詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    現実社会とネット社会のギャップ

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    なんで
    話題
    発言小町でも顔も知らない人間同士が、いろいろと悩みを打ち明け合ったり、いろいろな話題で盛り上がっていますよね。でも、なぜ、そういった事が現実社会では起きないんでしょうか? 
    例えば、電車の中とかレストランで知らない人に、いきなり笑顔で挨拶して、いきなり自分の身の上話しでも始めたりしたら、怪しい奴、変な奴って思われてドン引きされますよね? 
    でも、何故、ネット社会では当たり前の行為で、皆、全くの赤の他人に本音をさらけ出せるのか? 
    顔も名前も知らないからというのが理由でしょうが、よく考えると不思議で仕方がありません。
    上手く説明出来る方、いませんか? よろしくお願いします。

    トピ内ID:2204497408

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    回答者市場だから。

    しおりをつける
    blank
    コーラ
    現実には、誰かに相談を持ちかける時、相手を特定しますね。
    特定された側は普通は無視できません。
    最低限「相談には乗れない」くらいは反応しなければならない。
    また、言う方も聞かされる方も生身の人間だということがはっきりしていますから、同じ内容でも重く感じますし、聞きたくないこともあります。
    それを考えると相談者側も無頓着にジャーと垂れ流すわけにはいかないのです。

    でも、ネットでは読み手は、相談相手として個人が指名されることはありません。
    好きな時に好きな相談だけ読み、書きたいことがある時だけレスすればよいのです。
    それに読み手にとっては文字情報しかないので、作り話と現実の区別はありません。「そこまで書くか?」と思いながらも簡単にスルーできます。
    また相談者から特定の相手が見えないということは、壁に向かって独り言を言うのと何ら変わらない状態なのです。

    あとは・・・顔も名前もわからない相手に相談するので、詳しい方がより的確な回答がもらえるだろうという思惑もあるでしょうね。
    実際には余計だったとしても。

    トピ内ID:4431783455

    閉じる× 閉じる×

    同じ

    しおりをつける
    blank
    でもでもだって
    > 例えば、電車の中とかレストランで知らない人に、いきなり笑顔で挨拶して、いきなり自分の身の上話しでも始めたりしたら、怪しい奴、変な奴って思われてドン引きされますよね? 

    例えば車の話をするフォーラムがあってそこで
    「姑がヒドいんです」と相談すればドン引きされますよね。

    現実の世界でもボランティアで相談に乗ってくれるところはあります。
    そこで見知らぬ人ですが話しかければ色々と答えてくれるでしょう。

    ネットだからといってどこでも相談出来るわけでは無いです。
    逆に現実社会だからといって見知らぬ人に相談出来ないことは無いです。
    要は場所です。
    ネットなら「発言小町」
    現実ならどこかのボランティアセンター。

    トピ内ID:1635514236

    閉じる× 閉じる×

    仮面舞踏会

    しおりをつける
    blank
    さな
    踏み込んでほしくない部分は踏み込まれないで済むし
    弱みを握られても、私生活をあらいざらい知られても何もされないし
    都合が悪くなったら知らん顔して逃げられるから。

    実際会ったら追いかけてこられるかもしれないし、跡つけられるかもしれない。
    質問されて答えたくなくても知らん顔はしづらい。
    でもネットなら可能です。
    その場で自分の用事を満たしたら、違う人間の顔をして安全に家に帰ることができる、仮面舞踏会と同じではないでしょうか。

    トピ内ID:5042979556

    閉じる× 閉じる×

    リアルとバーチャルの使い分け

    しおりをつける
    🐤
    海老餡
    誰もが特に意識することもなく、リアル・ワールドとバーチャル・ワールドは別のものと割り切り、使い分けをしているだけです。

    何を今さらという感じなのですが、トピ主さん、リアルとバーチャルの境界があやふやになってるんでしょうか???

    トピ内ID:5298196576

    閉じる× 閉じる×

    ネチケットは守りたいものデス。

    しおりをつける
    🎶
    ラーウ
    ネット社会での本音をさらけ出せる理由は、パーソナルスペース、つまり安全なところから意見が発信できるからではと、私は思います。よほどのことが無い限り、個人特定できませんし、匿名であれば真偽が定かでないところも含め、なんでも言えるからと思います。(チョイスするのは自分ですけど。)

    実社会ではほとんどの方が建前、建前というのは常識であったりして、常識とは多数決的でマイノリティーははじかれたりするのがオチ・・・、と思うからなかなか本音で話が出来なかったりしますよね。(まあネットの中でもいろいろとありますが。)
    中には近くの人に話すと馬鹿にされたりするのでは、と思うと相談できないというプライドもあると思います。だからネットで、となる人もいると思います。

    トピ内ID:1505162987

    閉じる× 閉じる×

    ありますよ。

    しおりをつける
    blank
    ss
    >発言小町でも.....事が現実社会では起きないんでしょうか? 
    現実社会がどの範囲と考えているのかわかりませんが、匿名での悩みの相談なんて昔からありますよ。新聞、ラジオって知ってますか?

    新聞の悩み相談、投書欄、ラジオの視聴者投稿知りませんか?昔から好きな人は好きなんですよ。

    ネット(社会)も社会の一部ですからね。

    トピ内ID:7799957809

    閉じる× 閉じる×

    キーワードは匿名性

    しおりをつける
    blank
    ネットサーファー
    ネットでは、誰が書き込んだか、誰の発言かわからないため、攻撃を受けにくいためだと思います。実社会では、人間関係のいざこざのため、世間を渡りにくくなるということがありますが、ネット上では、その危険が少ないからでしょう。しかしネット上での脅迫行為が警察によって検挙された例もあります。十分注意したいものです。

    トピ内ID:1668751397

    閉じる× 閉じる×

    ネットでも何でもありではない

    しおりをつける
    アンズ
    ネットも、たとえば発言小町のような掲示板形式であったなら、不特定
    多数に相談することが出来ます。そして回答者が、自分の都合で答える
    ことが出来ます。

    でも、これがたとえばSNS(ミクシィなど)のような、それが本名で
    あろうとハンドルネームであろうと、とある名前のついた個人であった
    場合には、やはり無条件に垂れ流すように相談を持ちかければいずれは
    逃げられるということも有り得ます。「あの人は…」と噂になる可能性
    もありますし、集団で避けられるような事態も起こり得ます。ネット
    だから何でもありということでは決してありません。相談する側の
    モラルが当然問われますし、間違えると友人を失うことになりますので、
    その辺りの気遣いは出来るようにしておきたいものです。

    トピ内ID:8635900093

    閉じる× 閉じる×

    柵が無いからですよ

    しおりをつける
    blank
    bug
    現実社会では人と人は何処かで繋がっています。
    少なからず知っている人が相手だと、本音を曝け出せば誰かを傷つけるかもしれない。自分が不利益を被るかもしれない。リスクを大なり小なり抱えなければなりません。

    だからお互いに何処の誰だか判らない人が集っていて、話を聞いてくれるネット上に本音を晒すのです。

    トピ内ID:0207870582

    閉じる× 閉じる×

    ギャップを感じる

    しおりをつける
    和嶋実雪
    確かにネット、現実社会はギャップが大きいです。
    ネット社会は、機器を通しての世界。
    簡単に赤の他人同士が話し合いをする。
    何処の誰だか分からないから、本音が言える。
    刺激し合う事が、人の繋がりに思える。
    孤独が埋められ、ここに来れば、誰かが相手をしてくれる。
    生きる意味を見つけられる。
    …だから、止められない、一つの社会の交わりとして。
    現実社会は、生身の人間同士。
    現代の日本…自分・家族の事で精一杯で、他人を思う余裕が無い。
    仕事上の人間関係は、義務感。
    友人・恋人は、温もりを感じる人との繋がり…連係。
    でも、お金・時間・心体の余裕が必要で、ストレスが生じる。
    ネット社会は、ストレス解消出来る要素を持っている。
    長く成りましたが、個人的に思えるギャップの論理です。

    トピ内ID:8846218102

    閉じる× 閉じる×

    ボランディアでも

    しおりをつける
    🐶
    こう
    リアル世界では、組織的なボランティア活動でも
    ちょっと時間があるからという気持ちで参加できるものは少ないです。
    やもするとずるっと引き込まれ、個人生活に影響がでてしまう。

    人間関係もそうで、付き合う相手をえり好みするにはかなりの高等テクニックが必要になってくる。
    親しさの程度の調整も、双方の思惑が一致することのほうが少ない。
    慎重になってしまって、気軽に声をかけたりはできません。

    リアルな私は、もめごとが嫌いなお気楽タイプです。

    ネットの世界にも情報を欲しているのではなく、期待に反するレスを不快に思う人はいるようですね。そこは現実社会とギャップはありません。
    ただネット社会では、さっと立ち去ることができる匿名性があります。

    トピ内ID:9282836117

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    なんで
    つい最近、うどん屋さんで声をかけるみたいなトピありましたよね?
    私は数年前までアメリカに住んでいたんですけど、知らない人同士がレストランやお店で気軽に挨拶して、情報交換したり会話しているのを、たくさん見てきました。でも日本人は知らない人同士は、余程、何か用事がないと話さない。それなのに、ネット社会では知らない人同士が何でも言いあっている。そこに大きなギャップを感じたわけです。
    もっと、アメリカとかネットみたいにオープンになれたらいいのになあって思うんですけど、現実はそう簡単じゃないんですね。

    レス下さったみなさん、ありがとうございました。

    トピ内ID:1676974032

    閉じる× 閉じる×

    お作法

    しおりをつける
    🙂
    ろけっとん
    そのトピックを開くこと自体、その内容について興味がある、何か一言言いたい人が集まっているからではないでしょうか?

    それに、リアルの世界のお作法では、知らない人にいきなり話しかけたりしないものですが、ネットの世界のお作法ではそれが許されるから、皆そうしているだけだと思います。

    そして、リアルの世界では、そこにいるメンバーの顔を見ながら、ここだけの話…というのが可能ですが、ネットではそれができません。同じようなコミュニケーションにならないのは、必然ですね。

    このトピのテーマはなかなか興味深いですね。
    他の方の意見もぜひお伺いしたいです。

    トピ内ID:0246554870

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0