詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    5万円をめぐる攻防

    お気に入り追加
    レス80
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    マーボー茄子
    恋愛
    都内に住むマーボー茄子と申します。(29歳、♂)
    5年付き合い既に同棲している彼女と近々結婚予定なのですが、
    予算配分(二人で稼いだ金の使い道、貯蓄額等の方針)について、ここ数カ月大揉めしています。

    私は現在年収1000万から1100万円くらい。ボーナスを除くと月々手取りで55万円程度(支給額は70万を少し上回るくらい)です。一方彼女は年収で300万ほど、月々では手取りで17万前後となっています。

    共通の生活費の負担割合については、私が家賃、水道光熱費。彼女はトイレットペーパー、ティッシュ、シャンプー代等、スーパーに行く際の費用を負担しています。また貯蓄額については、私が20万円、彼女が7万円を毎月共通の口座に収めています。またお互い一定額をお小遣いとしています。(私の方が当然ながら多いですが)

    それで本題はここからなのですが、私の給与体系というのは、ある程度月々によって変動しており、上記に定めたお小遣い額というのはおよそ標準化した場合の給与(手取り55万円)を基に定めています。ですので、忙しい月には、それに伴って(働いた分もらえるだけですが)、私の給与が増えるようになっています。

    彼女にはこの増加分については相当に神経質になっており、

    「絶対に固定したお小遣い以外は私が管理する」

    といって聞きません。変動幅の平均をとればおよそ月々5万円程度でしょう。私自身は付き合いも多く、また、彼女とご飯を食べにいく際はほぼすべて私負担ですし、彼女が酔っ払ったらタクシーで迎えにいくことも多々ありますがその場合も私が負担しています。

    つまりは、ある程度がんばった業務への対価でもある金額(5万前後)について私は全額自分自身で管理(貯蓄も含め)したいのですが、彼女は一歩も引く気もないようです。

    何かよい解決方法(説得理由)はないでしょうか?

    トピ内ID:1223250699

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数80

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  80
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    トピずれ御免

    しおりをつける
    🎶
    ナラマル
    >何かよい解決方法(説得理由)はないでしょうか?

    ご期待に沿うお答えでなくで申し訳ないのですが、私からのお勧めは「そもそも財布を預けるな」です。

    トピ内ID:1484151209

    閉じる× 閉じる×

    別会計にしなきゃいいのに

    しおりをつける
    blank
    ころ
    家計を一つにまとめたら、そんな喧嘩にはならないと思います。
    お互いに相手を信用していないのでしょうか?
    子供が出来て、彼女が働けなくなった時はどうするのですか?

    お金の価値観はなかなか変えられませんから、合わないと思ったら、結婚は止めたほうがいいと思います。

    トピ内ID:4991274372

    閉じる× 閉じる×

    よーく話し合ってくださいね

    しおりをつける
    🐱
    雪之丞
    収入の差が大きいので、収入の少ない方の彼女は多く貰っているあなたに色々な面で負担してもらうのは当たり前という考えでしょう。
    おまけに、結婚するんですから、その考えはますます硬くなっていることと思います。あなたの5万円を彼女が管理するということの理由にはたぶん、お小遣いが多いと、いらぬ遊びに使うんじゃないかという恐れがあると思います。その5万円は何のために管理すると彼女は言っているのですか?
    どうしても彼女が管理するというのなら、毎月きちんと管理されている口座の通帳を見せてもらうようにしたらいかがですか?
    彼女を悪く言うつもりはありませんが、そのお金を彼女が好きなように(お小遣いとして)使ってしまうという可能性もあるわけですよね。
    あなたも世間一般の人から見れば、年齢的にも高収入です。
    お付き合いとかも大変でしょうが、あればあるだけ使ってもいいというものでもありません。
    お子様もできたりすると、彼女は仕事をやめ、専業主婦になる可能性も高いですので、貯蓄は出来るときにしっかりしておくのが得策ですよ。

    トピ内ID:6057311494

    閉じる× 閉じる×

    数値で示す

    しおりをつける
    blank
    カイシャ員
    帳簿(家計簿?小遣い帳?)をつけ、「断れないつきあいもあり、どうしてもこれくらいの出費が必要」と数字で見せてみては。

    「君を迎えにいくタクシー代と飲み食い代も僕が出している」なんて口にして切れられたら面倒だから、あくまでも「僕の付き合い」を強調しつつ、でも彼女関連の出費も、項目を作ってきっちり帳簿に記載。

    「先月ひと月はこれくらいの出費があったんだけど・・・」と後出しして「ずるい!」と言い出しそうな彼女なら、「今月は帳簿をつけてみようと思う」と先に言っておいた方がいいかもね。

    金銭面の説得は、数値で示すことが一番だと思います。

    トピ内ID:5207300069

    閉じる× 閉じる×

    自立した大人の関係をめざそう

    しおりをつける
    blank
    在米
    お互い大人なんだから、毎月、生活費をそれぞれ出し合い(折半でもいいし、収入に比例してトピ主さんが多めでもいいけど比率は決めてください)、あとはそれぞれが自分で管理すればいいのではないですか?

    子供ができて彼女が時短勤務 or 働けなくなるなどの事態が起きれば、生活費の負担割合を見直せばいいのです。

    トピ主さんが稼いだお金まで管理したいなんて、彼女はなんてがめついんだ。

    トピ内ID:8235210048

    閉じる× 閉じる×

    どちらにも公平に

    しおりをつける
    🎁
    薄給OL
    別の口座に貯めておいて、
    家計上は「ないもの」としてはいかがでしょうか?
    (別にそのお金がなくても困らないんですよね?)

    そして、パーっと旅行に使うとか、車を買う時にグレードアップ費用に充てるとか。
    使い方はトピ主さんが決めるとして、2人で使うものに充てたら良いのでは?

    私は小額ですが、社用で使った交通費を別口座で管理(放置?)してますが、
    年に1回、何に使うか考えるのは楽しいですよ。

    トピ内ID:8998235705

    閉じる× 閉じる×

    彼女にまかせたら?

    しおりをつける
    💰
    らどらむ
    これから結婚するんですよね。共同生活で一番大切なのは、仕事やお金じゃなくて信頼じゃないんですかね。
    子供ができたら、当然奥さんの生活も子供中心になるし、そんな時に何か起っても、旦那は仕事で駆け付けるのに時間かかるでしょ。その時に頼るのはお金しかないですよ。

    男なら財布は女房に預けて、金を作ることに力を注ぐ。奥さんだって、自分が家計を任されてると思えば旦那への信頼度も硬くなるでしょ。万が一があったら、また稼げばいいじゃないですか。

    俺はそれがベストと思いますよ。

    トピ内ID:0194402416

    閉じる× 閉じる×

    客観的な数値を示しては?

    しおりをつける
    blank
    安直ですが
    この手の女性相手に数字を見せても動くかどうか難しいですが、
    トピ主さんが挙げておられる外食代、タクシー代の扱いの実際の金額を算出し、それをどうするかも合わせて検討されてはいかがでしょう?
    後、彼女の方の主張理由はなんでしょうか?客観的に考えるとそれだけトピ主さんの方が頑張っておられるのですしトピ主さん管理で当然な気もしますが。

    トピ内ID:9580249771

    閉じる× 閉じる×

    正直な感想

    しおりをつける
    あなたは男としての器があまりに小さ過ぎます。それだけの年収差があるなら、あなたが彼女を生涯養うぐらいの気持ちがあっても、いいと思いますよ。だって、好きだから結婚するのではないですか?

    その代わり、彼女が浪費しないようにあなたが彼女を教育すべきです。酔ってタクシーなど言語道断です。

    最後に、細かいことをちまちま言うんだったら、結婚なんか止めてしまえば宜しい。

    トピ内ID:1094993917

    閉じる× 閉じる×

    預けなきゃいい

    しおりをつける
    🐱
    にゃん
    案です。
    1. トピ主が家計を預かる。
    2. 彼女に数ヶ月管理させ、管理状況を報告させる。
    (必ず、通帳など証拠も提出させる)
    3. 会社に一定額以外は別口座に入金してもらう。
    4. 各々の負担分を出し合い、残りは個別管理(つまりダブルポケット)

    >彼女は一歩も引く気もないようです。
    トピ主も一歩も引かなきゃいい(笑)
    ちなみにダブルポケットを選択すると、今後の大きな買い物全てが割合で支出するということになります。これって彼女にとっては、仕事を続けて稼いでいかない限り不可能となってきます。結婚したとはいえ、人様の稼いだお金を「私が管理する」というならば、2案がお勧め!
    彼女には、今後のタクシー代も自己負担と宣言してやってください(笑)

    トピ内ID:2805894663

    閉じる× 閉じる×

    管理を任せない

    しおりをつける
    blank
    ykn
    お金の管理を任せない。

    貯金とかを定額にして、生活費+貯蓄を決まった口座に振り込むようにする。それ以外は自由。

    これが一番良い管理方法だと思う。

    トピ内ID:8458258070

    閉じる× 閉じる×

    器が小さすぎるのは彼女の方でしょう

    しおりをつける
    🙂
    ここ
    私が男だったら結婚を躊躇したくなる彼女ですね。

    がんばったのは本人なんだから大目に見ても良いのにね。
    トピ主さんが頑張らなければ元々入る予定じゃないお金でしょう?
    それをあてにするってなんか変です。

    月20万貯金に回せているなら十分でしょう。
    彼女には少ない月で固定で考えてもらった方が良いのでは?

    トピ内ID:2488917390

    閉じる× 閉じる×

    攻防って・・・

    しおりをつける
    😍
    青リンゴ
    同性(男であっても女であっても)の共同生活じゃないんですからね
    (苦笑)

    トピさんは標準以上の収入がお有りの様子。だから悩むんですね。

    私たち夫婦も合わせると、年収で一千万円を超えますので、浪費しないよう
    心しています。(夫婦の格差はほとんどないです)
    生活費プラス貯金プラス自由になるお金が双方必要ですよね。
    (三つめが肝心に思います)
    いくら年収であっても、お金のことはシビアなので、けんかの種にも
    充分になりえます。

    トピの感想ですが、やはり、「50万円を超えた金額の管理」を
    彼女がするのは少し疑問です。(どんな理由を言ってますか?)
    一歩譲っても、二人の管理かな・・・。
    あと、上の方もおっしゃってますが、よっぱらいをタクシーでお迎え
    にも疑問。タクシー乗るなら片道彼女だけでいいのでは?

    お金のことをきっちりするのは必要ですが、トピの内容を見ていたら
    なんだか疲れて・・・結婚というか共同生活って感じがします。
    お互いへの愛情とか思いやりとか、協力し合う心が感じられませんね。

    トピ内ID:4543369547

    閉じる× 閉じる×

    5万円は彼女に預けましょう

    しおりをつける
    blank
    みぃな
    その代わり条件を付けては如何でしょう?
    5万円はあくまで貯金する目的で預けるので、彼女が勝手に使う事は厳禁。
    名義は当然トピ主で、数ヶ月に一度残高を確認する。
    年収が高い分、生活費を多めに出し二人の貯金も多目に出しているのだから、今後外食代は生活費の中から出して、トピ主の小遣いからは出さない。(彼女の誕生日等プレゼント的要素が高い場合は別)
    彼女が酔って迎えに行くタクシー代も、今後は彼女の負担としてもらう…自分の失態なのだから、その代金をこちらで持つつもりは無い。
    妊娠・出産で仕事が出来ない期間は、生活費の分担について話し合い、変更する。

    貯金は毎月二人合わせて27万円なんですよね?
    奥さんはどうしてそこまで5万円に固執するのでしょう?
    3万⇒トピ主 2万⇒彼女 と、分けて管理でも良いと思いますけどね…

    トピ内ID:5980670011

    閉じる× 閉じる×

    それが嫌なら

    しおりをつける
    🐱
    家庭内格差是正
    「すべての生活費折半にします」って言えば?

    トピ内ID:2101528587

    閉じる× 閉じる×

    説得する方法ではありませんが

    しおりをつける
    blank
    みさと
    実はマーボー茄子さんがあればあるだけ使っちゃうタイプで、
    それを彼女が危惧している、とかいうことはないですよね?(笑
    あと、小遣いの額がものすごく多い、とか。

    「これ!」と言った説得理由はないのですが、
    交渉の手段として「半額ぐらい自分へのご褒美にしたい」とか
    「60万円以上だったときは、差額分をくれ」とかはどうでしょうか。

    あと、ちょっと思ったのは、いくつかあげられていた理由は、
    一纏めにせず個別に対応した方がいいのでは、と思いました。

    「マーボー茄子さんの方が付き合いが多い」
    →小遣いが足りなくなるなら、そもそもの小遣い額について再検討

    「外食代」
    →結婚後は生活費から出すことにする

    「彼女が酔ったときの送迎」
    →彼女の小遣いからタクシー代をだす
    (なぜわざわざあなたがタクシーで迎えに行くのか不思議です)

    お金の管理はとても大事ですので、今のうちにしっかり話し合ってくださいね。

    トピ内ID:9703908561

    閉じる× 閉じる×

    抜け切れてない

    しおりをつける
    blank
    くも
    いまは同棲なので「私負担」「彼女負担」という考え方もあるでしょうが、結婚してもその意識でいると、問題は平行線だと思いますよ。

    夫婦二人の生活を賄うために、それぞれが働いているわけで、それを「これは元は自分のお金だ」「これは向こうのお金を使っている」という意識がある限りは、常に損得を考えることになり、結局は「自分ばかり損している」というような、不満の原因になると思います。

    理想としては、夫婦の収入を全額合算して、その中から定額のお小遣いや必要経費を引き、残りを単一の家賃・光熱費・貯蓄などに充当していくのがいいと思います。
    そういう点から考えると、彼女さんのおっしゃってる形式のほうが、家庭の一体化としては望ましいように思います。ただ、それでは上下動の恩恵をトピ主さんが受けられず、モチベーションにかかわるかもしないので、「月○○円を上回った月にはX万円プラス」のようなルールを設定しておいてはどうでしょう。

    あとは、二人で外出の際の費用などは、トピ主さんの財布からは出さず、家庭のお金のほうから出すようにすれば、彼女さんもコスト意識を持って家計管理ができるんじゃないかなと思います。

    トピ内ID:3833500358

    閉じる× 閉じる×

    半分なら説得できると思うけど

    しおりをつける
    🐤
    popo
    夫の帰りが遅くなるだけで、
    収入が増えないなら、
    妻にしたら残業なんてないほうがいいんじゃない?

    半分の2万5千円を自分のお小遣い、
    もう半分の2万5千円を妻のお小遣いってことにしたら
    いいっていってもらえると思うけど。

    トピ内ID:6054543712

    閉じる× 閉じる×

    親に…

    しおりをつける
    で?
    親に仕送りすることにした!って言えばどうですか?
    もしくは嘘も方便で、借りてたお金があったとかなんとか。

    もともと変動する増加分ですから、
    毎月必ず5万円ってことはないでしょ?
    そのくらい親に、渡したいって、言っちゃダメかな?

    彼女は、ひいちゃうかもしれないですけどね。

    で、あとで親からお小遣いもらえばいいでしょう?

    それでもダメなら彼女に半分渡して、納得してもらいましょう。

    トピ内ID:4536451216

    閉じる× 閉じる×

    考え方を変えてみては?

    しおりをつける
    💡
    たかしの
    生活費や貯金をお互いの収入に応じて割りするようにしているようですが、これから一生のお付き合いとなるのでしたら、あなたの収入で生活するようにして彼女の収入を貯蓄に回す、という考え方はどうでしょうか?毎月の貯蓄額が27万と決めているのでしたら、彼女の収入+不足額をあなたの収入より足して27万とする、というような形で。

    このやり方で収入の増減における小遣い金額を話し合って月ごとに決めるということができませんか?自分の働いたお金だから好きに使いたい、というのもあるかもしれませんが、家庭で一つのお財布とみて考えたほうがいいのではないでしょうか?

    彼女がお小遣いは固定額以外認めないというのであれば、一度家計管理の方法自体を再度検討する必要性があるのではないかと思います。

    また家賃、水道光熱費はあなた、日用品、食料品は彼女、という負担になっているということですが、それ以外の費用についてはどうなのでしょうか?これ以外に、新聞、医療、被服、レジャー、交際費などです。発生頻度はまちまちでしょうが、予算建はしておく必要があると思います。

    トピ内ID:3356115785

    閉じる× 閉じる×

    提案

    しおりをつける
    blank
    はいから
    定額外の収入や月々で余った分を貯金や家計費とは分けて、夫婦共通の財布へ。例えば二人での外食やタクシー等、夫婦二人で行動する時用に使うのはいかがでしょう。
    うちはそうしてます。それぞれの収入から定額と臨時収入等。二人で出掛ける時は自分の財布は一応お互い持ちますが開けるのは共通財布だけです。

    トピ内ID:1287538250

    閉じる× 閉じる×

    小さっ!細かっ!

    しおりをつける
    blank
    あいちゃん
    で?小遣いはいくらなんですか?
    手取り55万-預貯金20万=35万ですけど、
    光熱水費に3万掛かるとして、あと家賃は15万くらいでしょうか?
    ざっと差し引いて残り17万があなたの自由になるお金ですよね?
    彼女との外食代と言ったって月に3万とかでしょう?タクシー代?月に1万とかでしょう?
    それらを引いても10万以上のお金が残りますから、それで十分じゃないですか?
    使わず貯蓄に回すなら、小遣いは定額制にしても良いと思いますけど。

    彼女は手取り17万-預貯金7万=10万で、
    スーパーでの買い物(食材や生活雑貨)に4万くらい?で残り6万。
    彼女も彼女で自分一人では残せない預貯金や小遣いを手に入れてるわけで、
    いちいち婚約者の残業代金に口出しするのも何だかセコイですね。
    残業代まで管理したがるのは、どこかであなたの金銭感覚を疑っているのかも知れません。

    どっちみち2人とも小さいし細かいし、金銭で揉める結婚生活が目に見えてます。
    同棲のまんまで良いんじゃないでしょうか?
    で、家事分担はどうなってるんでしょう?彼女不満があるんじゃないの?

    トピ内ID:3248241667

    閉じる× 閉じる×

    条件を守れるのなら任せてみても良いかもしれませんよ

    しおりをつける
    blank
    こなゆき
    収入に応じてそれぞれ家計負担をしてらっしゃいますし、
    トピ主さんの変動分の5万円ぐらいはという主張はとても納得できるのですが
    ここはあえて条件をだして家計を任せてみてはどうでしょうか。

    ・彼女との外食費、仕事の交際費は家計から支出
    (現在その5万円でやりくりしているんだから当然の要求です)
    ・家計簿をつけ、きちんと毎月通帳の残高とあわせて報告
    (これはトピ主さんがいつでも確認できるようになっていればいいと思いますが)
    ・家計の配分については常に話し合い、双方が納得する形にする
    (あくまでも家計担当は家計を「預かって」いるだけ)

    意外と働きながら家計の管理をするのは面倒ですし、
    しっかりやってくれる相手ならば任せてしまったほうがラクですよ。

    条件を拒否するかどうかで彼女がどういう理由で5万円や家計を握る事に執着しているかが見えてくると思います。
    将来のために少しでも貯蓄したいなのか、わたしより多くお給料もらっているのにずるい!なのか。
    また任せることや家計について話し合うことで
    二人の結婚生活もより具体的に想定する事ができ、結婚前の良い試金石になると思います。

    トピ内ID:5013514732

    閉じる× 閉じる×

    だいたい同じ

    しおりをつける
    🐷
    キャラメル
    うちの家は私が1200万円、嫁が500万円くらい。貴方たちより少し多いです。

    うちでは、私が住宅ローン、水道光熱費、通信回線、雑費を出し、嫁が食費を出すという分担です。お小遣いは特に決めておらず、私は毎月30万円の貯金、嫁は10万円の貯金をしています。(それぞれの口座に)

    で、結論ですが、あなたが収入を伸ばしたほうが早いと思います。こういったお金の揉め事は、後々響きます。あまり喧嘩しないほうがいいです。そんなことに悩んでいるのなら、仕事頑張ったほうがいいです。29歳で1000万超えているなら、将来有望でしょう。
    それと、奥さんが仕事辞めたら、あなたが1400万稼がない限り、生活グレードが落ちます。

    もう少し人生も仕事も、大局を見極めて生きたほうが、楽しいですよ。
    奥さんが酔っ払ってタクシーで帰ってくるのはうちの家も同じですが、タクシー代は本人負担で、私は一切出しませんよ。
    その辺は大人だから、各個人が負担すべきでしょう。

    それと、その収入バランスならば、ティッシュやシャンプーくらい、さりげなく買ってきて上げましょうよ。そんなに高いわけでもないんだから。

    トピ内ID:6347113470

    閉じる× 閉じる×

    お金ありますね

    しおりをつける
    blank
    泡 盛男
    「彼女が酔っ払ったらタクシーで迎えにいくことも」
    という部分が庶民にはわかりません。
    往復という事ですよね?
    彼女も子供じゃないのだからそこから自分でタクシー乗って帰ってくるべきですね。

    今後はこういう事もあると思いその5万円を余計に貯金したらどうですか?

    トピ内ID:2094853257

    閉じる× 閉じる×

    透明性の確保

    しおりをつける
    blank
    まいは
    貯金額まできちんと決まっているなら
    良いじゃないのかなと私なんかは思いますが・・・。

    ただ大事なのは額ではなくて透明性だと思うので
    ある程度、額を確保したいのであれば
    透明性をきっちりするいう条件で交渉なさったらいかがですか?

    何に使われるかわからないから
    反対されているのもあると思います。
    穿った見方をすれば
    5万円を女に使うんじゃないかとか
    そういう心配をしているのかもしれません。

    トピ内ID:6088954013

    閉じる× 閉じる×

    たった5万で大もめとはね。

    しおりをつける
    blank
    ブコウスキ。
    自分が頑張って稼いだ分の5万を守りたいのは分かるけど、結婚ってそんな甘い考えでうまく行くかどうか?

    もしかしたら、将来トピ主様が事故に遭うとか大きな病気でもして長期の入院なんていうこともあるかも知れない。そんな時にいたわってくれるのは奥様でしょ。または奥様の方がそうなるかも。

    そんな時でも、お互いに支えあうのが夫婦なんですよ。

    多く稼いだ分は貯金に回すか、奥様と一緒に食事に行くなど、そういったことに使ってください。

    トピ内ID:8770693684

    閉じる× 閉じる×

    その5万でもろもろを

    しおりをつける
    💡
    へぇ
    5万円は彼女に預けて
    >彼女とご飯を食べにいく際はほぼすべて私負担ですし、彼女が酔っ払ったらタクシーで迎えにいくことも多々ありますがその場合も私が負担しています
    これをその5万から出すというのはどうでしょうか。

    トピ内ID:9792183760

    閉じる× 閉じる×

    前出の雷さんと同意見ですが・・・

    しおりをつける
    🐶
    ゆず太郎
    トピ主さん、こんにちは。
    わたしも、あなたの経済的なやりくりに関して、細かすぎるように思います。
    それくらいの年収がおありなら、もっと大らかに全てを彼女に任せて
    そこから見合うだけのお小遣いをとるようにすればどうでしょう。
    元来、女性の方が金銭的なやりくりに向いています。
    中には苦手な方がおられますが、それでも男性が家計を握ってはあまりいいことはありません。
    それは「男性」と「女性」の違いで、根本的にモノの考え方が違いますので、
    女性に任せた方がいいと思います。
    細かく家計を今のうちから決めておくのは、計画的で大変いいことだと思いますが、
    あまりにも細かくし過ぎると後でもめる原因にもあります。
    張り過ぎた糸はすぐに切れてしまいますよね。
    ある程度のたるみ、緩みは家計にも男女の仲には必要なのではないでしょうか。
    3年間をめどに奥様に任せて、毎月家計簿を二人で点検し、残業等あなたが頑張った月があれば
    堂々ともう少しお小遣いを増やして欲しいと意見しては。
    男性がお金を持ちすぎるとロクな結果にならない現状がほとんどです(笑)

    トピ内ID:6979437235

    閉じる× 閉じる×

    小遣いの範囲があいまい

    しおりをつける
    💰
    たける
    結婚したらどちらも収入は夫婦で作り出したものとして共有財産になると考えましょう。
    独身時代と同じ感覚では難しいと思いますよ。トピに書かれている分担はまさに独身時代の延長でしょう。
    このご時世収入も変動されたりすると思いますが、一定の金額で小遣いをやりくりする術も身につけた方がいいです。今のやり方で子供が産まれたりしたら奥さんの収入が減り小遣いが急激に無くなりますよ。

    それで、小遣いですが昼食代や雑誌代嗜好品、あとは友人との飲み会などの個人的なものだけに絞るのです。

    収入が上がるということは仕事での人間関係なども増えたりしますので、それについては交際費として別に計上したほうがいいです。そのほうが飲みに行っている回数が客観的にわかったりして自己管理にもつながりますから。
    あとはちょっと小遣いでは難しいものは相談でしょうね。

    ただ、毎月同じじゃちょっと張り合いが無いというのであれば年に何回かでも臨時の上乗せを考えてもいいんじゃないでしょうか。小遣いだけでは君へのプレゼントも難しいとかって。

    モラルハザードをおこさない為にも、中間報告としてチェックはして下さいね。

    トピ内ID:7897906725

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  80
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]