるようですが、私も昔はその傾向がありまして、おまけに気も短く、サイアクな性格だったと思います。が、40歳を過ぎるまでになり、その過程で自分の「何ほどでもなさ」を幾度となく思い知らされ、負けず嫌いでいることに意味がなくなりました。赤塚不二夫さんじゃないけれど「自分が世の中で一番バカだと思えば良い」の心境に至りつつあります。

    ただ、人間としての「プライド」は大切にしたいな、と。

    あなたの負けず嫌いは長所でもあるはずですから、自分を卑下することなく、自分に恥じない言動を心掛けてはいかがでしょう。

    トピ内ID:9839238214

    ...本文を表示

    負けたくないからこそ

    しおりをつける
    blank
    shin
    私も負けず嫌いです。ただ自分にとっての勝ちは「最後まで生き残ったものが勝ち」というところにポイントを置いています。
    いくら優秀でも傲慢さや客、部下をかえりみない、自身の考えに固執する、というような事がある結果、身を滅ぼす人が多いです。
    自身にそういうところがないかは自戒し、他人のそういうところを見かければ、反面教師にしています。

    トピ内ID:6753251038

    ...本文を表示

    そういう性格の人って

    しおりをつける
    blank
    率直に言って、迷惑千万なだけです。常に人より優位に立ちたいというあなたの性格は、周囲の人間に見透かされています。「負けず嫌い」「異常に競争心が強い」「我が強い」という性格は、先ず大前提として、あなた自身の中に、人一倍人を見下す気持ちが強いことがあると思うのです。人間関係上、馬鹿にされたり、不愉快な思いをすることは誰にだってあることです。自分の存在を相対的に見る視点を持つことと、他人の存在とは別の、自分だけの存在意義の確立に努めたらどうですか?あなたはあなたとして存在していればいいのです。

    トピ内ID:7522259150

    ...本文を表示

    参考になるのかな?

    しおりをつける
    🎶
    サナ
    お医者さんに対し意見するのもおこがましいのですが、参考程度に聞いて下さい。
    高校時代、同級生の男の子が「オレって負けず嫌いなんだ」と私に話してくれました。
    その子は外見も良く勉強の出来る帰国子女でした。
    私からみたら、一体何に負けたくないのか理解出来なかったので「あなたは誰にも負けてないのに何に勝ちたいの?充分凄いのに。」と返事をしました。
    その子は私の発言にすごく驚いた顔をしました。
    約10年後に再会した時、彼は私に「誰にも負けてない」と言ってもらい自分を認めてもらえたような気がして嬉しかったそうで、この時から自分は自分、他人と争うのをやめたそうです。
    トピ主さんの心の底にも他人に認めてもらいたいという気持ちがあるのかな?と思ったのでレスしました。
    ちなみに同級生の彼もお医者さんになりました。

    トピ内ID:1186671836

    ...本文を表示

    へえ

    しおりをつける
    blank
    free
    面白いですね!いいじゃないですか、負けず嫌い。そんな理由でお医者さまになったなんて人間臭くて私は大好きです。
    私は人からみたらやはり羨ましがられるような環境や状況に多少いますが、常に「好奇心」によって自分が動いてきました。勝ち負けはいつもどうでもよかったです。いつも○○になったらどうなるんだろう?という好奇心で実際にそれらになってきました。
    フランス語で企業の中心部署や物事はMoyenMoteurと呼ばれます。”原動力”になるのでしょうか。会社を動かす力。トピ主さんにとってそれが負けず嫌いならそれが有効なんだと思います。同僚に対してその気持ちになって折り合いがつかないのが悩むのであれば、対象を一回り常に大きくすればいいんです。向かう相手は同僚ではなく、同じようなレベルの他の病院。そこよりもより良い評価を得るためには、などなど。そうすれば同僚も自分側に巻き込んで考えざるを得なくなります。
    この淡白、横並びが多い日本で(私は日本在住ではありませんが)これくらいプラスの意味でアグレッシブになれる人がいる方が周りにもいい刺激になると思います。私はそんな刺激が欲しいです。

    トピ内ID:1919435150

    ...本文を表示

    負けるが勝ち。

    しおりをつける
    😉
    みか
    ドクターのお仕事は大変だということ、お察し致します。
    私の職場は医局でドクターをサポートする立場なので、先生方を見ていてよくわかります。

    「負けたくない」この気持ちがあったからこそ、そんなに簡単に慣れないご職業に就かれ、今に至っておられることと思います。「あの時、「お前に医学部は無理だ」と言った学校の先生や、「がり勉」とからかわれた級友がいたからこそ、今の自分がある」と考えをすこし別の角度からみてみると楽になると思います。

    私の職場の先生で、「俺はひとり親家庭だったからこそ、おかげで頑張れたよ。母に感謝してる」と言っておられたので、どんな状況であれ、困難な状況であればあるこそ、壁を乗り越えた時は人一倍成長できるものだと思います。

    ちなみに、私の母は「人生負けるが勝ち。相手に勝ちの喜びを与えなさい。あなたの人生、あなたが主役なのだから、そいういう役割の時もあると知るのも人生必要よ」と教わって育ってきました。
    辛い時はこの言葉を思い出すようにしてます。

    トピ内ID:2820760503

    ...本文を表示

    ナースな分際ですが…

    しおりをつける
    blank
    ナース
    私の勤めていた大学病院にもそのようなドクターがいました。
    東大から来ていた若い方なのですが、カンファレンスでは「俺が一番正しい」オーラ全開。
    決して間違っているわけではないので、他のベテランドクター方は「まぁやらしておけ」みたいな感じでしたね。

    「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉をご存知でしょうか。

    これの細かい解釈の仕方は人それぞれかと思います。

    ご自分の経験・知識は、期間にしてたかだか数十年でできたものですよね。
    また、専攻されている専門分野でさえ、世の中全ての物事からしたら小さな範囲です。
    その中に固執してしまうのは、なんだかもったいなくないですか?

    私はこの言葉を知ってからは、例え「経験命!エビデンスって何?」な感じの准看・高齢ナースの意見でさえもしっかり聴くようになりました。

    人の話って、必ず自分の糧になりますから。

    トピ内ID:5506506092

    ...本文を表示

    だいじょうぶですよ!

    しおりをつける
    😑
    orange
    「負けたなくない!」という気持ちだけでお医者さまになられたことに対して尊敬します。
    私も負けず嫌いなのですが、根性なしなのでくやしいという気持ちが長続きせず、たいていは負けっぱなしです。
    年をとったせいか、負けっぱなしでも「別にいいや」と思えるようになりました。

    動機はどうであれ、「負けたくない」という気持ちを持ち続けて勉強を続けられることはいいことだと思います。結局は自分のためになりますしね。

    私の場合は、世の中には自分よりデキる人っていっぱいいるんだーと思ったら無意味な競争はしなくなりましたが・・・
    どうでしょうか?

    横ですが、人のために何かができ、人に感謝される職業に就けるなんてうらやましいです。

    トピ内ID:0061570414

    ...本文を表示

    プライドとの戦い

    しおりをつける
    😨
    あう
    トピ主様の「治療方針が異なり他の医師とディベートになったときなど…。自分の勉強した事や経験に固執したり…」ですが、その本音が他の医師に負けたくない、誰かを見返してやりたい、etcであったとしても、建前である患者の病に負けたくないを本音に変えていく努力をつづければ宜しいかと思います。自らのプライドとの戦いは長く苦しいものでしょうが、傲慢に勝利したとき、真に人様に役立つ人間になれるかもしれませんね。一生の戦いになりそうです。

    公共の為社会の為の専門職に付きながら(そもそも望んで着いた訳ではないし、職を獲たときには疲れ果ててたけど)、疲れ果てて、損得勘定で動いている私が言うのも何なのですが、「若い頃は全力で相手に人生を諦めさせる」とか、「負ければ人生が狂う」とか真剣に思っていた若い頃の自分を振り返り、当時、もっと人の為になることや人間の生涯を考えるやら、神曲を詠むやら、しておけば人生が変わっていたかもしれないと思えるので。

    仮想世界、お金や資産のほうでは、絶対損しない!!!に固執しますが、生身の人間に向かったときは自分自身に嘘をつかない人間になりたいと思っています。

    トピ内ID:6611956980

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0