詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 女性(子連れ)で海外に赴任したい場合のキャリアパス
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    女性(子連れ)で海外に赴任したい場合のキャリアパス

    お気に入り追加
    レス69
    (トピ主14
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    まりも
    仕事
    こんにちは

    この不況の中、甘すぎる夢物語かもしれませんが、小町は海外在住の方も多いので、アドバイスいただければと思っています。

    現在29歳(既婚子供1歳)の女性で、5年後くらいに海外勤務を希望しています。

    というのも、将来子供をグローバルな環境で臆さない人間に育てたいという気持ちが強く、夫も同じ考えなので、将来の海外赴任を目標に自分のキャリアを積み上げていきたいのです。
    現職は米系金融機関の法務です。

    外資系につとめてわかったのですが、日本にある外資へ勤務するということは東京現地採用扱いなので、海外赴任はほぼありえません。
    海外とのコンタクトはe-mailかconf callがほとんどで、出張もほとんどありません(年に1回あるかないか)
    よって、赴任を目指すなら海外事務所のある日系企業に転職するか、外国で就職活動をする必要があるのだろうと推測しています。


    1)子育てをしながら女性が働きやすい国はどこですか。(英語しか話せないので、英語で一般ビジネスが行われている環境があるところ限定になってしまうのですが。)

    2)現地採用をめざして転職活動をするにあたって、monster.comなどはよく聞きますが、もう少し精度の高い転職サイト・エージェントなどあったら教えてください。

    3)海外赴任をめざすためのおすすめのキャリアパスがあったら教えてください。

    よろしくおねがいします。

    トピ内ID:0431362966

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数69

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  69
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    まずはビザが必要

    しおりをつける
    blank
    える
    法務で働いていらっしゃれば、どこの国で働くにもビザがまず必要で、それを取得するのは並大抵ではないとご存知なのではないですか?
    ちなみに私は米国の永住者ですが、留学->プラクティカルトレーニング->H1ビザ->グリーンカードという風に何年もかけて(もちろん計画的です)永住権を取りました。

    米国ならば永住権のロッタリー、またはロースクールに留学して(ネイティブスピーカーでも大変ですが)、その後現地就職してビザスポンサーを探す、ぐらいしかないと思います。

    悪いことはいいません。はっきり言って(トピ主さんには)遅いと思います。お子さんの教育だけを考えるのなら、高校や大学時に留学させてあげてください。(大学院から留学して来た人はやはりアクセントが残っている人が多いので。)

    トピ内ID:8883109753

    ...本文を表示

    子連れ夫連れで駐在しました

    しおりをつける
    駐在経験ママ
    私は日系企業でずっと働いています。娘が4歳の時、シンガポールに赴任し、6年半勤務して帰国しました。私もずっと海外勤務が希望でしたので、念願かなっての海外勤務はとても嬉しかったです。

    シンガポールはワーキングマザーに最高の場所です。仕事・日常生活ともほぼ英語100%で大丈夫です。小さな国ですからどこへ移動するにも30分以内。公共交通機関も発達していますし、タクシーも格安です。ちなみに私は自宅から職場まで徒歩15分、職場から娘の学校へも徒歩10分程度だったので、何かの際には駆けつけられ、とても便利でした。

    シンガポール人も共働き率が高く、日常生活ではメイドを使うことが一般的です。住み込みや通いのメイドさんをお願いすることができます。私は週1で掃除とアイロンかけをお願いしてましたが、これだけでもすごく楽でした。

    学校関係も充実しています。娘はインターに通い、バイリンガルになりました。

    シンガポールは優秀な外国人の雇用に熱心ですし、とにかく住みやすいですよ。シンガポールの転職サイトをまずは覗いてみては?出来ることなら私ももう一度行きたいです。

    トピ内ID:6930011689

    ...本文を表示

    海外駐在は縮小の方向ですが・・・

    しおりをつける
    💡
    搭上の奇術師
    日本企業は生き残りをかけ選択と集中を進めています。
    そのため経済伸長の活発な、アジア、中南米、東欧への進出は意欲的です。一方、米国、欧州等の地域では、高額な経費を要する日本人駐在員を削減し、現地化を進めています。勿論、駐在員をゼロにすることは出来ませんから、経費削減のため、「単身赴任」に限定する例が多くなっています。現在、赴任駐在している家族も、本人のみを残して帰国させている様な状況です。
    正直なところ、入社段階より選抜して、MBA取得等を含めた中期的な育成計画で海外駐在員を選抜している会社が多く、「中途採用」で海外駐在を狙うのは困難では無いかと考えます。厳しいようですが「既婚女性」で「家族同行」となると、その可能性は更に絞り込まれると思います。
    勿論、研究開発や製造管理については今後も日本人を送り込むしかないのですが・・

    現地法人に日本人が必要なことは事実です。そのために現地で日本人を採用する事例は増えています。経費を抑えるための施策ですから、本社からの駐在員の給与・待遇とは比べるべくもありません。
    それでも御息女の教育を主眼に置けば「現地採用」が最善手かも知れません。

    トピ内ID:4062250706

    ...本文を表示

    回答にはなりませんが

    しおりをつける
    たま
    海外の現地企業へ転職
    いわゆる事務系の方は難しいと思います。なぜなら、わざわざ日本から呼び寄せる必要がないし、
    言葉の面からいっても、優秀なネイティブと対等に現地で渡り合って仕事をするのは、
    本当に至難の技だからです。駐在員や日本で外資系で働く場合の、非ネイティブという免罪符も
    認められません。

    反面、理系の技術系の仕事なら可能性はあると思います。実際、活躍されている方も多いと思います。
    もちろん、それも、「わざわざ海外(日本)から採用する」ほどのスキルや職歴がないと厳しいですが。

    事務系で可能性があるすれば、どうしても日本人でなければならないポジションでしょう。日本人であること、
    日本語ネイティブで英語も使えることが必要なポジション。仕事が面白いかどうか、待遇がいいかはかなり
    微妙だと思います。

    日系企業の現地採用
    こちらのほうは可能性あると思いますが、現地採用で上記と同じ「日本人であること」が求められるポジションなので、
    仕事の内容はあまり期待できないかも。駐在員との待遇の差も大きく、お子さんに十分な教育を受けさせるのに足りるか
    どうかも難しいところでしょう。

    トピ内ID:8041377875

    ...本文を表示

    子連れ海外赴任のキャリアパス

    しおりをつける
    😣
    グローバルおじさん
    非常に意欲のある話でついつい反応したくなりました。
    私自身が35歳から55歳まで20年間海外勤務をし、子供もオーストラリアやカナダで育てて来ましたので、気持ちはわかる気がします。
    日本企業で法務の職種で海外勤務のチャンスは少ないでしょう。好きな職種でないと意味がありませんが、職種変更も必要かも知れません。会社側の立場になれば、社内でそれなりの実績と信頼がないと責任の大きな海外勤務は任せられません。また海外拠点からみて派遣してほしい魅力ある人材になれるかどうかです。勿論海外勤務の動機は子育てではなく、本人の自己実現が前提でしょう。子連れでのお勧め国はオーストラリア、カナダ、アメリカです。欧州では英国、オランダでしょうが子育ては難しいと思います。

    トピ内ID:5909996311

    ...本文を表示

    外資でも色々

    しおりをつける
    🙂
    prapra
    今お勤めの会社では海外赴任は無理とのことですが、外資でも色々あると思います。 私が以前勤めていた会社では、日本の現地採用からトレーニングのため本社に数年勤務や、アメリカ本社を含め他の海外会社への転勤など結構普通にありました。 

    外資企業にお勤めの方のネットワークをもう少し広げて情報収集されたらよいと思います。 転職後も社内でのコネ作りに励めばできないこともないと思います。 

    日系企業の場合は、確かに女性でも海外赴任させている会社もありますが、こればっかりは運ですから、確実にというわけにもいかないでしょう。 

    日系、外資ともに海外勤務の希望がかないやすいのは規模が小さめの会社だと思います。 英語ができて海外に出たい人材がいつも不足していますから。 

    トピ内ID:2791725961

    ...本文を表示

    別居?それとも女性主導?

    しおりをつける
    blank
    オーソレミヨ
    >夫も同じ考え
    とのことですが、トピ主さんが海外で働くことになった場合、ご夫君はどうなさるのでしょうか?
    現在の仕事を辞めて専業主夫になられるのですか?
    現職を辞してご夫君もトピ主さんが職をみつけた国で新たに仕事を探す、というのはかなりハードルが高いように思うのですがその辺はどうお考えなのでしょうか。
    外資系企業の法務で働かれているということですが、海外進出の日本企業ならば本国の法務を使いますし、現地で必要なのは現地法に詳しい人間です。海外で日本進出をしている企業を顧客とする法律事務所や弁護士の補佐的な仕事があるかもしれませんが、その場合は法律用語もビジネス英語もそれなりのレベルが求められます。
    あくまでもトピ主さんが現在のキャリアを活かして海外へと考えてらっしゃるとして書きましたが、これまでのキャリアを捨てるのか踏み台にして行くのかくらいははっきりされた方がアドバイスをしやすいと思います。

    トピ内ID:3354647981

    ...本文を表示

    アクセントが残っていると問題あるの?

    しおりをつける
    blank
    在カナダ
    30代でこちらの大学院に配偶者と子供を連れて留学し、そのまま働き永住権を取得した日本人が何人かいます。
    日本人以外の人ならもっといます。30代40代で大学院で学び就職なんて
    どれだけ訛りがあろうと珍しくもありません。

    えるさんの
    >悪いことはいいません。はっきり言って(トピ主さんには)遅いと思います。(略)(大学院から留学して来た人はやはりアクセントが残っている人が多いので。)

    何が遅いのでしょうか?子連れでも30代でも実現している人はいますよ。
    やってみないと分らないでしょう。
    アクセントが残っていてもジョブオファーももらえ、スポンサーとなってくれる
    企業もあります。私も30代半ばからの留学でかなりの訛りはありますが働いています。
    不足している職種なら日本からでも職探しは難しいですけど可能性はあります。当然ビザのスポンサーになってくれる企業である必要はあります。
    外国人を何故雇う必要があるのか証明しなければいけないので、そのポジションにはトピ主さんでないといけない何かがないとビザは取れないと思います。
    事務職なら日系企業の現地採用などでしょうか。このご時世だと厳しいですが。

    トピ内ID:5000948826

    ...本文を表示

    それは…ちょっと…。

    しおりをつける
    blank
    Pたん
    どういった資格やキャリアをお持ちかは文中だけでは分かりませんが、すみません、けど本当に甘い夢物語ですね。

    まず現地採用を考えるのであれば、今の自身の資格やキャリアでどこの国に就職が可能かを検討するのが先だと思います。先のレスにもあったようにビザ問題で実際行ける国は物凄く限られてくると思いますよ。それと日本の資格や経験は海外であまり通用しないと思った方がいいですね、特に先進国では。

    次に海外赴任ですが、日本企業だと旦那さんが日本に残りトピ主さんとお子さんで海外赴任をする条件だと、どの会社も人選段階でトピ主さんを除外する可能性が高いと思いませんか?よっぽど誇れる経験があれば別ですけどね。その他、母と子だけで海外で働くのは厳しい環境が多くありますよ。

    グローバルな環境で育てたいなら、まずアメリカンスクールなどにしてみては?その後、高校や大学に留学させることもできます。

    トピ内ID:8361405304

    ...本文を表示

    私は夫を連れて海外転職しました

    しおりをつける
    blank
    どらねこ
    私は子供はいませんが、今居住している国で子供を産んで育てたいと考えていたので、海外転職しました。まあ自分が住みたかったということもありますが。
    私の場合は夫だけだったので身動きが取り易かったのかも知れません。

    私はIT技術者で、日本から職探しをし現地企業に就職しました。
    ドイツ国内でも不足している職種だったのでビザが取れたのだと思います。景気が悪い今でもビザを取得して転職してくる非EU圏の外国人がいるのはいます。
    あくまでも私の会社ではの話しです。

    事務職だと英語圏は分らないですがドイツだと日系企業で募集してますね。
    ドイツ語は少しは出来た方がいいのかも知れませんが、日本語と英語が出来ることが条件だったりします。日系企業は良く知らないのでこれ以上は知りませんが、
    日系企業の現地採用だと待遇が良くないのでそこが我慢できるかとい問題もあります。
    ドイツの場合は日本人だと日系企業の方がビザの取得はし易いのは確かです。

    夫は非英語圏に住んでいたこともあり、海外生活には何の苦にもならないようです。
    夫も私と同業ですが、こっちで働いていますよ。なんとか下手なりにも英語で頑張ってます。

    トピ内ID:3422549616

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  69
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0