詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    阪神大震災から10年たった今

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    うらら
    ヘルス
    先日「人生が変ったきっかけ」というトピで震災の事を挙げておられる方がいて、トピを上げさせていただきました。 私は実際被災していませんが、被災した方がされているコメントにとても考えさせられました。 「震災によって人間関係、精神的な面に大きな変化があった」 「普段はなんとかやり過ごしてきたのに、震災がきっかけになって問題が噴出、とても恐ろしいと思ったものでした。 もっと人の奥にあるもの、そういう面を重視するようになった」 震災から10年の節目を迎えた今、被災された方がより充実した人生観を持って生活しておられるではないかというように感じ良ければ話を聞きたいと思いました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そんなに甘いものじゃない

    しおりをつける
    blank
    けろっぴ
    震災10年ということで、マスコミがこぞって、報道していますが、はっきり言って、見るにもいやです。地震で、人生が激変しました。今は、精神科にかよう身です。人は、そんなに、やさしくはない。事実、孤独死で、どれほど多くの人が、逝ったか・・。マスコミは、美しい事しか、いいません。その方が、感動をあたえるからです。いまも、地震のために、悲痛な人生をおくっている人も、いるのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    10年一昔ではない自分・・・。

    しおりをつける
    blank
    みさき
    西宮で震災経験者です。 10年一昔といいますが、私にとっては今だに昔になってません。それはすべてがそうではないですが、現在でも心の傷が癒えてない部分があります。それを傷ととるなら。 当時、私はまだ独身で実家で両親と住んでいました。幸い私の家も家族も大丈夫だったのですが、神戸市内の知人や友人を亡くしました。 街が一変してしまった様子・泣きながら歩いているお年寄り・・・時間が止まったような光景が未だに心から離れてはいません。 ただ、ひとつ自分で変わったことをあげるのなら「人間の大きさ」を教えてもらった気がします。たった何分かの時間で全てを崩壊しても、また人間は再建し、日々の生活を送れるように前に進もうとする。これは機械ではできません、ロボットでは無理です。感情のある人間だからこそできること・・そう実感しました。 真っ暗の明かりのない夜になっても、朝がくれば生きるために考える。与えたれた命を粗末にすることが、考えられないです。生きていくことの重要さを実感しました。 私の生命がある限り、心の傷として捉えるだけじゃなく、あの思いを風化させることなく、生きていこうと思ってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    うらら
    テレビでも特集が組まれていますね。 ご両親を亡くされた女の子が成人して社会人として活躍されている姿を番組を通じて拝見しました。 当時はテレビを見ても実感がわかなかったものが10年たった今、番組を見ていて涙が止まりませんでした。 数日前の成人式のときの新成人のインタビューと、同世代なのに明らかに雰囲気の違う様子を見て彼女のこの10年の重さと経験の違いを感じた気がしました。 恐らくですがもっとも違うのは「価値観」だろうなと思います。 彼女に限ったことではありませんが、真摯に生きている姿をテレビを通じて見て感銘を受け、考えさせられる人、応援する人は多いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人生観が変わりはしなかったけど

    しおりをつける
    blank
    元天文少年
    中心部じゃなくて伊丹方面で被災したからかなぁ・・・ とは言っても地震がある度に体が動かなくなったことだけは確かだね。 何も考えられなくなってしまう。 もう10年経ったのか。 生きるため(日々の糧を入手するため)に、あれほど 必死になったのは、あの時だけだ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    阪神大震災の報道

    しおりをつける
    blank
    かず
    けろっぴさんに同感です。 私もあの地震で怪我はありませんでしいたが、タンスの下敷きになり怖い思いしました。特番でリアルすぎる再現VTRが流れあの記憶がよみがえりパニック状態になりました。 忘れてはいけない事ですが天災は阪神だけではないはず。阪神大震災の過剰報道に疑問を感じました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    震災経験者、今でも吐き気を感じる言葉

    しおりをつける
    blank
    ガッシュ
    当時、私は25歳。 会社に何週間後に出社した時です。 東京の本社の上司の電話を取りました。その時の言葉にとても傷つきました。 「神戸支社と大阪支社で何人くらい死ぬかって本社で考えたりしてたんだよねぇ。こっちから赴任なんてことになるんじゃないかって、みんなおちおちしてらんない様子でさぁ」と少し笑いながら。 私の友人やその家族も亡くなっています。心ない発言に私は,気づいたらおもいっきりガチャンと切ってました。その後、腹立たしいのやら悔しいのやら呆然としてました。 現在、特番などで「東京で大地震が起きたらどうなるか」なんてやってますが見る気もしませんし、思い出して吐き気がします。当時その会社は辞めて転職しました。結婚した今でも忘れられません。 確かに、そんな心ない発言は全ての人とは言いません。 しかし東京で地震が・・の番組が見れないことも事実ですし、何かいかにも哀れそうに発言するコメンテーターに対しても「あんたらに何がわかる!!」と思うことも事実です。 阪神大震災を教訓にされるのは大いに結構です。しかし、そういう時に一番「人間の心」が必要なことを解ってほしいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    なだっこ
    10年前の今日、神戸市灘区で被災しました。 ゆるい横揺れで地震だと気付いた瞬間に上下に激しく3回揺られました。 この地震で家族全員無事でしたが、自宅は全壊。 最初にした事は、家族の生存確認と外に出ること。 近隣世帯で閉じ込められた人の救出でした。 被災地の真ん中で、人々は戸惑いながらも冷静でした。 その夜、余震が続き暖房のない避難先の小学校でも場所の譲り合いがあり、非常事態の中、人間って優しいなと感じた瞬間でした。 一瞬にして自分の生まれ育った街が壊れていき、焼け野原の街を友人探しに走り回り、涙の止まらなかったあの日。 強制的に人生を変えられた人は多いと思います。 震災から10年目前の昨年12月私は結婚し、神戸を離れる事になりました。 いろんな事があったけど、今、自信を持って言えるのは 私はやっぱり神戸が大好きです。 たくさんの方から支援を頂いた事に感謝しております。 そして、様々な教訓や問題を考える機会にしてください。 10年は一つの区切り ゼロからのスタートだと思い、頑張ります! 頑張ろうや!神戸!! 負けないで!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    揚げ足取るようで悪いんだけど。

    しおりをつける
    blank
    悲しい
    >被災された方がより充実した人生観を持って生活しておられるではないか 「より充実した人生観」ってなんですか? 神戸で被災した友人がいるけど、こんな事面と向かって言えないよ・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    しなくてよい苦労

    しおりをつける
    blank
    彩美
    震災から、教訓や美談を引き出そうとするのは、傍観者に多い気がします。 当事者にとっては、自分の嫌な面、弱い面に向き合わねばならない辛い経験でした。全壊した家の片づけ中、財布を盗まれた老父を罵倒した友人、祖母の愚痴を聞きたくなくて避難所を黙って出た友人、激務に人が変わってしまった工務店の部長・・・。 みな、震災までは優しい思いやりのある人でした。自分の許容量を越える不幸・衝撃は人を一時的にも変えます。それは苦い後悔となって、本人を一生苦しめます。語られる美談の影には、何百倍もの語ることの出来ない苦い話があると思います。 「震災のおかげで~が出来た、~を知った」というような話の影に、どれだけの苦労があったか、どうぞ慮っていただきたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    神戸北部に住んでいたため

    しおりをつける
    blank
    虹子
    神戸北部に住んでいたため、震度5~6程度だったのではないかと思います。 それでも当初はパニック状態になりました。 全てのライフラインが絶たれ、電気が復旧したのは午後6時過ぎ。 そのときに一面の火事の映像・震災で亡くなられた方の お名前が流れる無声のテロップを見て家族で絶句、ただ涙が流れるだけでした。 あの時初めて自分が平和ボケしていたことに気付きました。 防災や危機管理について真剣に考えるようになりました。 私は震災から10年経った今、防災についてもう一度考えてみるということが大切なんじゃないかと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    強くなりました

    しおりをつける
    blank
    ぷは
    家族財産は無事でしたが被災者です。つらいことがあったとき、「あの震災の恐怖とつらさを思えば、何てことないじゃないか」と思えるようになりました。それと、この震災がきっかけで、海外援助(国際里親)を始めるようになりました。私が担当したのがスリランカの少年です。彼はこの度の津波では被災者ではありませんが、スリランカは被災により、国家的な打撃を受けました。震災が結んだ不思議な縁を感じます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    マスコミは、「創ってる」から。

    しおりをつける
    blank
    ナース
    私は、神戸市内の個人病院で夜勤をしていました。 揺れてる最中は柱に掴まり、おさまった途端、病棟を駆け回ったため、余震なんて全く気付いてませんでした。 夜が明けて、周囲が壊滅的な状況と分かって、通じにくい電話で、院長に連絡を取りました。 院長は「ウチも大変なんや。そっちで、何とかしといて」とだけ。 後で、院長宅は、電気も水道もガスも止まらなかった…と知りました。 電車も不通となったため交代要員がなく、夜勤者や近隣に住むスタッフが病院に泊まり込むこと一週間。 風呂にも入り、髭跡もスッキリした院長がやってきて、まず最初に言ったのが「ウチの息子がさぁ。センター試験の自己採点が出来ないって、ホント大変なんだよぉ」でした。 …患者さんは? 気にならないの? その病院は辞めましたが、何かの特集で映っていました。 その中で、院長は「ただひたすら、患者さんの無事だけを考えていました」と熱弁をふるってました。 他の病院に勤めている友人も、去年は「何か感動のドラマはありませんでしたか?」と震災特集のための取材を申し込んでくるテレビ局が、幾つかあったそうです。 …まっ、そんなもんですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も悲しいさんに同意

    しおりをつける
    blank
    るるるルカ
    トピ主さんのおっしゃりたいこともわかりますが、やはり悲しいさんと同意で選ばれたお言葉にひっかかりました。 友人に辛い思いをした人が数人いますが、 「強く生きているね、と言われるけど、そうするしかすべがなかっただけ」「強い人間なんかになれなくてもいいから震災だけは起きて欲しくなかった」 と今でも言っております。 もちろん彼女もきちんとこの時期を契機にでも災害について考えることは大切だけど・・とは言っていますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんだか

    しおりをつける
    blank
    剣先するめ
    このトピは、結局あの震災が他人事だから立てられたように、私は感じてしまいます。 かくいう私も、あの日震度4だった地域に住んでいたのだから、被災したわけではありませんが、友人が被災しました。 10年経った今も、小さな揺れにも腰が抜けたようになり、怖くて夜も明かりをつけっぱなしで寝るそうです。 一人暮らしだったので、家具が倒れ硝子の破片が飛び散る暗い部屋で一人で震えていたこと、爆撃を受けたかのような街の惨状、死体、ライフラインが断絶しつらい生活が続いたこと…。 どんなに元気になっても、心の中にきっと一生立ち直れない部分は残る、そう言っています。 そんな目に遭ってまで、人生観が、価値観が変わりたくなんかなかったでしょう。それは悲惨すぎる体験をした人が、精神的に生き延びるための適応なのであって、被災していない者が、あの体験の価値を探るようなトピを立てるのは、無神経な気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    10年経ったから、って何ですか?

    しおりをつける
    blank
    彼に会いたい
    結婚まで考えた彼がいました。 お互いの親には内緒で、二泊三日の旅行に行き、写真も撮りました。 それを彼が近所の店に現像に出していました。 その翌朝、彼は布団に入ったまま圧死し、彼と一緒に取った写真も、店の中で全て灰になってしまいました。 私は怪我のあと肺炎に罹って入院しており、退院してきた時には、田舎から出てきた彼の両親が、彼も彼の荷物も全て持って帰ってしまっていました。 あれから10年。 「より充実した人生観を持って生活しておられるではないか」って、どんな生活を期待されてるんですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    温度差がある

    しおりをつける
    blank
    なっつ
    被害が大きかった長田区の近くで被災しました。 当時住んでいたマンションは一部損壊ですみましたが、周りはひどい状況でした。隣家の方もなくなりましたし、家は軒並み倒壊している状況でした。 わたしはたまたま家具の配置に助けられ、ケガなどはせずにすみましたし、友人知人にも亡くなった人はいませんでした。 会社は全壊したものの、その後の復興需要で仕事はなくなりはしませんでした。 今も神戸在住ですが、わたしの中では震災はどんどん風化しています。 ですが、身近な人を亡くされたり、生活基盤が失われてしまった人にとっては区切りと呼べる年月ではないと察します。 こればかりは、本当に「運」としかいいようがない。 わたしはラッキーだったと、心から思います。 本当の苦しみを経験している人の心情は理解できないと感じます。これが正直は気持ちです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    犠牲者は外国人も

    しおりをつける
    blank
    日本語講師
    今日中国人留学生から聴いた話です。 阪神大震災では、多くの留学生も亡くなりました。10周年と言うことで、母国から肉親が神戸に来、セレモニーに参加しました。 その留学生は中国からの肉親の通訳を3日間ほどボランティアでやったそうです。昨日は土砂降りの雨の中、朝4時頃から式典の行われる公園に行ったということです。新聞社の記者がインタビューをしようとするのだけど、肉親は涙、涙で話ができない、そんな彼らを見るのが本当につらかったとのこと、そして亡くなった留学生の通った大学、住んでいたアパート跡を一緒に見て回ったのだそうです。 彼は、こういう経験はもうしたくないと言っていました。 希望に燃えて来日し、3日目に被災、亡くなった留学生もいます。親にとってみたらたまらないでしょう。 私自身は京都で経験し、震災2週間ほどで神戸に行きました。建物がみんな傾いていて、立っていると平衡感覚が麻痺し、気分が悪くなったのを覚えています。 街は少しずつ整備されていますが、人の心の奥深く、地震は今も大きな傷跡を残していると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    被災しました。。。

    しおりをつける
    blank
    ゆみゆみ
    本当に・・・、あれから、10年なのですねえ・・・。 阪神大震災で被災した者です。 実は、私はまだ、立ち直れずにいるんです。 あの時に体験した恐怖から「不安神経症、パニック障害」という診断を受けました。 まだ通院中です。 10年一昔、というけれど、私の中ではまだ終わっていないみたいです。 でも、いつか、病気も克服したい。 明日への希望を持ちながら生活してい ます。 今でも、例えばスーパーで、搬送トラックの出入りで少しの振動があっただけでも、心臓がドキドキします。 頭が真っ白になって、買うものが手につかず、気分も悪くなり、悲しい気分と苦しいのと情けない気持ちで、何も買えずにスーパーを出ることも・・・。 それが私の今の現状です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    正直に言って

    しおりをつける
    blank
    けんとまま
    私は新潟中越地震で被災しました。避難所になった中学校のグラウンドに20日間テント生活をして、やっと 阪神で被災した人の気持ち、恐怖、将来への不安、等が わかりました。人生観なんてものではありません。とにかくどうやって生きていこうか?それを考えるので精一杯です。マスコミは10年たって美しい思い出のように 報道しますが、それは違います。本当に皆、必死なんです。ここに暮らす人は去年の10月23日で時間が止まっているのです。いつになったら故郷の美しい風景が取り戻せるのか、誰にも分かりません。でも何とかしたい 気持ちを胸にして今はただ雪に埋もれ春を待つだけです 地震が揺さぶるのは大地だけではありません。わたし達のこころも地震に揺さぶられもうズタズタです。「より充実した人生観」なんていったいどこにあるのでしょうか。軽いこと言わないで!!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    傷ついてます

    しおりをつける
    blank
    別名
    具体的に書きたくなかったので、詳細は書かず、人生の中では大きかったという意味で、別のトピに書き込みました。 引用されるのはいいんですが、私の書き方が悪くてなかなか伝わらないものなんだな、と思ってます。 震災から数日は(電気がないから)テレビも見てないし、ラジオの報道は聞いたりもしてましたが、テレビがうつるようになってからも、淡々としたNHKはともかく、地元のための情報を流してくれた地元局以外は、興味本位、行きやすい場所だけでの取材、ずうずうしい態度の記者など、すっかりテレビが信用できなくなりました。その後テレビを持たなくなったきっかけでもあります。 興味本位で報道にされても、吐き気がすることもあるし恐怖も蘇ります。今でもなぜ自分が掘り出されて助けてもらえて今生きているのか不思議に思うこともあります。 どうせ「首都圏では」の態度で作った番組だろうから、テレビなどももう見ようとは思いませんが。 若いうちから(小・中学校の)同級生が、名簿など見てもかなり少なくなっている事、出勤途中で亡くなった同僚、今でもどうして亡くならなくてはならなかったんだろう、と気持ちは消化できてません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ただの興味本位?

    しおりをつける
    blank
    もも
    実際被災されてない方が悪いとは言いませんし、 教訓にしていただけるなら大いに結構ですが、 美談しか取り上げられない報道のみしか仕入れてない、 当時揺れもしなかった地域の人に 安易に感想を求められると少々腹立たしさを感じます。 実際話し出したら「へー」って軽い聞き態度ですし。 だから震災経験者は精神的にも大人だとか そんなアホな事を言う気はさらさらありません。 命がけの話を美談だけで済ませず 聞く側も本気で聞いていただけたらと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ・・・。

    しおりをつける
    blank
    きらら
    阪神大震災の衝撃は10年経った今も生々しいものです。 確かに街は復興したように見える。 しかし、震災前にそこに居た人が全てその様子を見つめられているわけではないと思います。 不幸にも亡くなられた方は、変わり行く街を見ることができません。また、身近な方を亡くされた方の悲しみ・心の傷(精神不安・トラウマなど)等は、どんなに街が生まれ変わってきていても、到底癒される傷ばかりではないと感じます。 それらの傷が、癒された時に本当の「人生観がみえてくるのでは?」と私は感じています。 また、地震に限らず死に直面するような恐怖、死の悲しみ・心の闇はこの世の中に多く存在するように思います。 それにより、世の理不尽さのどん底に突き落とされた方も居られると思います。 それらの傷が癒えた時、新たな価値観・人生観が生まれると思います。 私自身は、以前自身が死を目前とした病気をしました。(当時の会社の不手際で、休みを貰えず悪化し、結果会社を辞めて2年程療養する事になりました。会社からの謝罪はありませんでした。)そのことから世の理不尽さを知り、少し価値観が変わりました。(震災の恐怖からしてみたら甘すぎですが。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    強くなれたかも。

    しおりをつける
    blank
    ゆりえ
    中央区で被災しました。最初、経験したことのない揺れに地震だとは思いませんでした。しばらくは余震が続いていたので怖い思いもしましたが、それまで接点のなかった近所の人達と助け合ったり、一緒に小学校で寝泊りしたのは今では良い思い出になっています。こう言えるのは身近で亡くなった方がいないからかもしれませんが。 ただ当時マスコミに対しては非常に腹が立っていました。震災のあった時ライフラインが遮断されていたので、とにかく今後余震の心配はないのか、どこへ避難したらいいのかを知らせてほしかったのに、報道では悲惨な状況を伝えるばかりで被災した住民への情報が不十分であったと思います。 震災の後、復興しつつある時はいつまでも被災=かわいそうという図式にあてはめようというのに辟易していました。なので今でも自然災害のニュースが報道されるたび、少し引いて見るようになっています。 地震を経験して、人間は何があっても気力次第で何とかなると思えるようになりました。また今は関東に住んでいますが、常に何が起こるかわからないといった危機感を持って生活できるようになったと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    死は身近にある事

    しおりをつける
    blank
    ゆま
     当時高校生でした。  最初の知った情報は電池式のラジオから真っ暗闇の寒い中で知りました。  火の手から逃げてきた男性の証言です。  父親が崩れた家にはさまれた。火の手もせまってきて「逃げろ」と言われ一人で逃げてきた。今頃は死んでいるだろう。  知っている街が燃えているのを見るより何より恐ろしかったのは、その炎の中で苦しみ死んでいってる人がいる、と分かっていたからです。それは友達かもしれない、知り合いかもしれない、ただ家が燃えているだけではなかったんです。でも見ているしかできない。確実に生きた人間が燃えているだろうに。  死は身近にいつも存在し、死に方は選べない、という事を知りました。たとえ小さな子供でも残酷な死に方をする事がある、と。  人間も自然の一部に過ぎなくて、自然は冷酷無慈悲で恐ろしいものです。守るとかいっている人は知らないだけです。  自然は恐ろしい、人間も虫や草木と同じで簡単に死んでゆく、大事なはずの命は簡単に奪われる、人間も自然の一部に過ぎない、という思いは今でも持っています。  

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    10年ってなんか変

    しおりをつける
    blank
    pon
    当時、兵庫区に住んでいました。 ラッキーな事に寮だったので失う家もないし、友人、知人も生存していたので、痛手は少ない方だと思います。 多分、トピ主さんはドラマを見ている感覚なんだろうな~って思います。 他人事だから。 子供を無くした友人、家を無くした友人に「人生感充実した?」なんて追い討ちをかけるような事いえませんわ。 10年報道も見ていて、腹が立つ事の方が多いです。 だって、奇麗事ばっかり。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    blank
    被災者A
    悲しいさんに同意です。 トピ主さんは、「より充実した人生観を持って生活」するために自分の家や、友達や、親族を一度に失いたいですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    かのサカキバラ少年が

    しおりをつける
    blank
    skyward
    「被災地の視察に来た村山首相に何をしたかわからない」といったような文章を残していましたね。 彼のしたことは決して許され得るものではありませんが、この一節には妙に共感を覚えました。元首相や、こういったトピを立てるような「外部」の偽善者には殺意すら覚えたこともあります。 10年たったから、昔話として語れるとでも思ったのですか? あなたがたには想像力というものがないのですか? 同時に、心から心配し、支援してくれた多くの外部の方がいらっしゃったことも、よくわかっていますし、とても感謝しています。遠くから重いリュックを背負って歩いてきてくれた、見も知らない人たち、泣きながら駆けつけてくれた県外の友人、暖かかった自衛隊のお風呂…本当に救われました。 お願いですから、興味本位で傷口に手を突っ込むようなまねはやめてください。 ひどい文章ですが、このトピへの率直な感想です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    生の声を聞けて良かったです。

    しおりをつける
    blank
    不謹慎ですが
    夫の転勤で関西に来た主婦です。 家探しの時に不動産屋さんに、 「この辺は震災で綺麗になりました。戦争や天災の後は計画的に街が作れるんですよ」 と言われたり、こちらで始めた仕事の同僚が、 最近のタレントNFさんについて、 「震災を利用して上手くTVに出てんなぁ」 とランチタイムに話していたり、 関西人ってポジティブだなぁ、 でも不謹慎じゃないの? ちょっと私は染まりたくないなぁ、 なんて思っていました。 本当は様々な苦しみや悲しみを抱え、 それを堪えての逞しさなんですね。 表面だけで人を見てはいけないのだと勉強になりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    美化された報道・・・誰の為に?

    しおりをつける
    blank
    真実はどこに・・・
    私はそう思っています。 特にゴールデンタイムに組まれていた報道番組には、そう言った震災を機に浮上していった人の話ばかりが目立ちました。(深夜の特集では一部違ったのもありましたが) 私はそれを見て、製作者は何て罪作りなことをしたんだろうと思います。忌まわしい震災を忘れたいが為に、それを機にいい方向になったという話をクローズアップさせて、悪い事ばかりじゃないんだとでも言いたいのでしょうか? こういう内容で一番傷つくのは、未だ傷の言えない一般的な被災者なのです。 しなくてもいい傷を負ったのだと思います。 美しい人生物語を見たいなら、他でやるべき。震災でそれを織り交ぜるのはあまりにも幼稚なことでしかないと思います。 被災者ではない私が思うのですから、被災された方の気持ちを思うと辛いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    中越地震被災者です。

    しおりをつける
    blank
    かなな
    阪神大震災の時とは比べものにならないほど早く、 自衛隊やボランティアの方々から、 経験に裏打ちされた濃密な支援を頂きました。 阪神淡路大震災で亡くなられた命に、声無き声に、 私は救済され、今も救済され続けています。 早め早めの方策。 新聞に次々載った全国からの安価な借家・貸し部屋。 孤独死を避けるための集会所や、地域まるごとの仮設住宅。 文字通り命懸けの教訓です、 人柱みたいな知的財産を残して逝かれたと実感します。 申し訳なくて涙が出ます。 直接的に助けてくだすった皆さま、 間接的に助けてくだすった皆さま、 ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  32
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]