詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    悲しみを背負った陰のある主人公

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    あゆ
    ひと
    アニメでも映画でも観客を惹きつけてやまない主人公にはこういうタイプが多いような気がします
    ハングリー精神というのかな?
    普段陽気でも、何か悲しみを秘めた過去がある。
    誰にも話さないで心を閉ざした繊細な暗い部分がある・・・みたいな

    それを彼氏に言うと、「悲しみを背負った主人公がブサイクだったら、単なるブサイクのストーリーで終わりなんだよ」と笑われましたが。

    確かにそれが絵になる美貌も必要なんだろうけど、カリスマ性ってなんなんだろう?と考えた時、私が惹かれる人は皆そういう陰がある人のような気がします

    ミステリアスな人はもてるという事なのかもしれない

    以前に、「休日何をやってそうか容易に想像できそうな奴は飽きられるのが早いし誰も興味がわかない」
    と言った人がいて、すごく共感しました

    そういうカリスマ性のある人に共通してるのが、他人への興味のなさ。
    なのに、それがまた興味をかきたて人を惹きつけるみたいな。

    多分人との距離感が絶妙なんでしょうね

    うまく言えないけど、カリスマ性ってごく一部の人にだけ与えられた天性の才能だと思う

    そういう目でみるせいか、音楽家などクリエーターにそういう人が多い気がします

    そういう人になってみたいですが、特有の苦労もあるのかな?とちょっと興味を持ちました

    もしかしたら、ストーカーにあいやすいとか。

    皆さんの知り合いにいたら、どんな感じか教えてください

    トピ内ID:2324211150

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    学生時代の恩師。

    しおりをつける
    🙂
    教え子
    学生時代の恩師の方ですが、ある自死で亡くなった文豪の後輩さん(お弟子さん?)でした。
    憂いある詩人でもあり、迸る様な才能のある方でしたが、生涯独身で若くしてご病気で亡くなられました。
    先生はちょっと天然ボケも入った愛くるしいハンサムで、学生にとても人気がある方でした。
    文豪が亡くなられる前夜に別れた時もっと話をしなかったことをずっと悔いて見えました。
    小説やドラマになっても不思議ではないような方でした。
    今でも先生のことは忘れられません。

    トピ内ID:2132890959

    閉じる× 閉じる×

    集中力

    しおりをつける
    blank
    ハニ丸
    タイトルから連想したのは子供の頃夢中だった昭和の仮面ライダーでした。
    家族や周りの人を敵の手によって失い、自身は生れもつかぬ改造人間にされ
    悲しみを背負っていても平和の為に日夜闘う…正にそんなヒーローに夢中でしたが
    大人になっても当時の気持ちは色褪せませんが
    考えてみれば一人の人を愛し守りたくても
    改造人間であるというだけでなく、みなの平和を守る為にそれも出来ない。
    ヒーローでいなければならないって、大変なことだなぁ
    とは思うようになりました。

    現実的にはカリスマ性は分りませんが音楽関係の仕事をしている友人がいて
    確かに彼も、恋人はいたりもしますがそれ以外というか
    いわゆるモテるとかそういう部分では
    >他人への興味のなさ。あるように見えます。
    でもそれは「自分の集中しなければいけないことに精一杯」なだけのようにも思えます。
    苦労、とは傍目にも感じませんが
    他所に目を向ける余裕もないほど自分のするべきことに集中し続けて
    モテていようと気にもならない
    「振り向かないからこそ、カッコイイ」
    自分に置き換えてみると…とても無理即台無しにしてしまいそうです。

    トピ内ID:1656882651

    閉じる× 閉じる×

    昔片思いだった彼。

    しおりをつける
    blank
    エリゴ13
    仕事できる、部下からも上司からも信頼されてる、優しくて格好いい理想の上司でした。
    当時は子供でしたから、余りよく見えず、見ようともせず、恋に恋して片思いしてました。
    なんとかデートにこぎ着けたんですが、どういえば良いんでしょうか、クールという言い方が当たるのか、底が見えないというか。。その時からです。欠点を見せないようにしている人が怖いと思うようになったのは。
    恋心も吹っ飛んでしまって、仕事上もどう接していいかわからなかったので、必要以外なるべくそばによらないようにしていました。
    何年か経って、私もお局様になっていまして(笑)、会社の飲み会で隣の席になりました。
    既婚者になっていた彼は「夫婦って、お互いの愛情が冷めたら終わりだよね」と、ぽつんと言ったんです。
    私は「え~、子供がいたら、子供が大事ですよね?」と答えたら、「いや、夫婦の中が冷えたら、もう終わりだよ」と言い切りました。いやあ、その瞬間、心が凍りました。この人の心の闇が見えたような気がしました。

    漫画の主人公だったら絵になりますが、実際いたら、つきあいたくない人です。信用できないですもん。

    トピ内ID:1059941833

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]