詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 「このペンを今、売り込んで下さい。」(面接にて)
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「このペンを今、売り込んで下さい。」(面接にて)

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    求職者
    仕事
    どうにもわからなくて、相談させて下さい。

    実は今日、営業職の採用面接だったのですが、実は
    営業経験は無く、その辺のスキルを突っ込まれました。
    そして面接官はおもむろに、対面の机の上で、御自分の
    シャープペンシルを私の側に置いて、
    「では、このペンを今この場で、私に売り込んでみて下さい。」と。

    正直、途方にくれてしまいました。
    とりあえずペンを両手で持って、
    「便利です役に立ちますお一つ如何ですか・・・」
    もう自己嫌悪ですね。

    こういう場面での切り替えし、機転が利く方って
    居るのでしょうね。
    わたしならこう出来るとか、何かアドバイスや体験談など、
    教えて頂けませんか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    メーカー勤務です

    しおりをつける
    blank
    匿名
    入社以来マーケティング畑一筋ですので営業経験はありません。研修時に一週間ほど同行営業を経験しただけです。営業の方はどのようになさるのでしょうね・・興味あります。

    私ならなんと言うかな。とりあえず今お使いのペンはどのようなものですか?みたいな感じで切り出すかな。で、先方が使っているペンとの差異化を計る、と。

    でも面接で咄嗟に言われると難しいかもしれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    意地悪だよね!

    しおりをつける
    blank
    げげっせん
    意地悪な面接ですね~。

    私なら、たとえばですが、
    「私は御社の商品を愛しており、愛するがゆえに売りたいと思っております。失礼ながらこのペンには愛情を持っておりませんので、売り込みはいたしかねます。」
    ってところかな?
    とりあえず、スキルじゃなく、情熱だ!という方向で。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    この言葉を贈りましょう

    しおりをつける
    blank
    ななしさん
    大型バイクで有名なハーレーダビッドソンという会社は、「バイク」を売っているのではなく「バイクによって得られる快適な生活」を売っているのだと言ってます。

    要はプレゼンテーション力とでも言うのでしょうか・・・
    商品に魅力を持たせる、あるいはその商品によって得られる時間・空間を顧客に想像させ、売り込むということが営業の本質だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    おおげさに

    しおりをつける
    blank
    営業職
    一言で言うと営業とは、その気にさせて買わせることが目的なので、良いところを見つけて大げさに表現して買いたくなるようにさせればOKです。

    テレビショッピングとかでやっていることと基本的には同じです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    差別化!

    しおりをつける
    blank
    かぐら
     技術系サラリーマンで営業の経験はありませんが、思いついた事を書かせてもらいます。

    >「便利です役に立ちますお一つ如何ですか・・・」 

     物を売り込むときに一番大切なのは、他の商品との差別化。なぜこの商品なのか、他の商品とどう違うのかを相手に伝える事ですね。
     「便利」や「役に立つ」を売り込むのは間違ってません。ですが、このシャーペンは他のと比べてどう便利なのか、どう役に立つのかを具体的に言えなかったのが敗因だったと思います。
     シャーペンの形状が分からないのでここで差別化を書きにくいですが、たとえば「手に持つところにグリップが付いていて非常に疲れにくい」とか「普通のシャーペンより軽く疲れない」とか…。
     あまりに普通で変哲のないものなら、「形状にクセがなく、誰でもすぐに手になじむ」とか、「シャーペンに必要な機能だけを徹底的に追求し、無駄を一切省いた」とか言って、他の物との差別化を図りましょう。

     詳しい実施例は、路上販売や、テレビのじゃぱねっと高田や、深夜の海外の通販なんかをテレビで見るのが良いと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    よくある……

    しおりをつける
    blank
    ちょこ
    意地悪でも何でもなくよくある面接ですよ。
    他にも「この消しゴムをほめてください」とか「この机の苦情を聞き出してください」とか
    「レモン相手に話し合ってください」とかありますよ。

    情熱だけじゃぁねぇ。
    イマドキ「この会社だから……」って言われても、
    マニュアルにだって書いてあるし。

    その人の素材を見る為にやってるんです。
    頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ひどいですね~

    しおりをつける
    blank
    あららら
    私だったら

    「今はまだこの製品の出来る工程について、わかりかねます。
    自分がわからない商品をおすすめすることはできません。
    御社に入社した後、改めてこの商品のよさをご紹介させていただき、その際には是非とも購入していただきたいと思っております」

    くらい言っちゃうかも。
    ちなみにこれはそのシャーペンが自社製品の場合ですが。

    自社製品じゃなかったらどうだろう???

    話をでっち上げてでも何でもいいんだったら、

    「こちらのシャーペンを愛用されているんですね。
    この商品は我が社で数年間研究に研究を重ねて発売されたロングセラー商品なんですよ。
    近々新しくこのシャーペンを改良したモデルを発売することになっているんです。
    是非お試しください」

    って感じかな~。

    でもとっさには難しいですよね。
    (一応私は今は専業ですが、前職は営業でした)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    面接大好き。

    しおりをつける
    blank
    サエ
    初めまして。
    私は新卒での就職活動のとき、20数社受験しましたが、こちらから辞退した会社を数社を除いてほとんどが内定でした。
    面接が得意なのです。それも、頭をフル回転させなければならないような難問や、圧迫面接をさらりとこなしたり、グループ討議をまとめるのも得意でした。

    さて、こういう質問って、面接慣れしていない方や、苦手な方には厳しいですよね。

    面接には「どうすればよかった」という100%の正解はないですが、トピ主さんの回答は十人並みでまさに営業初心者、といった感想です。
    私だったら、そのペンのディティールを瞬時に見、自分の持ちうる限りのボキャブラリーを駆使し、「欲しくなる」と思わせるような話術で売り込むと思います。
    ただ、前のどなたかが仰った回答、「愛していないから、売り込めません」も個性的だと思います。

    こじんまりまとまった答えを出すよりも、自分らしい個性的な回答を出すのがベストではないでしょうか。だって面接って、能力を含め、その人の人となりを見るものでしょう?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    げげっせんさん、おもしろいけど

    しおりをつける
    blank
    雪だるま
    相手はカッチーン!ときて面接試験に落ちそうです、、、。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    状況にもよりますが

    しおりをつける
    blank
    ぴちょん
    私ならまずそのペンをじっと見て、それから使ってみる。自分が知らない商品を売り込むことはできませんよね? それから、優れているところはどこで、劣っているところはどこなのかを考えます。例えば書き味がいいとか、グリップが持ちやすいとか、その逆とか。それから、いいと思われた点を大きく取り上げて、「とにかく書き味が素晴らしいペンです」とか、「グリップは普通のものより少し太めですが、この方が安定感が出ます」とか(ほんとか?)、細かいところを突いていくかな。
    でも、実際面接でそんなこと言われたら真っ白になりますよね。私も40分面接の時間があって、20分過ぎたときに、「あとはぴちょんさんの方からの質問の時間とします」と言われたとき真っ白になりました。結局は、予想外のことを言われたときに、どこまでうろたえずに頭を使うかということを鍛えるしかないのかも。
    就職活動、大変だと思いますが頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    反対の立場だと・・

    しおりをつける
    blank
    面接者
    中途採用者への求人を生業としている者です。
    求職中という事は中途採用希望者という事でしょうか?
    面接でのその質問は確かにかなり意地が悪いと思われます(当社ではそのような面接手段は禁じています)が、新卒採用者ではなく中途採用希望者という事を前提としてお話しますと・・。
    「営業職」を求めている会社に対してスキルのない方が応募された事がまず間違い。
    会社としては中途採用者は即戦力、今までの人脈を利用したい、営業ノウハウを今更1から教える余裕がない、などの理由で中途採用するのが通常です。
    そこへスキルのない方がおみえになったとなると、それくらいの質問をして「あなたには適性がありません」とお断りするしか方法がなかったのかも知れません。
    履歴書へは「営業職希望ですがスキルはありません」など一言書かれてますか?もし書かれてて、かつ会社側が面接を決めたとなるとその会社もちょっと期待持たせすぎかな?とは思いますが。

    経験があるかないかは、履歴書に書かれていなくても面接を始めればすぐ分かる事なので、今後他社を面接される場合は自分の経験を生かせる職場をお勧めします。
    (新卒採用の方でしたらお許し下さい)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    面白そう・・

    しおりをつける
    blank
    ぽりぽり
    シャープペンシルはたとえであって、実際は自分を売り込むってことなんではないでしょうか?
    自己アピールというか。

    私だったら、シャープペンに自分なりのイメージをつくって(値段もつけちゃって)良いイメージでのインパクトを与えるように頑張っちゃうかな。
    こういうの好きかも。

    営業の仕事はしたことないのですが、やっぱ売り込んでこそ営業、と思うんで。
    違うかな・・・違ったらごめんなさい!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うわ~

    しおりをつける
    blank
    事務職
    そういう面接って噂に聞いたことあるけど本当にあるんですね。営業って大変だ。
    私の仕事は営業とは無縁ですけど考えてみたんですけど、営業するにはやっぱり商品のよさを知らないことには売り込めないと思うんですよね。商品に愛情がないと売り込めません。
    そこに使ったこともない面接官のシャーペン出されても分からないってことで、「使ったことのないものは売り込めません」って言っておけばいいんじゃ?甘いかな?そうじゃなかったらまず面接官にいいとこをリサーチしちゃうとか。その間に売り込み文句を考えるっていうのはどうでしょう?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    今の面接では

    しおりをつける
    blank
    ぴえ3
    そんなこともするのですね。
    びっくりなさったことでしょう。
    面白いから考えてみました。

    ペンだこができてないかとか、面接官の手をチェックして、
    これこそがあなたに合っているペンだと勧める。

    面接官に書き味を確かめさせ、
    その反応を見て話を進める
    (否定されても、それを逆手に取る)。

    あくまでも私なら、ですが、ペン自体よりも、
    面接官(=顧客)とのやり取りを重視するかな。

    実際はどんなペンかの情報もないわけですし、
    正解などないでしょう?
    その会社なりの正解はどういうものだったんでしょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そっくりな面接

    しおりをつける
    blank
    ノーラ
    トピ主さまの書いておられるのを読んで「トピ主さまが応募されたのは、もしかしたら郵便局!?」と思っちゃいました。
    私は郵便局に勤めていますが、去年の郵政公社の採用試験で、面接のときに面接官が胸ポケットにあったペンを取って、まったく同じ内容の質問(「これを売りこんでみてください」)をしたそうです。
    私の職場にバイトに来ている男の子が言っていました。(残念ながら採用試験には落ちてしまったようですが)

    もしかしたら面接官マニュアルのようなものがあるのかもしれませんね。
    営業力重視、臨機応変に対応できるか、自己アピール力などを見るのでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業経験者でーす

    しおりをつける
    blank
    口八丁
    たぶん、というか私の考えですが、正しい切り返しは
    「はい!」
    と笑顔でハッキリ返事、だったと思います。

    私なら返事のあと「商品お借りします!」とペンを手に取り確かめ、「今日は新製品のシャーペンのご紹介にあがりました!お時間よろしいでしょうか?」と言うと思います(厳しい面接官なら「時間ないね」と切り替えしてきますが 笑)

    営業は1にスマイル2にスマイル、3、4がなくて5に忍耐です。
    今回はいい勉強をしたと思って次回頑張ってください!

    でも・・・胃やられますよ、営業は(泣)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    でたらめでもいいのでは

    しおりをつける
    blank
    トリュフイドのヒー
    私は、漠然と「自分の長所を言ってみてください」とか「志望動機を伝えてください」みたいなものが大の苦手なので、テーマがあるほうが嬉しいな。

    私も、ぴちょんさんみたいにすると思いますねー。良く見て、いじってみてから考えます。
    或いは、でたらめ抜かすというのもありではないでしょうか。なんか、ロケットエンジンで飛べるとか、持ってると金運が上がるとか?芥川龍之介が愛用してたシャーペンだとか?(でたらめ度が高いほうがいいのでは…)
    …つ、つまんないですけど…とっさに言うならこれくらいでも許してもらえるかなーと。

    面接で何か聞かれたとき、「すぐに答えなくちゃ」と思われるかもしれませんが、こんなの即答できる人なんていないと思うので、「考えさせてください」って言って2,3分黙っててもいいんだと思いますよ。

    それに、面接も場数ですから…今回こんな質問が出たことで、あれこれ考えておけば、次に似たような質問をされても、どんとこい!でしょう?
    一つ一つ受けることで、その時はびっくりして自己嫌悪を感じても、それが次につながっていくと思います。
    めげないでがんばってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業の面接は受けたこと無いけど

    しおりをつける
    blank
    ソイラテ
    英会話教室で、そういうでっち上げのスピーチをよくやらされたので、でっち上げるのは得意です。

    私だったら
    「このグリップはNASAが開発した素材で、ナノテクノロジーが使われています。」

    って、絶対言うなー。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    米国では良くあります

    しおりをつける
    blank
    もとれ~
    米国中西部永住です。

    営業の面接に行って、ペンを売ってみろというのはよくあるみたいです。

    営業は普通の製品でも、素晴らしい製品のように思わせお客に買ってもらう仕事です。 それを普通のペンでどこまで出来るかは、会社にとって大事な面接試験です。

    営業の出来ない人を営業に雇うのは意味ないですから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    『情熱』ねぇ…

    しおりをつける
    blank
    かぐら
     ヨコですが。げげっせんさんへ

    >「私は御社の商品を愛しており、愛するがゆえに売りたいと思っております。失礼ながらこのペンには愛情を持っておりませんので、売り込みはいたしかねます。」

     では、何社廻っても採用は無理ですよ。
     これじゃ、「もし商品が自分の気に入らない物だったら、営業活動はしません」って言ってるようなもの。もっとぶっちゃけると、「営業活動をやるかやらないかは自分の気分次第」って事ですね。
     モラルに反するならともかく、そうでなければ自分の意と反する事であっても会社のために働くって意欲を見せる事こそむしろ『情熱』を示す方向ですよ。
     それに今回の面接では「商品のよい所を見抜き、それを即座に言葉にする能力があるか?」をテストするって意味もあるのですから、「分からないから出来ません」では通用しませんよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    南極で氷を売れってやつ?違うか

    しおりをつける
    blank
    営業10年選手
    いきなり「これを売り込め」というのは、とっさの場面でどう対応するかを見たいのかしら。

    私なら、自分を売り込むか、相手に話しをさせるか。
    「いまこのペンを購入いただくと、もれなく私がついてきます。突然のご注文はもとより、購入後のフォロー、クレームに至るまで、誠心誠意対努めます。お任せください。あっ、クレームはないようにしますが。(笑顔)」
    もしくは「失礼ながら、いまはどちらのメーカーをお使いですか?何かご不満はありませんか?」
    相手に、A社だけど、値段がねとか書き味がねとか、何かしら言わせます。
    そこで「弊社の製品は値段(書き味)に自信を持っています。御社のご期待に沿うことができます。ぜひお試しください。(笑顔)」
    意地悪く、満足していると言われたら「弊社の製品をお試しいただいてから、そのお言葉をおっしゃってください。(笑顔)」

    南極で氷が売れるほどの営業ではありませんが、ご参考まで。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    高校の就職活動の時それ学校で習いました

    しおりをつける
    blank
    123四郎
    高校3年の就職活動の時、学校の先生から「こんな事例もある」との事で、「このペンを売り込んでください」という面接練習がありました。

    1 『このペンは持ちやすくて書きやすいです』
    ナドナドみんな口頭で面接官(役の先生)に説明・・・

    ↑この回答の正しい答えでは無いそうです。

    実際口で説明されても、試してみなければ分かりませんよね?

    2 『このペンは持ちやすくてこの様に書きやすいです』
    と面接官の所までいって、何かの紙にペンで書いて、持ちやすさや書きやすさを実際相手の目で見て頂いき、アピールするのが正解回答だそうです。

    面接なんてどんな質問されるか分からないから大変ですよね。
    主さんも頑張ってください

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    こればっかりは修行かな?1

    しおりをつける
    blank
    元アパレル勤務
    アパレル畑でやってました。
    販売員から、本社直轄のブランドディスプレー担当
    まで色々やりました。
    営業なのかな?まあ、仕事のすべてが商品の営業に
    関してなので…。

    一応、大前提は、「その商品、及び関連情報を
    知り尽くす」事が基本です。
    知らないと売れないですからね。
    なので、本当の意味ではシャーペンは営業出来ません。
    ところで、セールストーク、セールステクニックに
    熟練した人間には「セールスのポケット」があります。
    いきなり知らない所で「売れ」と言われても、無難な
    特徴を膨らませて、セールスに挑む事が出来ます。
    突っ込まれても、ごまかしながら調べるとか、小さな
    事を大きく言うとか、いわば「はったり」スレスレの
    技ですが、ぶっつけでも出来ます。
    でも、全くの素人さんにそれは無理ですから、人に
    相対する事の出来る素質を見たかったのだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    こればかりは修行かな?2

    しおりをつける
    blank
    元アパレル勤務
    なので、その場で完璧に出来る必要は無いと
    思いますが、実質的なアドバイスを…。
    今度その状況になったら、まず自分を演劇部だと
    思い込んでください(笑)
    (実際役割を振った研修をロールプレイと
    言いますよね)
    あなたがいきなり話を作るのは難しいのですから
    なるたけ相手に話しさせる事です。
    「宜しかったらお試しください。」
    「いかがございますか?使い心地は?」
    そこで相手が返答した事を、膨らませて行くんです。
    相手が気に入った所をアピールし、気に入らない所は
    「そうですね、そういう部分はありますね、でもそれ
    を当社はこうしまして…」とフォローしましょう。
    これで何分かはもつかと思うのですが…。
    市場がどうのとか言いたいかもしれませんが、余り
    大ぼらを吹くのもどうかと思うので、この程度の
    無難な対応をさくさくとされてはいかがでしょう?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    皮肉をこめて

    しおりをつける
    blank
    えせ営業マン
    「面接官がしっかりと握り締めて使い込んだこの風合い! (ちょっと匂いを嗅いで)いい匂いもしますよ!」
    大阪弁が出来るともっと善しですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    別に普通では?

    しおりをつける
    blank
    はつ
    「営業職」の面接としては、特別なものではないと思います。
    その出題に、カタチはどうあれ対応できなかった、というのは、その会社の求める営業職の資質に欠けるのではないですか?
    そこで「商品のルーツがわからないので」なんて言い訳が通るわけないでしょう、営業なのですから。

    単純にトピ主さんは、別な職種への就職活動に切り替えたほうがいいとおもいますけど・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    横ですが、げげっせん様

    しおりをつける
    blank
    111
    <「私は御社の商品を愛しており、愛するがゆえに売りたいと思っております。失礼ながらこのペンには愛情を持っておりませんので、売り込みはいたしかねます。」

    間違いなく落ちるね、これ言ったら。
    もっともらしいこと言ってるように聞こえるけど、単なる試験拒否ですもん、これ。
    企業は、自社の商品を愛してくれる営業なんて必要としてませんよ。

    と、こう言うと「自分が好きでないものを人に売れるわけないでしょ!」となりそうですが、それをするのが営業という仕事なんです。
    自分が好きなものだけを人にすすめる(売る)だけなら素人でも出来ます。

    もっとも、自分が売り込もうとする商品についての知識を蓄えると同時に、その商品に愛情を持つことが出来るにこしたことはないですけど。

    「愛情を持ってないから、売れません」と言うのは営業としてナンセンスですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    酷いとか意地悪とか言ってる人。視点が変。

    しおりをつける
    blank
    ゲオ
    お客さまはもっと強烈なツッコミしてきますよ。
    そこでお客さまのツッコミにうろたえたり、即答
    できなきゃそこでジ・エンドなんですよ。

    だから商品を知らないから説明できません。なんて
    言ってる事はもっともですがそんな事言ってる面接
    官は百も承知。だれもそんな言い訳聞いちゃいませ
    んよ。

    すでに面接官を客に見立てた験が始まってるのに信
    じられない無神経な発言となります。

    そうでしょ。「営業にきましたー」「へぇペンですか。それどう凄いんですか?「ごめんなさ~いよく商品わからないから答えられません」

    「…何しに来てんの?帰れよお前。貴重な時間ムダに
    しやがって!」

    成功失敗は関係ない。未経験者だって問題ない。
    技術や知識は会社に入ってからでも身に付きます。
    教えて、経験させれば良いんだから。けど素養は
    教えられるものじゃない。その人の要領の良し悪し
    はね。あとどんな姿勢で会社に来てるかですね。

    トピ主さん?そういうのは失敗してもいいから
    営業トーク!笑顔で!いかに商品を「欲しい」と
    思わせるかどうかです。全然関係ない趣味な話題も
    手段の一つ!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    寅さん

    しおりをつける
    blank
    いとい
     「男はつらいよ」という映画で、主人公でテキ屋稼業の寅さんが、甥に「モノを売る」コツを彼なりに教えようという場面があります。「この鉛筆を売ってみな」ってやつです。おそらく面接官の頭には、それがさも立派な教訓話とでも残っているのでしょう。

     正解の一つは「では、このペンの長所と短所を教えてください。」と聞き返すことです。

     「そのくらい自分で勝手に考えてよ」という会社は、寅さん稼業と同じ「売り手も自分が二束三文とわかっているものを、だまくらかして高く売りつけている(寅さんの意見)」意識があると考えていいと思います。つまり駄目会社です。営業担当は制作スタッフとの密な連携なくしてその力を発揮できません。「売ってみて」と課題を出した以上は、出した側にはその商品に自信があることを示す義務があります。

     ただ、そこまで頭の回る人間は、兵隊としては不向きということで落とされるかも知れません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業って。

    しおりをつける
    blank
    元営業
    しゃべって売ることだと勘違いしている方が多いですが、本当は相手の話をよく聞き、その中から自社の商品に適合したニーズを引き出すことのほうが大切かと思います。
    なので、売り込む前(中も)には相手の意見をどれだけ聞き出せるかがポイントじゃないかと思います。

    とりあえず私が同じ状況に立った場合は渡されてた商品を一通りチェックした後、面接官に対して「現在どのようなシャープペンシルを使っているか?使いやすい所、使いづらい所はあるか?」などを聞き、売り込むべきポイントを探すと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    元面接官でした。私がこういう事を聞く場合・・・

    しおりをつける
    blank
    奈津子
    私も似たようなことを学生さんにお聞きしてましたね。
    意地悪に受け取られちゃう事もあるんですね。弁解ですがそんなつもりは無いんですよ。

    ちょっとしたところに、その学生さんの普段の行動やものの考え方が出てくるので、本心に触れられる気がして楽しみにしているんですが、確かに固まる学生さんもいらっしゃいました。

    まず、その人がどんなペンを気に入っていて普段使っているのかを聞く。
    その聞き出した言葉を整理して、売り込もうとしているペンとの共通点を見つけて勧める。
    その人のニーズと勧める商品との合致点を見つける。営業の王道過ぎでしょうか?

    単にその商品の利点を並べられても気に入らなければしょうがないですしね。まずはお客さんが何を求めているかや好みを聞き出して欲しいかな?と思います。

    多分面接官は、ペンをいかに売り込むかという事よりもお客さんに対しての接し方を見たかったのだと思います。営業スタイルってやつです。

    今回は納得いかなかったようですが、就職活動頑張ってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    楽しそうな面接ですね

    しおりをつける
    blank
    hisa
    ・・・といっても心の準備ができていれば、ですが。

    もし私が面接官なら

    ・いろいろ注文をつけて結局売りたがらない
    ・どうしてよいか途方にくれる

    なんていう人は採用しませんね
    売り方の上手下手は別にして
    「この商品を売るんだ!」という
     『シャープペンシル』を『商品』へ
     『面接官』を『お客様』へ
    すぐに頭の切り替えができる人を選ぶと思います。

    僕だったら・・・
     ・まずシャープペンシルを見せてもらって
      ありったけの長所を見つける
       1、デザイン
       2、耐久力
       3、メーカーのイメージ
       4、使い心地
       5、価格
        etc...

     ・その長所をひたすら押す
    ですかね?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いかが

    しおりをつける
    blank
    まりね
    思いついたのはこんなかんじ。
    「今はパソコンが普及していますね。
    でも、音読で脳が活性化すると言われブームになっているように、書くことも注目され始めていますよね。百ます計算なんて大人のためのドリルもあるくらいですからね。
    ただ、大人になって、しかもパソコンがお家にあるとなると、シャーペンはご自宅にないでしょうね。ボールペンはお持ちかもしれませんが。
    そこで、このシャーペンをこの機会にお手元においていただいて、ぜひ昔ながらの「書く」ということをされてみてはいかがでしょうか。」

    なんか、内容もあやふやだし、シャーペンよりも「読み書き」の宣伝みたい…。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どのような受け答えであれ結局は自分が出ます

    しおりをつける
    blank
    韮高ファイト!
    面接は、どのような受け答えをしても、結局は「自分」が出ます。

    「あぁ、この質問は知ってる。」と思ってそつなくこなしたつもりでも、そこには「自分」が表れてしまいます。

    うろたえてしどろもどろに答えた中にも「あなたらしさ」が含まれています。

    もちろん、それをきちんと評価できるかどうかは評価者次第ということになりますが ...

    きちんと評価できないような人材が面接しているような
    会社であれば「こちらからお断り」で良い、と、考えればよろしいのではないかと。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    想像ですが...

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    面接とはあなたという商品を売り込む「営業活動」です。
    面接官はそのときのあなたの売り込み方に不安があったので
    実際に営業をさせてみて、適応力を見てみたんではないでしょうか?

    多分、私も適応力がないのでその場で固まってますね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    経験と度胸

    しおりをつける
    blank
    mirai
    温室育ちのお嬢様やお坊ちゃまに、その例題はキツイでしょうね~。
    かく言う私も温室育ち、とまではいきませんが、苦労知らずで大学まで出たので、社会の厳しさ、世間の冷たい風、と言うヤツに慣れるまで時間がかかりました。
    営業は場数ですからね。私もきっと、大学出たてでは、まともな切り返しはできなかったと思います。しかもあがり症だし、早口だし、赤面症だし・・・それでもそんな人間でも、割と営業できるもんですよ。場数さえ踏めばね。
    口が上手いだけが営業じゃないんです。
    だから、例えその場で上手くいかなくても、「今はこれくらいで精一杯ですが、これから先輩方に学んで、経験を増やして、信頼される営業を目指して頑張りたいと思います!」とやる気をアピールする方法もアリだと思います。

    就職活動、頑張ってくださいね~!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自信ないけど

    しおりをつける
    blank
    まんま
    私なら、
    相手を小売店の店長だと思って

    商品のカラーラインや使い心地とか
    顧客と思われる相手の年齢層の説明(←売れる理由)
    クリスマスや新学期にむけて
    そのフェア展開を考えている(←季節商品としての展開)
    箱の用意やポップの作成でで今なら貴店の販売拡大に
    大きくご協力できます(←会社がその商品に力を入れている証として)
    で、是非このチャンスに、、、とやるかなぁ。

    スタンダードなものなら、
    フェア後も定番として、
    不良在庫にはならず動き続ける商品です。
    と言うし、

    ポップなものなら
    その分、価格帯を抑えてあり、
    シャーペン以外の商品もラインで出る予定
    すでに、若者の間でかなりの流行が見込まれてます。
    とか、言うかなぁ。

    シャーペン1本を営業して、個人宅を回るなんて
    ありえないので、売る相手を想定することで
    切り抜けようとします、、、たぶん。
    他にやりようが思いつかない~!

    これじゃ、面接、落ちちゃうかな…?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    バナナのたたき売り

    しおりをつける
    blank
    さくら
    私だったら、寅さんの映画みたいにやる。
    タンカバイというもの。あそこまで凄くなくても。

    売り方がうまいとかじゃなくて、印象に訴える。
    度胸、ずうずうしさ、機転、明るさを売り込む。

    面接官に一発かます、気持ちでやる!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私が見た面接

    しおりをつける
    blank
    母親
    日本のトップ5に入る会社の面接をみました(お茶くみのパートをしています)5人の新卒予定者を並べて、1人1人質問をします。その一瞬に回答出来なければ「はい、結構です」それで、その人の面接は終わりです。その会社へ30年以上前に就職した男性は何千人の希望者の中で最終面接に残った時に、1人に掛る時間がカナリ長かったそうですが、彼は5分で終わったので待っている人達がビックリしたそうです。面接前に、本人に内緒で会社の人がアパートの管理人、隣人に「人間性」について聞き込みに来たそうです。

    そこの会社が出店しているお店に、20年前にメーカーの社員で入っていましたが、その会社に直接バイトで入る人は勿論内緒で素行調査されていました。万引きetc..素行が悪ければバイトでも採用されませんでした。会社にもよると思いますが「人間性」を見られています!頑張って下さい!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    全然意地悪じゃないですよね

    しおりをつける
    blank
    こずこず
    この質問を意地悪だと思っている方も
    いらっしゃるみたいですが、営業ならよくありえる
    質問ですよね。
    「この**を倍の値段で面接官に売りつけてください」
    「机の上の@@に話しかけてください」
    など、その人の表現力や機転のきかせ方などを
    判断しているのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業は特別なことじゃないよ

    しおりをつける
    blank
    Trocken
    >こういう場面での切り替えし、機転

    このとらえかたは誤りです。

    ところで面接で側に置かれたシャープペンシルについて
    もう一度良く思い出してみてください。

    色は黒ですか?白ですか?透明ですか?
    太さはどうですか?細いですか?くびれたものですか?
    重さはどうですか?軽いですか?バランスが悪いですか?
    お尻に消しゴムはついていますか?
    グリップにはゴムが巻かれていますか?

    求職者さんはシャープペンシルを使ったことがありますか?
    もちろんありますよね?ボールペンじゃなくて良かった時、
    シャープペンシルだったから困ったこと、
    鉛筆から初めてシャープペンシルに換えた時のこと、
    シャープペンシルにまつわることを思い出してみてください。

    また面接官は男性でしたか?女性でしたか?
    歳は若い方でしたか?年配の方でしたか?

    仮に透明で黒のグリップ、若干の曲線デザイン、
    面接官は年配の男性だとしましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業は特別なことじゃないよ

    しおりをつける
    blank
    Trocken
    「本日は新発売の商品をご紹介に伺いました。
    実は私も長いこと愛用しているシャープペンシルなんですが、
    このたびその新機種が発売されまして、
    旧機種を愛用していた私が驚くほど
    よりいっそう使いやすくなりましたので、
    是非、お客様にもこの使用感をお試しいただきたいと思った次第です。
    まず、旧機種では直線的だったボディの形状に
    ゆるやかな曲線がデザインされた上に
    グリップ部分にラバーが装着されまして、
    長時間の使用でもまったく疲れなくなりました。
    色も旧機種では不評だった無味乾燥な黒色から
    涼しげで芯の残り具合が良くわかるクリスタルタイプになりましたし、
    やはり手帳にちょっとしたメモをされる際には
    消しゴムで後から修正のできるシャープペンシルが便利ですよねぇ。
    私なんかボールペンを使っていた頃は
    間違いの塗りつぶしでページが真っ黒になったものですよ(笑)。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業は特別なことじゃないよ

    しおりをつける
    blank
    Trocken
    ところでお客様、お子様はおいくつでいらっしゃいますか?
    そうですか、中学生ならまさに勉強盛りでいらっしゃいますね!
    まったく疲れないシャープペンシルなら
    お勉強もはかどられると思いますよ。是非この機会にお一ついかがですか?
    新発売の今に限って定価の3割引でご提供させていただいているんです!」

    個人にわざわざシャープペンシルを売ることはないでしょうし、
    企業に納品する大量ロットを扱った営業とはズレると思いますが、
    こういうことではないですか?
    誰にも迷惑のかからない嘘をからめつつ、
    その場の情報だけでなんとか売り言葉をしぼりだす。
    この内容に商品知識が必要ですか?

    営業は完全無欠なYesが前提です。
    どうしようもない商品でもそれを分かっていて売るのが使命です。
    逆にくだらない商品でもそれが役に立つ、
    ありがたいと思える価値観を持った人は必ずいます。
    営業はその掘り起こし要員と言ってもいいでしょう。
    積極性のないニーズはこちらからドアをたたくしかありません。
    またぶっつけ本番が基本です。商品知識など覚える暇があるなら
    知らない商品を2つでも3つでも余計に売って来い、ということです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    短大の入試面接で

    しおりをつける
    blank
    YOU
    トピ主さんの質問からは少しずれますが、
    短大(被服科)の入試で、
    面接官の後に貼ってあった先輩のデザイン画
    の中から1枚を選ぶというのがありました。

    その時は
    「どれを選ぶと合格なんだろう・・・」って
    すごく悩んで選択しましたが、
    入学してから先生に聞いた所、
    「どれを選ぶかじゃなくて、
    デザイン画を見た時に目が輝いてるかを見る」と。

    あと、パスポートが置いてあって
    「このパスポートでどこへ行きたいですか?」
    とかもありましたね

    面接も色々あるんですね。
    私もセールスは苦手なので、悩みそうです。

    無事、就職が決まりますように。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いい質問ですね

    しおりをつける
    blank
    営業事務女
    ムリな要求をされたときの営業マンの反応。
    勇気。
    言葉づかい。
    説得力。
    機転の利かせ方。
    など 見たかったのかもしれません。

    説得力がなくても 勇気があればプラスですし
    機転がきかなくても 言葉遣いがきれいであれば
    プラスになると思うのですが
    それらのひとつもが表現できないとなれば
    営業マンとしての 力をいざ本番で発揮させられるのか
    人事は不安を持つでしょうね。

    営業成績がいいとか悪いとかよりも
    たぶん営業に対する姿勢を見たかったのだと
    思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    質問攻め

    しおりをつける
    blank
    大屋政男
    面接の際、重要な事は、こちらから、質問をする事です。トピ主さんの場合、「このペンの長所と短所は?」「いつ、この型版が発売されましたか?」「どういう状況で、どういうお客さんが相手なのでしょうか?(つまり、その面接官はトピ主さんは、既に知っている顧客か、トピ主さんは、個人店主か、メーカーが企業に回っているのか。)」等、訊いてみると、相手が答えの中に、どういう反応を求められているのかが、読めると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    まず度胸かな

    しおりをつける
    blank
    0
    その面接で試験官が見るのは、まず、態度だと思います。怖がらずにチャレンジする度胸です。

    営業初めて、て分かっているんですから、手法なんて別に問うていないと思います。ましてや商品を売り込むのに最低限必要な知識が目の前のペンものなんて持っているはずも無いですから。

    拙いながらも自社商品を一生懸命勧めようとするかどうか。がんばって自分から話しかけようとするかどうか、とか。

    その上でセールストークが個性的であれば即戦力の可能性もありますけれど、独特のセールス手法を用いている会社なら、逆によそでついた『手垢』を敬遠するかもしれません。
    普段から自分が人に物を勧められる時、どんな感じの営業マンなら買いたいと思うか、想像するくせをつけてみましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    機転の利かせ方も見るところですね。

    しおりをつける
    blank
    元関係者
    元流通系企業の採用教育担当でした。
    あなたが未経験である事は判っての事ですよね?。そう言うやり方も有りだと思いますよ。もっとも、この辺は担当官の好みでも有るんですが...。
    私も、2~3度だけ似たようなやり取りをした事が有りますね。履歴書や経歴、話だけではどうしても決め手に掛けた時でした。そのうち1人は全くの未経験の方でしたが、受け応えから誠実な人柄が伝わり好印象を持ちましたね。勿論、採用しました。

    実際、営業職で採用後にもロールプレイングで研修を行う事は普通ですから、良い経験だったと思いますよ。まあ、傾向が判れば対策が取れると言う所なんでしょうが、大切なのは応用と機転ですので、慌てず対応出来るように心がけて下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    奈津子さん、なるほどです

    しおりをつける
    blank
    就活予備軍
    目から鱗です。
    いかに売り込むかではなく、お客さんに対する接し方ですか。
    そうですね。いくら頑張って売り込んでも独りよがりじゃお客さんは「はぁ?」ですね。

    僕も来年は就職活動で営業職で探すつもりでいます。いいお話を聞かせてもらいました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    フムフム

    しおりをつける
    blank
    匿名さん
    語学の才能があったら私なら日本語以外でわーっと話してしまうと思います。相手も外国語だと緊張するし
    結構たいした事しゃべらなくても語学力のアピールになり一石二鳥かと。
    後で突っ込まれたら外資系会社への売り込みケースですと。にっこりする。笑顔でいきましょう。

    それかいきなり面接の部屋を飛び出し営業顔で部屋に入るシーンから始める。他人と違うユニークさを売りに名刺出すまねしたり、、、そのうち面接官もはいそれで結構です。という事でしょう。 笑

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    他にも

    しおりをつける
    blank
    ななし
    みなさんペンの特徴、良い所を売り込もうとしてますね。
    状況によるかと思いますがペンを渡した面接官は今ペンを持ってないわけですよね?そこを突いてみても面白いかと思います。
    「今ペンをお持ちでは無いようですが採点にペンは必要ですよね?それならこのペンはいかがでしょうか?」
    机の前にずらっとペンが並んでたら無理ですけど。

    というのも物がよければ、それだけで売れる時代は終わってます。今はユーザの要求第一ですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    営業は奥が深すぎ!

    しおりをつける
    blank
    となりのとろろ
    営業全般担当です。

    営業自体は、お客様のニーズを少しづつ掘り起こし、自社
    の商品と照らし合わせ、売り込んで行く事です。

    又、要求されるポイントが合わない時は、自社以外の他社
    製品であっても比較検討し、利点を教えて上げます。
    なぜなら、その事により、次回にニーズが合点した時、再度
    声をかけて頂けるからです。

    今回のボールペンの営業ですが、2点あると思います。
    1点目は、その商品自体を販売する為に、その商品自体の
    利点を見つけ、お客様のニーズを聞き出し、互いに擦り合
    わせしながら、購入意欲を起こさせます。

    2点目は、ただボールペンと言う概念のみでセールス
    トークを行い、お客様のニーズを引き出すことに専念し、
    そのニーズを併せ持った新商品がこのボールペンなの
    ですと言うような営業トークをその場で創造致します。

    どちらにしても今回の面接は、イレギュラーに瞬時に対応
    出切る営業センスをチェックしたかったのでは無いかと
    思います。 営業は考えすぎても考えなくても駄目!
    ある程度、先天的な能力が必要です。
    でも、能力は磨けば光るもの。 
    諦めないで日々努力あるのみ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分を売り込む

    しおりをつける
    blank
    たん
    シャープペンなんて実際にはどれでも同じような性能で、値段も同じくらいで作れるでしょ。お客さんから見ればどれでもいいんじゃないの?じゃあお客さんは何を見て判断するのでしょうか。人です。今後も引き続き取り引きをしていく上で、その営業マンが信頼できる人なのかどうか。

    結局ビジネスと言っても人対人ですからね。シャープペンの商品説明を通してあなた自身の魅力や熱意を精いっぱい出すことが重要じゃないでしょうか。しかもそこは面接の場。なおさら自分を売り込む必要があります。もし自分が面接官ならそういうところを見るだろうな。

    一生懸命に商品を売り込む姿、熱意や誠実さが感じられるか。その人が信頼できる人なのか。「このシャープペンを使うと字が上手になりますよ」なんて言う営業マンは信用できないな。もちろん本当に字が上手に書けることを納得させるだけの話術があれば別だけどね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    面接官を驚かせる

    しおりをつける
    blank
    L子
    たぶんこれは、環境適応能力をみているのだと思うのですが。答えは1つではないので、幾つものパターンを考えられるでしょう。
    まず、「拝見」(観察・分析する。この間必死で考える。)
    1 「今どのような筆記具をお使いですか?」質問が一番簡単。(シャーペンは使わないと言われたら)「どうぞ手に持ってお試し下さい。まるであなたが今まで使っていたかのように手になじむでしょう。」
    2 (今使っているのがそれと同じだからいらないと言ったら)「慣れ親しんだ筆記具は故障したときに不便ですから、是非スペアとしてお持ちになりませんか。」
    3 (何を言ってもいらないの一点張りだったら)おもむろにペンを自分の胸ポケットに差込み「百円払ったらこのペンを返してあげますよ。」というのはどうでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0