詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    仕事で使う日本人の日本語感覚

    お気に入り追加
    レス63
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    プロフェッショナル
    仕事
    北米生活が長く、20年近く働いていたアメリカの会社をレイオフになり、日系の会社に就職しました。

    輸出入業の仕事で、日本のメイン会社(数社)からオーダーを貰い、その手配にアメリカのメーカーとコンタクトを取る、下請け仲介の仕事です。半年ほど働き、先日のミーティングで日本側とのメールや電話でのやり取りの言葉使いを指摘されました。

    1. 用件だけを伝えるのではなく、「○○様、お世話になっております。」「お忙しいところ、よろしくお願いいたします。」等の言葉を添える。
    2. 質問事項を、箇条書きにして直接的にピンポイントで聞かず、「~だと思いますが確認をお願いします」等と、柔らかい表現を使う。
    3. 相手が間違えていても、突っ込まず穏便に手配を済ませる。

    客商売で、毎日違うお客様に接しているのなら、このルールも理解できます。がっ、私たちが対応しているのは、日本の数社の社員達です。パートナー的な存在だと思うのですが、日本側では私たちは「下請け」であり、身分が違うということでしょうか?

    言葉の違いもありますが、アメリカのメーカーとの付き合いは、何度かやり取りのある相手とは「Hi Dave」等と、相手の名前を書いた後に用件を書き込み、最後は「Thank you, Regards, Sincerely Yours」の一言です。

    日本の皆さんは、下請けや客商売の人を「対等」には扱わないのでしょうか?また、自分の間違いを指摘されたら、反省よりも前に指摘した相手へ怒りをぶつけるものでしょうか?

    トピ内ID:4483791219

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数63

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  63
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    無題

    しおりをつける
    blank
    no
     日米の文化の違いを理解、尊重できないんなら、日本相手の仕事やめればいいんじゃないですか?

    トピ内ID:4518414141

    閉じる× 閉じる×

    「身分が違う」とは?

    しおりをつける
    🐴
    アトム
    トピ主さんの話、興味があります。どの対応で、相手先と「身分が違う」と思われたのでしょうか?文脈からは、わかりませんでした。具体的な例を教えていただけないでしょうか?

    自分の解釈は次のとおりです。
    1.は定型的な挨拶で、英語で言う「Hello」と「Best regards」と同じだと思っています。
    2.は、「やわらかい表現を使う」のはいいと思います。しかし、ピンポイントで聞くのもOKだと思います。
    3.は、間違えている問題によると思います。仕事や相手に支障があるのであれば、突っ込んで聞くべきです。間違っているかどうかが些細な問題で、仕事に支障がなければ、スルーしていいと思います。

    トピ内ID:0657261937

    閉じる× 閉じる×

    思い違いです

    しおりをつける
    🐱
    言葉遣いの指摘は、何も不思議なことはありません。当たり前のビジネスマナーです。

    私もアメリカ人の方とも日本国内企業の方ともやり取りをしていましたが、アメリカ人に対しては主さんのおっしゃるような、前置きを省いた簡潔な文章でやり取りしていましたし、日本人に対しては、主さんが使うよう注意されたような言葉遣いで接していました。

    言語が違えば、文化も考え方も違います。
    対応する人に合わせて2種類のビジネスマナーを使い分けることが必要です。

    >日本の皆さんは、下請けや客商売の人を「対等」には扱わないのでしょうか?
    いいえ、対等ですよ。主さんの言葉遣いがストレート過ぎて乱暴に聞こえているかもしれません。日本企業側の方こそ「対等」に扱われていないと思っているかも。

    >自分の間違いを指摘されたら、反省よりも前に指摘した相手へ怒りをぶつけるものでしょうか?
    アメリカ人に対するのと同じ態度で間違いを指摘したから、反発が大きかっただけでしょう。ストレートに非を責めなくても、日本人は自分の間違いを理解できます。

    日本流のビジネスマナーで仕事をしたくないなら、アメリカ企業で働くしかありませんね。

    トピ内ID:3286038207

    閉じる× 閉じる×

    商売のプロなら

    しおりをつける
    blank
    門前の商人
    たぶん、対等かどうか、という観点自体がピンボケなのではないかと思います。ていねいな態度かどうか、ではないでしょうか。たとえば、です・ます調で話さないのは相手が下請けだろうが親会社だろうが、失礼ですね。それと同じなのでは?

    私の聞いた例では、中国相手の商売では、たとえこちらがバイヤーで先方のミスでも、先方は決して謝らないそうです。「じゃあ、こうしよう。それでうまくいくよ。」という反省していると思えない返事が返ってくるそうですが、そこできっぱり相手の面目をつぶすような追求の仕方をすると商売がうまくいかないそうです。日本人はそれを「中国人ってやりにくい。」と愚痴りますが、それと同じ不満を、今、あなたが日本人に対して感じているのではないでしょうか。

    相手に非があっても、無制限にいくらでも罵っていいわけがありません。その辺のさじ加減が、たぶん、非常にきつく見えたのではないかと推察します。「反省より先に反発」と受け取っているようでは商売が長続きしません。「そんなヒドイ言い方しなくてもいいじゃない。」と言っているだけでしょうから、商売人なら相手の懐に入り込みましょう。

    トピ内ID:3767553314

    閉じる× 閉じる×

    日本でお仕事されたことがないのですね?

    しおりをつける
    blank
    nanoko
    別に下請けだからとかではなく、
    パートナー会社であっても、仮に同じ会社でも別部署の人などでも
    礼儀としてその程度のことはつけると思います。

    Regardsなどをつけるのと一緒で、日本の会社相手に
    ビジネスメールをするときは、お世話になっておりますとか、
    よろしくお願いしますとかつける。そういうもんですよ。

    >自分の間違いを指摘されたら、反省よりも前に指摘した相手へ怒りをぶつけるものでしょうか?

    どういう状況だったかにもよると思いますが、会社としては穏便に
    流して欲しかったことをズバっと指摘したのか、または
    指摘の仕方がまずかったのかと察します。

    在米の長い日本人の方とお話するとき、とても話し方が
    雑というか、ばっさり冷たい印象を受ける事が多いです。
    面倒かもしれませんが、やりすぎ位に丁寧に敬語で喋った方が
    よいと思います。

    トピ内ID:3196541022

    閉じる× 閉じる×

    私見ですが

    しおりをつける
    blank
    悩める管理職
    トピ主さまお疲れですね。

    1.日本語でHi daveのような挨拶から書き始めると、ビジネスの場ではくだけすぎです。私のレスの書き出しのように一見意味のない社交辞令で書き出すのが、日本語としてはすわりが良いのだと思います。

    2.箇条書きはしますが、簡潔にまとめすぎ直接的な表現だけで書くと、日本語の場合「不快感」や「怒り」を間接的に表していると解釈されることがあるので、クッションとなる婉曲表現を挟むことが多いです。小町を見てみるとわかるでしょうが、字数制限のために直接的に書きすぎたトピがが攻撃的と取られ、荒れることがあります。

    3.対等であればこそ、ミスを責める(直接的な表現=攻撃的と書いた上記2を思い出してください)のではなく、一緒に解決しようとする姿勢を見せるのです。

    少なくともこれらには裏に文化の違いがあると思います。文化は良い悪いではありませんから、「郷に入っては郷に従う」のが賢いと思います。もちろんアメリカ流を押し通しても結構ですが、なまじ日本人なだけに使いにくいといわれるのが落ちです。

    トピ内ID:0614482915

    閉じる× 閉じる×

    対等だからこそです

    しおりをつける
    blank
    お気楽極楽
    以前一部上場企業で働いていましたが、私たちがいわゆる「下請企業」さんに
    連絡する際も トピ主さんが矛盾を感じた1~3と同じ様なことをしていました。

    パートナーだからこそ、相手に気を遣う。
    「実るほど、頭(こうべ)をたれる稲穂かな」
    こういう言葉をお聞きになったことがありますか?
    本当に偉い人は偉くなればなるほど、自分から相手を気遣い頭を下げる。

    日本の社会では当然のことです。

    トピ内ID:1984121897

    閉じる× 閉じる×

    メイン会社?数社?

    しおりをつける
    blank
    TS
    会社間の関係によります。

    貴方の会社が独立系の貿易仲介会社なら、オーダーをくれる日本のメイン会社は立派なお客さんです。

    貴方の会社が日本の会社と代理店契約をしているなら、日本の会社はビジネスパートナーです。

    貴方の会社が日本の会社と資本関係があるなら、日本の会社は親会社or兄弟会社or関連会社です。

    私の会社は上のどの関係先とも取引があり、相手も日本人・アジア人・欧米人と多彩ですが、もちろん文章や応対の仕方は少しずつ違います。

    トピ主さんの会社がどの程度交渉力があるか(よそでできない業務を行っているか、簡単に依頼先をスイッチできるか)によっても影響されます。

    とりあえず、詳細が分からないので一般的な説明をしました。

    トピ内ID:3234700088

    閉じる× 閉じる×

    言葉の違いというより文化の違いではないでしょうか。

    しおりをつける
    デスクワーク
    1.
    特別な意味のあるものではなく、枕詞のようなものだとお考え下さい。

    2.
    個人的には、箇条書きにするのは分かりやすくてよいと思います。
    それを相手に伝える時に、それだけを提示するのではなく、前後に表現を柔らかくする言葉を添えるほうが更に好ましいと思います。

    3.
    ケースバイケースです。
    業務に支障がある場合には、ハッキリ伝えたほうがよいと思いますが、そうではないのであればやんわりと伝えればよいのではないでしょうか。


    みなさんが仰っているように、トピ主さんが指摘された事項は、日本での一般的なビジネスマナーです。
    中には上下関係によって、横柄だったり謙った人もいるかもしれませんが、指摘されたレベルの事項では、身分云々は関係ありません。

    質問されたり、間違いを指摘される場合は、用件だけを言うよりも柔らかい表現で伝えたり、「よろしくお願いします」と一言添えたほうが、相手も快く受け入れてくれると思いますよ。

    トピ内ID:6454603202

    閉じる× 閉じる×

    主さんが日本人だからでしょう

    しおりをつける
    ももたろう
    指摘されたポイントを見る限り、トピ主さんが下に見られているということはないと思います。
    これは日本では普通のビジネスマナーです。上も下も関係ありません。

    「アメリカだったら××する」というのと、「日本だったら○○する」というのは、
    同等の価値があると考えられませんか? その文化には独自のコミュニケーションのとり方やマナーがあります。
    そして、それを相手に押し付けてはいけませんね。

    それならなぜ、アメリカ方式のトピ主さんが指摘を受けたかというと、トピ主さんが日系企業に勤めている日本人だからです。
    英語だけでなく、日本語で日本企業相手の業務ができるというところを買われているわけです。
    それなら、マナーも、そこで行われているものを尊重すべきではないでしょうか。

    トピ内ID:7422928560

    閉じる× 閉じる×

    間違った米国意識

    しおりをつける
    blank
    Speed King
    パートナーではないでしょう。 注文を貰うのだったら、お客でしょう。このあたりずれてません? 

    <「Hi Dave」等と 、最後は「Thank you, Regards, Sincerely Yours」の一言です。>

    確かに電子メールでは、そのスピードと簡便さから、文体がかなり砕けてきていますが、英文でも、業界、会社の文化、正式度・重要度のレベルなどにより、文体が変わります。 それなりの内容であれば、それなりの書き方をします。でも Hi, Dave で、Sincerely Yours は、おかしいですよ。 私は、Hi は使いませんが。

    英語だから必ずしも直接的であるということはないですよ。状況によってはかなり回りくどい馬鹿丁寧な書き方もしまよ。

    ごくたまに、日本の企業とメールの交換をすることもあります。 ほとんどの場合、社内記録の理由から英語ですが、日本語の場合、相手の文体に合わせるようにしています。  要点を箇条書きにすることは良くしますが、それでも、日本から指摘されたということは、あなたの文体にかなりの問題(不快感)があったのではないかと思いますよ。

    トピ内ID:5040417320

    閉じる× 閉じる×

    皆様、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    プロフェッショナル
    皆様、非常に参考になるご意見をありがとうございます。小町を読んだり、日本のドラマをネットで見たりできる昨今ですが、実際の日本人との関わりが少ないので、日本社会の感覚とずれてきているのかもしれません。

    日本で5年ほど働いた経験はありますが、エンタメ系の仕事で午後に出社しても「おはようございま~す」、「○○ちゃん、いる?」と電話がかかってくるような職場でしたので、現在の仕事の参考にはなりません。

    「こんにちは、○○さん」の後に「いつもお世話になっております、お疲れさまです」等を付けるのは、挨拶の一環として今後コピペしようと思います。私の感覚としては、メールでの複数回の返信に、毎回「お世話になっております、よろしくお願いいたします」を書くのも、なんだかなぁ~と思いますが、それが日本の習慣なら従うべきですね。

    トピ内ID:5325107696

    閉じる× 閉じる×

    皆様、ありがとうございます2

    しおりをつける
    blank
    プロフェッショナル
    2.の例は、以前に話し合って合意した件に関し日本からクレームが来た場合、当時のやり取りのメールを付けて「このように決定したはずですので、それに従って対処しました。」とクレームへの報告を出した結果、社長に「あの言い方はないのではないか」と苦情が入ったそうです。

    また、「~して下さい。」という表現は、相手に対して命令しているようで失礼だと聞いた時には、ぶっ飛びました。「~して下さるようお願い申し上げます。~して下さいますか?」と言うべきなんだそうです。

    アメリカ側との対応も、始めから「Hi」で始まる訳ではなく、始めは「Dear Mr. ~」ですが、数回のやり取りの後は「Hi Pro, Hello Pro」とファーストネームを書いてきますので、こちらも同様にファーストネームでの対応となります。でも、こういう対応は、ビジネスの上では日本側と望めないのですね。

    言葉が違えば、文化も考え方も違います。

    身にしみるお言葉です。「無駄」に思えることも文化の一つですね。

    トピ内ID:5325107696

    閉じる× 閉じる×

    これでは大変です

    しおりをつける
    blank
    悩める管理職
    トピ主にはストレートに書きます。

    >2.の例は、以前に話し合って合意した件に関し日本からクレームが来た場合..
    クレームなのでトピ主の会社にミスがあった、と先方は考えているわけです。でしたらまずお詫び(ミスの有無に関わらず、先方に余計な手間をかけたことに対し)でしょう。そこを切り口上で所定の方法で処理しました、と返したら、処理方法の正誤を云々する前に、間違えたくせに居直ってると思われます。

    >また、「~して下さい。」という表現は、相手に対して命令しているようで失礼だと聞いた時には、ぶっ飛びました。
    命令ではなく依頼なのですから、最後が「お願いいたします。」で終わるのは普通でしょう。~して下さいでは、英語でDo it,(please).と書いてるようなものです。

    トピ主はビジネス日本語を勉強する必要があるし、「無駄」と書くことから、日本人のメンタリティーを太平洋の向こう側に捨て去ったようですので、日系企業で働くのは大変だと思います。先方に日本人だと言わないほうが良かったですし、上司もなまじ日本人だけに大変と思っているでしょう。三方ともお疲れ様です。

    トピ内ID:0614482915

    閉じる× 閉じる×

    Respect (トピ主さんは読まなくて結構です)

    しおりをつける
    😨
    ビジネスマン
     米国と日本で仕事をして来たビジネスマンです。

    米国企業の日本事務所で然るべき地位にいます。トピ主さんは一応反省のレスをしているようですが、本気で状況を理解できているようには感じられません。こんなことで米国を悪く思う人が増えては困りますので、皆様に私の思うところを説明したいと思います。確かに米国と日本では、言葉を超えた表現の違いがあります。

    若い頃米国で仕事をしていたとき、取引先への依頼を日本風に「・・ご検討いただければ有難い」との英文にしました。米国人の同僚から「それでは通じない。本当にやって欲しいならrequestと書け。それは失礼ではない。」と教えられました。日本へ戻ってからは、逆に日本の取引先への適切な表現を、米国人や他外国人に教えています。優秀な人は、ちゃんと理解してくれます。

    仕事のやり方、表現の仕方は確かに国によって異なります。しかし万国共通のものがあります。相手を尊重するRespectです。本心で相手に対しRespectを持てば、言葉の表現を多少間違えても誠意はわかってもらえます。「ムダ」と言ってしまっては、Respectはなくなります。

    トピ内ID:8670888350

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      無駄…

      しおりをつける
      blank
      nanoko
      私はまだ在米数年で、トピ主さんの返信、また、他の方の
      書き込みを興味深く拝見しています。

      >身にしみるお言葉です。「無駄」に思えることも文化の一つですね。

      この言葉を聞いて、ご自身のためにも日系や日本企業と取引
      のあるような会社には勤めない方がよいのではないかと
      思いました。

      >私の感覚としては、メールでの複数回の返信に、毎回「お世話になっております、よろしくお願いいたします」を書くのも、なんだかなぁ~と思いますが、それが日本の習慣なら従うべきですね。

      なんとかの一つ覚えみたいに、機械的にコピペで書くと
      それはそれで、不自然さを感じ取られますよ。場合にもよりますけど
      ひとつの要件に対してメールでの往来が複数ある場合は、
      多少、割愛してもいいと思いますが、トピ主さまの場合
      その他の文面がストレート過ぎて、相手に不快感を与えてる
      可能性が多そうなので、やはりやり過ぎ位に丁寧に書いた方が
      いいと思いますよ。

      トピ内ID:3196541022

      閉じる× 閉じる×

      異文化間のコミュニケーション

      しおりをつける
      🐤
      通りすがり
       別にビジネス人間ではないのですが、トピ主さんの「北米生活が長く、20年近く働いていたアメリカの会社をレイオフになり」云々で頷けることが数多くありました。

       『タテ社会の構造』以来日本はタテ、アメリカは横という見方もありますが、日本では関係が固定されて変わらないがアメリカでは変わるという差があります。

       同じ大学出でもその差が一年でもあれば日本では先輩後輩の関係が死ぬまで変わりません。アメリカでは先生と生徒でもはじめはドクターとか肩書きをつけますが短い間にジョンとかメリーに変わります。

       「アメリカのメーカーとの付き合いは、何度かやり取りのある相手とは「Hi Dave」等と、相手の名前を書いた後に用件を書き込み、最後は「Thank you」などの一言だそうですが

       日本のメーカーとの付き合いは、何度かやり取りのある相手でも「やあ太郎さん」等と、相手の名前を書いた後に用件を書き込み、最後は「ありがとう」の一言ではすませられないのです。

       長い北米生活が、再教育を必要にしていますね。横文字をタテにするだけの翻訳では不十分なことが分かります。

      トピ内ID:4325636115

      閉じる× 閉じる×

      無駄と思っても努力しようとしてるんだから

      しおりをつける
      💋
      囁き
      無駄、という言葉が反感を買っているみたいですが、それはアメリカ人(トピ主さん)の考えからしたら仕方ないと思います。無駄と思ってもそれが日本式なんだよね、と努力されている最中かとおもうので、リハビリ段階の心の言葉くらい、大目に見てあげていいのではないですか?

      トピ内ID:9093848147

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      プロフェッショナル
      皆さんの投稿で、日本社会の構図が少し理解できました。ありがとうございます。

      挨拶をして下手に出ておけば、丸く収まるということですね。何種類かコピペ用のテンプレイトを、同僚と相談して作っておくことにします。

      お互いに確認したことにクレームを付けられても、ストレートに「このように合意をしたはずですが、、、」等と説明せず、相手が不本意に感じた部分を汲み取って、謝っておくべきなんですね。勉強になります。ただ、この件に関しては、「言い方」へのクレームであり、私の説明報告の内容に関しての意見、合意点を忘れてクレームをつけた事への謝罪は日本側からはありませんでした。

      あと、私が英語のように日本語でやり取りしたいと勘違いされている人がいらっしゃいますが、日本語で「花子さん お元気?」と書きたいわけではありません。

      毎日、何通ものメールのやり取りをしている相手に「お忙しい中、まことに申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」なんて、毎度毎度、コピペする必要はないと思い、それを怠ると「言葉がたりない」とクレームを付けて来る、ちょっと変な人が多いなと感じたので、トピを立てさせて頂きました。

      トピ内ID:5325107696

      閉じる× 閉じる×

      本音が見えてる

      しおりをつける
      blank
      門前の商人
      なんだか取引先の感情をトピ主さんが害するのも無理ない気がしてきました。トピ主さんのコメントを読むうちに私も「感じの悪い人だな。」という印象を持ってしまいましたもの。言葉の端々に「私が正しくて相手が間違ってる。でも合わせてやらなきゃ仕方ない。」という不遜な態度が見えます。取引先にも同様にトピ主さんの気持ちがバレているのではないでしょうか。

      例えば、北米人(USAかカナダ?)に「Hi,Daveなんて仕事相手なのに馴れ馴れしい。北米人ってがさつで無礼な人たちね。でも仕事だからあわせなきゃ仕方ないのかな。」と相談する人がいたら、不愉快な人だな、と思いませんか?立場を置き換えたらわかっていただけるかと思ったのですが。

      輸出入業なんですよね。日本人を相手にしているだけでオタオタしている融通のなさでは、取引先にアジアや中近東が入ってきたら、お手上げになるんじゃありませんか。カルチャーショックにもっと柔軟に対処できるようになって欲しいです。

      トピ内ID:3767553314

      閉じる× 閉じる×

      プロでもなんでもない

      しおりをつける
      😑
      ネコおばば
      > 皆さんの投稿で、日本社会の構図が少し理解できました。ありがとうございます。

      いいえ、全く理解できていません。

      ビジネスマンさんのように違いを受け入れて仕事をされている方もいれば、トピ主さんみたいに違いが受け入れられない、稚拙な人もいるんですね。

      北米生活が長く、20年近く働いていたアメリカの会社をレイオフになり、日系の会社に就職した人とは一緒に働かないように気をつけます。

      トピ内ID:8376723564

      閉じる× 閉じる×

      分かりました!

      しおりをつける
      🐱
      トピ主さんの7月28日23:41のレスを読んで、分かりました。

      「20年近く海外でバリバリ働いてきた私のキャリアを尊敬する態度も見せず、日本流のビジネスマナーが身に付いていないとクレームをつけてくるなんて、なんて態度なの! もっと私を敬いなさい!」ってことですね。

      だから「見下している」や「下手にでる」など、自分に対して上か下か、異常に執着しているわけですね・・・

      トピ主さんは違うと否定するでしょうが、文章からそう感じられます。ビジネス上やり取りした文章の中にも、そのような匂いが感じられたのでしょうね・・・
      書く文章には、自分で思っている以上に、自分の考え方が反映されるものですから・・・

      ビジネスマンさんが書かれているとおり、尊敬しなければ、相手から尊敬されませんよ。

      それがイヤなら、日本企業で働かなければいいだけのことです。

      トピ内ID:3286038207

      閉じる× 閉じる×

      ええと

      しおりをつける
      blank
      無我
      契約で言えば甲乙の関係ですよね。
      それが理解できれば自ずとわかると思います。

      1は上下関係なく必要です。
      トピ主様の言うThank you, Regards, Sincerely Yoursと同じです。
      「お世話になっております」から始まって「よろしくお願いします」で終わる。
      タダの定型文です。

      2は間違いはストレートに正さないのがビジネスルールです。
      100%あなたに間違いが無いのなら問題はありませんが
      もし相手が正しくトピ主様が間違っているのに相手が間違っていると
      ストレートに指摘してしまったらどうなるか考えた事はありますか?

      3は状況によります。数量のミスなら正す必要がありますが
      明らかなスペルミスで他に該当する物が無ければそのままでもかまわないでしょう。

      トピ内ID:0000649297

      閉じる× 閉じる×

      非日系への転職を考えましょう!

      しおりをつける
      blank
      karen
      私も欧州で働いていた年数の方が日本の勤務年数より長いので、気持ちがよく分ります。私は日系で働いていましたし、日本本社から出張で来る方等との対応もあったので、それなりにビジネスでの日本語・日本人対応は大丈夫、、、、と思っておりました。

      確かに欧州ではそれで十分でした。いくら日系といえども。ローカル社員で働く日本人は社長秘書であっても、言葉使いはきちんとしているおのの、やはり対応が欧州人になってしまっておりました。そして自分も例外ではありませんでした。今、日本で仕事をしているのですが、申し訳ないと思うくらい自分が日本ビジネスの中で対応しきれていないのが明らかです。でもそれは、仕方のないことだと思います。ここでアドバイスを聞いてすぐに直せるものであれば、海外帰りの日本人は誰も苦労しないと思います。それほど日本と欧米の働き方、仕事に対する姿勢は全く異なるのです。


      このような経済状況ですぐに新しい仕事を見つけるのは難しいですが、地道に非日系で働くのが良いと思います。
      このまま根本から、今日明日に直せるものではありません。

      早く次の仕事が見つかると良いですね。

      トピ内ID:8888382565

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です:疑問

      しおりをつける
      blank
      プロフェッショナル
      日本人の繊細な心使いが、ビジネスにおいては感情的な部分を相手にも強要すると感じます。

      自分がやっているんだから、相手もそうするべきだと思うのでしょうね。もちろん、失礼であったり仕事の内容に支障があれば、クレームも当然と受け止めます。

      私は、枕言葉的な挨拶文句を一切使いたくないのではありません。しかし、同じ相手に日に何度も違う案件でメールをする度に、挨拶のコピペは必要ではないと感じます。「○○様、~に関しては~いたします。 プロ」で充分ではないかと思うのですが?

      私が日本人だから日本式の応対を期待するのでしょうが、長年外国に暮らす日系(私はアメリカ市民です)は外国人と同じ扱いにしていただけないものでしょうかね(笑い。

      また、私を嫌う感情は置いといて、仕事での挨拶言葉を毎回付けてメールする行為に関して、皆さんはどう思いますか?

      トピ内ID:5325107696

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る

        とりあえずやってみる

        しおりをつける
        blank
        にゃんこ2匹
        まあ、基本的にトピ主さんの言うことは分かります。私は現在まで、日本と北米で(日系、現地の企業共に)働いてきてます。私の感覚では、現地の企業に慣れてしまうと日系企業のやり方は非常に”めんどくさい”と感じる事が多いので、おそらく何か特別な理由が無い限り、今後もアプライする事はないと思います。

        でもトピ主さんにとってこの仕事が必要不可欠であるならば、とりあえず言われたようにやってみるしかないのでは?おそらくそれはそれで慣れてくると思いますが、もしそうでなかった場合、又現地企業に転職すればいいと思います。

        トピ内ID:6746588860

        閉じる× 閉じる×

        何かビジネスの基本的なところがおかしい

        しおりをつける
        blank
        Speed King
        日本の人が、取引先を  注意をする・たしなめる  というのは、余程のことだと思いますよ。 私の経験では聞いたことがありません。 

        トピ主さんは、言葉使いを注意されたと思っているようだけれど、どうもそうではないような気がします。 お客は、あなたに何か根本的に問題があり、このままではビジネスに支障がおきる と言う危惧を持ったような気がします。

        確かに日々のビジネスであれば、客だから好き勝手なことを言っているなあ と思うこともないではないです。  でもそれを、 どなたかの言われたように、 respect を持って、事情を説明し理解を求める というのは、米国のビジネスでも基本でしょう?  言語・文化・商慣習の違いではなくて、基本的なビジネスの姿勢が問われているのだと思います。 言葉使いなどではなくて。  普通客は外部の人間に言葉使いなど 注意しませんよ。

        トピ内ID:5040417320

        閉じる× 閉じる×

        認識がずれてませんか?そのままでは危ないと思います。

        しおりをつける
        デスクワーク
        どうしても気になったので2回目のレスです。

        >挨拶をして下手に出ておけば、丸く収まるということですね。
        >何種類かコピペ用のテンプレイトを、同僚と相談して作っておくことにします。

        何でも下手に出れば済むというものではありません。
        私も最初のレスでは、確かに「枕詞」と表現しましたが、その枕詞を使うにしても、書き手の気持ちは表れるものです。
        これまでの書き込みからもトピ主さんの「やってやってる」的な上から目線な気持ち(自覚の有無は不明)が滲み出ています。
        テンプレートを作成するのは構わないと思いますが、内容を正確に検討しながら使用しないと、後で痛い目に遇いそうです。

        トピ主さんが無駄と思っているものが必要とされているのは、無駄ではないからです。
        20年以上の社会経験がある方に指摘するのは失礼かと思いますが、まずは受け手の気持ちになってやりとりしましょうよ(人とコミュニケーションをとる際の常識的な心がけですよね)。
        どんな表現であっても、言葉には気持ちが隠れているものではないですか?
        自分も相手も気持ちよくやりとりできれば、仕事もスムーズに進みます。

        トピ内ID:6454603202

        閉じる× 閉じる×

        郷に入っては郷に従え

        しおりをつける
        blank
        通りすがってみる
        ビジネスの慣行だの異文化云々と言うより、

        郷に入っては郷に従え、ってだけじゃないですか?

        至極簡単なことに思えますがね、そんなに難しいんでしょうかね。

        トピ内ID:2364543862

        閉じる× 閉じる×

        お気持ちは分かります

        しおりをつける
        blank
        nikkei
        私はトピ主さんのようにまだアメリカで20年は働いていませんが、在米通算21年目です。

        ドイツ系企業で働いていますが、日本のお客様と接する機会があるので、日本語のメールのやり取りは経験があります。私の祖父母は商売をしていて、お客さんとの接し方を小さい頃から見ていたのでどう言う対応が丁寧なのか勉強になりました。トピ主さんが納得できない決まり文句的なライン私も苦手です。

        例えば身内同士のメールは必ず”お疲れ様です”から始まる事や、”お手数ですが宜しくお願い致します”別に相手は仕事ができなくて、絶対疲れているはずが無いって分かっていてもそう始めなきゃいけない。

        お手数の掛かる依頼をされているのはこっちなのにキャッチボールを返す時に書かなくてはならない。いろいろ面倒な文化ですよね。でもそうしないと我々に対してのRespectはしてもらえないのでここは黙って従うべきだと私は思います。きちんと書けば事がスムーズに行われるのであれば良いじゃないですか。

        日本の方にHello Daveと言う関係に導くのは無理だと思います。私から見れば国際化と騒いでいるのだからそういう対応に驚くなと言いたい所ですけどね。

        トピ内ID:4660384590

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  63
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0