詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 【産活now】出産の思い出、聞かせてください
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【産活now】出産の思い出、聞かせてください

    お気に入り追加
    レス65
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    橋本紡
    話題
     「出産・子育てについて、みんなで語り合いたい」と、作家橋本紡さんをナビゲーターに始まった「産活now」。1回目の公衆授乳には、多くのご意見を寄せてくださり、ありがとうございました。2回目のテーマは「出産百景」です。
     橋本さんのつづる「出産百景」には、出産の大変さを「すぐ忘れちゃう」人、橋本さんと2人目を競う友人が登場し、立ち会い出産についてもふれられています。詳しくは、「大手小町」の「産活now」でお読みください。
     発言小町でも、出産はまさに十人十色、百人百様です。かくいう大手小町編集部員たちにも、立ち会い出産、自宅出産、水中出産と様々な出産体験があります。あなたの思い出は? 望む出産は? 皆さんの体験や、ご意見を聞かせてください。

     ※編集部、あるいは橋本紡さんから、メール等で連絡を取らせていただく場合がありますので、あらかじめご了承の上、投稿してください。

    トピ内ID:6345140988

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数65

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  65
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    それぞれ異なった二人の出産

    しおりをつける
    🐤
    アラフィフ
    男の子を二人生みました
    第一子は、主人立会いの下、実家近くの父の友人の産科でした
    順調に妊娠期を過ぎ、予定日を10日過ぎても陣痛がなく、もうすぐ2週間になるという時に陣痛は始まったものの微弱で3日眠れない日が続き、極度の体力の消耗と胎児の心音も微弱になり、最終的に吸引で引っ張り出しました
    母子手帳には分娩26時間と記載がありますが、本当に苦しかった出産でした
    その思いからなかなか二人目をと考える余裕がなく第2子妊娠まで5年かかりました
    もう二人目はできないだろうと思っていた矢先の妊娠でしたので、すごくうれしいはずが、同時に子宮が前癌状態であることがわかり絶望的。
    状況によっては最悪胎児ごと子宮の全摘出、そこまで悪化しなくても胎児が650gになるのを待って帝王切開による出産・・・と過酷な精神的に追い詰められ泣いてばかりの妊娠初期でしたが状況は悪化することなく、月満ちて予定日どおりに3200gの次男が誕生しました
    明け方4時に陣痛が始まり6時入院9時出産、驚くほど早くスムーズな出産でしたが、産まされた第一子でしたので、二人目は産み方がわからず、これまた痛い苦しい出産でした

    トピ内ID:5441068812

    閉じる× 閉じる×

    自宅出産が理想でしたね

    しおりをつける
    🐤
    マヌカ
    と、言うものの、実際は、妊娠6ヶ月から点滴入院の後、一度も退院できないまま緊急帝王切開で出産しました。
    (3ヶ月に及ぶ24時間点滴ベッドだけ生活は全く自由が無く、途中何度か気が狂いそうでした)

    自宅出産などと贅沢は言わないから、安静入院が嫌などと我侭も言わないから、せめて、下から産みたかったなぁ。
    自然に出産できた皆さんが本当に羨ましかったです。(羨んでも仕方が無い事ですが)
    でも、産後5年も経つと、もうどーでもいいやといった心境になりました。
    子供も大きくなると、出産形態などよりも重大な関心ごとがどっと増えるので。

    他人と自分の出産を比べられるのって、何だか嫌な感じですよね。
    みんな違ってみんな良い。で、良いじゃないって思います。
    (子供もみんな違ってみんな良い)

    トピ内ID:0542532538

    閉じる× 閉じる×

    私達の立会い出産

    しおりをつける
    blank
    pear
    夫の立会い出産が決まっていましたが、陣痛が始まり病院に行くと夫だけ帰され、一人で痛みに耐えました。
    一晩中、痛みで目が覚め、痛みが去ればまた寝る、ということの繰り返し。
    明け方やっと手術室に入りましたが、夫はまだ来ず。看護師さんの落ち着いた様子に(私はこんなに痛いのに、どうして・・・)と泣けてきました。

    術台の上で、どうすればいいのか分からず時間だけが過ぎていきました。
    先生に指示されても、どうしたらいいのか分からないのです。
    先生の言うとおりにするともっと痛くなるような気がして言うとおりにできずにいました。

    しばらくして、やっと夫が駆けつけ私の頭の横に立ち、私の手を取りました。
    私はその手を思いっきり握り締めました。
    夫は、先生の指示をそのまま私に繰り返し伝えました。
    すると、それまで拒絶していた私が、夫の言うことには素直に従うことができました。信じていたからでしょう。
    恐怖に打ち勝てた瞬間でした。
    それからしばらくして生まれました。
    幸せな出産だったと思います。一生忘れません。

    トピ内ID:3730318140

    閉じる× 閉じる×

    日曜日から水曜日まで

    しおりをつける
    🐤
    ぷうこ
    日曜日の明け方陣痛が7分おきになり、
    三日後の水曜日に帝王切開。

    子供のあごと胸が離れていて
    途中でつっかえていたため、おりて
    きませんでした。

    陣痛促進剤を点滴して、分娩台にまで
    上っていきみまくったのに。

    3年間、妊娠は避けてました。

    トピ内ID:1231558075

    閉じる× 閉じる×

    初めての出産。

    しおりをつける
    🍴
    今年4月に第一子の女の子を出産しました。
    予定日を10日過ぎて、陣痛促進剤を使い立会い出産でした。
    促進剤を使用することをよく思っていなかった医師である父が心配していたとおり、子宮口も開いてない状態で陣痛を起こすということは本当に想像を絶するほど大変でした。病院側は書面を使っての説明のみ、詳しくは教えてくれませんでした。朝9時から促進剤を点滴で投与、陣痛を起こさせながら、子宮口が開くまで待つ。本当に大変でした。

    吐き気、体中が痛く、呼吸もうまくできない、助産師に言われた「いきみをのがす」ことも理解できずにのがせない、助産師も忙しいからかほっとかれている状態でした。そして、たまたま覗きに来た助産師に9cm開いて破水と出血していると言われました。
    その時午後3時前、夫に連絡し分娩室に来た時の顔をみたら、それまで陣痛にもがき苦しんでいた不安が消え、呼吸器をつけて夫に汗を拭かれながら、分娩はその後45分ほどで女の子が産まれました。

    本当に出産は大変でした。それの一言につきます。でも同じように母も私を産んでくれたのだと実感できてすごく嬉しかったですし、可愛いわが子にも会えて本当に嬉しかったです。

    トピ内ID:9658278261

    閉じる× 閉じる×

    タイミングの悪い我が子たち

    しおりをつける
    太郎と次郎
    2児の母です。上の子は37週の検診で『初産だし、まだ産まれないでしょう』と言われた次の日に突然産まれ、出産予定日に合わせて休みを取っていた主人と、私の母の予定を大幅に狂わせました。
    下の子の時は、35週で出血し、切迫早産で緊急入院。36週に入ったとたん出てきてしまいました。
    その日は主人はある資格の4日間の集中講習の初日で、試験があるのを知っていたので、動揺したらいけないと思い、病院に来ていた母に試験が終わる夕方まで主人には産まれたことを知らせないでくれ、と頼みました。ところが又聞きの状態で聞いた義妹が事情を知らず主人にお祝いメールを送ってしまったのです。
    義妹のメールで初めて出産を知った主人はすごい顔をして病院に来ました。
    喜ばしい出産の場面にもかかわらずその場は凍りつき、『俺一人教えてもらえなかった』とちくちく嫌味を言われ、無事親子で退院したものの本当に緊急入院だったため、家の中がぐちゃぐちゃで、退院した私の最初の仕事は子どもの世話ではなく、たまりにたまった掃除でした(泣)。

    トピ内ID:4612697788

    閉じる× 閉じる×

    一人目の出産は総合病院でした

    しおりをつける
    blank
    アンナ
    出産もクライマックス、分娩台に乗っていきむことしばし。
    赤ちゃんの頭が見えますよ~の段になって「ちょうど研修生が来ていますので見学しても良いですか」って言われて。
    嫌とも言えぬままばっちり見られて、まだ10代と思われる研修生4~5人に「うわー」だの「うそー」だの「イヤダー」だの言われて散々でした。
    産後すぐ抱っこしてポラロイドで撮影することも聞いていなくてモタモタ。
    そんなドタバタ出産だったのに、写真の私はすごい余裕の笑顔で微笑んでいたのは自分でもびっくり。
    二人目は個人病院にしました。

    トピ内ID:7971946133

    閉じる× 閉じる×

    高齢の初産でした

    しおりをつける
    🙂
    まる
    今年の4月5日に第一子の男の子を出産しました。
    39歳目前に妊娠が分かり、高齢出産で色々心配しましたが、
    ほぼ予定日(4月4日)どおり、生まれてきました。
    今のところ、母子ともに健康です。
    私の場合、4月4日の午前2時半ごろ破水し、
    車で10分程の病院に実父、実母とともに入院。
    実父は帰宅し、夫、実母とともに陣痛室で待機しましたが
    翌日の4月5日の午前3時ぐらいまでほぼなにもなし。
    それから、本格的な陣痛が始まり、
    4月5日の午前7時過ぎに分娩室に移動し、7:47分に生まれました。
    産声を聞いたときの感動は忘れられません。
    また、夫が陣痛のときに心底心配してくれ、助けてくれたのも嬉しかったです。
    分娩には夫と実母が立会い、私の後ろに立って、肩に手を置いていましたが、実母の手が小刻みに震えていました。
    生まれるまでは正直「赤ちゃんって、可愛いのかな?」などと思っていましたが、生まれると、すっかり親ばかでメロメロです。

    トピ内ID:1531760034

    閉じる× 閉じる×

    今月出産しました。

    しおりをつける
    blank
    すいか
    破水したのが、予定日を6日過ぎた朝でした。尿漏れかと思うくらいで陣痛もこなかったので、ひとり入院セットのバッグを持って、自分で車を運転して病院へ。そのまま陣痛がくるまで病院で待機することに。
    夫は仕事を片付け夕方になってから病院へ来ました。でも私は、陣痛に耐える姿を見られるのが嫌で、夫に手を握ってもらったり腰をさすってもらったりを一切拒否し、普通に横でTVを見ててくれとお願いしました。本音は部屋から出て行って欲しかったけど、言えなかった。
    立会い出産にしなくてよかったと思ってます。気が散って集中できなさそう、という自分の予感はあたってました。

    出産は初産にしては短時間で、もっと長くかかると思ってたからアレ?!という感じでした。痛かったけど、陣痛の痛みの方がジワジワくる感じで、私は嫌かな。
    先生や助産師の会話や動きを、結構冷静に観察してました。

    トピ内ID:2983335189

    閉じる× 閉じる×

    子どもの立会い

    しおりをつける
    blank
    絶妙
    下の子の分娩は、夫と息子(もうすぐ4歳になる3歳)が立ち会いました。

    もうすぐ赤ちゃんが出てくる・・・今か今かと言うときに、
    息子、「おしっこ!!!!」

    「え・・・う・うまれるよ??」という助産師さん。

    「待ってて!!」と息子はトイレに。
    待てるものと待てないものが・・・・・。
    それにしても緊張感のない・・・。
    おいしいとこ全部持ってった息子は無事赤ちゃんが出てくるのを
    見届けることができました。

    でも、やはりお母さんから赤ちゃんが出てくるのはびっくりしたらしく、
    (ちゃんと事前にレクチャーはしてましたよ)
    固まってました(笑)

    トピ内ID:7119998548

    閉じる× 閉じる×

    育ちすぎた我が子

    しおりをつける
    🐧
    もえもえ
    出産間近で健診の間隔が早くなった時に「赤ちゃんあまりおりてきてないですね」と言われて併せて「うーーん、ちょっと大きいね」と言われ、その後の健診の度に言われ続け、予定日の健診の時に「赤ちゃん大き過ぎて…もしかしたら4000くらいあるかも…お母さんの身長(150前後)では普通分娩は難しいですね。これ以上待てないので明日の夜から入院して下さい」と言われたのですが、その晩の3時頃に風邪を引いていた私はお腹に違和感を感じてトイレに行ったら出血していたので慌てて産院に電話して母に産院に連れて行って貰いました。診断の結果、破水という事で入院。
    次の日先生からは「今日陣痛が来なかったら明日、帝王切開で出産になります」と言われましたが、陣痛はまったく来ず、次の日に帝王切開で子供を産みました。手術台に乗せられた瞬間、怖くなって出産を拒みましたが(笑)そんな意見は当然無視され、麻酔を撃たれて開腹されて子供が出てきました。3500越えの大きな子でした。出てきた瞬間、夫にウリ2でしかも「ひ○にゃん」にソックリで白くて丸かったです(笑)

    トピ内ID:3683082961

    閉じる× 閉じる×

    気絶しかけました…

    しおりをつける
    blank
    ジニ
    昨年末に男の子を産みました。
    前日の検診時には「出産の兆候なし」だったのですが、
    夜中に突然、破水し、その17時間後に我が子と対面しました。
    出産経験者から話は聞いていたのですが、出産は想像を絶する
    痛みでした。
    妊娠中、15キロも太ってしまったために、産道に堅く、狭くなって
    しまった上、息子が大きめだったこともあり、吸引を3回しても
    出てきませんでした。
    最後は助産師さんがお腹に乗って押し出して下さったのですが、
    その際に肋骨を痛めてしまったらしく、産後も本当にきつかったです。
    「もう2度と出産はしたくない!」と思ったのですが、今、お腹には
    年子となる第2子目がいます。
    これから出産なさる方は、くれぐれも太り過ぎに注意して下さいね。

    トピ内ID:0869923799

    閉じる× 閉じる×

    金曜日入院、日曜日出産

    しおりをつける
    🙂
    アリエル
    妊娠したとたんに切迫流産になり、産むまで切迫早産との戦いでした。
    予定日を過ぎてもうんともすんとも言わないので、立ち合い希望だったのもあり、
    金曜日に入院し、錠剤の促進剤を飲み、張るだけで終わり、土曜日の早朝から点滴に切り替えました。
    夕方4時過ぎにやっと陣痛になったものの夜8時には2本目の点滴も終了してしまい、これ以上はダメということで休憩。
    夜中に陣痛は遠のき、日曜日の朝再び点滴開始。10時に陣痛が戻りましたが、あまりに痛くて夫の腕に何度も爪を立ててしまいました~。

    痛みで人は吐くというのも体験しました。吐くのが怖くて食べられず、食事は夫に全部食べてもらいました。

    いよいよいきんでみていいよと言われた時、出産なんてしたことないし、いきんだこともないので
    一体どこに力を入れればいいのかわからず、あちこち力を入れてみたりしました。
    そしたら、助産師さんが「うんちするのと一緒よ!」と言ってくれたので、同じように力を入れたら
    「そうそう、上手!」とほめられまして(笑
    そして分娩台に上ったら、たったの20分で生まれてくれました。
    ものすごい達成感でした。

    トピ内ID:9633613549

    閉じる× 閉じる×

    頭のでかい2人のわが子の出産は命がけ

    しおりをつける
    🐴
    肉食主婦
    4歳の息子は、予定日を1週間過ぎても出てくる気配がありませんでした。入院して陣痛促進剤を使い、子宮口全開になったところで、緊急帝王切開。3800グラムで、頭の大きさが1か月検診の子供とほぼ同じだった息子。胎便もでてしまっていて、羊水もほとんどなく、危険な状態でした。仮死状態で泣き声が聞こえなかったので、とても不安でした。帝王切開後、私自身が血圧が200近くまで上がり、危険な状態となりましたが、その後は落ち着きました。出産は命がけということを実感しました。

    1月に出産した娘は、予定帝王切開だったのですが、やはり帝王切開時に異変が…。麻酔の後、血圧が下がったようで、目の前がだんだん白くなり、オペ室のスタッフの声が遠くなりました。腰椎麻酔では意識がとぶはずがないことがわかっていたので、思わず「先生、私、遠くにいってしまいそうな感じなんですが、大丈夫ですか?」と声をかけました。三途の川をわたって戻ってこられなかったら大変なので。血圧をあげる薬を入れてもらって、その後は無事切開となりました。娘をとりあげた先生の一言が「でかっ!あ、でも頭だけか」。遺伝なんで仕方がないんです!

    トピ内ID:5083785191

    閉じる× 閉じる×

    フルコースというそうですが

    しおりをつける
    blank
    ちかる
    午後に破水して入院したものの、本格的な陣痛が来ず翌朝9時から促進剤を打ちましたが、夕方になっても子宮口が全開にならず痛みはマックス!胃がほぼ空なのに吐きました。
    促進剤って子宮収縮を促す分、普通分娩より痛いそうですね。後で、普通分娩ならもう生まれてるレベルの痛みだったと言われました。

    子宮口がようやく8センチになった頃、赤ちゃんの心拍低下が続いて中々戻らない状態に。陣痛の度、スタッフが走ってきて私の体の向きを変えたり、酸素マスクをつけられてなんだかおかしいな?と思い始め・・・
    分娩台の上まで行ったのですが、赤ちゃんが絶対出てこられない向きになってしまっていて心拍低下が続いてるとのことで、緊急帝王切開に。
    結構危ない状況だったらしく、スタッフ10名近くが走り回り、ドタバタと手術室に運ばれました。痛みで、手術の説明なんか聞いてられませんでした。

    夫は立ち会いの予定だったのですが、手術になってしまったので立ち会えませんでした・・・

    陣痛もフルに味わい傷跡も痛くて散々でしたが、生まれてきてくれただけで本当に嬉しいです。癌の治療をしてから授かったので・・・

    トピ内ID:3812445615

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      1人目帝王切開・2人目普通分娩

      しおりをつける
      blank
      レア?ケース
      2人とも同じ総合病院・同じお医者様で出産しました

      1人目は 逆子が治らなかったため 
      お医者様と相談して 日も決め
      主人も両親もスタンバイして出産。

      1人目が帝王切開だったため、2人目は「普通分娩はできないだろう」と
      当然のように前回同様、手術の日程を決め さあ明日から入院だな、という
      その日の深夜、陣痛とおしるしが!

      急遽 病院へ行き内診を受けたら
      「子宮口も柔らかいし 頑張ってみますか?」と言われ
      えええええ~~~~~~!!!!と 頭が真っ白に。
      手術と諦めていたので 主人もいない・・・
      でも 頑張ってみたい!!

      分娩室には 4・5人の医学生がいて
      「レアケースなので 勉強させていただけませんでしょうか?」と頼まれ
      数人の看護師のたまご(学生)が
      「お願いします!立ち会わせてください!」と頼まれ・・・

      こっちも予期せぬ普通分娩で燃えていたため
      「好きにしてくれ!!!」と出産に集中・・・

      12時間後 無事に普通分娩できました。
      妙に 熱気に包まれた出産でした。

      トピ内ID:8195470078

      閉じる× 閉じる×

      船の時間ばかり気にしてた臨月でした

      しおりをつける
      blank
      カーサン
      産婦人科の無い島に住んでいるため、通院は車+船+電車orタクシーでした。夜間は船が動いていないため、夜中に産気づいたら橋がある隣の町経由の陸路で産院まで2時間かかります。その車中で生まれてしまう事もあると聞いてたので、とにかく昼間に生まれてほしくて、臨月の週末は夫と二人荷物を全部持って産院のある町でぶらぶらしてました。
      結局夜に破水したんですが少量だったため、翌朝の船で産院に行き入院、その日の夜中に生まれました。生まれた日の朝は大雪で橋も凍結。なんてタイミングのいい息子だ!と思ったのを覚えてます。
      その子も3歳半、そろそろ二人目がほしいと思いつつ、あの大変だった通院の日々を思うと躊躇する気持ちも。産院も減ってるし、産みにくい世の中です。

      トピ内ID:5740661203

      閉じる× 閉じる×

      横ですが 「産活」という言葉に違和感

      しおりをつける
      blank
      北米在住
      「就活」が「就」職をするための「活」動で、
      「婚活」が結「婚」をするための「活」動であることを受けての「産活」ということであれば、
      「産活」とは出「産」をするための「活」動となりますよね。
      ということは、生殖活動そのものか、不妊治療のことかと思えてしまい、
      「出産・子育てについて、みんなで語り合いたい」という趣旨を感じることができません。
      なんでも言葉を省略する傾向にも抵抗を感じますが、
      妊娠も出産も子育ても子どもを「育む」ための「活」動であることから、せめて「育活」くらいにはできなかったのかと残念です。
      私にも幼い子どもがいますが、今まで「育児」をしてきたという自覚はあるものの
      「産活」をしてきたという気持ちにはとてもなれません。
      出産の話は興味深く、話すのも好きですが、「産活」という言葉にひっかかり
      申し訳ありませんが、それを投稿する気にはとてもなれませんでした。

      トピ内ID:0109216342

      閉じる× 閉じる×

      止まるわ、でないわ…

      しおりをつける
      blank
      けろちゃん
      夫が予定日に出張が決まっており私も9ヶ月のときに子宮内胎児発育遅延&切迫早産で半月ほど入院したので、出産予定の病院に程近い私の実家に予定日半月前から安静にして待機。
      ところが予定日を過ぎても今度は生まれる兆候無し!予定日を1週間過ぎても音沙汰なく「明後日入院して促進剤を考えましょう」と先生。ポソッと「でも、そうなったとたん陣痛がくるのよね」。

      案の定、翌早朝、待ちに待った陣痛が。雪の降りしきる中、チェーンを付けてない弟の車はソロリソロリと病院へ。BGMはSMAPの「頑張りましょう」でした。
      しかしスリップしないかの心配したせいかどうか、着いた頃にはすっかり陣痛は消えて子宮口は元通りカチカチ状態。

      帰るのも危ないからとそのまま入院し、翌朝「運動指令(笑)」が出て1階から5階まで階段の上り下り。それでも陣痛は「うっすら何となく痛いような気がする」止まり…。
      時折、陣痛らしきものが来て喜んだのも束の間、陣痛は止まり気がつけば爆睡。バルーンを入れて子宮口を開いても親指の頭ほどにしかならず断念。
      入院二日目、錠剤の促進剤を数回飲んだものの、「おっ、来た来た~!…あら、なくなっちゃった」の繰り返し。→続きます

      トピ内ID:1922991558

      閉じる× 閉じる×

      止まるわ、でないわ…2

      しおりをつける
      blank
      けろちゃん
      それでもいくらかはっきりとした陣痛となるものの感覚が5分より縮まらずまた引いてゆく繰り返しで夜は爆睡。いよいよ入院も三日目となり遂に点滴で促進剤を入れることになりました。これがまあ、しっかり「結果」の分かる薬で、ゆっくり時間をかけていれていくとちゃんと人並みの陣痛(あぁ、これが規則正しい感覚なのね♪と)になるのですが、腰のヘルニア持ちだったので、だんだんお腹の陣痛より腰痛のほうが酷くなり「(陣痛は)誰が下唇を引っ張り延ばして頭に被ったみたいな痛さだって!?腰の方が痛いじゃん!」。夕方、いよいよ先生が来て触診したとたんポンッという音と共に破水して羊水が飛ぶと「そこまで頭が下りてますね。」と爆発的なスピードでの展開に。待ちに待った分娩台に乗ったのに、そこまで出かかっていた子は途中で止まってしまい吸引寸前。いきめどいきめど腰痛のあまりその日の昼食は食が進まなかったのがたたり力不足、私の両脇に助産師さんが立ってバスタオルでお腹をゴシゴシしごいてゆくと、ようやくおぎゃ~!
      →続きます

      トピ内ID:1922991558

      閉じる× 閉じる×

      自宅出産!?

      しおりをつける
      🐶
      YUMI
      2人の娘がいます。

      上の子は自宅で産声をあげました。産んだのではなく
      生まれちゃったんです。元気だったからこそ,貴重な
      体験だったといえるのですが,そのときは大変でした。
      予定日をすぎて,検診で明日か明後日くらいだといわれ
      帰宅した日の夜中。これはやばいと思ったときにはもう
      次から次へと陣痛がきて動けない状態で,やっとこさ
      電話をしたときには,髪の毛がみえていました。
      自分の手でうけとめて,タオルにくるんで,もうなにが
      なんだかわからなかったのですが,元気に泣いてくれた
      ので我にかえりました。女の子だと確認までしていたし(笑)
      へその緒ついたままわが子を抱っこして救急車にのりにいきました。

      下の子のときも,早めに入院したものの,病室でのんびりしすぎて
      子宮口全開になっていたらしいです。あやうく分娩室までのろうかで
      生まれるところだった。立ち会うつもりで病室に一緒にいた夫が,
      間に合わなくなるところだったんです。

      2人とも超安産だったのか,私が痛みに鈍感なのか!?
      しかし,ふたりめのときは後産がとってもつらかった・・・。

      トピ内ID:1461926527

      閉じる× 閉じる×

      止まるわ、でないわ…3

      しおりをつける
      blank
      けろちゃん
      それまでがあまりに長くて腰の痛さと比べれば陣痛なんて楽勝♪産んで10分もしないうちに義妹が向けたカメラに余裕の微笑みでVサイン。本気でこれくらいの陣痛の痛みなら来年だって2人目OK!と思いました。
      いつもの検診の先生がたまたま出産も立ち会ってくださったので安心でき会陰切開したところをぬっているのを「女の先生だから家庭科で縫い物やっていたよね。じゃあ大丈夫」と何だか分からない納得もしていました。この先生とは今でも年賀状のやり取りをしています。
      トラブル続きの妊娠期間だったのですっかり顔馴染みになったナースの皆さんや助産師さんが「途中で出てきたくなっちゃったけど、やっぱりお母さんのお腹は居心地よくなっちゃったのね」と、胎盤の機能低下を心配していたのを励ましてくれました。それにしても丸3日かかったと思った出産なのに母子手帳には分娩時間15時間25分。うっそぉぉぉ~!もっと長いじゃん!とひっくり返りそうになりました。

      トピ内ID:1922991558

      閉じる× 閉じる×

      すごかった~

      しおりをつける
      🎶
      てっく
      私は二児の母です☆
      大半の人には必ずびっくりされますが、一人目は私自身の増加体重30kgで、子供は4028gでした。予定日一日前でしたが、私の体重がはんぱないのと子供が大きいため陣痛促進剤をうちました。が、陣痛が弱いため急遽帝王切開になり無事生まれました!なんといっても麻酔がきれたときのおなかの痛みは忘れられません。。全身麻酔のためおなかから出てきた瞬間のわが子の対面はできませんでしたが、写真をとっておいてくれました♪そして二人目も着々と太り20キロ増。。普通分娩でうみましたが、
      その後のすそ縫いがどうやら失敗だったらしく、再度縫い直しに。。。
      麻酔なしだったので冷や汗が出るほど痛く、痔も悪化し、どちらとも大変な出産でした。今は5キロほど残ってますが、それなりに体重は戻りました~レア?ケースさんと同じで私も看護師の卵さんたちに立会いされての出産でした!一人目は30キロ太っても中毒症にもならず先生には奇跡ですよっていわれました

      トピ内ID:7188975586

      閉じる× 閉じる×

      もっと痛くなる

      しおりをつける
      🐶
      みーあ
      実家の母が付き添ってくれました。
      タイトルのとおり「もっと痛くならなくちゃ生まれない」と言われ
      すごく痛いけれど、もっと痛くなるのかなぁ、と思いつつ我慢してました。
      そのうち体が勝手に「いきんで」きはじめ、なにかおかしいから
      看護師さんを呼んできて欲しいと母に頼みました。
      来てくれた看護師さんがチラと見たとたん「みんな来て」
      頭が見え初めていたそうで、分娩台に乗って5分も経たないうちに生まれました。
      国立病院で、当時としては最先端の機器があったらしいのですが出番はなし。
      装着できなかった機器の端末をもってうろうろしていた方がいたのを
      なぜか覚えています

      トピ内ID:2168334208

      閉じる× 閉じる×

      出産って最高!

      しおりをつける
      😀
      ひらひら
      助産院で二人を出産しました。
      3畳の和室で、痛くない体位を探しながら、助産師さんつきっきりで出産しました。
      安産のために、体をめいっぱい動かしたのでマタニティから、出産まで(つわり時期を除き)本当に楽しいものでした!
      二人目のときは7ヶ月で海外旅行にも行っちゃいました。

      また出産当日、夫は、立ち合いというより、かかなり積極的な介助をさせられていました。

      私は…痛みはもちろん想像以上にあったけれど、本当に助産師さんに感謝しています。
      安産になる、という自信をつけさせてくださったこと
      以前から何度もお昼をご馳走になり、おしゃべりをたくさんして、フレンドリーな関係を築いてくださったこと
      赤ちゃん自身は自分で生まれてくる力があり、母親自身にも自分で生む力がある、私達は助けるだけという価値観を教えてくださったこと

      それらにより出産は、夫と自分と生まれてくる子どもの家族で行う共同作業、そして夫の愛を感じる幸せな時間という位置づけになりました。
      人生最高の思い出です。
      駄。産後、胎盤食べたんですよ!味は砂肝?食感はゴム?ちょっとした自慢です!

      トピ内ID:4283457417

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        若さゆえ・・・

        しおりをつける
        🐶
        わくばん
        妊娠中に今住んでいる土地に引っ越して来ました。

        当然、実家も遠くましてや友達も居ませんでした。
        超ど貧乏だった為、妊娠6ヶ月頃から夫婦で深夜の仕事。

        きつかったですねぇ・・・。
        忙しくて育児雑誌もほとんど読む事も出来ず妊娠線の事も知りませんでした。当然、今のお腹は無残です(笑)

        夫婦2人で一軒のお店を任されていた為、休む事も出来ず、結局おしるしが出る前日まで働いていました。

        お金が無かった為、おしるしが出ているのに自転車で病院へ行こうと思ったのですが、待てよ・・・と思い、友人に電話してみたところ「タクシーを呼べっ!」と怒られました。


        夫は仕事中なので陣痛は1人で我慢。
        夜中なので看護師さんも1人位しか居ないので頻繁に来る事もなく・・・
        テレビを観ながら耐えました。

        分娩室に入ってからもなかなか出てこないので、助産師さんがお腹に馬乗りになり手でめいっぱい押されて気絶寸前でした。



        事前の検診で「男の子」「男の子」って言われていたのになぜか女の子。

        先生は、「えぇぇぇぇーーーー!」って、私の方がびっくりでしたよ。

        トピ内ID:3090855063

        閉じる× 閉じる×

        悪阻地獄と真結節・1

        しおりをつける
        blank
        チミ
        娘が二人います。二人ともひどい悪阻で8キロ痩せ、苦しみが出産当日まで続きました。妊娠を知るのは吐き気から。検査薬なしで確信できます。
        一人目の時はまだ会社員だったため、通勤時間をずらし、電車を各停にしました。しかし時間がかかれば余計早く家を出、会社をでなければならず、仕事中も吐いてばかりで効率は上がらず、地獄のような毎日。ある日、無理がたたって低血糖になり、帰宅途中買物に寄った店舗で倒れ、救急車で運ばれました。会社はやむなく退職しました。
        二人目の時は、水を一口飲んだだけで吐く悪阻。点滴は効かず、点滴に行ったことが嘔吐の原因になる始末。血も吐きました。しかし夫は事の重大さを理解しきれず、子どもと私を置いて「昼には帰る」と早朝からツーリング…子どもが起きても私が起き上がれないため、世話はできません。「女ばかりがなぜこんなに体を痛めて苦しまなくてはならないのか?」と泣きました。気づいて助けに来てくれた義母のやさしさにまた泣きました。
        予定日を過ぎても生まれない次女。破水してから出産までの間、教科書どおりのペースでの陣痛は来ませんでした。(つづく)

        トピ内ID:0920733980

        閉じる× 閉じる×

        悪阻地獄と真結節・2

        しおりをつける
        blank
        チミ
        「横を向くと痛みがくるのに仰向けだと止まる」状態が続きました。分娩台でもです。事が動いたのは待ちくたびれて一度足を解き横を向いた瞬間。ようやく分娩となりました。しかし頭が見えてもなかなか進まず、基本会陰切開はしない病院でしたが子の安全のために切られました。そして出て来た瞬間に聞こえたのは産声ではなく、先生が「早くへその緒切って!」と助産師さんを急かす声。
        娘は首にへその緒を巻き、たすきがけにし、さらに真結節を作っていました。
        綺麗な玉結びのへその緒を見て夫婦で笑って感心しましたが、実際はそれが原因で死ぬこともある恐ろしいものでした。時間が経つにつれ子どもに対する申し訳なさで一杯になりました。
        苦しくはなかったか、予定日過ぎても生まれないことに焦って歩き回った私のせいではないか、腰回しなんかしなければよかった、と。

        立会いで、夫は私の苦労を理解してくれました。育児にも協力的です。そして今から思えば一度くらい妊婦検診に付き添ってもらえばよかった。そうすればお腹の子が近しく思えてツーリングで置き去りもなかったかもしれません。
        でももう3人目は無理です。出産よりも悪阻が怖くて妊娠できません。

        トピ内ID:0920733980

        閉じる× 閉じる×

        彼岸が見えました

        しおりをつける
        blank
        えもん
        まる三日、微弱陣痛に苦しみました。

        微弱といっても、普通に生活できるレベルの痛さではなく
        不定期だったので、いつ痛みが来るかわからず
        また一睡もできず、水分も食事もとれませんでした。
        ずっと出血も続いていました。
        終わりの見えない苦しみに、彼岸が見えました。

        陣痛促進剤と吸引で、産むことができましたが

        もし昔だったら、ただ苦しみぬいた挙句、母子とも死んでいたと思います。
        今の医学の進歩に感謝です。

        トピ内ID:3434514064

        閉じる× 閉じる×

        学生さんにお世話になりました

        しおりをつける
        🙂
        ななお
        入院した総合病院は、看護実習等を受け入れている病院でした。
        ちょうど産婦人科は、助産師学校の学生さんの実習期間。
        日中は、学生さんと指導教官の方、病院の助産師さんがかわるがわる様子を見に来てくださり、なかなか賑やかでした。
        しかし、初産のせいか陣痛が始まって18時間経ったのに生まれず。
        (最初の8時間は自宅で耐えていた)
        日勤の時間が終わり、学生さんは帰ってしまいました。
        夜勤体制になったので助産師さんの見回り回数も減り、落差がありすぎて寂しかったです。

        その後も陣痛は来るのですが、いま一つ子宮口の開きが悪く、
        一晩中「いきみたいけど我慢して」の状態で過ごすことに。
        明け方に「微弱陣痛」ということで、日勤時間帯になるのを待って
        陣痛促進剤の投与を受けました。

        そして、朝再び来られた学生さんに、取り上げていただきました…。
        息子よ、お世話になった学生さんを待つとは…義理堅い奴め。

        トピ内ID:1849735187

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  65
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (4)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0