詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • バルーンサファリ(ケニア)に参加したことある人!!
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    バルーンサファリ(ケニア)に参加したことある人!!

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    サファリ
    話題
    3ヶ月前にもケニア旅行に際し、色々アドバイスをいただきましたサファリです。その節はありがとうございました。

    とうとう出発が今週末に迫ってきました!私の旅行のメインイベントだったマサイマラでのバルーンサファリ。旅行会社から受け取った旅行案内によると、安全性が不安定・傷害保険の適用が受けられない場合がある・万一怪我をした場合の治療をする病院がケニアには少ない・・・と書いてあります。

    「危険なことは避けるべき」なのでしょうが、意外に皆さん参加されているご様子。実際のところ、どうなのでしょうか・・・?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    参加しました!

    しおりをつける
    blank
    シンバ
    良かったですよ~!
    ケニアは体験されているようですので、
    朝夕のサファリドライブの感動は
    ご存知でしょうが、空の上からの眺め、最高でした。
    バルーンサファリに参加するときは、
    夜が明けないうちにホテルを出発するので、
    万一のことを考えて猟銃を持った案内人が
    同行しました。
    気球に乗る前に「何がおきても自己責任」っていう
    内容の同意書にサインもします。
    (確かにちょっとひるみましたが)
    でも、気球に乗ると
    「は~もう死んでもいいや」って位に大地も空も
    きれいで象やキリンがスローモーションのように
    ゆったりと歩いていて・・・。
    着陸地点には先回りしたシェフ達が
    朝食やシャンパンを用意して待っていてくれました。
    そう、着地して自分の足で大地に立つのです。
    (車内でもなければ安全なホテル敷地内でもなく!)
    ぜひ経験してもらいたいです。
    私も子供がもう少し大きくなったら再度アフリカの
    大地を踏みたいと企んでいます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    参加しました!

    しおりをつける
    blank
    ポレポレ
    もう15年ほど前のことになりますが。
    マサイマラでのバルーンサファリ、参加しました。

    危険性があることは事実のようです。
    一番危ないのは着地の時。乗っているカゴが着地した途端に
    横倒しになり、勢いのついたバルーンに数秒間引きずられます。
    その時にカゴから手や首を出していると、ボキッと(うわっ!)行くとか。
    カメのように身を縮めてしっかりつかまってましょう。

    乗った感想は、一度乗ればもういいかな、という程度。
    確かに景色(視点)は他では体験のできないものだけど
    動物を見るなら車で地上を走った方が良く見える。
    高い値段と楽しさを天秤に掛けると「一度でいいや」になります。
    でも着地後にサバンナで食べるシャンパンつきブランチはサイコーでした。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    悩みますね

    しおりをつける
    blank
    maimai
    ケニアサファリのバルーンに乗るかどうか?とお悩みのようですが、このようなオプションに参加をする場合、常に危険は付き物だと自覚をされた方が良いと思います。以前、私が参加したものと同じツアーでは、落下事故が起きたそうです。実際に乗る前には、何があっても自己責任だという同意書にサインを求められます。

    しかし、万一のことが起きると、参加した本人は良くても、家族が旅行代理店に、保証を求めたりして、黙って居なかったりするようです。また、旅行傷害保険では、どの保険でもこのような危険を伴うものに関しては、保証対象外になっていたと思います。(記憶が確かでは無いので、再度ご確認ください。)仮に、カバーする保険があったとしてもかなり高額になるのではないでしょうか?

    とネガティブなことばかり書きましたが、実際の眺めはやはり素晴らしいです。ある程度の覚悟を持って参加をされるのでしたら、お勧めいたします。しかし、万一の時に保証が無いからと言って、躊躇されるのであればお止めになった方が良いでしょう。ご参考になったかどうかは判りませんが、ご自身で決めてください。楽しい旅行になると良いですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    楽しんできて下さい

    しおりをつける
    blank
    地平線
    ・・・事故について考えたことなかったですね。そうか、そういう恐れがあったのですね。けれど、それを言ったらナイロビに到着する前の飛行機で万が一のことに遭遇する可能性も否定できませんから・・・あまり気にしなくていいのでは?

    10年前にバルーンサフアリを経験しました。当時、オプションで8万円かかったかな?けれど、良かったですよ。何が良かったかって・・・それはお楽しみですので書かないでおきます。それとスウェーデンだったかな?北欧の女優さんがハネムーンでいらしてて丁度バルーンに乗り合わせました。他の外国人たちは騒いでいましたけれどね。一時の運命共同体みたいで、楽しかったですよ。私と親友だけが日本人だったのですが楽しいという感覚(感動)には言葉はいらないですね。

    それと余談ですが、動物が好きで行きたかったケニアでしたが、自分へのお土産として、ナイロビの本屋さんで動物図鑑を買いました。宝物です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    オススメ!

    しおりをつける
    blank
    hiromi
    自分の体験だけをもとに、無責任に言わせてもらえば、「絶対、オススメ!」です。
    確かに400ドル位と高額ですし、シンバさんも書かれている通り、同意書にサインを求められますが。
    朝日が出た一瞬の燃え上がるように真っ赤に染まる草原、すぐ真下で逃げ惑うヌーの大群、走るキリンのわずか頭上を追いぬき、カバが泳ぐマラ川のほとりでいただくシャンパンブレックファスト。
    どれもが現地でなければ絶対に出来ない貴重な体験です。
    お金には換えられないし、リスクを気にして諦めるにはもったいないです。
    実際のリスクがどの程度なのかはわかりませんが、旅行会社はリスクの説明責任がありますから、万一の事も明記しているのだと思います。
    朝夕のサファリドライブだけでも十分感動的です。楽しんできてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    もう随分前に

    しおりをつける
    blank
    関西人
    多分10年以上前の話です。
    ある女性教師が、ケニアのバルーンツアーで着陸時に投げ出され、重度の全身麻痺。一時は危篤状態でしたが、回復。数カ月後、帰国。数年リハビリし、また車椅子で教壇に戻った。という実話を知っています。

    生涯目にすることはないかも知れない風景かも知れませんが
    その女性教師を幾度か新聞、テレビ、などで(もしかすると著書があったかも…)見ている者としては、かなり危険を伴うものである、という覚悟はしておかれた方が良いと思います。

    うろ覚えですが、補償もなにも受けられず、医療費や帰国にあたっての募金活動もありました。彼女の場合、恵まれていたのは公務員でしかも教師というものずごく厚遇された立場であったことです。休職や保障も充実していたようでした。念書があると言うことは、それだけの危険があるということです。自己責任ですね。良い選択をなさって下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0