詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    • ホーム
    • ひと
    • 友のために「心に響く言葉」教えてください
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    友のために「心に響く言葉」教えてください

    お気に入り追加
    レス45
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    アメジスト
    ひと
    私の幼なじみの大切な友人が、2年前に乳がんの手術をしたのですが今回の定期健診でもう片方の乳房にも癌が発見されてしまいました。
    友人は「取るしかない」と前向きです。でも話していると涙ぐんでしまう時もあります。

    そこで、毎日は会えない友人に心が癒されたり、元気な考え方ができるようになるようなメールを送りたいと思いつきました。
    今まで、つらい事があった時に私の心に元気をくれた言葉を書き溜めてあるのでそれを毎日送ってみようかと思っています。

    彼女の負担にならない程度に送る言葉の中で、ひとつでもふたつでも彼女の琴線に触れ、癒され、前向きになる気持ちを持ってもらえたら、と思っています。皆さんの座右の銘や元気が出る言葉、詩などなんでも結構です。教えてください、よろしくお願いします。

    昨日はこんな詩を送ってみました。

    ガンジス川

    危険から守り給えと祈るのではなく、
    危険と勇敢に立ち向かえますように。

    痛みが鎮まることを乞うのではなく、
    痛みに打ち克つ心を乞えますように。

    人生という戦場で味方をさがすのではなく、
    自分自身の力を見いだせますように。

    不安と怖れの下で救済を切望するのではなく、
    自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

    成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような
    卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
    あなたの御手に握られていることに気づけますように。

    (ラビンドラナート・タゴール『果物採集』より 石川拓治訳)

    トピ内ID:6189301234

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数45

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    いやー辞めた方が…

    しおりをつける
    😨
    うに
    お友達ご本人が話題にしないかぎり、そっとしておいた方が良いと思います。
    体調の良いときに、散歩や観劇などに誘って、一緒に友人として楽しめばそれで良いでしょう。

    トピ内ID:8059423401

    閉じる× 閉じる×

    ごめんなさいね、質問内容と異なりますが…

    しおりをつける
    blank
    想像
    大切なご友人に対するトピ主さんの優しい気持ちは、良く分かります。
    何かしてあげたい、居てもたってもいられないといった状況でしょうか。

    しかし…、ごめんなさいね、きついことを言うようですが、
    「座右の銘」や「元気が出る言葉」や「詩」をメールで送られるほうは、素直に「ありがとう」といえる状況でしょうか。
    結局、トピ主さんにご友人の気持ちは分からないと思うのです。
    どんなに共感をしたところで、健康なトピ主さんに、ご友人と同じ気持ちになることはできないと思うのです。

    ご友人は「アメジストちゃん、こんなに私のことを考えてくれて…ありがとう」と思うかもしれません。
    しかし、「何様のつもり?分かったような態度とらないでよ!」と逆にご友人には迷惑かもしれません。

    デリケートな問題ですから、毎日メールを送るとかは…少し配慮が足りないと思います。

    私だったら、気晴らしの為に本をおくったり(もちろん厳選)、もちろん朝晩は彼女の為に祈りをします。遠出をしたときは神社でお守りを買ってきたりします。

    何も言わずに傍に居るだけで、充分、力になっていると思いますよ。

    トピ内ID:7413425061

    閉じる× 閉じる×

    自分で考えた方が。。。

    しおりをつける
    🐤
    うーん
    あなたの大切なご友人なら、限られた語彙の中からでも
    あなた自身が考えたメッセージのほうがいいと思いますが
    いかがでしょう?

    あと、送られた詩のサンプルがのせられていましたが
    ・・・どうでしょう?ちょっと私には重い気がしました。

    彼女だって病気のことを忘れている瞬間があるでしょうに、
    そんなときにあなたからこのようなメールをもらったらまた病気のことを
    思い出させてしまいませんか?

    そこが心配です。

    トピ内ID:1033300133

    閉じる× 閉じる×

    親友からの言葉

    しおりをつける
    blank
    NQ
    僕が自分の結婚式のときに親友からいただいた言葉です。

    友人代表スピーチのときでしたし、主さんのような状況にはないとは思いますが、とても心に残っています。

    ウルフルズの「ええねん」いう歌があります。

    http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=18112

    30の男ですが、大泣きしてしまいました。

    きっと、主さんのお友達にも何か伝わるのではないかと思います。

    トピ内ID:7256796350

    閉じる× 閉じる×

    厳しいことを言うようですが

    しおりをつける
    blank
    あおい
    「心に響く言葉」って、理屈じゃないんですよね。
    あえてそういう言葉を探しているうちは、琴線に触れることはないと思うのですが。

    ここで、何か言葉を募って、自分の言葉じゃないものを送っても、本当に彼女を喜ばせることはできないと思います。

    トピ内ID:0800396316

    閉じる× 閉じる×

    大切な人へ

    しおりをつける
    タケ子
    ご心配ですね
    私も仲良しが、先日子宮がんの手術を受けました。
    おかれた身の運命に悔しさや・・・悲しみがおきて当然と思います。
    心から・・・同じ女性としてエールを贈ります

    自分の行為によってのみ
    人は自らの人生を
    完全なものに
    することができる         マーガレット・バーク=ホワイト

    前へ進むのも・・諦めるのも・・・人生という舞台では独り・・
    だから・・絶対的応援団として・・・見守っていたいですね
    負けない生き方が絶対的幸福と思います

    トピ内ID:3326739291

    閉じる× 閉じる×

    みんなちがって、みんないい

    しおりをつける
    blank
    あや
    NHK教育の番組「にほんごであそぼ」の中で元関取の小錦さんが歌う「私と小鳥と鈴と」の歌詞がおすすめです。
    金子みすずの原詩にメロディーをつけた曲ですが、とっても暖かくでいやされます。
    版権がよくわからないのでここに詩は書きませんが、「金子みすず 私と小鳥と鈴と」で検索すれば簡単に見つかりますし、Youtubeで小錦さんの歌を聴く事もできます。
    CD「みんなちがって みんないい」にも収録されています。

    お友達が元気になられますように!

    トピ内ID:7495496223

    閉じる× 閉じる×

    この場合の本質は、相手の意を聞くことにあるのでは?

    しおりをつける
    blank
    monshato
    母がガンの治療のために入院していたことがありました。
    病気や抗ガン剤の副作用の中、病気に負けたく無いという思いから
    食事を何とか喉の奥に押し込む日々が続いていたことがありました。

    ところが、ある日のある瞬間
    噛んでいたご飯の甘みを感じたことを、嬉しそうに私へ話してくれました。
    ご飯の甘みの中に、生きていることと、健康が回復しつつあることを思い
    慶びに全身が満たされたとのことでした。

    これは失うことによってもたらされた感動に違いありません。
    理屈では私にも分かります。しかし母のように失なう体験をして
    いないので、甘みに対する感動が私に生まれることはありません。

    だからと言って喪失体験をしようとは言いません。
    失ったものを追いかけるのではなくて
    失って初めて見えてくるものを深めて行くことの大切さを思いました。

    あなたのお友達は、今しばらくは治療と闘うために
    辛い日々が続くことと思います。その環境の中でしか見えないものに
    しっかり出会っていくことが重要だと思います。

    そして、あなたの友達が出会った何かを、あなたが聞いていくことこそ
    今のあなたに願われていることではないでしょうか。

    トピ内ID:1838561880

    閉じる× 閉じる×

    同じことをしています

    しおりをつける
    🙂
    魔法のコトバ
    大切な大切な友人が重篤な病にかかり、闘病生活を
    強いられています。
    なので、わたしも毎日友人へ負担にならない程度のメールを
    送っています。
    友人を元気づけるためもありますが、
    メールを送ることは、わたしにとって祈ることと同じです。

    かれこれメールを送り続けて2か月になります。
    やや先輩であるわたしがアドバイスできるのは、
    言葉だけでは、なかなか続かないということです。
    なので、
    YouTubeの動画+歌詞で、メッセージのある曲を送る
    きれいな風景や花の写真を写メする
    などを、ときどきします。

    祈りはきっと通じます。
    お互いに頑張りましょう。

    トピ内ID:1082816953

    閉じる× 閉じる×

    本当に親友の心を打つものは。

    しおりをつける
    blank
    プロ・グラマー
    そういう類の言葉を毎日送るのは重いかな、という気がします。
    美味しいものを持ってしょっちゅう会いに行くとか、電話するとか、そういうことにとどめておいた方がいいかもしれないな~なんて思いました。

    心を打つ言葉って、自分から欲して探すものであって、人から毎日送られてきてもかえって辛さが増すだけです。
    辛さはそのうち苛立ちに変わり、
    「偉そうなこと言わないで!あなたに私の本当の苦しみなんかわからないでしょ!勇敢って何?言われなくても十分耐えてるわよ!!」・・・と心の深い場所で叫ぶようになります。
    でも、親友が自分を想ってしてくれていることだから、嫌でも笑顔で「いつもありがとう」と言わなきゃいけない。
    そうなると、トピ主さんの優しさは”自己満足”になってしまうんです。

    それにね、
    本当に親友の心を打つものって、赤の他人の座右の銘やポエムなんかじゃなくて、親友の涙と笑顔ですよ。
    言葉に出ないところの、深い言葉です。

    トピ内ID:8450378251

    閉じる× 閉じる×

    ウザ過ぎる!!!

    しおりをつける
    😣
    おとめ
    乳ガンの再発した友人に毎日メールで名言送る???
    人の痛みが分からない、心の底からおめでたい人ですね、あなた。
    もしあなたが友人と同じ立場で、女性として大切な乳房を両方失うと分かったとき
    友達から毎日ガンジス川がどーたら~ってメールがきたら
    涙を流してありがたがれるわけ?????ねえ????
    私だったら、友人のためにお百度踏むかお茶絶ちします。
    で、そのことはおくびにも出さない。
    もし友人が完治して完全に病気と決別できたと分かったら、その時
    「実は、あんたがガンだって分かってから今日まで毎日神社でお祈りしてたんだよ」
    って告白するかも知れないけど。

    友達と同じ立場でもない人が、心に響く名言なんか送れるはずないでしょ。
    あなたが言葉でお友達を元気づけることなんて不可能なんです。
    ありがた迷惑だって、早く気づいてください。

    トピ内ID:8029489391

    閉じる× 閉じる×

    毎日はどうかと・・・

    しおりをつける
    blank
    パル
    最初に前向きとご自身でおっしゃっておきながら前向きになる為の言葉を
    というのも良く分かりませんが。
    そういう友を思いやる気持ちにだけは賛同できます。
    ですが過去の偉人達の言葉をただコピペして相手に送った所でそれは本当に意味があるのでしょうか?
    大切なのは過去の名言より、貴方自身で考え、貴方の想いが詰まった言葉だと思いますよ。

    トピ内ID:4436137899

    閉じる× 閉じる×

    高尚過ぎるよ

    しおりをつける
    blank
    名古屋小町
    私が彼女と同じ立場だったら、上記のような詩が送られてきたら、不愉快です。
    正直言って、辛気くさいです。

    >痛みが鎮まることを乞うのではなく、
    >痛みに打ち克つ心を乞えますように。

    実際痛い思いをするであろう人に、随分な物言いだと思いませんか?
    トピ主さん、こんな堅苦しい、古めかしい詩を病床で読んで癒されますか?

    私なら、もっと楽しくなるような映画とか本とかマンガとか、もし可能なら美味しいものとか、そんな単純な喜びを「さりげなく」呉れた方が嬉しいです。

    トピ内ID:6174218160

    閉じる× 閉じる×

    あまり「言葉」にこだわらないで

    しおりをつける
    blank
    オナガ
    まずはご友人にお見舞い申し上げます。治療が功を奏することを願っております。

    実は私にも、悪性腫瘍で治療中の友人がいます。住まいこそ近くはありませんが、入院中に犬をを預かった事もあるので写メを含めメールのやり取りは良くしていました。そんな中である時友人が「オナガは犬の保母さんをしてくれて有難いけど、それ以上に嬉しかったのは検査の結果の事でもパニックにならずに聴いてくれた事だよ。」といってくれました。また、「見舞いに、じゃなくて私を見に来た人とか、自分の気持ちを押し付けてくる人も病室に来て、そんな時には結構精神的にダメージを受ける」とも言っていました。勿論トピ主様がご友人に気持ちを押し付けているとは思えませんが、私自身は友人の言葉を聞いて「治療中の人にとって力になることって、必ずしも言葉だけじゃないのかもしれないな」と感じました。
    トピ主さんがご友人を労わる気持ちはたとえ気の利いた言葉がなくても必ず伝わると思います。けれどもしも会って話したり、メールしたりする中でトピ主さんが「心の底から彼女に伝えたい」と思う言葉が出てきたら、それを伝えればよいと思うのです。

    トピ内ID:3692693032

    閉じる× 閉じる×

    そっとしておいてあげたら?

    しおりをつける
    blank
    jun
    友人のため、という気持ちはわかりますが、
    元気付けようとか心に響くようにとか、
    それはトピ主さんの希望を押し付けることになりますよ。
    心に響く言葉は自分で見つけるものですし、
    一番苦しい時期にこの言葉に救われました、
    なんていうのはテレビの見すぎのようにも思います。
    私も3週間の入院を経験しましたが、
    もし健康な友人から自分に酔った「元気出せよポエム」が毎日届いたら、
    その人を嫌いになったかもしれません。
    病気になった本人は周りのために前向きを演じることもあるのです。
    放っておいてほしい場合もあります。
    仰々しい言葉よりも、お友達が望むことをしてあげるのが優しさではないでしょうか。
    元気になってほしい、というトピ主さんの気持ちを、
    お友達に押し付けるのは可哀想ですよ。

    トピ内ID:1513953934

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      えっ!?

      しおりをつける
      🐤
      ミマ子
      毎日送るつもりですか???

      なんだか友人にエールを送り続ける自分に酔っちゃってませんか?
      わたしだったら着信拒否しちゃいたくなりますけど。。。

      メールって、相手がどんな状況で、
      どんな気分の時に読むかわからないものですよ。
      しかも闘病中ならなおさら
      止めておいたほうが今後のためだと思いますよ!!

      トピ内ID:1684845727

      閉じる× 閉じる×

      私の場合ですが‥

      しおりをつける
      blank
      くり
      トピ主さんお優しい方ですね。お友達もそんなトピ主さんととてもよい関係なのだろうなと思います。
      私も今年、とても辛い事がありました(娘の病気がわかり、そして亡くしました)。その時に感じたことです。悲しみに寄り添ってくれた人、やがて私が前を向いた時にそれを理解して同じく前向きに接してくれた人、どう声をかけたらよいかわからないと正直に打ち明けてくれ見守ってくれた人‥みんな嬉しかったし温かかったです。
      たまに、どこかで聞いたような言葉で励ましてくれる人もおりましたが、それは私の場合少しモヤモヤしてしまいました。わかったような事を言わないで欲しいと思いました。私を思ってくれての事だと理解はするのですが‥。
      辛い時に涙が出てしまうのはしかたのないことです。色々と励ましたりせずに、温かいトピ主さんが寄り添ってくれているだけで、お友達にとって充分なのでは?と思いました。長々と失礼しました。

      トピ内ID:7101791378

      閉じる× 閉じる×

      追いつめちゃいそう

      しおりをつける
      🐴
      モリーナ
      アメジストさんが幼なじみさんを思う気持ちはよーく伝わってきました。でもね、ちょっと想像してみてください。毎日「負けるな、がんばれ、前向きに!」っていう言葉を受け取る彼女の気持ちは、果たしてうれしさ100%なのか。
      心を決めたと気丈にふるまっている彼女は、じゅうぶん自分の気持ちにムチ打っているんだと思います。そのうえに周囲から元気出しなよって言われ続けたら、その気持ちに応えようとして弱いところを見せられなくなりそうな気がします。
      きっと彼女に「がんばれ」って言葉をかける人はたくさんいるだろうけど、彼女がつらい時につらいって打ち明けられる相手は多くないはずです。幼なじみのアメジストさんは、その一人になれる可能性がある方なんじゃないでしょうか。

      トピ内ID:5514315788

      閉じる× 閉じる×

      えっ?

      しおりをつける
      blank
      うにうに
      毎日メールするんですか?

      ご友人は、病気で辛いのに
      心配かけないようにと明るく振る舞っているだけ
      かも知れないのに

      >痛みが鎮まることを乞うのではなく、
      >痛みに打ち克つ心を乞えますように。

      とか、キツイですよ。
      そんな詩送って何がしたいですか?

      「友人を心配して毎日詩を送ってあげる私って素敵!」
      って、自分に酔ってないですか?

      ヤメタほうがいいと思いますが。

      トピ内ID:0104073312

      閉じる× 閉じる×

      癌の親友である自分というものに囚われないで

      しおりをつける
      blank
      よつば
      私も癌の疑いが状態なのでよく癌になったらって急に怖くなる事もあったり暗い気持ちになる時もあれば、癌になっても前向きに生きるんだって気持ちの時もあります。

      もし自分が癌で私の親友がこういうメールを送ってきたらと考えてみました。残念ですが私はうれしくなかったし、この文章もまったく心に入って来なかったです。それはあなたの性格が悪いから、私の友人はそんな人じゃない。と思って下さっても結構です。

      トピ主さん、この文を読んで今辛い立場の人が皆勇気付けられる、心が穏やかになると本当に思われますか?「辛いときにこそ恵を感じられる人間になれ」って言われる事がきつい事だってあります。本当に辛いときにはそんな余裕ないんです。

      トピ主さんは本当に彼女の為に言葉を送りたいのですか?癌の友人にしてあげられる事やしてあげたい自分が中心になってませんか?他トピで夫を亡くした友人を助けたというトピがありました。その人も友人にそっとしておいてと言われているのに親友だから励ます連絡をしたいと言っています。

      私だったらですが、いつもと変わらずに接して欲しい。「親友」から「癌の人」に私を変えて見ないでって願います。

      トピ内ID:1016938131

      閉じる× 閉じる×

      止めときましょうよ・・・

      しおりをつける
      blank
      しちみん
      私だったら、あまり受け取りたくない内容です。
      「さっさと達観しなさい」と強制されてる感じです。
      善意だと分かるから「嬉しくない」と言えない、その分ストレスだけが増大しそうです。

      トピ主さん、浮き足立ってますよ。
      気持ちはとってもわかるけど、まずはあなたが落ち着いて。

      トピ内ID:8479975385

      閉じる× 閉じる×

      言葉は出会うタイミングが重要です

      しおりをつける
      🐧
      たっち
      人生のどのタイミングで『その言葉』と出会うかが重要だと思いますよ。
      その多くは試練の時。そして、自分の中の答えを引き出す切っ掛けとなる言葉・・・
      結局は自分で見つけるのです。それまでは、いくら名言でも『ただの言葉』でしかありません。
      あまり押し付けない方が良いのでは?

      「あなたは大切な人です」
      その気持ちを中心に一緒に過ごされる時、ご自分の中に生まれる言葉を吟味して伝えれば充分では!?

      他者の言葉では心の奥には届きませんよ。

      トピ内ID:0086217368

      閉じる× 閉じる×

      んー…

      しおりをつける
      blank
      なる
      トピ主さんの優しい気持ちはわかります。
      わかりますが…
      どうかなあ…

      私は、おととし胃がんで手術を受けました。
      早期発見だったので、今は元気にしていますが。

      例えば、トピ主さんが書いていらっしゃる、「ガンジス川」。
      とても良い詩だな、と元気な今は思います。

      でも…
      「痛みが鎮まることを乞うのではなく、
       痛みに打ち克つ心を乞えますように。」
      「不安と怖れの下で救済を切望するのではなく、
       自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。」
      例えば、このあたり、ちょっとなあって思います。
      痛い時、は痛みが鎮まることを乞います。乞いまくりです。
      病気の不安と恐れの中では、救済を切望してしまいますよ…

      トピ主さんが健康かどうかはわからないですが、その病気になったことのない人には、病気の人の気持ちはわかりません。絶対に。
      それがいいとか悪いとかではなく、当たり前のことと思います。

      トピ主さんの優しい気持ちはわかりますが、励まされる言葉を送ってもらうのは私だったら嬉しくないです…
      ごめんなさい。
      私だったら、普通に接して欲しいです。

      トピ内ID:5802030464

      閉じる× 閉じる×

      他人の痛みはわからない。

      しおりをつける
      blank
      拓馬
      会社の同僚で、白血病を投薬で治療しながら、働いている者が居ます。
      一錠6000円の薬を、毎日2回に分けて4錠飲んでいますが、医者には骨髄移植以外では、完治しないと言われています。
      ですが、彼の肉親の中からは、適合者は見つかりませんでした。

      彼は、毎日決まった時間に薬を飲むこと以外、普通の人と変わらない生活をしています。
      私を含め同僚は、特別な事は何もしません。
      普通に冗談を言う事もあれば、お酒を飲みに行く事もあります。
      彼の周りに居る人は、誰も彼が可哀想だとは思っていません。
      私たちと一緒に居る彼は、全くの普通の人だからです。

      トピ内ID:1679504563

      閉じる× 閉じる×

      トピ主さん、とても優しいお友達ですね

      しおりをつける
      blank
      おれんじぺこ
      私自身、同じ病気の疑いで精密検査を受けた体験があります。当時の恐怖や不安といったら、うまく言葉にできません。発病された方の苦しみは想像を超えます。少しだけそこに近い思いを味わった人間として言うならば、その時に、自分を慰めてくれたのは、ごく当たり前のことだったと思います。

      たわいのない話をして家族や友人と笑い、おいしいものを食べ、空の青さを見たり、道端に咲く花に見とれ、ふと聴いた音楽にわくわくし、お笑いのコントに吹き出す、本当に平凡なことが貴重でした。また、ふと自分で見つけたり、偶然のように目にするからこそ、貴重な言葉になるのかもしれません。毎日誰かからそれをメッセージされたら、私個人はちょっと厳しかったかなと思います。必死に励まそう、何とか力づけようという態度はありがたくも重い、これが本音です。

      何も言わずに休暇をとって夫が病院に付き添ってくれたり、仲間が仕事をフォローしてくれたり・・遠方の友人は、検査結果の出る日に、「ただ祈ってる」という一言のメールをくれました。誰も私に頑張れと言わず、示唆も与えませんでした。でも、シンプルな飾りのない態度に私は救われたので、老婆心までに・・。

      トピ内ID:0471289867

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        川村カオリさん

        しおりをつける
        🐤
        緑印
        川村カオリさんのblogと同じ詩ですね。

        誰かの言葉ではなくて、アメジストさんの言葉を伝えられた方が響くと思いますよ。
        でも、病気だってことを意識されると本人が忘れようとしている場合は余計に追い詰める気がします。
        何気ない心遣いが一番うれしいと思います。

        トピ内ID:8259574451

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんの友を思うお気持ちは素晴らしいと思いますが

        しおりをつける
        🐧
        夏色モモンガ
        私も、癌系統の病気で一昨年長期入院しておりました。
        ご友人は、自分の為に心を砕くトピ主さんの様な友人がいて、幸せだと思います。

        ただ、病魔と闘う苦しさや辛さは本人にしかわからないと思います。

        自分の経験から申して恐縮ですが、抗がん治療で抜け落ちてしまった頭用に、友が手縫いで作ってくれたナイトキャップが嬉しくて嬉しくて・・・。

        言葉より、心に届く物もあります。

        どうか、大切な友を思うそのお気持ちが暴走されません様に・・・と願います。

        トピ内ID:3950117086

        閉じる× 閉じる×

        意気阻喪

        しおりをつける
        blank
        大変なときこそ軽めに
        半年ほどある病を患ったことがあります。
        申し訳ないですが、そんな詩を毎日送りつけられたら、タイトル通りの気持ちになります。
        週1程度の間隔で、他愛のない話をメールしてくれたほうがよっぽどうれしいです。
        あと、おすすめの面白い本、笑える本やDVDのタイトルをおしえてくれたら、ありがたいですね。

        トピ内ID:1613237644

        閉じる× 閉じる×

        夫が癌でした

        しおりをつける
        blank
        yuka
        幸い初期でしたので、術後は検査に通って経過を見ています。まだ30代です。
        初期とはいえ、病を知った時の驚きや絶望は言葉には言い尽くせなかっただろうと思います。
        私も癌について勉強しましたが、知れば知るほど深い穴の中に落ちていくような気持ちになりました。

        夫は病について自分で勉強し、納得し、乗り越えてきました。そばにいても同じ苦しみを抱えているわけではない私には、訳知り顔で賢しいことなど言えません。

        自分が味わい、体感した言葉でない限り、無責任に相手に発するべきではないと私は思います。
        どれだけ相手を思いやっていても、所詮は同じ苦しみではないのです。
        トピ主さんが送った詩は、励ましではなく、諭しです。
        せめて本を薦めるに止めてはいかがですか。
        メールで送る内容ではありませんよ。

        トピ内ID:1534880759

        閉じる× 閉じる×

        いちばん嬉しかったのは

        しおりをつける
        😨
        キャンサーサバイバー
        去年、子宮にガンを発症しました。子宮と卵巣全摘出のオペをしてます。

        病名を知っている友人は少ないですが、一番嬉しかったのは「そんなの何でもないって感じにしてくれる事」でした。
        オペ当日の朝も「行ってくるよ」ってメールしたら「待ってるよ」ってそれだけ。それだけで良かったです。

        正直、トピ主さんの行動は私には逆効果です。

        トピ内ID:3629656271

        閉じる× 閉じる×

        やめたほうがいいような

        しおりをつける
        blank
        ボンバー
        落ち込んだ気分を癒す。病気に打ち勝つ。そんな言葉を読むということは
        病気と真正面から向き合うことにほかなりません。
        なによりも、彼女の病気に執着したあなたのメールを読むということ。
        それは闘病中の彼女に必要な癒しのひと時となりうるのでしょうか。

        トピ主さんはお優しい方ですね。
        でも、あなたがそこまで心を痛めていることは彼女にとってつらいのではないでしょうか。
        あなたとの絆が確かなものであるということこそ彼女の癒しではないでしょうか。
        彼女が励ましを欲したときは心を込めて送ってあげればいいと思います。

        トピ内ID:1112374655

        閉じる× 閉じる×

        大切なのは…

        しおりをつける
        blank
        M.O
        友人の心に響く言葉を羅列するのではなく、友人の心に寄り添う事ではないですか…?

        トピ内ID:4302795405

        閉じる× 閉じる×

        追記

        しおりをつける
        blank
        M.O
        あくまで、お友達と某ミュージシャンの捕らえ方は違いますよ。

        人の受け売りは避けた方がよろしいと思います。

        トピ内ID:4302795405

        閉じる× 閉じる×

        写真がいいです。

        しおりをつける
        blank
        すずめ
        魔法のことばさんも言ってらっしゃるように、きれいな花や景色の写真に慰められた事があります。デジカメで本人が撮ったものでした。

        一年近く体調を崩し、出歩く事が出来なかった時です。元気付けようとしてですが、他の人がいかに何年も悪かったか、そして克服出来たという話もダメでした。

        それから、仲間内でのユウモアのある会話(人を傷つけない)にも、ほっとしました。

        主さんが挙げているようなことばは、私ならストレスに感じ、人間性を疑ってしまうと思います。
        何も分かってない人に、お説教されているように思ってしまいます。

        ごめんなさい。

        トピ内ID:3208880344

        閉じる× 閉じる×

        くつろげる人に

        しおりをつける
        blank
        ともだちっち
        よつばさんのレスが、厳しいけれど、的を得ていると思いました。

        以前、友人がつらい出来事にみまわれた時、
        同じような経験を持つ義理の姉に「友人としてどう接すればいいのかな?」
        と相談したことがあります。
        義姉の答えは「今までどおりでいること。気が向いた時に、
        たわいない世間話や、冗談がいいあえる、くつろげる存在でいること。
        気持ちをおもんばかるのは、そっとそっと、自分の心の中でね」
        というようなものでした。

        ずしんと腹に響く答えでした。

        トピ内ID:8135135247

        閉じる× 閉じる×

        自分に何ができるかの前に、ご友人が何を望んでいるか

        しおりをつける
        blank
        みみちゃん♪
        これまでに、何人も病気や障害のある人に関わってきました。

        もちろん人にもよりますが、病気だからといって特別視せず、普段通りに接してもらうことを喜ぶ人の方が多かったです。病気や障害があっても、その人自身はそれまでと同じ人間なのですから。

        トピ主さんがあまり意気込んでしまうと、ご友人は毎日、自分は病気だという事実を突きつけられ、しかもその時の心に添わないかもしれない言葉で励まされ、返ってやりきれない気持ちになってしまうかもしれません。

        お友達にとって一番有難いことは、トピ主さんが今までどおりに接すること、でも彼女が望む時にはいつでも支えてあげられるように心の準備をしておくことではないかと思います。


        以前友人のお父様のお通夜と告別式に参列しました。お通夜の時は現実感がなく、儀礼的な挨拶しかできませんでした。でも告別式では、私は友人が今どんな思いでいるのだろうと、涙がこぼれそうになっていました。式が終わり、参列者に挨拶をしていた友人は、私の順番が来て目が合った瞬間、それまで気丈に振舞っていたのに突然嗚咽を漏らしました。何も言わずに2人で泣きました。言葉ではないんだと実感した経験です。

        トピ内ID:7641903013

        閉じる× 閉じる×

        ひそかに祈り続ける

        しおりをつける
        🛳
        ゆずりは
        私もトピ主さんと同じような境遇でしたが、他の方も言われるように、毎日メールはやり過ぎかと思います。お友達も疲れてしまうのではないでしょうか。そのかわり、毎日祈ってはどうでしょう?お友達のことを心から離さず、ひそかに祈り続ける。

        お友達には季節のたよりをするくらいにして、そのかわりに次にそのお友達に伝えたいことの本質を考えましょう。誰かの借りものの言葉でなく、自分が本当に伝えたいことのみを送りましょう。タゴールの詩といい、毎日メールといい、貴方はまだ何か飾っている気がします。
        友情の証を何か示したいと独りよがりな気持ちになってはいませんか。お友達の心を自分が癒したいという気持ちの様ですが、癒そうとして癒えるものでしょうか。何だか不遜な気がしてしまうんです。

        生きて、また会えること、その嬉しさ。お友達がこの世に在ってくれることの喜び。それを時々伝えるだけでも十分ではないでしょうか。受け取る方を傷つけないよう、負担にならないよう、そのことの方を気をつけられた方がよいと思います。
        そしてひそかに祈り続けましょう。何かを伝えなくても、それがお友達にしてあげられる最善のことかもしれませんよ。

        トピ内ID:6757417388

        閉じる× 閉じる×

        普通が一番

        しおりをつける
        15年ほど前に大病にかかりました。
        目の前が真っ暗になったとき、気が付きました。
        普通のなんてことの無い日々が、どれほど貴重で何ものにも替え難いものであったのか。
        その時、なにが一番欲しかったかというと「今までと変わらぬ普通の日々」でした。
        家族や友人たちも、私が何も言わなくても「普通に」接してくれました。
        本当は心配して色々なことを言いたかったと思いますが…。

        トピ主さんが送った詩は、みなさんが仰ってるように重いです。
        また、タゴールはインド人なので、ガンジスは彼にとって宗教であり神の化身です。
        トピ主さんのお友だちがヒンズー教徒、もしくは他の宗教でも敬虔な教徒であるならばタゴールの詩はすっと心に入るかもしれません。
        でもごく一般的な日本人の感覚(宗教に対して)だったら、その詩は響かないかもしれません。

        体が痛くて泣いていたとき、そっと手を私の手に重ねてくれた友を、私はガンジス(神)よりもありがたく感じました。

        トピ内ID:2533816959

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます(とぴ主です)

        しおりをつける
        アメジスト
        みなさまのレスひとつひとつ読ませていただきました。

        みなさまのおっしゃる通り私自身は大きな病の経験がなかったので、実際の友人の真の気持ちがわかっていなかったのかもしれません。
        みなさまのお陰で、いろいろと考えることができました。ありがとうございます。

        私は19年まえに2年間の闘病の末、兄を肺癌で亡くしました。毎日病院に通い、身を半分に引き裂かれる思いで、数年を過ごしました。

        それがきっかけでリウマチを発病した母の世話を18年間しています。

        3年前に44歳の夫が脳梗塞で半身が麻痺になり、小4の息子と母を抱え目の前が真っ暗になり、どん底の日々を過ごしました。
        幸いリハビリを頑張ってくれなんとか社会復帰できるようになりましたが。

        この4月には大好きだった叔父(独り者)の胃がんが見つかり、全摘をした叔父を家に預かり、世話をしていました。まだ今後も予断を許さない状況で心配です。

        今、現在進行形の乳がんの近しい知人が相談した友人を含め3人いてます。

        体の痛みは分からないけれども、心の痛みはよくわかるつもりでいました。いえ、分ったつもりになっていたのかもしれません。

        続きます。

        トピ内ID:6189301234

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(3件)全て見る

        ありがとうございます2

        しおりをつける
        アメジスト
        他愛のない話をメールで送る、きれいな写真を送る、おすすめの面白い本、笑える本やDVDのタイトルを教えたり、送ったりする、祈るなどとても参考になり、浮き足だたないよう、押し付けにならないようにしながら彼女の気持ちを考えて少しづつしたいと思います。

        彼女は35年来の友人で、私の父の葬儀の際も私以上に号泣し、私の方が慰める場面もあったほどの優しく、分かり合える存在なのです。

        普段は1時間ほど離れた所に住んでいるので、しょっちゅう会うというわけでもなく、電話もそう頻繁ではないけれど、なにかあった時には誰にも言えない思いをお互いに吐き出せる大切な人なのです。

        そんな彼女にどう言葉をかけたらいいのか途方にくれてしまい、ここに相談させていただきました。

        私自身の辛い時に何人かの人の言葉が支えになり、気持ちの持ち方を変え、前向きになることが幾度かあったので言葉の重みを知りつつ、皆様の言葉をお借りしたいと思ってトピをたてました。

        明るく、普通に。
        彼女に寄り添えるようにもいいちど考えてみます。

        トピ内ID:6189301234

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(3件)全て見る

        私の場合は

        しおりをつける
        blank
        ともだち
        3年前に乳がんの温存療法(手術+放射線治療)を受けました。

        親友には検査の時から話していましたが、彼女は私の話を黙って聞いてくれ、「できることがあったら言ってね」と言ってくれ、実際、すごい機動力で情報収集に協力してくれました。
        手術の前夜はアロマオイルを持ってお見舞いにきてくれました。私が気分転換に香りを使うことを覚えていてくれたのです。そして、またね~と言って別れました。
        気持ちが激しくアップダウンする中、彼女がそっと寄り添ってくれていたことは、本当に有り難かったです。

        他の友達も、みんな笑顔でいてくれました。終わったらカニ食おうぜ!と言われたり(ご馳走になりましたよ)、なぜか昆布茶をもらったりもして…和みました。

        ご参考になれば。

        トピ内ID:1357087065

        閉じる× 閉じる×

        求められたら、それをしてあげれば

        しおりをつける
        blank
        おっとっとおじさん
        アメジストさん、こんにちは。

        お気持ちとても分かります・・何かしてあげたい。
        でも求めてもいない事をしてもらっても余り嬉しくない(逆の場合もあり)。

        彼女が求めている事をしてあげる・・出来れば察してしてあげる。
        これが最も嬉しいと思うのですが。

        トピ内ID:1792889014

        閉じる× 閉じる×

        私なりの言葉ですが・・・

        しおりをつける
        blank
        ronnro
        とても、良い友人に恵まれて。トピ主さんの友人は幸せ者ですね。
        きっと、その友人さんはそのトピ主さんにいつも感謝していると思いますよ。
        それだけでもちゃんと生きる希望になっていると思いますよ。
        私なりの言葉で、あいまいなところがありますが、よろしければお伝えください。

        どんな状況になってもちゃんとその人に合う解決法やその状況だからこそ出来ることがちゃんとあります。きっと、あなたはそれに気づくでしょう。
        もし、気づいたら自然と動いてそれが生きる一つの糧となるようなそんな気がいたします。
        時にはさびしく一人しかいないのだと感じることもあるかもしれませんね。
        でも、実は一人きりではないのだということをいつも心に入れて置いてください。いつも自分のことを思ってくれている人たちがいるということを。
        それは、間違いのないことですから。

        そして、トピ主さんへもし出来ましたら自分の部屋から友人さんの病院に向かって「一人ではないよ」と思いながら手を合わせてください。それだけでもきっと違いが出ると思いますよ。

        トピ内ID:8556616195

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます

        しおりをつける
        blank
        アメジスト
        その後もメッセージをくださりありがとうございます。

        友人はまだ検査中ですが、経過はあまり良くないようです。
        話をして気が紛れそうならいつでも電話してね、と伝えました。
        気分転換になるならどこでも付き合うよ、と。

        おいしいものを食べに行こう!
        行きたかった旅行も行こう!
        言いたい気持ちでいっぱいですが、まだ今回の治療方針の決まらない彼女はトンネルの中を彷徨っていて、その先の明るい話はまだもう少し先かな・・・と思っています。

        電話では病気の話ばかりでなく、他愛のない話もたくさんしています。
        病の名前は違えど、同じ暗闇を味わった私の夫の話にも癒されているようで、時々夫とも話しています。

        今はとにかく、祈っています。

        ともだちさんのアロマオイル、彼女もアロマ大好きです。聞いて持っていってみます。

        おっとっとおじさんさん、察してあげたいと切望しています。

        ronnroさんの言葉は彼女にもそして私の心にも染みました。ありがとうございます。

        トピ内ID:6189301234

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(3件)全て見る

        あなたと似た人がいました。

        しおりをつける
        blank
        mimi
         仮にAさんとさせて下さい。誰かが癌になるとそれはそれはもうお祭り騒ぎでした。その人の病気を徹底的にインターネットで調べたり、
        とても心配だからと言うので周りの人に「相談」したり。お見舞いにも頻繁に行って、患者さんが泣いて喜ぶようなありがたいお言葉、詩などを届けていました。患者さんの家族も辟易していたそうです。でも本人はそういう「親切で優しい自分」に酔っていたのですね。
         何故この話が過去形なのかと言うとAさんは亡くなったんです。Aさん自身も癌との戦いに敗れてしまったのでした。彼女が亡くなった事は誰も知らなかったのです。彼女は自分が癌になった事は誰にも知られたくなくて頑なに口を閉ざしたので誰にも知られる事がなかったのです。ひっそりと亡くなったようです。
         自分が癌になって初めて、「周りに必要以上に騒がれたくない患者さんもいる」という事が分かったのでしょう。
         患者さんをどうやって助けてあげられるか?などネットなどで匿名で相談したり、本当に誰かが癌になると忙しく動き回る彼女でしたが、自分の癌となるととても口が堅くなったのには驚きました。
        周りの人にはよい教訓でした。

        トピ内ID:6719220573

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (3)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0