詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    変ってしまった伯父

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    KL
    ひと
    一人暮らしをしてる伯父に対する対応に、皆様の御意見をお伺いしたいのです。3年前に長年入院していた伯母をなくして以来、伯父が何処にも出かけず、誰とも会わず、毎日テレビ付けの日々を送っておりまして、電話で話しましても、世の中の全てがどうも気に入らないようで、皮肉や愚痴ばかりです。

    とても仲の良い夫婦でしたが子供がいないので、私に小さい時からとても良くしてくれました。以前は明るい楽しい伯父だったのに、もう何も楽しみもなくこのまま人生を終えるのかと思いますと、とてもいたたまれません。私は海外在住で、そうそう会う事もできません。電話は出来るかぎりしていますが…。

    このような高齢の一人暮らしの身内がいらっしゃる方や、伴侶をなくして性格が変ってしまった身内がいらっしゃる方、反面、一人でもそれなりに毎日楽しく過ごしていらっしゃる方、秘訣や助言を頂けましたら幸いです。

    トピ内ID:5874518150

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    秘訣といえるかどうか

    しおりをつける
    blank
    ren
    関白亭主とか、そこまでいかなくても妻に立ててもらっていた男性は妻に先立たれると意気消沈するようですね。
    私の祖父は尻に敷かれていたタイプですので、妻(私の祖母)に先立たれてから元気になってしまい、まわりをびっくりさせました。

    男性は女性と違って、コミュニケーションを求めて家から出るのが苦手な人が多いと思います。
    もちろん嫌がらないなら習い事やボランティアを薦めるのもいいと思います。
    年齢次第ですが。

    でも最大の心の支えはやっぱり身内との交流じゃないでしょうか。
    トピ主さんがなるべく話を聞いてあげればいいと思います。
    気が重いかもしれませんが。

    トピ内ID:2625397441

    閉じる× 閉じる×

    「一人ではない」と感じることが大切/1

    しおりをつける
    🐴
    ちいすけ
    KLさんのお優しい気持ちが伝わって来るトピですね。
    伯父様のお年と健康状態にもよりますが、わたしも高齢の両親と同居し、高齢の知人もいますので、お気持ちがとてもよくわかり、わたしなりにあれこれ考えてみました。
    ひとつは、KLさんがどちらの国にお住いかわかりませんが、1ヶ月くらいそのお国にご招待してみる事。海外旅行の楽しさに目覚めて下されば、ラッキー。確か、最近は高齢者の一人旅のツアーもあるはずです。
    もうひとつは、犬や猫などのペットを飼うこと。犬なら小型犬を選ぶなどし、従順で扱いやすい性質の種類を選びます。例えば、KLさんの日本のお友達の家に仔犬が生まれて、引き取り手を探している。「伯父さん、お願いだから、わたしの友達を助けると思って引き受けて!」などと話を作って可愛い姪のKLさんが頼み込む形にして、飼ってもらいます。でも、実は、そのお友達に頼んで、ペットショップへ行って実費でのプレゼントと言う訳です(猫でしたら、無料でくださる人も結構いるようです)。
    要は、何か新しい楽しみ、生き甲斐が必要なんですよね?

    トピ内ID:4342120615

    閉じる× 閉じる×

    「一人ではない」と感じることが大切/2

    しおりをつける
    🐴
    ちいすけ
    犬や猫は老人ホームなどでのセラピーにも使われています。
    愛くるしい生き物に、頼りにされる(面倒をみなければ死んでしまう)訳で、必然的にこもってばかりもいられなくなります。
    だって、伯父様が変わられたのは、お淋しいからです。
    「一人ではない生活」が大切なのかもしれません。
    それに、今の日本は、不満ばかりが溜まる矛盾した事ばかりで、愚痴が皮肉が増えるのも無理はないです。

    伯母様が、応援して下さっていると思います。
    あきらめずに、頑張って下さいね。

    トピ内ID:4342120615

    閉じる× 閉じる×

    優しい方ですね。

    しおりをつける
    🐧
    天の川
    トピ主様が無理なく長期に継続できる事を前提として、日記の様な感じで日常生活での些細な出来事などを手紙に綴り、時々写真等もいれる等、元気にがんばってるので今度帰国したら食事しましょうと締めくくり、月に一回程度の頻度でも連絡をされては如何でしょうか。もちろん返信がなくても、手紙を出し続ければ、明るい話題や、表現は悪いのですが(意図的に)拙い悩み事を相談したり。負担にならぬレベルの相談事ならば、頼りにされる、相談されるというのは人により嬉しい場合もありますが、その伯父さんの性格を読めない為、相談の有無についてはトピ主様のご判断にお任せします。電話より手紙という手段の方が、温もりがより伝わる場合があるものと私は思います。直接的な妙案が思い浮かばず、すみません。

    トピ内ID:7865954811

    閉じる× 閉じる×

    おっしゃっていることはわかるんですが

    しおりをつける
    blank
    >、もう何も楽しみもなくこのまま人生を終えるのかと思いますと、とてもいたたまれません。
    というのは,なんか見下している感じをうけてしまいます.失礼かもしれませんが,伯父さんは老いてきているのです.「以前のように」と求めるのは,ちょっと酷ではないでしょうか.

    私の知っている限りでは,ある程度の年齢を重ねた人は愚痴っぽいです.人によっては外面だけいい人もいるかもしれませんが,身内に対してはそんなもんでしょう.でも,本当に悲観しているかどうかは別だったりします.要は話がしたいんだけど,その内容が思いつかない(少なくとも相手が喜ぶような話が)ので,結局延々愚痴を言っているような感じになってしまいます.でも,この場合私は話を聞くことに意義があると思って,そのまま聞いてます.正直こちらは面白くないですが.

    トピ内ID:3510575542

    閉じる× 閉じる×

    続き

    しおりをつける
    blank
    私は年に何回か祖母にお菓子を送ります.いつも違うものを選ぶようにして,箱の中にもいろんな種類が入るようにしています(どうせ一回に多くは食べることが出来ないので).直接の会話では,ありきたりのお礼ですが,祖母は日記をつけているのでそこに今日の出来事の一環として「**からお菓子が届いた」と書くらしいですし,誰かが訪問したときに「**のお菓子だ,いいだろう」という話になるそうです.そんな話は1-2日程度のことでしょうけど,それでも前日とは違ったちょっとした話のネタになれば,といった感じです.
    これは私個人の勝手な思い込みかもしれませんが,毎日同じことの繰り返しにちょっとしたプラスがあるのであれば,それで十分なのではないかと思います.時折電話をしているとのこと,結局その中で出来ることしかありませんよね.愚痴の中のテレビの話でも,ちょっとしたきっかけで,伯父さんが面白いと感じた部分を聞き出したらいいんじゃないでしょうか.

    トピ内ID:3510575542

    閉じる× 閉じる×

    優しい姪御さんが粘り強く見守って下さいね

    しおりをつける
    🐶
    イルカ
    伯父様は寂しさのあまり人が変わったように思えるのですね。

    愚痴などもじっくり聞いて上げて下さいね。遮られるとプライドが傷つかれれと思います。手紙や伯父様の好きな品物をプレゼントしたりして、思いやりの気持ちで接して上げて欲しいです。
    伯父様は何のやる気が起こらないかもしれませんが、公民館で出来る範囲の書道、ペン字、男の料理教室、パソコン教室など探してみては如何でしょうか?
    町内にも民生委員、老人会にも相談されて気の紛れる趣味を持たれると、会話も出来て、心に張りも出来られるのではないでしょうか。
    おかずなども、宅配で簡単に手作りできるのも、あるそうですから、少し手抜きをしながら、栄養のバランスを考えた食べ物で、少しずつでも元の伯父様に戻っていらっしゃるように願っています。

    トピ内ID:3865775925

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です、有難う御座います。

    しおりをつける
    blank
    KL
    皆様、提案や助言、有難う御座います。ペットは伯母が患っている頃から薦めていますが、伯父は動物と暮らした経験がなく、70歳後半になってから今更…、というような次第です。
    私が暮らす国への訪問は、伯母が患っている時には口にして(伯母は半植物状態で、快復の見込みは全くなかったので)、伯母の一周忌を過ぎた時に、打診したところ、もうこの年で飛行機の長旅はつらい、という事でした。伯父は健康状態はとても良いです。

    兎に角何を薦めても、あれやこれやの言い訳で家から、テレビの前から離れようとしません。私が帰国した時には、一緒に出かけますが、どうも軽い広場恐怖症のような症状を見せた事がありました。本人がそのことに一番驚いて、とてもショックだったようです。

    こちらは遠く離れて住んでおりますので、本人が嫌がるものを強く勧める訳にもいかず…。パソコン等も勿論全く関心ありません。手紙ならできますし、私も好きですし、季節ごとの写真を添えて送ってみます。有難う御座いました。

    トピ内ID:5874518150

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0