詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 辞めるべき?仕事量を減らしてもらう交渉をすべき?
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    辞めるべき?仕事量を減らしてもらう交渉をすべき?

    お気に入り追加
    レス1
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    MONIKA
    仕事
    30代既婚。子供なし。
    昨年8月に8年勤めた会社から新しい会社に転職しました。

    転職後に分かったこと。
    ・出張が多い
    ・仕事量がとんでもなく多い
     (転職活動中に言われた残業時間は忘れて、と言われました)
    ・体育会系な上司が多い

    3月から4月がピークで、現在、毎月70時間くらい残業をしています。
    職場が遠く、一日往復3時間くらい掛けて通っています。

    そのため、仕事だけで精一杯で平日は帰って寝るだけ、週末もどちらかは働いていて、どちらかは寝込んでいます。

    主人がほぼ家事全般を担い、週末掃除・洗濯をしてくれます。
    結婚当初は家事が大嫌いな主人だったのに。
    文句も言わず、私が働くための環境を整えてくれています。
    おかげで何とか仕事をやってこれています。
    しかし、もともと主人のほうが忙しい毎日で、毎日平均14時間労働なんです。
    そのため、最近は主人まで疲れてきてしまっているようです。
    このままでは夫婦共倒れになってしまいます。

    夫婦の健康あっての仕事です。なので、退職をするか、業務量を減らす交渉をするかで悩んでいます。
    業務量を減らす交渉をしたところでかなう可能性は低い。(前例なし)
    であれば、最初から退職願いを出したほうがよいでしょうか?

    そろそろ子供もほしいので退職したらしばらく正社員になることは出来ません。
    かといって専業主婦の自分を想像することはあまり出来ません。
    不景気のため主人の年収が下がることが分かっているのに自分の給料がなくなることが怖くてたまりません。
    でも、この生活はきつく、このままでは子供はできないだろうなと感じています。

    どちらの選択肢が後悔しない選択肢か、アドバイスお願いいたします。

    トピ内ID:2496581766

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数1

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私なら

    しおりをつける
    🐷
    ナツキ
    体あっての仕事と思うので今の状況では本当に共倒れですよね…
    ちなみに、交渉が上層部に受け入れられたとして、職場では受け入れられそうですか?仕事量を調節させてもらったところで、周りからやっかみを買い人間関係が悪くなる方がストレスになりそうなので、そういう職場だったら私なら辞めます…。もし周りも理解してくれそうなら交渉します。但しこの場合は受け入れられたらなかなか辞めることができないので、子供が出来た後など長期的に考えた上で続けられそうだったら、ですが。あとは通勤も大変なので、続けるなら私は引っ越しも考えますが…。

    どちらにせよ、仕事の代わりはあっても自分の代わりはいません。どうかお身体を大切に、ご自愛ください。

    トピ内ID:3211934851

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0