詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    冬道運転デビューですが・・・

    お気に入り追加
    レス45
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    なな
    ヘルス
    こんにちは。ななと申します。 先日通勤中に、雪山の間から犬を連れた人が飛び出してきて「うわ~!」とあせってブレーキを踏んだのですが案の定止まらず、思わず路肩の雪山にぶつけて止めてしまいました。 幸い後続車はいなかったのですが、ものすごいあせりました。 お恥ずかしいのですが、私はずっと「ペーパードライバー」でした。去年の夏に異動でやむなく車通勤になったのですが、冬道は始めてです。 大きな4駆の車に「早く行けや~!」とあおられると かなりあせります。もう「ごめんなさい!」という 感じです。 スケートリンクのような路面ですいすい運転している人をみると本当にすごいと思います。 ベテランドライバーの方から見ると「何ちんたら走ってるのよ」と思われますよね・・・。 JAFの雪道講習とか、受けたほうがいいのかな。 未熟な私に雪道運転のコツをどうか教えてください。 (迷惑をかけない方法を) よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数45

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  45
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    うわわわ

    しおりをつける
    blank
    sedona
    雪国出身です。ペーパードライバーを自覚されているなら まずは運転しないでください(マジで!)。 怖いですよ~普通に運転ができてる人でもビビリながら 雪道走っているのに・・・慣れてない人ならスリップしたときなどにパニックの度合いも高いでしょ? まずタイヤはスタッドレスですか?スノー?どっちにしても タイヤはいいもの履いてください。それから自分でチェーンも 付けられるようにしておいてください。 車はオートマ?ミッション?高速でアクセル踏むのはやめてくださいね。 滑るもとです。凍った道だとなおさら。ブレーキも急にかけるのは 滑るためにかけてるようなものです。 とにかくゆっくり。後ろからあおられても放っておいて。 もしできるなら路肩に寄せて後続を先に走らせましょう。 それからぜひ普通の季節のときに運転の練習しておいてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    講習でも自動車学校でも通ってください

    しおりをつける
    blank
    匿名おとこ
    この文字数制限の厳しい、しかも文字だけでしか表現できない掲示板で語れることは限られています。 とりあえず ・急ハンドル ・急ブレーキ ・急加速 を避けることですね。 あと、ABSを働かせると制動距離は思いっきり伸びますので頭に入れておかれるとよいかと。急ブレーキで思い切りブレーキペダルを蹴飛ばしたり、すべる路面でブレーキをぎゅーっと踏み込んだりすると効いてくれます(ハンドルは効くが制動距離が・・・凍結路で止まりかけにハンドルをこね回してもあまり、ね)。 雪国には昔から4駆信仰者がやたらとたくさんいますが、止まることに関しては4駆でもそう変わりません。クロカンなんて車体が重いだけに特に止まりませんね。あと、限界を超えてしまったときは(限界が高いだけに)コントロールは非常に困難です。4駆であっても油断せず安全運転を。 もうひとつ、路面状況を見て無理そうだと思ったら車で出かけるのをやめるというのもありですよ。 煽られても絶対に無理をしてはいけません。がんばってくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    運転技術+車の技術

    しおりをつける
    blank
    imagine
     まずは安全運転を心がけることが一番です。過信は禁物、かえってななさんのような慎重派のほうが良いですよ。  急発進、急減速をしないのは鉄則ですね。また、スピードを出さない事も安全につながります。後続車がせかすようなら一時停止や減速をして道を譲ればよいのです。  それから技術の力も大いに借りましょう。四輪駆動車やスタッドレスタイヤなど、雪道走行で強い味方になってくれます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    気にしないで・・・

    しおりをつける
    blank
    6駆
    雪国では急ブレーキと急ハンドルは厳禁です。 4駆の連中が大きな顔をしているけど、気にしない気にしない! 自分が事故起こしてはオシマイですから・・・まず自分の安全のための運転を心がけましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご自分でおっしゃっているように、

    しおりをつける
    blank
    つー
    >JAFの雪道講習とか、受けたほうがいいのかな。 はい、その通りです。ぜひとも速いうちに受けてください。ジコル前に、ね!  掲示板でこつを聞いてもなかなか実践できないですよ。聞く(読む)と見る(実際の運転)とは大違いですからね。  でもマぁ、強いて言えば、はやめはやめの行動(此れには、出かけるときに十分の上にもさらに十分に余裕を持った時間に出発する)と、どこでものろのろと運転せずに、路面状況、前後の車などに応じた速度で安全運転する(周りに車がいなければゆっくり運転。前に車がいたら十分な車間距離をおいて(夏場の2~3倍は必要)同じ速度。 後ろにいたら端によけて先に走らせる。など)。ABSなしの場合は、ポンピングブレーキは必須! でもやっぱ専門家の教習受けるのがベスト。全然違いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じ立場ですう・・・

    しおりをつける
    blank
    ゆきんこ
     私も。都会での運転はしていたけれど、嫁に来て雪道は初めて・・・・・。  軽自動車なんですが、「すべっている」感覚がまず判らない。大きくすべってみないとわからないだろうと、義父に言われ、先日、夫と大きな駐車場に行き、練習しました。  でも、日中って雪が溶けているから練習にならないんですよね。本当に怖いのは早朝と夕方や夜。  なので、私、若葉マークつけて走る事にしました。 雪道限定初心者って事で。  若葉マークをつけていると、他の車はあおったりしないで、勝手に追い越して行ってくれますので助かっています。習うより慣れろだと夫に言われていますので、事故にだけ気をつけて、お互い頑張りましょうね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    なな
    アドバイスいただき、本当にありがとうございました。 ものすごく勉強になりました。 私の車はATのコンパクトカーで、タイヤは スタッドレスタイヤです。 私も乗らない方がいいと思っていましたが、 現在の勤務地は交通の便が悪く、帰る時にはバスが ない為、やむを得ず車通勤となってしまいました。 明日からは教えていただいた事を頭におきながら いきたいと思います。 レスを拝見して、車を運転する以上はきちんとした知識を持たなければいけないのだと反省しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    冬道事故経験者です

    しおりをつける
    blank
    セイシェル
    北海道だってのにリア駆動の車に乗り、RV車と大クラッシュして現金一括で買って半年の新車をパーにした者です。 あおられても、トロくても、慣れてない人が無理に飛ばすのはよくないです! 私も、冬は「すみませんねぇ~」と心の中で謝りながらノロノロ走ります。 リア駆動でよくケツ振りますから、後ろの車も「ゲ、こいつFR車かよ!」とビビって距離を取ってくれます(笑)。 (正確にはMR車) 某タイヤのCMのとおり「ブレーキはゆっくり、しっかり」 信号は、道路用より横断歩道の信号を見てください。 歩行者信号が点滅しはじめたら、道路用も間もなく変わりますので、ブレーキのタイミングを判断してください。 あと、赤信号に変わろうかという時で、どうしても「きゃー、止まれない~!」というケースがあります。 その際は無理に止まろうとブレーキ踏むより、ぶっちぎった方がいい場合も多いです。 スピンして交差点の真ん中で止まってしまうよりは、通りすぎたほうがよっぽど安全です。 とにかく、あせらないこと。 そんな路面であおってくるほうが悪いのです! 無事に冬を乗り切れることを祈ってます!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あんまり路面状態が悪い時は

    しおりをつける
    blank
    ななし
    車で行かない事です。 歩くかバスか休むか そういう手段が良いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    雨の日のバイクのように

    しおりをつける
    blank
    WR
    自分は初心者ですが、何となく雪道の運転が好きで、よく親の軽自動車を借りてドライブします。 さて、雪道で安全に走る方法は ○コーナーの手前でエンブレかブレーキでゆっくり減速 ○ハンドルを切ったままアクセルを開けすぎない。 ○道路の先の状況をよく見て早目に速度調節 だと思います。また、後輪が滑りだしたときは 「ハンドルを逆の方向に回しながらアクセルを踏む」 ブレーキじゃないですよ。アクセルを踏むんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出来る備えはする

    しおりをつける
    blank
    ととと
    車はなんですか? 出来る備えはしましょう。 まず、四駆の車に替える。 ぶつかったり、人を轢いてしまうことを考えると割り切って出費した方が良いでしょう。 それから、スタッドレスも良い物を使う。 煽られたら焦らずに路肩に停めるかハザードを出すなどして道を速やかに譲る。 車・タイヤの性能・自分の技量にあったスピードは守る。 (どこからでも人は出てきますからね) 通勤に使っておられるなら、夏の倍の時間掛かっても大丈夫な時間に家を出る。 混雑する時間を避ける。 >JAFの雪道講習とか、受けたほうがいいのかな。 自分の運転技術が未熟で、雪道運転に精神的に余裕が無いと自覚していて、なおかつ危険な目にも遭っているのに ちょっと考えが甘いように思います。 こんな所に投稿して机上のコツを教わるよりよっぽど良いと思いませんか? 文章から見てまだお若い方のように思います。 冬道運転にはすぐ慣れると思いますが それまでの間事故にくれぐれも気を付けて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ×急アクセル×急ハンドル×急ブレーキ

    しおりをつける
    blank
    インプ
    雪道に限った話ではありませんが、「急」のつく運転はしないというのが基本ですね。また、雪の多い地域ならば、冬の間はタイヤはスタッドレスにしておきましょう。 雪道の運転は文章で説明してもできるようにはなりません。JAF等で実施している講習会でもいいのでまず基本を身体で覚えて、あとはとにかく練習するのみです。 前にABSについて書かれていた方がいましたが、ななさんの車はABSが付いていますか。付いているのならば、一度周囲が安全なところで強くブレーキを踏んでABSを働かせてみてください。ブレーキペダルにダダダダとかなりの反発が来ますが、止まるまで踏み続けることに慣れましょう。びっくりして緩めてしまう人がいますが、むしろ危険です。運転に不慣れな人が制動距離が伸びることなど気にする必要はありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ブレーキ

    しおりをつける
    blank
    雪道経験7年目
     私が雪道デビューした当時、いろんな人によく言われたのは「ブレーキは絶対踏むな。」でした。  ブレーキ踏まなきゃ止まれないジャン!と思っているうちはまだまだ雪道初心者です。できるだけ低速で、いつでも止まれる速度で走り、どうしても止まらなければならない時はポンピングブレーキ(何度もブレーキを軽く踏む)でゆっくり止まる。  山道や坂道を下る際はセカンドかローにギアをおとしてブレーキを踏まずに下りましょう。どうしてもブレーキを踏む時はあくまで軽く。それで怖いと感じるならスピードの出しすぎです。  そして天気を見て「こんな大雪じゃ外出は無理だ。」という勇気をもつのも、雪道を安全に走るコツのひとつだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の心がけは・・・

    しおりをつける
    blank
    さやさや
    匿名おとこさんのおっしゃるように「急○○はしない」こと、車間距離は長めにとること、曲がる合図(ウィンカー)は早めに出してゆっくりブレーキをかけること、吹雪や夕暮れ時など早めにライトをつけて存在をアピールすること、などですね。とにかく無理はしないのが一番です。 ななさんは車通勤とのことですが、できればラッシュ時は運転を避けた方がいいと思います。みんな気持ちが急いてますので余計に怖い思いをしてしまいますよ? 心にも車間距離にもゆとりの持てる状態で慣れていけるといいですね。がんばってくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    すでにレスがついてますけど

    しおりをつける
    blank
    すねかじり
    乾いた道路で走れるようになれば、怖いながらも濡れた路面で走れるように、まずは人並みに走れるようになりましょう。 言い換えれば順をおって車を自分の手足のように操れるようになると最も良いかと、例えば雪道を一定速度で走っていたとしてどれくらいの強さでブレーキを掛けたら滑らずに止まれるか?などを体で理解するのがいいかと。 ただし車の性能を過信しないでください。 操るのは貴方なので、いかに性能が高くても貴方が失敗すれば事故が起こります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    雪道+4WD最強

    しおりをつける
    blank
    亜酸化窒素
    但し、通常走行及び加速のみ。滑ったら終わり・・。 でも確かに雪国では4輪駆動でないと話になりません。2輪駆動に比べて安定感が違います。 ABSに関して・・・。 雪道ではABSの有無に関係なく、とにかくブレーキが利きません。ブレーキペダルへし折る勢いで踏んでも全くスピードが落ちません。減速はかなり手前からゆっくり行ってください。 ABSのキャンセルは一般人には出来ませんから(カプラ-外せばいいんだけど・・)まず、雪道でわざと急ブレーキを掛けてみてABS作動時のペダルの振動(ガツガツガツッ)に慣れておいて下さい。初めてのABS作動はビビります。 ドライ路面で普通に運転していてABS作動なんて殆ど居ないでしょうし。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ゆとりを持って

    しおりをつける
    blank
    スノーマン
    毎年、通勤で運転しますが、慣れているようで何度も ひやりとします。 まずゆとりを持って急がない。すっきりとした頭で 運転します。夕暮れ以降も運転しません。 住宅地や十字路、右折左折時は特に注意。 さらに、信号やT字路では、多くのクルマがブレーキをかけるので、道路が磨かれツルツルになっていることが多く、他の雪道よりもさらに危険です。 空いているスキー場などの広い駐車場等で、急発進&急ブレーキをかけて、感覚をつかむのもいいです。ただしこの際も、事故に結びつくと大変なので、運転に 慣れた&状況判断のできる家族に助手席に乗って もらうことです。 時速10~20キロでもいいのですよ。迷惑になったら路肩に停止すればいいだけ。くれぐれもあせったり アクセルを踏まないでくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験が安全運転のすべて

    しおりをつける
    blank
    南町田
    雪道や凍結路の運転が上手な人は、経験が豊富なのです。外気温や路面の見え方ハンドルから伝わる感触など五感の全で情報を得ながら運転しています。 この経験が無いトピ主さんのような人は、ドライビングスクールで安全に雪道体験し、操縦技術を体得することをお勧めします。 私が体験したのはホンダのドライビングスクールです。 冬季限定の雪道をテーマにしたスクールもあります。ここでの体験は日常の自動車運転を安全なものにしてくれました。講師と設備は一級品でした。 是非、参加をすることを推奨します。 hondaドライビングスクール http://www.twinring.jp/astp/car_school/hds.html 雪道用のタイヤは最新のスタットレスタイヤを装備しましょう。毎年、性能が向上しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    雪道初心者に追突されました

    しおりをつける
    blank
    ムチウチ辛い
    私は雪国で観光地に住んでいるのですが、雪の降らない県外から来た人の雪道運転の未熟さには呆れてしまうほどです。 雪道は雪道でしか運転できない技術があるものです。 慣れない人が運転したら普通の運転技術では必ず事故を起こすと思います。 私は一昨年、雪道運転に慣れていないドライバーの車に追突されて昨年一年間ずっと病院通いをしていました。 雪道で急ブレーキを踏む、という自殺行為を加害者はしてきたのです。しかもノーマルタイヤ、チェーンなしです。 加害者は「これぐらいの雪ならチェーンは必要ないと思った」と言ってましたが、こういう知識のない人には雪道運転は絶対にしてもらいたくありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    新潟出身です

    しおりをつける
    blank
    菊之助
    他人が通りまくった路面は、踏み固められてテカテカに光っています。そんな部分にタイヤを乗せてはいけません。 なるべく道路の端の、グリップの良い部分を捜して走って下さい。 がんばれよ!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しいかもしれませんけど

    しおりをつける
    blank
    SST
    北海道在住で、毎日車乗っています。 【滑る=怖い】と思わないようになれれば完璧ですね。靴では立てない氷の上でもスケート靴をうまく利用すれば、隣や前の人とぶつかる事は有りません。靴で下りたら転げ落ちるような勾配でも、スキーを上手く利用すると、自分の意思どおりコントロールする事が出来ます。 結論から言って、歩いても滑る路面を1t以上の鉄の塊がタイヤ頼みで走っているんですよ。滑らないわけ無いんですよ。 もちろん、少なくとも見通せる先の交差点の信号が変わるタイミング等は計って走るなど、滑らないような努力はして当たり前です。 一つ言えるのは、みんなが走っている場所を馬鹿正直に走らないことです。 滑りそうな所は、止まるときと発進するときだけ、少し路肩寄りに走ってみると良いですよ。 あと、急に前の車が止まったり、車や人が飛び出して来ても良いように、常に路肩の雪山の状態を確認して、【どうしても止まれなかったら、あの雪山に突っ込もう】と言った覚悟も必要です。 何度も言いますが、【必要以上に怖がらないこと】が大切。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    匿名おとこさん教えてください

    しおりをつける
    blank
    よくわからない
    >ABSを働かせると制動距離は思いっきり伸びますので>頭に入れておかれるとよいかと。 これは制動距離が伸びるから「危険」ってことですか? >急ブレーキで思い切りブレーキペダルを蹴飛ばしたり 蹴飛ばすとはどういうことでしょうか? >(ハンドルは効くが制動距離が・・・凍結路で止まりかけにハンドルをこね回してもあまり、ね)。 私の読解力不足なのかもしれませんが、何度読んでもわからないのです。 決してイヤミではありません。 私も雪国で運転していますので詳しく知りたかったのです。馬鹿ですみません。 私はわりとエンジンブレーキを利かせて運転します。これは危険ですか? トピ主様横道にそれてすみませんでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    慣れです

    しおりをつける
    blank
    元雪国ドライバー
    12月に雪国へ転勤になって、初めて持ったマイカー。 それまでは、ペーパードライバーとまでは行かないまでも、 年に1、2度運転する程度の運転経験でした。 転勤先は雪に閉ざされた冬の田舎町。車無しでは不便。 思い切って買った初めてのマイカーは、四駆の小型車、 ABS付き、もちろんタイヤはスタッドレス。 納車は1月下旬、大雪のまっさかりの時期でした。 えぇ、正直怖かったですよ。でも習うより慣れろ。 急ブレーキ、急ハンドル、急発進を一切せず、 煽られればすかさず後続に道を譲り、慎重に、 無事故で走りました。田舎なので車が少なかったことも 私には幸いでした。春になる頃には結構なれてましたよ。 数度の越冬を経験した今では、雪道の慎重な運転なら ちょっと自信あります。もちろん無事故で来てます。 私は受けませんでしたが雪道講習は有効でしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    スパイクです

    しおりをつける
    blank
    雪の女王
    やはりスパイクタイヤが一番グリップします。 (~125ccですが) ベースとなるタイヤはトレールタイヤより エンデューロタイヤ(もちろん公道走行可の)が いいです。 マカロニピンを全てのブロックに打ち込んだら アイスバーンから圧雪路まで大抵の路面で4輪駆動の 自動車を追い掛け回せるほどしっかりとグリップするタイヤになりますよ さて雪道のライディングですが、他の皆さんがおっしゃっている通り、急ハンドル(というか急バンク) 急ブレーキは転倒の元です。 なるべくパワーバンドに入れないよう、低回転を多用して走りましょう。 フライホイールの重いトライアルマシンのエンジン特性は特に適していると思います。 コーナーではもちろん外側の膝をタンクにしっかりニーグリップさせて、内側の脚を前に出してバランスをとりましょう。このとき少しだけアクセルを多くひねるとリヤタイヤが滑り始めます。 そこでスリップダウンしないように微妙にアクセルを調整しながらカウンターを当てれば華麗にコーナーを駆け抜けることができます。 ダートラのように派手にバンクさせず、できるだけバンクさせずに流すのがコツです。頑張って練習してみてください

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    注意は走行中だけではなく・・・

    しおりをつける
    blank
    傍流
    ・四輪駆動車を過信しないように。FFで充分,乗換の必要はありません。雪国で脇に落ちているのは,ほとんどが首都圏ナンバの四駆車でした。 ・乗る前に,屋根やボンネット,トランクの雪を落としましょう。走行中に雪が落ちると,あなたも後続車も危険です。 ・降りるときに,ホイールハウスの中とラジエータグリル前に付着した雪を取り除いておきましょう。 ・高速走行中は,絶対に(対策をしていない)ウィンドウォッシャー液を出さないこと。目の前が真っ白になります。寒冷地用を原液のまま使用します。 ・運転時は1kmぐらい先も見ましょう。ブレーキを使わなくても済むように。ABSが作動するようなブレーキ操作は厳禁。 ・交差点の直前はスタッドレスタイヤでもお手上げのことがあります。特に上り坂の交差点では,クリープ(AT)や半クラッチ(MT)をうまく使って,完全停止しないようにする手もあります。 ・山道でどうしようもなくなったら,山側にぶつけましょう。谷側は,どこまで地面があるかわかりません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですが質問

    しおりをつける
    blank
    9303
    近畿北部的には雪国分類されている地域住民です。 スタッドレス四本履き&FFで毎年過ごしているのですが ここにきてふとした疑問が・・・ 私の車はATですがマニュアルCVTがついている為 雪道では主にエンジンブレーキを利用してカーブを曲がるようにしていました。フットブレーキも併用です。 そして私の地元仲間では定説です。 (スキー場に行く時の峠道などで) ところが最近、近畿西部的に雪国分類されてる地域住民な後輩に 「雪道でエンジンブレーキはロックがかかって危ないからフットブレーキのみのほうが良い」 と言われてしまいました。 ・・・後輩、車に詳しい目の男の子だからなぁ・・・ でも経験上、新雪がワッサリ積もった道でフットブレーキなんて効いたためしがないし カピカピに凍りついたアイスバーンでフットブレーキをいくらそっとかけても横滑り必至だし・・・ 実際、本当の雪国住民の方はどうされているのでしょうか? 横に横でなんですが、なんでいつも田んぼに落ちてるのは四駆車なんでしょうね??なんでサーフやらパジェロに乗ってて雪の度にイチイチ毎回出勤前に落ちて大渋滞起こしてくれるのかサッパリ判りません・笑

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    端的に

    しおりをつける
    blank
    うらかんらな
    急ブレーキ、急ハンドル、アクセルの踏み過ぎは×。 どれもじわ~っと操作してください。 上の3つをなるべく使わないのが雪道のコツです。 それからこれも大事ですが、 コーナリング中はブレーキを踏んではいけません。 カーブの前でしっかり減速しておき、 ハンドルを切っている間はブレーキオフです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですが

    しおりをつける
    blank
    あらまぁ
    雪の女王さん、投稿するトピを間違えたのですか? それともわざとですか? なんにしても、ご自慢の華麗なライディングテクニックは、誰もいないところで楽しんで下さい。 くれぐれも、歩行者や車に迷惑をかけないようにしてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横に・・・

    しおりをつける
    blank
    雪道を知る男
    >横に横でなんですが、なんでいつも田んぼに落ちてるのは四駆車なんでしょうね??なんでサーフやらパジェロに乗ってて雪の度にイチイチ毎回出勤前に落ちて大渋滞起こしてくれるのかサッパリ判りません・笑 毎年出ますよね。去年はピカピカのランクルを見ました。あれは、四駆を盲信している阿呆な下手糞が、雪道をなめて落ちているのがほとんどですね。 いくら四駆でもノーマルタイヤなら危ないのに・・・。 調子に乗って運転するんでしょうね。 ちなみに私も四駆乗りですが、スタッドレス無しでは・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私はフットブレーキ派

    しおりをつける
    blank
    亜酸化窒素
    CVTも含め、ATの場合幾ら多段でもエンジンブレーキの効きは結構唐突で、ドライバーの意思で効きやタイミングをコントロールできるものではありません。 ドライ路面では急な減速が起こったからと言って、姿勢が乱れるわけでもないですが、雪道、特に凍結路では致命的(大袈裟だけど)になることもあります。 どんなタイミングでどんな制動力が発揮されるか判らないエンジンブレーキよりは自分の思い通りの制動力がかけられるフットブレーキのほうが安定していると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  45
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]