詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    故人の日記は読んでもいい?

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    のんの
    ひと
    一人暮らしだった母が病気で急死しました。亡くなる直前の通院や投薬の記録を探す中、母が色々なノートに日々の思いをつづっているのを発見。日記のようなノートもあれば、闘病記録のメモ書きだったり、ちらしの裏紙など、たくさん見つかっています。

    その中に孫との楽しい思い出を記したものもありますが、私の夫の悪口や愚痴のようなものまで見つかり、心が痛みます。(私にとって夫は最高の人です。)

    母の一人暮らしを思い、闘病の苦しみをたどっていきたいと思う一方で、これ以上私の夫への悪言はみたくない、いっそのことこのまま処分してしまおうか、と悩んでいます。遺品の中には後々まで残しておきたいものも出てくるかもしれないという思いもあります。

    果たして、故人の記したものを読むこと自体、ルール違反なのでしょうか。(検死のため警察の調査が入った時に、直前の通院メモなどは「貴重な資料」とされていました。)

    トピ内ID:2267478215

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分に置き換えてみたら

    しおりをつける
    blank
    豹子頭
    やっぱり読まれるのは嫌だと思いますね。
    自分が死ぬ時はそういうもの全てを処分しておきたい。
    だが、お母様はそれが叶わなかったのだと思います。
    私ならそれを斟酌して、読まずに処分します。

    トピ内ID:2818335128

    閉じる× 閉じる×

    今はまだ

    しおりをつける
    blank
    もも
    読むのは早いと思う。何が書いてあってもあなたにとって遠い過去の事とおもえるくらい何年もたってからがいいと思う。母をいいところも間違ったところもある一人の人間として客観的に捕らえられるようになってから。それまで封印しておいたら?あなたがお母さんの年齢を超す頃ってどうですか?

    トピ内ID:0768086152

    閉じる× 閉じる×

    知らない方が幸せかもしれません

    しおりをつける
    🙂
    みさ
    偶然ですが最近家族で「死んだら日記とかどうする?」という話題が出ました。
    その結果、日記・手帳・PC・携帯はプライバシーがあるので見ないで処分するという事になりました。

    トピ主さんの母さんの場合、<日記>がノートやチラシの裏などに散らばっている状態なのですね。
    困りましたね。
    3年位したら記録としての役目もなくなると思うので、その時全て処分(焼却)したらどうでしょうか。
    闘病記録を読みたい気持ちもわかりますが、私は愚痴や悪口を読みたくありません。
    また今更苦しかった闘病記録を読んだところで何も変わりません。
    トピ主さんの心の中に、お母さんの良い思い出だけを残した方が、お母さんも喜ばれるのではないでしょうか。

    トピ内ID:4874492654

    閉じる× 閉じる×

    私の祖母の例ですが

    しおりをつける
    🙂
    たんたん
    トピ主さんこんにちは。私の実の祖母の事で似たような事がありました。
    祖母は病気で長い間患い亡くなりました。
    ある日私に「私が死んだら日記などのノートや夫(私の祖父)とやり取りした手紙などすべてを焼いてほしい」
    とお願いされました。実の娘が3人いるのですが見られたくないとのことでした。
    日記は人に見せるために書いているのではありません。
    私も自分の日記を夫や子供に読まれたくありません。
    はじめから無かったものとして処分してはどうでしょう?

    トピ内ID:1093958994

    閉じる× 閉じる×

    基本的には読まない

    しおりをつける
    blank
    あやこ
    ルール違反とは思いませんがー

    私の姉が亡くなった時、離婚する直前だったせいもあり状況が複雑で、日記を見つけた時は「読んで悲しくなったり悔しくなったりしても、誰も反論出来ないし、嫌な事を思い出すのは辛いからー」と考えて何も読まずに処分しました。

    姑が亡くなった時も、日記が出てきて、(色々問題のあった姑なのでー)私は姉の日記を例にあげ「読まないほうがいいんじゃない~」さりげなく夫に言いましたが、舅や夫は読んだようです。そして色々な人の愚痴や悪口、自分への愚痴まで書かれてあって、「読まなきゃ良かった~」と言ってました。

    日記は自分の為に書く人もいますけれど、残された人達に本音を伝えたいと思って書く人もいるんじゃないかと思います。良い事だけなら問題ないのですが、ネガティブな事が書き連ねてあると、今更反論も弁解も出来ないし、残された方に嫌な思いが残ってしまう事もありますよね。

    その後、父が亡くなった時も、日記が出てきました。残された母に辛い出来事でも記されていたらと心配で、母には内緒で私が先に読ませてもらいましたが、それは母への愛に溢れた記録で、心温まる日記でした。

    トピ内ID:2850118370

    閉じる× 閉じる×

    遺族次第

    しおりをつける
    blank
    レジャー
    有名なところで「アンネの日記」「一リットルの涙」なんかは本になってますね。正岡子規の闘病日記は授業で習ったくらいだしルール違反にはならないと思います。
    今は無理に読まずに保存しておいてもいいのでは?読みたくなる日が来るかもしれないし、捨てたくなる日がくるかもしれない。決断のその時まで待ってもバチは当たらないと思います。

    トピ内ID:6206954725

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0