詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 算数が好きになったきっかけを教えて下さい
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    算数が好きになったきっかけを教えて下さい

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    sun-soo
    話題
    小学一年生の娘が、算数に拒否反応を示しています。
    1学期は、繰り上がらない足し算や一桁同士の引き算など、算数の肝心なところを学んでいます。
    足し算はなんとかクリアできたようですが、引き算で苦しんでいます。

    家で勉強している時は、『5-3=2』を『ハイチュウが5個ある。3個食べたら弟に何個あげられるか』と文にしてみたり、絵を描いてみたりしていますが、娘の表情は強ばったままです。

    まだ勉強が始まったばかりだし焦ってはいないのですが、夏休みまでの数日、わずかですが学校で算数の授業が楽しみだな~と思えたら素敵だなと思い、みなさんが算数を好きになったきっかけを知りたいのです。

    夏休み、地道に娘と算数に取り組みます。
    2学期は笑顔で計算できたら嬉しいです。

    トピ内ID:3599438233

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    そろばん

    しおりをつける
    🐱
    yukinko
    小学生の時、算数が大の苦手でした。

    母がみかんやりんごを出してきて説明しても、いまいちピンときませんでした。それくらいダメだったのに、友達とそろばん塾に通い始めてから一気に問題は解決しました。
    そろばんで、+、-、×、÷の計算方法や小数点を含む計算のしくみが自然にできるようになり、また計算力がつくとともに文章問題もできるようになっていきました。
    なにより級が上がっていくにつれて、励みになり自信につながっていきました。お月謝もそんなに高くなかったと思います。
    そろばん、ホントにオススメです!

    トピ内ID:7673169540

    閉じる× 閉じる×

    ずばり珠算です

    しおりをつける
    blank
    NAVI
    桁が増えていっても筆算せずに暗算で答えが出せるようになります。
    筆算しない分、早く計算できますし、短期記憶も鍛えられるので
    もっと高度な計算も暗算でできるようになります。

    繰り上がらない足し算は50種未満しかないはずなので、
    スラスラできるまでやらないと引き算はきびしいかもしれません。
    いい2学期を迎えられるといいですね。

    トピ内ID:9090512967

    閉じる× 閉じる×

    焦りが伝わっているのでは?

    しおりをつける
    blank
    某塾講師
    某個別指導塾で講師をしていた者です。
    トピックの主旨と異なるかもしれませんが私の意見を述べさせていただきます。

    子供は親の焦りなどを敏感に感じ取ります。
    「この程度の計算もできなかったら先が不安」という、あなたの不安が子供に伝わっているのではないでしょうか。

    算数が好きな子供は、共通して(算数に限らず)できたことをお母さんにめいっぱいほめてもらえる子でした。

    つまり、成功報酬を与えることです。ものやお金ではなく、お母さんに認めてもらえることこそ子供が一番欲しているのではないでしょうか。

    トピ内ID:4647272666

    閉じる× 閉じる×

    いい点が取れてほめられてから

    しおりをつける
    blank
    うーん
    なので、1年生で躓いてしまった場合とは違いますね。その年なら、下手な文書の問いに置き換えてしまうと、国語、イメージ力の両方が必要になりますから。変に文にしないで慣れさせるほうがいいのでは?

    おやつに、カッパエビセンを使って、8個あるけど、ママに3つ頂戴ね。って感じで。

    トピ内ID:7070783680

    閉じる× 閉じる×

    教師のひとことです。

    しおりをつける
    🐱
    るみ。
    小学校の時、テストを返却した教師が「○番の問題(文章題)が出来たのは、クラスで一人だけでした。」と言ったことです。
    当事者だった私は「私ってなんて算数の才能があるんだろう」と感激しました。
    そんなわきゃないんですけど。
    100点じゃなかったし。
    でも幼かったのでそれで勝手にその気になり、大学まで理系で仕事にも善い影響を与えました。

    お嬢さんが問題を解いたとき、お母様が仰天してみてはいかがでしょうか?
    「えぇ!?もう解けちゃったの!?凄い!ドンドン得意になってきてるね!」
    なんて、どうでしょうか?

    私にも高校生の子どもがいます。
    ですからぜひとも、お子さんと一緒に嘆いたり悩んだりしないでほしいと思います。
    せめてお嬢さんの目の前では。

    「お母さんは自分も気づかなかった、私の長所を認めてくれる。」
    そんな素敵なお母様であってほしいと思います。

    トピ内ID:9629671003

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    sun-soo
    実は今日、娘が算数のテストで100点を取ってきました。
    先生にたくさん褒めてもらったと喜んでいます。

    昨日までの娘は、宿題をするときは自信なさげでイヤイヤやっている様子だったのですが、
    今日は自ら家庭用の問題集を長いこと解いていました。

    ひょっとして、先生の一言がよっぽど嬉しくて、自信につながったのでしょうか。
    宿題をしていても笑顔がこぼれ、ひとつ解けると喜んでいます。

    みなさんにいただいたレスを参考にさせていただき、2学期に向けて『嫌いな算数』から『楽しい算数』に転換できるよう、娘に寄り添って一緒に頑張って行きます。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:3599438233

    閉じる× 閉じる×

    剣 桃太郎

    しおりをつける
    🙂
    剣 桃太郎
    私の場合は、買い物です。
    100円貰って、(子供の頃は100円で相当なものが買えた)これとあれと、買ったらいくら残るので、次にあれを買ってと。

    >家で勉強している時は、『5-3=2』を『ハイチュウが5個ある。3個食べたら弟に何個あげられるか』と文にしてみたり、絵を描いてみたりしていますが、娘の表情は強ばったままです。
    なぜ、本当にハイチュウを出してやらないのかなと思います。
    それに、「弟にあげたくない」と思ってしまったら、おしまいですよね。
    まだ数の概念がしっかりしていないと思いますので、実際に物を出してやってみたほうがわかりやすいですよ。
    そろばんが良いというのも、実際に数字が物で見えるからだと思いますが、1桁+1桁がしっかりできていないと、そろばんも難しいのではないかと思います。
    私のように、お買い物をさせてみてはどうでしょう?
    ちょうど300円になるように5個お菓子を選べたら、買ってあげるとか、してみたら?お菓子に興味が無ければ、アクセサリーでも何でも。
    (スーパーだと端数が出るので難しいですが)

    トピ内ID:8872640658

    閉じる× 閉じる×

    情動の方が勝っているお子さんなのかしら

    しおりをつける
    blank
    オーソレミヨ
    本を読んだり、お話をしたり、の方が好きなお子さんでしょうか。
    だとすると身近に感じられない(特に意味を持たない)数字に拒否感があるのかもしれません。
    勉強のとき、と書かれていますが、まだ小学生なので、家事を手伝ってもらうという名目でそれとなくガイドしてみてはいかがでしょうか。
    たとえば一袋に5本にんじんが入っているとして、
    何本入っている?
    今日、カレーを作るのに3本使いたいから持ってきて、と頼む。
    あ、明日ジュースにしようかな、何本残ってるかしら?
    それ自体は5-3=2という計算ではありませんが、
    5、3、2という数字の持つ現実感を抱けるのではないでしょうか。

    トピ内ID:0356473831

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    san-soo
    先日、娘の担任の先生とお話しする機会があり、最近の娘の様子を聞くことができました。
    2学期に入ってからは授業に遅れることなく、算数に対して苦手だという感じは全くないとのことでした。

    毎日私が作った問題を一緒に解いたり、できたらほめたりを続けて、だいぶ彼女の自信につながったようです。
    今は繰り上がりのある足し算を勉強中ですが、こつがわかって楽しそうです。

    たくさんアドバイスをいただき、ありがとうございました。
    これからも娘に寄り添って、予習復習で頑張って行きます。

    トピ内ID:1757957811

    閉じる× 閉じる×

    ハイチュウの例が、いいと思います。算数好きになれそうです。

    しおりをつける
    blank
    I.I
    意外な話ですが、算数が不得意だった子は、中学で数学に切り替わってから、数学で伸びて、高校・大学と理系を専攻する程、得意になったりする。
    ぎゃくに、算数が得意だった子は、中学以降に数学に切り替わってからは、意外と伸びない。
    勿論例外もありますが、こういう事も稀にあるようです。
    絵に描いてあげたり、文章題で例題を作って練習させるのは、面白みが分かるようになって、近いうちに算数が得意な子になると思います。
    私もこれで、算数が好きになりました。
    算数・数学とは、単純な計算をするだけの世界ではなくて、実用的で、どうすれば早く物が数えられるか。を知られて、おもしろい・便利だと感じました。

    トピ内ID:9953168183

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です!↓HNを間違えてしまいました

    しおりをつける
    blank
    sun-soo
    I.Iさん、レスありがとうございます。
    私も中学で数学が好きになりました。
    苦手なものが好きに変わるまでとても努力がいるけれども、感動的ですね。

    ↓のHN、san-sooはトピ主本人です。
    久々に投稿して、間違ってしまいました。
    すみません。

    トピ内ID:1757957811

    閉じる× 閉じる×

    高校数学

    しおりをつける
    🐤
    もず
    私も小学1年生(1963)のとき、自宅で「引き算」するのに数字を物にたとえて考えていました。ただその手法はちょっと違い、「5-3」でしたら、

    まず部屋の中を見渡して「5つ」の物を選ぶ。次にそのなかから「3つ」の物を外した(捨てた)としたら、後に何がいくつ残っているか というふうに考えました。これは自分で考えた方法です。しかしその数が増えていくと、たとえば「51-33」もう部屋の中の物では対処不能になり、紙に絵を描いて計算しました。そのうち紙に書かなくても計算できるようになりました。

    算数はとうとう好きになれずに(嫌いでも計算はできます)中学。中学では図形の証明が苦手・面倒、因数分解は練習問題を数多く解いているうちに解き方の直感が養われ、解けても偶然だよ と感じていた。

    工業高校へ進学し、工業高校というところは「専門課程」は数学と物理のかたまり。たまたま数学教師の非常にわかりやすい授業でやっと数学が好きになりました。微分・積分の考え方の美しさに感動しました。感動して好きにはなりましたが成績は悪かった。

    就職して30年間数式と縁が切れない仕事に従事していました。

    トピ内ID:2207443962

    閉じる× 閉じる×

    高校生の時の発想の転換がきっかけですね

    しおりをつける
    😑
    鈴木
    5-3=2
    当たり前ですね。

    では、こう考えたらどうでしょう?
    ○-○=2

    私は今まで【算数の答えは1つ】と考えており
    それがやるせなくて大嫌いでした。
    しかし、【答えは1つでも解き方は無限大にある】と自分自身で気づきました。
    (本当に当たり前なんですけどね)

    それに気づくと
    【答えを出す】に快感を持つのではなく
    【答えを導き出す】に快感を持つようになり
    数学の授業では常に数10ページも勝手に先に進み
    わからなくなれば先生に自主的(授業中ではなく休憩時間等)に質問。
    どんどんとのめり込んで行った記憶があります。

    公式も【公式を覚える】のではなく、
    【なぜその公式になったか?】を自分自身で理解していた為
    試験勉強などしなくても常に学年5位以内をキープ。(数学だけ)

    当時の数学の先生には大変お世話になりました。
    気づけば大学レベルにまで達していたので
    先生もわざわざ調べて下さったりと…本当に感謝しています。
    しかも推薦枠を設けて下さったのに…私はそれを蹴って夢を追いかけて…。

    今は亡き恩師に、この場を借りてお礼申し上げます。

    トピ内ID:6035459689

    閉じる× 閉じる×

    ご参考までに

    しおりをつける
    blank
    マヤ自然システム

    ・その計算を、いつ実地の生活に使うかがわかる とき
    とか

    ・美しい とおもえるとき(数学になりますが幾何や定理)
    とか

    そのあたりが、算数・数学の面白みだと私は思っています。
    ご参考まで。

    例(あまりいい例がおもいつきませんが、とにかく
      社会と関連づけて、生活などする上で、計算する機会があるよ、と。)
    ・この文房具を買いたい、金額はいくら、
     ならば何回お小遣いをためる必要があるか
    ・会社では原価や売上げなどをどう計算しているか、
     市場をどう計算しているか
    ・地頭力の話のフェルミ推定のようなことを考えるとき
     (全部でいくらあるかを、
      いくつか要素材料となる情報から組み立てて予測する考え方)

    追記
    ・寄り添うというよりも、
     一緒に考える、というのがいいような気がしました。

    トピ内ID:0700593939

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0