詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    脳の人称判断について

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    はぐ
    ヘルス
    25歳、女性、会社員です。

    新入社員のころ、会社主催のメンタル研修がありました。
    そこで、講師の方が、「人の脳は、一人称、二人称、三人称を判断できず、全部一人称と捉える。だから、人の悪口を言ったら、脳は、自分に対して言っていることと捉える…」というようなことを言っていました。

    それを聞いてから、人の悪口や会社での愚痴を頭で考えたり、口に出したりすると、自分に対して言っているような感じがして、すごく嫌な気持ちになります。
    なるべく、悪いことは考えないようにしているのですが、毎日働いていると愚痴を言いたくなるときもあり、言ってすっきりした後に後悔し、余計にストレスがたまります。
    一緒に研修を受けた人は、そんなの言ってた?という感じで、全く気にしていない様子です。

    私が考えすぎなのでしょうか?
    また、脳が人称を判断できないというようなことは、本当にあるのでしょうか?

    トピ内ID:0888508980

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そんな馬鹿な。

    しおりをつける
    🐷
    ブヒブヒ
    洗脳されてます。 もしくは講師の方の話を不十分に記憶しておられるか。
    テキスト見直してください。本当だとしたら、どんなメンタル研修ですか。ありえない・・・

    人の悪口は人の悪口、愚痴は愚痴です。自分のことではありません。
    それの違いが認識できないってどんなんですか? 

    ただし「言霊」という考え方もありますから、悪口でも、愚痴でも、品性を疑われるようなことを言うのはNGだと思いますけどね。使う言葉は選びましょう。 (言う相手もね)

    トピ内ID:7636517469

    閉じる× 閉じる×

    1つにこだわらなければすべて好転する

    しおりをつける
    インパクト
    因果の法則って昔からいわれています。

    因は行為で果は結果です。結果を導き出すのに条件をいれます。

    条件は縁と言われてます。

    条件をいれているのは自分の判断です。

    自分がすべてにおいてかかわってきていますので1人称と言っているのかと思います。出発点がかならず一人称ですけど相手がいるから自分と言う感覚がでます。1人称は実態でなく感覚や意識です。寝ている時は不在です。

    誰の事を話題にだしても記憶と言うのが邪魔をします。
    そんなの言ってた?と講師の話をパス出来た人は邪魔がありません。
    記憶は脳を可塑化して作られるとも言われています。空き缶を凹ませれば凹みが過去になにがあったかの記憶になります。凹みを治せば過去は消えると思います。

    講師はなんでそれを話題にしたのか。仕事だったからでしょうね。
    講師の話を自分にオーバーラップしていると思いますよ。
    講師は主さんの話をしていたわけではないのが真実だと思います。

    >私が考えすぎなのでしょうか?

    当たりです。。。

    2000数百年前から人間なんてそんなもんだと。
    お寺でも聞けますよ。

    トピ内ID:2704043534

    閉じる× 閉じる×

    程々に考える、程度で十分と思います。

    しおりをつける
    🐧
    天の川
    深く考えるときりが無い、或いは哲学の範疇を越え知らずに宗教性の濃い領域に踏み込んでしまうテーマでもあります。そういう考えもあるのか、と言う程度の認識に留めて置くだけで十分と思います。

    近年の大脳生理学では「言葉によって脳が受ける影響に、人称は関係ない」との報告が確かにあります。然しそれは「人称判断ができない」と言う事と、言葉は似ても意味は全く異なります。実際に誰もが「私、あなた、○○さん」を常に使い分けて生活しています。脳が人称判断できないなら日常会話すら成り立ちません。

    宗教的な観点では聖書のマタイ15章、哲学・精神分析の視点ではデカルトの「我思う故に我あり」で始まり、ユング、フロイト或いはマズローによる人間心理学の第1人称のパラダイムに一見通じる様に思えますが、大脳生理学とそれらは全く関係なく、純粋に医学医療目的のものです。

    大凡の研究結果は、あまりにも膨大な不明事象の僅かな一部を解明した(かもしれない)だけに過ぎません。それを一部の識者が持論展開に有利とみるや、語用論の裏づけにさもありなんと安易に使用する行為は、聊か客観性に欠ける気が致します。

    トピ内ID:0229107856

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0