詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • ドラマ「コンカツ・リカツ!」、観ました?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ドラマ「コンカツ・リカツ!」、観ました?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    バブルの余韻
    話題
    話題の40歳前後世代のバブルの余韻と申します。

    NHKドラマ、コンカツ・リカツ、とても興味深く観ました。
    大学時代・院時代の同級生の3人に1人強は結婚しておらず、年収1本前後の男女未婚者の山です。
    40歳を前にして独身主義が揺らぐ者多数・・・というのも、ドラマの設定通り。
    親の介護・自分の老後の生活を考えると、競争の中で守り抜いた職業を捨てられないのも、設定通りです。

    そろそろ結婚を・・・・と、婚活市場に出れば、同級生(男)は60人もの女性から申し込まれるほどの
    商品価値(旧知の友人から見れば騒ぐほどの価値ある商品とは思えないのに?)なのに、
    「家事は自分でできるから、経済的に依存しない同レベルの女性と結婚したい」から、婚活は難航中。
    同級生(女)は、大病院の息子(医者)と結婚しながら、苛烈なリカツに追い込まれた梨香子もどきあり、
    部下を100人を抱える梨香子もどきも、大手商社の事務職七海もどきも、身近に何人もいます。

    最終回、七海さんは「介護と事業継承問題で離婚を経験した」けっこう賢い(甘そうに見えて甘くない)
    男性にあっさりふられてしまうのですが、このラストは現実的でとてもよかった。
    男性も40歳にもなると、「好き」といった感情だけでなく、「経済力が少しあって」
    「若くて」「老いた父を大切にしてくれそうな」女性を、シビアに選んでいましたねぇ。

    「30歳前後の女性たちは、確かに我々世代よりもオトシドコロを知っている分だけ、現実的だなあ。」
    とか、「離婚活動のアドバイザーは、アドバイスが具体的で活用すべき存在なんだなあ」とか、
    いろいろ考えながら楽しく観ました。

    それにしても、社会の厳しさを知り、様々なことを考えるようになればなるほど、
    結婚って大変ですねぇ。ドラマ「コンカツ・リカツ!」について、おしゃべりしませんか?

    トピ内ID:4315398472

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    最初はみてましたが

    しおりをつける
    🐶
    ゆっぴい
    3話目くらいでやめてしまいました・・・

    トピ主さんが気分を悪くしたら申し訳ないと思いますが
    ぶっちゃけなんかコメディタッチすぎて、「ええ??」って思う部分が多すぎたんですが、わたしだけでしょうか??
    もっと、ドキュメンタリータッチな感じかなと思ってたので・・・
    期待はずれというか。

    トピ主さんの身近には同じような人がいて、ドラマもすごく共感できるものに映ったんですね

    私はまだ30歳ですが、前の職場の人とかアラフォーの人とかみてきましたけど、梨香子みたいな人いないです・・・これから出てくるのかなあ

    トピ内ID:5506264614

    ...本文を表示

    はまりましたよ!

    しおりをつける
    blank
    既婚でもいいですか?
    私はコメディタッチだったからこそ、飽きずに楽しんで見られましたよ。
    離婚って暗いドラマになりがちだけど、このドラマはちょうどよくシリアスとコミカルな場面を織り交ぜてて良かったです。
    ほんと離婚活動のアドバイザーの話はとってもためになりました!(笑)
    私の周りには梨香子も七海もいませんが、いつ自分がその立場になるかもわかりませんし…。

    七海には幸せな結婚をしてほしかったけど、同級生とは結ばれず…。現実的と言われれば現実的ですがちょっと残念。
    梨香子の旦那さんにはガッカリというか、浮気して子供まで作る??と怒り心頭。
    最終的には、慰謝料もかなり貰って円満?離婚になったけど、現実だったらこうはいかないでしょうね。
    リカツの部分の展開はあんまり現実的でなかったかもしれませんね。

    トピ内ID:5910366409

    ...本文を表示

    おもしろかったけど考えさせられます

    しおりをつける
    blank
    マイヤヒ
    最近の松坂慶子さんが好きなので最終回まで観ました。
    このドラマ、一番の婚活成功者はこのお母さんだと思います。
    ふくよかでも美しく、単身赴任の夫が浮気しない。
    現実にこんな夫婦いるのかな~?

    役名は覚えてないので女優さんの名前で書きます。

    他の役の設定はかなり納得。
    私の周りの女性でも似てるアラフォー世代がいます。
    でもあんなふうに女友達と本音で弱音を吐けるっていいですね。

    かくいう私は清水美佐さん。
    夫婦仲は普通。夫に離婚宣言こそされていませんが、
    早くに結婚して専業主婦なのでいつ浮気されて離婚言い渡されるのか、、、
    自分も何か準備して置かないと、、と考えさせられました。

    桜井さん、まだ20代でも通りそうな恥じらい部分が余計にアラフォーを
    感じてしまい興味深かったです。
    国生さんのキャラが一番好きでした。スッピンでもかなりきれいでしたね。

    トピ内ID:2598097554

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    バブルの余韻
    「部下を100人を抱える梨香子もどきも」ではなく「部下を100人を抱えるルリ子もどきも」でした。

    私は40歳前後の世代なので、就職活動が楽で、収入も男性と同等に確保できた世代です。
    高校時代のクラスの大半が4年生大学に進学を始めた時代ですし、
    医学部や大学院へ行く女性が増えてきた時代でもありました。
    一流大学卒の肩書きが、水戸黄門の印籠のように効く時代でしたから、勉強しがいがありました。

    大学卒業時は、雇用均等法が実質的に機能してきた時期だったので、
    いろいろな仕事を任されて実績を積みやすい、昇進や有利な転職も可能な世代だったと思います。
    事務職のOLであっても、大企業であれば、七海のように安定した収入と終身雇用が得られました。

    その後は就職氷河期とか、良い大学を出ても恵まれた職がない時期が続き、
    ゆっぴいさんの世代と、40歳前後の世代は、いろんな面で状況が違うように思います。
    時代のうねりの中で、30前後と40前後の女性では自然に価値観や生き方が違っているように思います。
    結婚に関しては、自活にできるから「すっかり忘れていた」世代なのかも。

    トピ内ID:4512522424

    ...本文を表示

    最後二回、見れませんでした!

    しおりをつける
    blank
    ガブガブ
    七海さんは、幼稚園の先生とは上手く行かなかったんですか?

    ショック!
    で、あの商社マンと?

    どなたかネタばらしてくださいませ~。

    トピ内ID:8538153300

    ...本文を表示

    夫の立場で、あんな専業主婦はイヤだなぁ

    しおりをつける
    blank
    バブルの余韻
    既婚でもいいですかさんは、梨香子の夫に腹が立ったのですね。

    私の周りの梨香子さんは、
    「夫が私たちのために3億円で自宅を建ててくれたのよ。」と言っていました。
    凝りにこったインテリアに、ご自慢のブランド食器を使ったテーブルセッティング。
    お子さんは、高級ブランドの20万円もするオーダースーツで小学校お受験。
    夫さんの友人は、大学時代ワンダーフォーゲル部に所属していた人だったはず。
    こういうのは趣味じゃないんじゃないかな・・・と思っていたらやっぱりリカツ突入。
    家は専業主婦のお城ではなく家族の城なのにと、夫さんに同情しました。

    ・・・ということで、梨香子さんは友人としては面白いのでアリですが、
    配偶者としてはあり得ない人です。
    でも、アドバイザーを活用して「リカツに勝った」のは、最初から高所得の夫を
    捕まえておいたからこそですね。やっぱり「婚勝子」だったのかも。

    離婚市場で再婚の人と出会っても、元妻のために2000万円の慰謝料と月々15万円もの
    養育費を払っていたら・・・。
    不倫の末に結婚する女性はクズ拾いをしてしまった「婚負け子」なのかも。

    トピ内ID:4512522424

    ...本文を表示

    親世代は逃げ切り世代でうらやましい

    しおりをつける
    blank
    バブルの余韻
    親世代は年金もたくさんもらえる逃げ切り世代で、本当にhappyですよね。
    周囲には、厚生年金+厚生年金基金で年収500万円近いという人たち
    (元一部上場企業のサラリーマン)が多いです。
    条件が良い場所に不動産を持っていて、不労所得も多い。

    マイヤヒさんは、婚活成功者と言っておられますが、
    婚活も必要なくて(ゆえに女性の経済的自立はほとんど不可能でしたが)、
    高度成長期とバブル期を謳歌した上に、老後の経済状況についても
    ほとんど心配がない、という前提条件があっての成功のように思います。
    同じような性格の人間が夫婦になったとして、経済的な心配がない方が、
    困窮するよりも、はるかに心豊かに仲良く暮らせますもんね。

    私たちの世代は、年金問題が厳しいので、月額10数万円しかない年金を
    巡って、旅行にも行けず、一日中家で顔をつき合わせて
    「お前が働かなかったからこんなに年金が少ないんだぞ!」
    「あなたが家事をしなかったから仕方なく専業になったのよ!」
    といった、さむーいバトルがあるかもしれませんね。オー恐い。

    トピ内ID:4512522424

    ...本文を表示

    私も4回目程でやめてしまいました。

    しおりをつける
    blank
    m
    理由は途中からスマイルが始まったのもあって見忘れてしまいました。
    でも続きが知りたいです。
    ネタバレ宜しくお願いします。

    トピ内ID:6724794232

    ...本文を表示

    見ました

    しおりをつける
    blank
    山登り
    どの人にも似た友がいて興味深く


    リカツのリカコに似た友は、あっという間に再婚しましたよ
    リカコみたいな女が汗して働くわけないじゃないですか!
    勤め先で裕福なオヤジをゲットするはず!


    園長は……一番現実味にあふれてましたね

    あの若い女の子が不器用でだっさいコンカツ男と結婚…ってのは無いと思います
    私の後輩の子なら
    七海さんがいかないなら私が商社マンとつきあってもいいですよね!っていうんじゃないかな

    トピ内ID:9937527488

    ...本文を表示

    面白かったです。

    しおりをつける
    blank
    30代
    一応全部見ました。
    最後は、七海は誰とも結婚せず(幼稚園の先生にも振られ)
    婚活を続ける・・・みたいな感じでしたよね?

    りか子の夫の不倫相手までもが若い子という設定じゃなくて良かったというか、
    ロストジェネレーション以下の子だったり、若い子が婚活に有利
    みたいな感じなので、不倫相手までもそういう子に取られなくて良かった
    ・・・と思ってしまいました。
    でも、不倫までも婚活に焦るおばさんという印象を残したのは嫌だったかな?

    それにしても、離活の方が痛々しい感じですが、あんなにお金を得れるなんて
    凄い・・・とも思いました。
    ある意味、勝ち組?

    トピ内ID:2250296255

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0