詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    交通事故示談について

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    イタイイタイ
    ヘルス
    去年の暮れに、交通事故にあいました。 私は自転車、相手はトラックです。 警察の検分では、私のほうにも若干非があったということになっています。 事故にあってからもう2ヶ月くらいになります。 そこで教えてほしいのは今後のことなのですが、 まず休業保障について。 これは医師が完治した、もしくはこれ以上治療を続けても改善が見られないと判断した時点で打ち切りになるんですよね? その打ち切りになりました、というようなことは 知らせてもらえるのでしょうか。 また、その後も痛みが引かなかったりしたら通院することになると思うんですが、もう大丈夫、と思った時点で保険会社に連絡をして示談交渉を始めるのでしょうか? また、壊れた自転車や破れてしまった靴、ジーパンなどの代金も請求することになるようですが、レシートなどは残っていません。自転車は買って1月もたってないのですが、こういう場合は自己申告でかまわないんでしょうか? 初めてのことで、なにもわからないまま治療に通って きましたが、今後のことがやはり気になります。 詳しい方がいらしたら、アドバイスなどよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    正当な要求なら通りますから御安心を。

    しおりをつける
    blank
    from バイク板
    物損分について… 誰もがレシートを保管してるワケありませんから「殆どの場合」自己申告で大丈夫です。 物損分の交渉は、完治を待たずに始めてOKですから、傷付いた物の「価格」「購入時期」を整理して、早めに相手側の保険会社に請求しましょう。 「減価償却後の価値」を元にして「相手の過失割合分」の賠償が行われると思います。 修理可能な品物については、修理費と事故時点の価値を比べて、修理費が安ければ修理を行うことになりますので、自転車の破損状況によっては修理扱いになるかもしれません。 それから、傷付いた物について、現物or写真の提出を求められることがありますし、補償を受けた段階で物の権利は相手に移りますので、勝手に棄てたりしないで下さいね。 相手に確認して「棄ててよい」という事であれば、如何様に処分しても構いません。 【続く】

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    続き

    しおりをつける
    blank
    from バイク板
    次に、人身分について… 完治ないしは改善が見られない…と判断するのは「医師とあなた」の問題です。 自分の体のことですから、医師任せにしないで、症状をしっかり主張して、適切な治療を受けることに専念してください。 あなたの過失が「若干」であれば、医療費・慰謝料・休業補償・文章料・通院交通費等については、相手の自賠責保険から『120万円を上限』に全額が補償されます。 (120万円を超えれば、あなたの過失に応じて減額されます) 医療費は、相手の保険会社に支払って貰うように手続き済みでしょうか? 未だなら保険会社に要求してください。 慰謝料・通院交通費等については、完治ないしは症状固定後に交渉するのが良いと思いますが、ある程度の額を先払いしてもらう事も出来ます。 休業補償については、所定の書式(保険会社から貰えます)に記入して請求しますが、一般的な給与所得者が合理的な範囲で休業した分については、過去の所得状況に応じて問題無く支払われるはずです。 休業補償については、休業が長期に渡る場合の生活を守るために月毎の請求が可能ですから、必要があれば相手の保険会社に相談してみてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    …言い忘れましたが

    しおりをつける
    blank
    from バイク板
    あなた側に過失があって、相手のトラックに修理が必要であれば、あなたの過失に応じて修理費を負担する必要があります。 トラック…って事ですから、営業車両だと思うのですが、事故車が修理のために何日か稼動しなくなれば、その期間に応じて、代わりの車を手配するための「代車料」や、その車が稼動しないことによる「休車損害」についても、あなたの過失に応じた賠償責任が生じます。 トラック対自転車の人身事故って事ですから、自転車側に請求される事は稀かもしれませんけれども…相手の考え方次第です。 クレジットカードの付帯サービス等で、自転車での事故に適用できる保険が付いてないか確認してみて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    主です
    丁寧に教えていただいて、ありがとうございました。 わからないことばかりで、かなり心配でしたが 今後どうしたらいいかもよくわかりました。 どうもありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]