詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「しょうがない」と逃げる人々

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    はんかち
    話題
    役人気質とも言うべきなのか、目の前の事実には目を向けずに「そういうことは一般的に考えられない」「その可能性はとても低いから」と向こうにとっての正論で立て板に水状態の応答をしてくる人がいます。
    「でも実際にこうなんだ」と引かずに頑張ると、「その場合はもうしかたがない」「アンラッキーなケースとしか言えない」などと返してきます。
    挙句、「では逆に、一体どうすることができるんですか?」と聞き返す人も。

    機関や組織の問題について追求され返答している役人、医療事故の疑いのある手術について答える医師、商品やシステムの不具合に可能性を指摘されて答える企業担当者。

    みんなこのような論述で、目の前に発生している事実に正面から向き合うことなく自分の主張・立場を守るために堂々めぐりさせるだけ。
    決して問題の本質を直視せず、やりとりを成立させない。

    こういう人々への皆様の思い、対処法など聞かせて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    諦めず粘る

    しおりをつける
    blank
    オチリュウ
    トピ主さんがおっしゃるような人には確かに腹は立ちますよ。ただあまりに抽象的過ぎて対処法と言われても「なんだかなあ・・・」って感じます。ケースとして医療ミスと電話応対の雑さでは深刻さや対処の仕方も違うように実際トピ主さんが現在抱えている問題など限定して欲しい感じですが。別にトピ主さんを悪く言うつもりは無いですが腹立って当たり前の状況に対してわざわざ同意を多数に求めてるだけの煽りのような青臭さを感じます。

    とりあえず一般人からの追求をかわすマニュアルがあるとするなら相手に『これ以上追求することは割に合わない』と思わせることに重点が置かれています。例えば裁判を起こしても採算に合わない状況を作るなど。ようするにこういうケースに対処するには諦めないことですね。

    もうこういう問題に対処するには究極的にマスコミにタレこみするなり告訴するぐらいの覚悟をして気持ちで戦えというぐらいしかアドバイスしようがありませんね。話術などテクは当然ありますが結局結果として気が済むなり気持ちが満足するかなんで。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    立場がモノを言わせるのでは

    しおりをつける
    blank
    しろねこ
    組織に属さない個人であれば
    お詫びの言葉でも、同情の言葉でも
    本心でも出てくるでしょうが・・・

    へたをすると損害賠償が発生するとか
    不利益が生じる、会社のイメージダウンになる
    とか、保身があると本心ではない言葉が
    出るのではないでしょうか。

    いいかどうかは別として。

    社内では、ホントはこう思う!と
    組織と闘っていることを
    願います。

    私は正義感だけは強いほうなんですが、それでも
    例えば、100万の賠償金を自分の一言で
    1000人に払うことになるケースでは、
    やはり悩むと思います。
    ことの重大さにもよりますけれどね。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ケースバイケースなのでは?

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    具体的な事例が書いていないので的はずれなのかも知れませんが、「仕方ない」「アンラッキー」としか言えない事は有ると思います。

    例)
    ・300mmまでの降雨量を想定した堤防が400mmの雨で決壊
    ・直下型地震には対応できずに脱線した新幹線

    トピ主さんが納得行かなければ裁判でもするしかないでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    責任問題

    しおりをつける
    blank
    Padre
    公的あるいは私的諸機関で、顧客などからのクレーム、問題事項に対して適正な処理が行われていないときに如何に行動すべきか、ということですね。ちょっと話が漠としていますが。
    まず確認すべきは
    1.もともとその種の問題がサービスとして責任範囲にしているか
    2.そうでない場合はその担当部署の上層機関、あるいは第3者に訴えるべき問題かどうか
    3.法律に抵触していた場合は法的問題として処理されるべきか
    でしょう。1-3に該当しなければ、諦めるしかないのでは。今私はアメリカ在住ですが、いくつかの公的機関では、1に該当すべき問題さえ速やかに処理をしない傾向があり、度々閉口しております。
    日本でも当然そうでしょうが、注意すべきは相手がこちらの足元を見ていることもある、ということでしょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0