詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    年末の悲しいラーメン

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    武蔵野ミセス
    ひと
    高校1年生の冬休みに、世田谷から吉祥寺に住む叔母のところにお正月用品の届け物を持ってゆきました。
    ちょうど、お昼でしたので叔母がラーメンをご馳走してくれたんです。
    とても美味しいラーメンでした。
    帰宅して母に「おばさんにラーメンご馳走してもらちゃった」と言ったら、すごく不機嫌になったんです。
    「妹(当時小学校4年生)が待ってますからと言って、ご馳走にならずにまっすぐに帰ればいいのに。
    妹が可哀想」
    何だか理不尽でした。私は叔母の好意に素直に甘えただけですのに、母は「妹に対して思いやりがない」なんて、すごく悲しかったです。
    結婚して、吉祥寺に住むようになり、叔母がご馳走してくれた(叔母は既に他界)ラーメン屋の前を通るたびに理不尽で悲しい思い出がよみがえります。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    食べ物だけに目を奪われないで

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    叔母様というのは、お母様からすると、小姑か弟嫁かに、あたりませんか?
    お母様には、確執が、あられたかもしれませんよ。
    「また、そうやって、姪を手なずけて」なんて、瞬間的に思えたのかもしれません。

    トピ主さんのHNから、結婚なさっているようですので、そのへんの微妙な気持ち、想像できませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    シナリオを考えてみました。

    しおりをつける
    blank
    読子
    確かに、理不尽な話ですね。
    トピックという短い文章からですが、
    年の離れた姉妹・お母さんと叔母さんの関係
    そこら辺に不仲があったのかな?と想像します。

    たとえば・・・
    叔母さんとは、お母さんにとって義理姉妹ですよね。
    結婚してから不和があったのかもしれない。
    その義妹になつくトピ主さん、
    叔母さん宅へ出かけたと聞かされた小さい妹も、もしかしたら「私も行きたかった。だって叔母ちゃん美味しい物ご馳走してくれるもん。」と母親に言っていたかもしれない。それを聞いたお母さんがどことなく義妹に対して、やっかみ的気持ちになった。
    帰ってきたトピ主さんが案の定「ラーメンご馳走になった」と言う。ここまでのゴタゴタした自分の気持ちを一々説明することなく、あのような発言をされた。
    ・・・と、色々とシナリオは考えられます。
    他にも理由は考えられますし。
    高校生だったトピ主には分からなかった何かがあったのかもしれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    美味しかった記憶は大切にね♪ その1

    しおりをつける
    blank
    ラーメン好き
    武蔵野ミセスさま、どうぞ労をねぎらってご馳走になったラーメンの味とその心の温かさを忘れずに。

    いろいろおっしゃったお母様は個人的にお子さんには言えないなにがしらかの親戚としての葛藤やコンプレックスがあったのかもしれません。
    妹さんの置かれていた状況と貴女が嬉しいと感じた体験は全然関係ないです。どんな経験も本人がどのように受け取るかで変わってきます。

    昔の記憶のまま、素直にご馳走になって嬉しい、という気持ちを持ち続けてください。
    お母様は素直なトピ主さまの心から離れた別のコメントとして置いておけばよいと思います。

    そして、ご自身が嬉しかったという体験をまた他の人間関係のおいて繋いでいけばよいだけです。

    親、親戚関係の子供には見えない関係の心のあやに関しては子供はアンタッチャブルで、それとは別に素直に受け取った真実を継承していけばよいと思いますよ。
    お使いの帰りのラーメン、誰だって美味しいし嬉しいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    その2

    しおりをつける
    blank
    ラーメン好き
    続きです...

    もしもトピ主さんが今でも心が痛むなら、妹さんやお母様を説明抜きで美味しい食事にでも招待して、ご自身だけが得をしたのではないよ、とお母様から植えつけられた罪悪感をチャラにされたらよいと思います。説明せずにご馳走だけすればよいと思います。(もっともその必要はないと思いますけど)。

    人生見る角度によって、いろいろです。
    親の色眼鏡を子供がかける必要もないですよね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    推測ですが

    しおりをつける
    blank
    もしかしたら
    もしかしてお母様は、その叔母さんとあまり仲が良くないって事はありませんか?

    もし叔母さんの事をあまり好きではない場合、娘が嫌いな人(つまり叔母さん)にご馳走してもらった(親しくした)という事実が気にいらなかったのかもしれません。でも本当の理由は言えないから、妹が可哀相云々と言ったとか。

    どんな理由にせよ納得がいかないのはわかりますが、あまり気にしなくて良いと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    別の思い出を作る

    しおりをつける
    blank
    ラーメン食いたい
    お母様,ただ単に虫の居所が悪かったのではないですか?
    お母様も悪気は無かったのかもしれないけど,母親って娘に当り散らすところありますよね。

    こうしてはどうですか?ご近所に住んでいるみたいだし,美味しいお店みたいなんで,もっと別の思い出を作っちゃうんです,そのお店と。旦那様と行ってみたり,お友達と行ったり,はたまた餃子でもおみやに買ってみたり。お店の人と常連にでもなって,昔こんなことあったんだよな~,とさわやかに思い出す程度に他の思い出を重ねていくんです。
    そしてそこからリセットするんです。ここは旦那と行って,あれを食べて,あんな話ししたな~って思い出す・・・。
    そうすると案外忘れますよ。昔いや~なことのあった場所にはそうして対処している私です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    お母さんが変だよ。

    しおりをつける
    blank
    蒼猫
    トピ主さん、お気持ち分かりますよ~。

    >叔母のところにお正月用品の届け物
    もともと、おうちのご用のお使いじゃないですか。叔母さんの好意はトピ主さんへのご褒美だったんでしょうね。

    >妹が可哀想
    娘の罪悪感を掻き立てる、お母さんのこの言い方は、卑怯だと思いますよ。
    お母さんは叔母さんに何か含むことがあったんでしょうね。何もないのであれば「よかったわね。お母さんからもお礼を言っておくわ」という対応になる筈ですよ。

    ところでお母さんはご存命ですか?今度実家に帰る機会があったら、この事を話題にされてみては?お母さんからの話も聞けるかもしれませんよ。トピ主さんも以外にそれでスッキリされるかも。もやもやしているのは、納得の出来ない叱られ方をされたからではないですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うんうん

    しおりをつける
    blank
    みやび
    なんだか、トピ主さまがかわいそうです!

    せっかくおいしいラーメンをいただいてきたのに、
    お母様のひとことで台無しにされたような
    気になるのは私だけでしょうか。

    なんだか、お母様のえこひいきのような・・・。

    トピ主さまは、そんな母親にはならないでくださいね!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    悲しい思いでも笑い話に変えて 1

    しおりをつける
    blank
    ラーメン大王
    母叔さまとお母様の間に確執があったとしても二人の間のこと。
    それを理由に常識の範囲内のやりとりまで口出しするなんて、変。いくら子供でも母親の人生の道具じゃないんだから。

    確かにお母様は何かに固執していて、視野が狭かったんだと思う。
    それが固執してしまっても仕方のないことか、理不尽なことかどうかまでは、わからないけど。だからトピ主さんの気持ちや状況を、客観的にみれなかったんだと思う。

    お遣いご苦労様でした。叔母様もよろこんだんでしょうね。おいしいラーメンは叔母様のねぎらいと感謝の気持ち。食べてる間は楽しかったですか?いいことしてよろこんでもらってごちそうしてもらって、よかったね。

    親ならね、子供がいいことして相手によろこんでもらって、それでごちそうになって嬉しかったってほんとなら嬉しいと思うんですよ。ほんとなら叔母様との楽しい思い出になって胸の残るはずのことなのに・・・。だからよけいに悲しかったね。
    武蔵野ミセスさんもおかあさんなのかな。

    こんなふうに知ったようなこと書いておこがましくて恥ずかしいんですが。でも、ミセスさんもそう思いませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    悲しい思い出を笑い話にかえて 2

    しおりをつける
    blank
    ラーメン大王
    そのときのお母様はなにかに心がとらわれてしまって余裕がなかったんでしょう。
    なにかに固執してしまい視野が狭くなってたんだと思います。

    そのときのお母様をゆるしてあげて、そのことはもう笑い話に変えてしまったらどうかな。そして叔母様と食べたラーメンは、楽しい思い出のまま心に残しておけばいいと思います。

    間違ったこと押しつけられちゃった。それにとらわれて苦しんじゃったってちゃんと確認できたら、きっとラーメンやさんの前をとってももう悲しくはならなくなると思います。おかあさんはおかあさん。あなたはあなたなのですから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0