詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    なぜ母親が親権を持つことが多いのか。

    お気に入り追加
    レス50
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    真琴
    子供
    はじめまして。悩みではないのですが、様々な考え方を得たくて質問します。

    離婚の件数はどんどん増えていると聞いていますが、
    父子家庭は昔よりは増えているものの、一人親家庭の中では少数です。
    そうなる理由は何故でしょうか?

    私の親は私が4歳の頃に離婚し、私は父の元で育ちました。
    周囲には「母親に捨てられるなんて可哀想」「女の子なのに」
    「何故母親が引き取らなかったの」と聞く人が多かったです。
    確かに子供心に、周りの一人親家庭の子は皆母子家庭でしたし
    父子家庭が珍しいものだという意識はありました。
    大人になってから知ったのでは「調停などで親権争いをした時、
    親権を取りやすいのは母親だ」というのもあり、実際8割以上が母親だそうです。
    何故そうなるのでしょうか?

    行政の支援が父子家庭に無い場合が多いから、かも知れませんが
    母子家庭に援助が厚いのは母子家庭のほうが圧倒的に多いからと
    いう理由だったはずなので、卵が先か鶏が先かの話になりそうです。
    母親の方が家事育児が得意だから、かも知れませんが
    今は男性でも家事に不自由しない方が多いですし
    男性が育児がヘタとか向いていないという合理的な理由があるとも思えません。
    また、母子・父子家庭どちらも多くは実家に頼っています。
    むしろ世帯収入は父子家庭の方が多く、女より男の方が職を得られやすいと
    いう面もあるので金銭面では母親が不利のように思います。
    離婚理由の6割は「性格の不一致」ですから、その割合の中だけでも
    父子家庭と母子家庭が5:5に近づいてもいいと思うのですが…。

    何となく、協議離婚であっても
    「世の中は母子家庭のほうが多いから、母子家庭が一般的→親権は母親に」
    という判断が暗黙のうちにされているように思えてなりません。

    他にどういうことが考えられるでしょうか?

    トピ内ID:0751359435

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数50

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    現場から…

    しおりをつける
    blank
    保育士
    やはり「自分の分身・命懸けで産んだ」と言う観点から見ても手放せない母親は多いです。
    かと言って父親に育児は不適格か?となると特に父親は「察する」と言う育児にとって一番重要なモノが足りないような気がします。
    でも最近は母親の不倫→育児放棄→離婚
    などの結果父親が引き取るケースも増えてます。
    育児に適さない母親も増えてますのでこれからは父子家庭も増えて来ると考えてます。
    でも父親が女の子を引き取ると思春期等に女の子の生理などに問題が出て来る家庭も現実にあると思います。
    女の兄弟や兄弟のお嫁さんなど配慮してくれる人がいると尚良いですね。

    トピ内ID:1383162589

    閉じる× 閉じる×

    でも、やはり男性は育児へただとおもうな

    しおりをつける
    blank
    mumu
    でもさ。
    やはり、男性は育児に向いていない人が多い(あくまで多い)と思う。

    だって、太古の昔から、男性は狩りをし(その結果狩りの上手な男性、ようするにぼけーっとしておらずある意味暴力的な男性)が生き残って、女性を囲ってきたでしょうし、反対に、女性は子どもを育て守ってきた。

    そういう役割を、何百年も積み重ね、DNAの中に組み込んで来たと思いますよ?
    確かに、個体差は大いにありますでしょうし、これから何百年たつうちに役割も変わってくるとはおもいますけれどね。

    あとね。
    介護の現場で、虐待をするのは6割が男性。介護するのは圧倒的に女性が多いのに、ですよ?
    色々な情勢がありますでしょうが、これは何を意味するか、わかります?

    男性は、言わなくちゃわからない、細かい心の機微がわからない、そういうことをよく言われますが、私もそう思いますよ。
    そういうタイプが多い→やっぱり育児はむずかしいんじゃないの?と思えるのですよ。

    トピ内ID:0693879785

    閉じる× 閉じる×

    私見ですが

    しおりをつける
    🐤
    ことりのはは
     子供が乳幼児の場合、多くの子供が一番必要としているのが母親だからだと思います。
    多くの場合、母親は子供が一番大切で、その母親に育てられるのが
    子供にとって一番幸せだ
    というのが世間一般の認識でしょう。
    母親の方に著しい落ち度があれば(不倫、育児放棄等)その前提が崩れるわけですから
    両方が子供を欲しがった場合は
    父親に親権が行くのではないでしょうか?

     そして母親というのは
    「自分のお腹を痛めて生んだ子」という表現通り
    10ヶ月間お腹にいて毎日四六時中ずっと一緒。まさに一心同体。
    そして生んだ後も
    多くは母親がつきっきりで面倒見ます。
     妊娠出産は、本来命がけなんです。
    今でも少数ではありますが
    出産時に命を落とす方もあります。
    また、一人ならそうでもなくても
    子だくさんだと、相当体にガタが来ているはず。
    そんなリスクが加味されず
    父親と権利が50/50はありえないでしょう。

    まあ、これは子供が小さいうちのことで
    10代以降で、ある程度の人格が出来上がり
    「経済力」がその後の人生に多大な影響を与える世代になると
    また違うのでしょうが。

    トピ内ID:3480318901

    閉じる× 閉じる×

    母親が引き取りたいと言う場合

    しおりをつける
    🐶
    pan
    女性は子供を産める年齢が限られています。
    医学が発達した現代でもそれは変わりません。
    それに対し、男性は相手さえ選べば高齢者になっても可能といえるでしょう。

    以上の理由で、トピ様が書かれている理由の他に考えられることは、生物的本能ではないでしょうか?

    トピ内ID:7502086787

    閉じる× 閉じる×

    子供の希望

    しおりをつける
    blank
    かな
    子供の希望が母親と一緒がよいってケースも多いんじゃないでしょうか?

    トピ内ID:0245077908

    閉じる× 閉じる×

    育児経験

    しおりをつける
    ぶ~
    母親のほうが子供に関わっている時間が長いのが一般的だからではないですか。

    首都圏では、仕事の都合等で、男性は簡単に実家に帰れない人が多いですし。

    トピ内ID:6518801852

    閉じる× 閉じる×

    私が考えるのは1

    しおりをつける
    blank
    フム・・・・
    1番は子供がどちらにより懐いているかでしょうか
    仕事に忙しく休みの日くらいにしか顔を合わせない父親だとすると
    その場合、より子どもと一緒に過ごしていたのは母親ですから

    トピ文に「父子家庭でも母子家庭でも実家に頼っているのが実情」
    とありますが実家が面倒みてくれるからと言う言い分は
    少しお角違いのような気がします。
    自分が面倒見れないというのが大前提になってしまいますから
    それだといわゆる実家との養子縁組を考えた方が良いとか
    育児放棄とも見られかねないですよね
    この場合は父か母が面倒をみるのが絶対条件かと

    トピ内ID:2411544705

    閉じる× 閉じる×

    私が思うに2

    しおりをつける
    blank
    ふむ・・・・
    確かに男性の方が収入面では有利かも知れませんが
    日本の会社事情からすると子供を理由に会社を休んだ場合
    女性の場合はそれによって不利益が生じることは少ないと思いますが
    男性の場合はそれによってなんらかの不利益が生じることが女性よりは多いと思います。
    勿論、その逆もあるでしょうが
    そうなると父親の方が金銭面では有利
    と言うのは100%言いきれなくなるのではないでしょうか。

    また、そうなることを考え実家の協力を得るのであれば全述したような問題が発生する。

    だから、よほど母親方に非がなければ親権を母親が取るのが普通になっているのではないでしょうか。

    それでもやっぱり一番は親のエゴではなく
    子供がどちらと一緒にいたいかではないでしょうか

    トピ内ID:2411544705

    閉じる× 閉じる×

    親権を要らない父親が多いからじゃないの?

    しおりをつける
    blank
    ももママ
    念のために言っときますが「子供を愛してない」とか「可愛くない」というのではないですよ?でも子供を育てるって、実生活への制約は物凄いですから、元妻が普通に育児ができる女性で子の養育を望んでいて、定期的な面会を条件に出来るなら、親権と言うか日頃の養育には固執しない男性が多いんじゃないですか?子供がいると、所謂「男の付合い」も滅多に出来ないでしょうから。

    >今は男性でも家事に不自由しない~合理的な理由があるとも思えません。

    一昔前よりはかなり進んできたとはいえ、女性と変わりなくできる男性となると限られているのが現状ですよ。中には「共働きなどで妻が出来ない場合は仕方なくやってるが、本当はやりたくない」人もいます。また、家事に不自由しないと言っても「自分一人が困らない」というのと、子供を不自由なく育てられるのは違いますし。

    それとも貴方の知る限り、男性に非のない離婚で、男性が「家事も育児も妻以上に完璧です。仕事との両立も可能です。どうしても子供を自分で育てたい。だから親権を私に」と言っているのに、一般的だからという理由だけで親権が母親になった例がそんなに多くあるのですか?

    トピ内ID:0887392921

    閉じる× 閉じる×

    男性差別かなぁ

    しおりをつける
    blank
    出海
    トピ主さんの仰る通り、例え母側が有責者であっても、余程の事(虐待、育児放棄)が無い限り調停、裁判では親権は母親側に行きますね。

    色々言い分もあると思いますが、結局の所はただの男性差別だと私は解釈しています。
    こういう、男性が不利な所は全然話題に出さないですからね、所謂『フェミニスト』な方というのは・・・

    トピ内ID:3379850277

    閉じる× 閉じる×

    同意です

    しおりをつける
    blank
    何故母親が有利なのか?
    これは単純に「生みの親」だからであり昔は「女性が育児」が基本だったからでしょうね。
    そして親権を手放さない母親が多いからです。
    しかし、男女平等とうたい女性の力が強い現代の日本にはあっていないとわたしも思います。

    周りにも母親の不倫や暴力・家事育児をしないなどの理由で離婚した家庭がありますが
    やはり母親に親権をとられています。
    家事育児などに関しては実家との同居などでカバーできてしまうからです。
    ネットで調べてみましたがやはり親権=母親有利の問題は逆男女差別と問題視しているようです。
    偏見がなくなるといいですが。

    トピ内ID:9963551588

    閉じる× 閉じる×

    ハイリスク

    しおりをつける
    blank
    ルメ
    父親が子供を引き取って育てることは、父親にとってリスクが大きすぎるからでしょう。
    共働きが多くなったとはいえ今でも父親が大黒柱であることが多く、父親が子供を引き取ると父親自身の収入が減り(育児に時間を割くため)、かつ低収入の母親からも養育費が望めず全員貧乏になる可能性があること。
    母子間は妊娠出産の事実から確実に親子関係がわかるが、父子間はDNA鑑定でもしない限り父親の信念のみが頼りであること(再婚等諦めて育てた子供が他人のタネだったら、目も当てられません)。
    女は妊娠出産のリスクをおかさねば子を持てず、生殖可能時期も限られているのに対し、男はいつでも種を撒くことができる(今いる子に執着しなくても、相手さえ見つければまたいつでも子を持てる)。
    これだけで充分、シングルファーザーになることのデメリットの大きさがわかりますね。
    父子家庭が増えたとしても、5:5は無理でしょう。

    トピ内ID:8802612289

    閉じる× 閉じる×

    都合がいいけど

    しおりをつける
    blank
    あお
    世の中男女平等!とかいってて、なんかずるい気がしますけど、
    結局育児は女性の仕事というか、女性の方がうまいと思うんですよね。
    結局会社でも役員は男性ばかりなのと似てるというか。

    中には育児放棄の母親もいるでしょうが大抵は母親が大半を面倒みてますよね。なんで慣れてるし、子供も懐いている。
    子供のことをなんでもわかっているのが、その時点で母親だからじゃないですかね。(子供が小さいうちに限りますが)

    現にうちの夫は、子供たちのことはあまりわかっていません。
    どんな注射をしたとか、どんな既往症があるとか
    食べ物の好み、得意なこと、幼稚園での生活ぶり・・・
    一度夜遅くなる外出で夫に子供の世話をお願いしましたが、
    オムツも替えずパジャマにも着替えず(お風呂にも入らず)
    歯も磨かず、そのまま布団の上で寝させてました。

    父親が離婚時からいきなりレベルアップはできません。
    子供への環境を考えて、母親に親権がいくのではないでしょうか。

    けれど、母親と同じぐらい子供のことを理解している父親は
    離婚となって、妻に子供をとられたら、くやしいでしょうね。

    トピ内ID:3535273480

    閉じる× 閉じる×

    自分の周りをみると・・・

    しおりをつける
    🐷
    否バウあー21
    父子家庭の同級生は、
    行事のときは、コンビニ弁当だったりしてたので、
    やっぱり ちょっとかわいそうだったイメージがあります。

    親戚の父子家庭は、子供たちが父親のほうに懐いていたようで、
    3人とも 父親と一緒に暮らすことを選びました。

    そのほか、たいていは、母親と暮らすほうが多いようですけど
    父子家庭も多いですよ。

    離婚理由にもよるのかもしれませんね。
    子供を置いて 好きな人と・・・という 母親もいますし。

    子供を引き取らざるを得ない状況の男性は、
    わりと 早く再婚しているような気がします。

    当事者でないから わかりませんが。

    ホラー映画「仄暗い水の底から」では、親権争いをについて描かれてましたが、あの場合は、母に親権を・・・と思ってしまいました。(ヨコでしたね)

    トピ内ID:0396610792

    閉じる× 閉じる×

    子どもの気持ちをわかる度合い

    しおりをつける
    blank
    チョコ
    子どもが幼ければ幼いほど、「ああして欲しい、こうして欲しい」という子どもの気持ちは、母親の方がわかるのだと思います。

    例えば、赤ちゃんの頃、泣いている声や泣き方などで、オムツを替えて欲しいのかお腹が空いたのかは、父親よりも母親の方が断然わかると思います。

    幼児期、言葉が話せるようになってからも、つたない言葉の意味をくみ取ってやれるのは、やはり父親より母親だと思います。

    ある程度の年齢になれば、父と母の差は縮まってくると思いますが。

    トピ内ID:1165020694

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      男は、育児(人間の子供を成長させること)が下手

      しおりをつける
      🐱
      雄猫
      私の考える育児の定義、というか主要要素は以下です。
      (1)身体的に成長させること。具体的には食事を与えて、必要な
         栄養素を与えること。
         男は特にこの栄養素を考えた食事の作り方がなっていない。
         良い食事=豪華な食事、くらいにしか考えていない男は多い。
      (2)精神的に成長させること。具体的には愛情を与えて、人間同士の
         信頼関係を醸成させること。
         男はしつけと称して厳罰をふるうことに注力して、愛情を与えること
         をしない者が多い。
      (3)知識・経験を与えること。方法は略。

      すべての男性に当てはまるわけではありませんが、(1)と(2)の
      両面において、男性は女性に比べて著しく劣ると思います。
      社会全体が、男性に対して金銭を稼ぐ能力しか期待していない、という
      状況である以上、男性が(1)(2)の能力において女性に劣るのは
      仕方のないことかもしれません。
      しかし、かといって育児は、金を稼いでなんぼの世界では無いのも事実
      なので、男性に親権を渡せない(育児能力が劣るから)のは、現状として
      必然かと思います。

      トピ内ID:7612881834

      閉じる× 閉じる×

      女の方がガメツイ(母性本能が強い?)から

      しおりをつける
      🐶
      ごめんなさい
      子供に対しての執着が強い、と言った方がいいかもしれません。
      私の周りの子連れ離婚者は全員母親が子供を育てています。
      そして私も。

      離婚時、万が一父親側が子供を欲しいと言ってきても(少ないですが)、皆あの手この手でがんばって自分と暮らさせようとする母親が多いです。

      私の場合、親権は父親にすることで相手を安心させ、こちらに引き取りましたが、3年後、裁判所で簡単に親権も私の方にしてもらいました。
      一緒に住んでいた実績があるので。

      本心は、子供が父親と暮らすことを望んでいようと、父親が心底子供と離れたくなかろうと全く関係なく、どんな手段を使っても自分と、って思ってました。

      ここまでガメツク出られるのは母親だからかな、と思っています。
      父親だったら多分、もう少し冷静に相手や子供の気持ちを考慮できるんじゃないかと思うんですが。

      私はできませんでした。
      エゴでも何でもいいんです。子供と一緒にいられたらそれでいいんです。

      なので答えは“何が何でも手放さない母親が多いから”です。

      トピ内ID:1845482370

      閉じる× 閉じる×

      父子家庭で困ること

      しおりをつける
      🐧
      ことろ
      我が家には3人の子どもがいます。
      父親は育児も家事もするので父子家庭になっても何とかやっていけるでしょう。
      唯一困るのは、夫の会社は、急に子どもが病気になった時等に休みがとれないことです。
      まだまだ男性の育児への理解のある会社は少ないのが現状。

      幸い、女性の私は、育児休業も子どものための休暇も了解してもらえます。
      私はシングルになっても今の職場で働けますが、夫は転職しないといけないでしょうね。
      働く環境も大切です。

      トピ内ID:0121467563

      閉じる× 閉じる×

      別視点で・・・

      しおりをつける
      blank
      雨夜
      他の方が色々書いてるので別視点で、乳幼児期の子供の事故(誤飲や怪我等)は母親が見てる時より父親が見てる時の方が圧倒的に多いんだそうです。
      それだけ母親は細かく注意してて、父親は「大丈夫だろう」なんて気楽に思ってる事が多いんだと思います。

      後、子供に何らかの障害があった場合・・・母親は苦しみながらそれを受け入れよう・子供の為に出来る事は・・と探します。
      父親の場合は母親に相談されても「考えすぎ」とまず思い、「そんな訳ない」と否定から入る人も少なくないです。
      母親と父親だと受け入れる時間が全てでは無いですが、差がある事が多いです。

      在る程物心付いてたら子供の気持ちで選ばせて上げたいですが、両方に愛情が在る場合、子供はほおって置けない方を選ぶ事も多々あります。
      親権争ってたら自分の養育に有利な方よりも、自分がいなくなったら大丈夫なのかな?とより心配な方を選んでしまうんです。

      なので第3者の目から選んでしまうのも、仕方の無い事だと思います。

      トピ内ID:3968552031

      閉じる× 閉じる×

      私の経験からですが。

      しおりをつける
      🐤
      まめこ
      周りで起こった現実から。

      私がこれまで見聞きした離婚の中では母親が親権を取ったのがほとんどで、3件だけ父親が親権をとり子供を引き取りました。
      3件とも母親の多額の借金や繰り返す浮気が原因で母親が先に家出したケースで、父親は親と同居で子守を任せられる状態です。

      逆に言えば、そこまでの状態(母親にどうしようもない悪条件がある・自分の親に育児を任せられる)が整わない限り、男性が自分で育児を背負うことは選ばないのだと私は思います。

      気に入らない妻でも、だから即離婚!子供は俺が育てる!なんて男はめったにいないのが現実では?他人から見ても明らかに生活できないほど破綻しない限り、自分は外に逃げれば良いんだからそうしちゃう男性の方が多いと思う。

      逆に母親は産んだその日から自由が利かないのが当たり前の中で生活してるから、子供を引き取るという事柄の重さが父親とは全然違う。

      直近の身近な事例では、奥さんの性格を理由に離婚し親権を要求した男性がいましたが、結局彼に浮気相手がいるのがわかり、子ども達は母親を選びました。
      彼は悠々と夜遊びしてますが、よくそれで子ども達引き取るとか言ったよな~と思います。

      トピ内ID:3952531198

      閉じる× 閉じる×

      母親の方が育児に向いていることが多い

      しおりをつける
      blank
      介護人
      個人差もありますし個々のケースで状況も違うと思いますが、一般的にはやはり母親の方が育児に向いていると思います。

      夫・実父・義父・弟・友人夫・ご近所旦那様を見ていても、子供を許せるキャパシティというか許容量が女性より少ないんです。簡単にいうと、すぐイライラしてしまうんです。
      夫や身近の男性陣も家事育児をよくやってくれる方だと思いますし、性格的にも穏やかです。でも、やはり少し長い時間育児を任せると女性陣と同じようにはいかないんです。介護の場でも虐待するのは息子や夫のケースが多いと言われていますが、本質はそれと同じだと思います。

      性差が全てではないし、女性でも育児に向かない人もいればそこらの母親よりずっと育児に向いている男性もいます。ただ、一般的には女性の方が向いているケースが多いのは間違いないと思います。

      トピ内ID:0073982845

      閉じる× 閉じる×

      子供は母親が大好き

      しおりをつける
      🐤
      ぴちゅう
      色々反論はありましょうが、あえて言いきってしまいます。
      子供というのは、父親よりも、母親が好きなんです。

      私も子供を持つまで知りませんでした。
      うちの子は父親が好きです。遊び相手に最適と考えています。
      夫も子煩悩で子供の面倒をよく見てくれます。
      でも、子供は、私がいないと眠れません。

      父親→いると嬉しいけど、いなくてもいい。
      母親→いるのが当たり前で、いないと駄目。

      そういう事です。
      だから子供は(特に小さいうちは)母親が引き取る事が多いんです。

      トピ内ID:4643656548

      閉じる× 閉じる×

      親権と養育権

      しおりをつける
      blank
      とろろ芋
      全くの素人考えですのでご容赦下さい。

      実の親で或る限り、そして親権を放棄しない、或いは喪失しない限り, 親権は実両親に潜在的にあると思います。 

      一人親が持つのは単なる養育権ではないでしょうか。 預かる子の日々の状況に責任を持つ親には其の養育権があるのだと思います。 親権は不在親にも潜在的にございますので、子にかんする総ての重要事項は其の不在親の同意を求める必要もある、と思います。 

      現実的には難しい事は想像出来ますが、出来得る限り親権のある両親が子の育成に関る、関れる状況を維持するのが望ましいです。 事、子に関する問題で其の親権を享受する両親がいがみ合っていては子が不憫です。 最悪の被害者です。 

      子を預かるのが母親である場合、その母親には其の子に対する親権は不在親の父親に勝るものではありません。 不在親共々其の子に対する親権を共有するものです。 その条件を受け入れて初めて養育親になるべきです。 取った、取り返した、と喧嘩の材料に使われるべきではありません。 

      一寸考えが上手く表現出来ず済みません。 

      トピ内ID:8717212154

      閉じる× 閉じる×

      実際に育児をしているのが母親であることが多いから

      しおりをつける
      blank
      通行人A
      子供を育てるには「手間(世話)」と「お金」の両方が必要です。

      それを父母で分担して調達するわけですが、世の中の多数は
      母親が世話を担当し、父親がお金を担当しています。

      離婚によって子供の生活環境を大きく変えない方が良いと考えると、
      それまで世話をしてきた母親に親権が行くことになります。

      じゃあ、お金はどうするかというと、
      父親に養育費を払わせればいいということになるのです。

      トピ内ID:2038638377

      閉じる× 閉じる×

      panさんと同じく。

      しおりをつける
      😉
      内臓の母
      女性は産める年齢を限られている。
      自分の歳によっては、子供を取り上げられたら二度と自分の子供と生活できない…なんて私は耐えられません。
      そして産まれた子供は私にとって「はみ出た内臓」なのです。
      産むことによってはみ出しちゃったけど内臓だから切り離すことなんて出来ない!って感覚が長らく続きました。
      愛おしくて…。
      このごろやっとベツモノと自覚できました。子供は10代後半の年齢です。

      男の人は自分の内臓という感覚はないと思います。

      トピ内ID:0774939063

      閉じる× 閉じる×

      妊娠・出産・育児ランキング

        その他も見る その他も見る

        トピ主です(1)

        しおりをつける
        blank
        真琴
        平日になかなか時間が取れず、ご意見のとりまとめが遅くなって
        申し訳ありません。
        なるほどと思うもの、やはり首を傾げてしまうもの等色々あり
        気付かされたところも多いです。ありがとうございます。

        さて皆様のお話をいくつかのグループに分けてみたのですが、

        1)生物としての限界
        ・女性は子供を産める年齢が限られているが、男性は年齢の限界が高いので他で作れる
        ・母子間は分娩の事実から親子関係がわかるが、父子間は推定であるため

        2)本能の部分
        ・母親は自分が産んだことにより執着が強くなる
        ・子供が幼いほど繊細な作業が多くそれらは男より女が向いている

        トピ内ID:5067220036

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です(2)

        しおりをつける
        blank
        真琴
        3)社会的な要素
        ・命がけで産んだという行為が親権の判定に加味されている
        ・母親のほうが子供に関わっている時間が長いのが一般的
        ・子供を理由に会社を休んだ場合、女性の場合は不利益が生じることは少ないが
        男性の場合は不利益が生じることが多い
        ・家事育児を女性と変わりなくできる男性が少数
        ・ただの男性差別
        ・昔は「女性が育児」が基本だったから
        ・父親が子供を引き取ると父親自身の収入が減り(育児に時間を割くため)、かつ低収入の母親からも養育費が望めず全員貧乏になる可能性があること
        ・社会全体が、男性に対して金銭を稼ぐ能力しか期待していない、という状況

        4)子供の希望

        5)男性側の希望
        ・親権・日頃の養育に固執しない男性が多い

        6)理解が難しかった部分
        ・多くの場合、母親は子供が一番大切で、その母親に育てられるのが
        子供にとって一番幸せだというのが世間一般の認識

        トピ内ID:5067220036

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です(3)

        しおりをつける
        blank
        真琴
        このうち(1)は合理的な理由だと思えてストンと納得できました。
        (2)は(1)よりも根拠が弱いように思えますが、あるだろうと納得できました。
        (3)は最も多かったですが、今後社会環境がもっと変わっていけば、
        これも変わっていくのではないかと思います。
        健康な大人の女性が働くことが当然になり、出産で仕事を辞めること自体が稀になり、
        男性が家事育児をするのが当然になり、子供の頃からそういう教育を受け、
        またそういう教育を受けた親が子供を育てるような時代になれば
        今の「当たり前」が「古いしきたり」になり、状況が変わってくるのでは
        ないかと思います。

        (4)は尤もなことだと思いますが、親の離婚に本当に子供の気持ちが
        反映されているのかという点は疑問が残ります。

        (5)は(3)から影響を受けているようにも感じますが、
        統計的にそういう男性が多いのだとしたら、そうなのかも知れません。
        (そういう統計を見たことはありませんが…)
        私の周りの男性は、子供を引き取れなかったことを嘆く人が多いので
        疑問として残る部分ではあります。

        トピ内ID:5067220036

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です(4)

        しおりをつける
        blank
        真琴
        (6)これはどうでしょうか。何故子どもが幸せだからと断言できるのか
        説明がつけられるでしょうか…?
        上記の(1)以降の理由から総合的に判断されて母親に親権が渡った例が多いとして、
        「それが普通だからそれが子供にとって幸せ」とつながるのであれば
        それで本当に男性側は納得できるでしょうか。
        まさに最初に書きました「母子家庭が一般的→親権は母親に」という
        短絡的な判断を助長しそうに感じられます。


        長くなりましたので一旦ここで終わります。

        トピ内ID:5067220036

        閉じる× 閉じる×

        主さんに質問です。

        しおりをつける
        😨
        まめこ
        私の最初のレスは(5)に近いものだったと思います。

        私の周辺にも母親に親権を取られて愚痴をこぼす父親は少なからずいるのですが、では主さんの周りにいるそのような男性たちは今、どのような暮らしをされていますか?

        お子さんを引き取っていたときにひとり親になってしまったその子たちを優先してあげられる暮らしをすることが可能な仕事の仕方や環境でしょうか。

        私の周りでは総じて「否」です。

        すぐに愛人と再婚した人、離婚前と変わらず仕事やその付き合いの飲みや自分の遊びで出かけてばかりの人など、よくその口で一時的にでも子ども達を引き取りたいと言ったよね、という方がほとんどです。
        そして彼らはおしなべて離婚理由を妻の性格にあると言い切ります。話を詳しく聞くと辻褄が合わないこともよくありましたが…

        奥さんを悪者にするために「妻には育てられない、母親失格だから」と表明して自分の離婚を正当化する必要があったのかな、と感じたりします。

        品行方正なのに悪い母親に子どもを取られた父親も中にはいるのかもしれませんが…
        少なくとも私の周りには残念ながらいませんでした。

        トピ内ID:3952531198

        閉じる× 閉じる×

        私の女友達みたいだなぁ・・・

        しおりをつける
        blank
        ごめん
        私の女友達に、幼い頃に母が病死し父に育てられた人がいます。そういう環境ですから兄も家事をするように育ちました。また女友達は独身で今まで男性と深く付き合ったこともありません。
        そのため、世の男性も父や兄と同じように家事育児をする能力・やる気がある、と勘違いしてるように見えます。いえ頭ではわかってるようですが、話をしているとどうしても父と兄が基準になっていて、こりゃ結婚したら苦労するだろうな、と感じます。

        私は母の育児も父の育児も(子供として)体験してますが、父のそれは母の足元にも及びません。レベルが全然違うし、慣れ不慣れを抜きにして向いてないのです。
        大多数の人は育児された経験、育児した経験を通してそれを知っています。だからこそ「母親が子供を引き取るほうが良い」と世間は捉えるのだと思います。

        失礼を承知で書きますが、トピ主さんは世の男性の家事育児レベルを高く見積もりすぎ。母親を育児を知らないからその差を知らない。故にそのような思考になるのだと思います。ご自分で子供を産み、夫の育児を見れば、納得されると思います。

        トピ内ID:4645698289

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です ありがとうございます

        しおりをつける
        blank
        真琴
        まめこ様
        私の周りでよく見かけるのは逆に、はたから見る限り
        どう考えても妻が横暴に子供を連れて行ったという
        主張の下手な男性達です。そういうのを目の当たりにすると
        本当に理不尽だと思います。

        ごめん様
        現状では仰る通りだと思います。
        しかし私は世の中が変わってそれらも変わっていけばいいと思います。

        ちなみに私の父もそれほど家事育児が得意ではなかったと思います。
        (やれるだけ凄いと思っていましたが)
        夫は家事育児とも非常によくできます。主にやっているのは私ですが
        私より上手かもしれません。(私は専業主婦ではないですよ…)
        離婚するつもりも、もし離婚するような場合に子供を夫に渡したい気も
        ありませんし考えた事もありませんが、
        私は男性が女性と同等に親権を持てるような時代になればいいと思います。
        それと連動して家事・育児・仕事など多くのものが男女平等になればと…。

        トピ内ID:2445262446

        閉じる× 閉じる×

        私も同じ疑問をもってます

        しおりをつける
        とき卵
        離婚が同じ“性格の不一致”の結果ではあったとしても
        中身は離婚の数だけ、千差万別です。

        でも、どちらに引き取られた方が“子供にとって幸せか”は
        その時の状況によって答えが出ていることがあります。
        私は母親が引き取る事が絶対に正しいとは思いません。

        “何がなんでも手放さない”のはエゴです。

        母側が引き取って経済的に困窮するくらいならば、
        父親側においた方が子供にとって幸せだ、と考え
        断腸の思いで子供を手放すことができる母親もいます。

        離婚の理由が何であるか、という事と
        離婚後どちらに育てられる方が子供にとって幸せか、は別問題です。

        本当に子供の事を考えられる母親ならば
        どんなに子供を愛して大事に思っていても
        心を鬼にして手放すことができるものだと思います。

        トピ内ID:9393043374

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さん、大丈夫ですよ

        しおりをつける
        母性は男性にもある
        うちの夫は15歳で母を亡くしています。6つ下の弟の面倒を見ていたこともありとても優しいです。義父も本質的に優しい男です。私は嫁の立場ですが、実父よりも義父の優しい部分が好きです。実父は社会的な立場や名誉欲が先に立ってますが、義父はそんなものより家族である子どもの気持ちの方がずっと大事な事を身をもって知っています。

        だから、私はトピ主さんの気持ちがわかりますよ。
        お父様はとても優しい男性なんですよね。
        私は母性は男性にもあると思っています。むしろ、母親はあまりにも子どもが自分に近すぎて、時に鬼子母神となることもあるのでは?
        子どもは母親の私物ではありません。はみ出た内臓でもないです。
        もちろん母親の気持ちとしてはよくわかります。でも、子どもの側から見れば、あまりにひどい表現です。子どものことを思ってと言いながら母子心中を行う母のようです。
        たぶん、トピ主様はお父様と同じように本当の意味での優しい男性を見抜く力がありますよ。
        子どもが思春期以降になると、子どもにあまりにも強く執着する母は危険な場合もあるでしょう。
        トピ主様は優しいお父様の下で健全に育っていると思います。

        トピ内ID:7551882163

        閉じる× 閉じる×

        母親が有利というより「育ててる方が有利」らしい

        しおりをつける
        blank
        正月気分
        親権において、父親がかなり有利になる状況が一つあって
        それは例えば何らかの理由で夫婦が別居していて、父親側が子供を育てている場合。
        この場合、もう父親がかなり有利らしいです。
        たとえ父親の不倫で別居した上に無理やり母親から子供を引き剥がして育てているとかそんな場合でも、その時点で子供を養育している父親がかなり有利になるそうです。

        これ、母親が親権に絶対的に有利な理由と一緒で、基準は
        「現在子供を育ててるほうに親権を渡す」
        ってことらしいのです。
        今現在特に問題なく子供が育っているなら、そのままその人に育児をお願いすればいいよね、わざわざ変える必要はないよね、っていう。

        別に母親じゃなきゃ子育てはできないという理由ではなく
        単純にその時点で子供を育てているほうに子供を渡していたら、結果ほとんど母親に渡すことになっているだけで。
        母親が専業主婦で子育てをしているとか、共働きでも母親の方がより多く育児をしている家庭がほとんどですからね。

        ただ現在は昔よりも父親が育児に参加する割合が増えているので、少しずつ父親に親権が行くケースも増えているそうです。

        トピ内ID:2140702105

        閉じる× 閉じる×

        うーん

        しおりをつける
        blank
        ゆう
        「母親の方が一般的には子どもを育てるのに向いている」っていうのには同意します。
        子どもがいますが、もし今離婚となったら・・と考えて場合、我が家もそうだなーと思いますしね

        ただ、それはあくまで一派論であって、親権:母親=当たり前、そこに一切の疑いの余地なしみたいな意見には甚だ疑問です
        たとえ一般論はそうだとしても、当事者からすれば、すべて個々の問題です。
        少なくとも、女性が有責である離婚の場合、きちっと検討して判斷すべきだと思います。
        大事なのは子どもの気持ちと、子どもを育てられるか?なので。

        まぁ、、、
        一方で男女平等の機会を与えると行っておいて、ここについては一般的には女の方が男より上だから議論の余地(男に対して機会は与えない・・って)なしって、筋がまったく通っていない意見じゃないかなぁ。ただのわがまま
        既得権益は渡さないけど、自分たちの権利だけは増やしたいってコトですよ結局・・

        トピ内ID:3924162841

        閉じる× 閉じる×

        出海さんの、おっしゃる通り

        しおりをつける
        blank
        猫猫
        経験者から、一言。

        離婚後の育児に対する、バックアップ、経済事情、その他
        すべて、父親側には完璧に整っていました。
        母親側は、実家の援助も受けられず離婚後の養育が
        困難になることが、わかっていても
        調停から裁判を通して、母親側に親権が行く事が
        ほぼ決まっていました。

        母親側に離婚の有責率が高くてもです。

        私の場合、完璧な「男性差別」としか、思えませんでした。

        トピ内ID:7646953465

        閉じる× 閉じる×

        私が小学校で見た事

        しおりをつける
        🐷
        偏見
        トピ主様が育った昔と、今とは、社会が全然違うとは思いますが、私が子供の小学校で見て感じた事です。
        うちの学区には施設があります。
        親と離れて暮らす子供達です。
        施設の子がいると、どうしてもクラスが荒れます。
        落ち着いて勉強できないようです。
        なぜなら、親から一度も、もしくは記憶に残るほどの愛情を受けたことがないからです。
        見ていて、心が痛みます。
        また、同じクラスに母子家庭、父子家庭があります。
        母子家庭の子は明るい子が多いです。
        ところが、父子家庭の子は、乱暴、もしくは散漫。
        忘れ物もとにかく多く、勉強に差し支えるほど。
        ご飯をまともに用意して貰えない子さえいます。
        もう、何年もその子達が暴れるので、授業が阻害されています。
        でも、子供に罪はない、そう思います。
        母親と、父親、子育てにおいて重要な何かが違うのだと感じています。
        父親に愛されなくても、母親に愛されなかった子は、違う人生が待っているのではないか?と思ってしまいます。
        一度でも、少しでも愛があれば、心が記憶していれば、また違っていると思いますけれど。

        トピ内ID:0510797484

        閉じる× 閉じる×

        今になって、偏見だったのでは、と思います

        しおりをつける
        blank
        みあや
        一昔前、子を養育するのは母親という先入観がありました。
        学校で教師が児童に対し『お母さんに(配布物を)渡してください』『お母さんに聞いてきてください』と言うことが少なくありませんでした。
        母親がいない家庭の子はそれを聞いてどのように感じるのでしょう?

        父子家庭の子が散漫、乱暴、という背景には、計り知れない思いがあったのではと、今になって思います。

        生活保護を受ける母子家庭と父子家庭、全体数に対しどのくらいいるのでしょうか。

        恐らく、父子家庭の殆どは父親が福祉の恩恵(ジブテも)を受けることなく就業しているケースがあるのではと思います。そのために目の行き届かない部分があったのでは、と思います(今更、ですが)。

        私の幼少時代を考えると、近隣のサポート(祖父母世代でも)が得られる父子家庭の子は健やかに育っていたように思います。(何がしか、謝礼をお渡ししていたようです)一方、得られない父子家庭の子は問題児が多かったように思います。(もちろん、全てではないことは承知しています)

        トピ内ID:7330303934

        閉じる× 閉じる×

        友人の旦那様のケース

        しおりをつける
        blank
        二児母
        私の友人の旦那様はバツイチで離婚原因は奥様の家事・育児の放棄だったそうです。
        もう子どもたちは小学生ですが家事育児は旦那様が仕事後に行っていたらしく
        親権は確実だと本人も思っていたのですが母親である元妻の手に…。
        理由は「母親が実家暮らしになるので祖父母に協力を得られるから」だとか。
        結局裁判所が「育児=母親」だという認識なんですよね。

        最近はシングルマザーの育児放棄や虐待の問題などで父親が親権をとりやすくなっていますが
        裁判所の意識が変わらない限り父親への親権が5対5になることは難しいと思います。
        男性でも女性以上に家事育児頑張っている人は沢山居るんですけどね。

        トピ内ID:9963551588

        閉じる× 閉じる×

        続き 2

        しおりをつける
        blank
        みあや
        かつて、母に親権を渡すケースが多かった理由として、父は(その年齢なら)再婚が可能(新たに子を設ける可能性が高い)だが、母は再婚が難しい(新たに子を設ける可能性が低い)ため、母の将来的な支えのために、母親に親権を渡す、という話を聞いたことがあります。(つまり、子は将来的に母親を扶養せよ、と司法が判断したようなものです。模範的な母ならともかく、そうでない場合、子の苦労は計り知れないものがありますね)

        高齢出産が増加している現在、懸案すべき事象とは思えません。

        子の養育状況の変化が少ない方、という現在の司法見解ですが、父親の育児参加が顕著となる現在、母親に親権を委ねるのが、必ずしも最良といえなくなりつつあると思います。

        トピ内ID:7330303934

        閉じる× 閉じる×

        偏見、あるいは時代が違うのか?(Re:私が小学校で見た事)

        しおりをつける
        blank
        てる
        今から三十年以上前からですが…
        ワタクシが6年間通ってた小学校では、学区内に「親と離れて暮らす子供達の施設」があります。
        なので、当時はだいたい各学年・各クラスに1~2名の「施設の子」がいました。
        今も同じような状況かと思いますが…

        >施設の子がいると、どうしてもクラスが荒れます。

        小学生の子供心には「施設の子がいるからクラスが荒れる」なんては全くなかったです。
        むしろクラスを荒らすのは、施設の子じゃなくて「普通の家庭の子」が多かったかな。
        ま、今とは違ってクラスを荒らそうものなら先生から鉄拳制裁!な時代でしたが(苦笑)

        それ以上に大事なことは「アイツは施設の子」なんて偏見を持ってなかったからなあ…
        もちろん親も周囲も「施設の子と付き合っちゃ駄目っ!」なんて理不尽なことは言ってませんでした。


        今どきの親から見ると、どんな風だと「荒れてる」って思うのかな…と、独身のワタクシは思っちゃいます。

        トピ内ID:9567439684

        閉じる× 閉じる×

        単なる思い込みでしょう

        しおりをつける
        blank
        ハバネロ
        偏見さんのレスまで見てます。
        色々と母親が育てた方が良い理由を述べておられますが、誰一人客観的なデータを示しておられませんね。

        「男女の能力は同一」がこの小町では、スタンダードな考えなのでしょ。
        なのに都合の良い場面だけ「男女の能力に差がある」と主張するのは滑稽ですよ。

        個性の差を無視して、全ての母親が父親より子育てに向いているというのは単なる思い込みに過ぎないと思いますよ。
        その思い込みは、裁判官や調停委員をも害していて、母親が刑務所にでも収監されていない限り親権を取れないことはないとまでいわれるほどです。
        それが、母親が親権を取る事の多い最大の理由ではないでしょうか。

        トピ内ID:0465917119

        閉じる× 閉じる×

        私が小学校で見た事2

        しおりをつける
        🐷
        偏見
        ヨコですが、てるさま。
        私の偏見に満ちたレスに誠意あるレスをありがとうございます。
        私の子供の通う小学校の施設は、今では虐待児童が多いようです。
        もちろん、親も子供もその児童が施設に入ってる事は知らされていません。色んな事件があり、学校側の説明等で知りました。
        その子たちは、脳科学や心理者たちがいう理性を司る脳が発達していないというケースのようです。
        虐待を受けた子供達は落ち着いて学習するという事が困難になるようです。学習時以外でも、カッとしやすく、一度カッとすると押さえがききません。うちの子のクラスでは、授業中うろうろは当たり前、教室を飛び出す、先生につかみかかる、殴る蹴る、中年の女性教師では取り押さえが聞かず、教頭、校長を呼びに行き、児童も先生も叫ぶ怒鳴るが、毎日続きました。
        それが、複数人いると、授業が成り立ちません。
        これが、テレビで報道されている学級崩壊なんだと思い知らされました。
        子供に罪はありません。
        本当に可哀想な子供達です。
        普段はとっても良い子なんです。
        本当に、その子達の親は子供に土下座して謝っても罪は消えないと思います。

        トピ内ID:0510797484

        閉じる× 閉じる×

        客観的なデータ、あるのかな?

        しおりをつける
        🐷
        偏見
        ヨコですが、ハバネロ様
        客観的なデータがあるのでしょうか?
        もし、比較的客観的だとされるデータがあったとしても、それは外に出さない重要資料扱いなのでは?と感じます。
        もちろん、母親以外に育てられる子供への配慮です。
        なぜ、ずっと昔から母親が育てているのか、それが答えなのだと感じました。
        ですので、ハンドルが偏見ですなのです。
        また、私は男女の能力は同一とは考えを別にする者です。
        子供を産み、育ててつくづくそう感じます。
        能力という言葉は適切ではないとは思いますが、男女は生物としての役割が違うものだと思っています。
        個体差、もちろんあると思いますが、子育ては母親が担うのが生物としての適性に沿っているのだと思わざるを得ません。
        また、今の社会は、母親が子育てするように制度を整えています。
        しやすいように、ではなく、するように、だと感じています。
        これからの時代は、変わってくるのかも知れませんが、生物としての適性、能力との戦いになってくるのではと思っています。

        トピ内ID:0510797484

        閉じる× 閉じる×

        母性優先の法則がある

        しおりをつける
        blank
        m.t
        親権の所在についての家庭裁判所の判断基準には「母性優先の原則」という基準が確かに存在しており、特に乳幼児期の場合にはこの基準が強く働くといわれています。
        しかしこの基準があるからと言って、子供が幼い場合に必ず母親の側に親権の取得が認められるという訳ではありません。

        裁判所は父母の監護能力や経済状況、従来の監護状況と言った父母双方の事情や、子供の心身の発育状況や子供自身の意志といった子供側の事情などを比較検討し、子供の福祉にとって父母どちらの下で看護されるのが最善であるかを実質的に判断しているのであって、
        「ただ母親だから」という形式的な事柄で親権の所在を判断することはしていません。

        但し父母の親権者としての適格性が、優劣をつけがたいほど拮抗している場合には、「母親である」ということそのものが重要な意味を持ってくることになります。この場合、多くは母親側の親権の取得が認められることになります。
        即ち「母性優先の原則」とは父母の監護能力や経済状況等、子の監護に関わる全事情を比較検討した上で双方の監護環境の優劣=親権者の適格性を判断がつかなかった時初めて機能するものであります

        トピ内ID:7733651589

        閉じる× 閉じる×

        母親有利の方がいいのでは?

        しおりをつける
        blank
        主婦
        現在海外に住んでいて、この国では日本のように「親権はまず母親へ」ということはありません。
        でも、いろいろと弊害もおこっています。

        経済力のある父親が、いい弁護士をやとって母親から有無を言わさず子供を取り上げるというケースもあります。母親にじゅうぶんな収入があったとしても、必ず出産でキャリアは途切れますし、育児にかかっていればゆっくり裁判に備える時間もありません。

        また、国際結婚の場合も同様で、現地語に不自由な母親が仕事も見つからず、裁判がどう行われるのかも知らず、気がついたら子供を取られていたというケースも少なくないです。

        日本もやりすぎだと思いますが、「まず親権は母親」という前提はいいと思います。社会での男女平等はともかく、男性が子供を産まない限り、家庭内の問題では女性がどうしても不利になると思うからです。

        トピ内ID:8255760619

        閉じる× 閉じる×

        続き

        しおりをつける
        blank
        m.t
        しかし「母性」とは必ずしも「母親」を指すものではなく、「母性的な関わりを持つ対象者となった養育者」という広い身として理解されるようになってきており、母親が満足な養育をしていないケースでは父親やその親族が母性的かかわりを持てる状況にある場合には、父親側に親権が認められます。

        また現状尊重(監護の継続性)の原則というものもあり、子供の現状を尊重し、特別の事情がない限り現実に子供を監護教育している親を優先的に親権者とするケースが多いようです。
        しかし単に自分の元に「居るだけ」で、自らは何ら養育をしていないケースでは逆に相手方で養育される方が子供にとって望ましいと判断される可能性もあります。

        経済力がなくても、婚姻破綻の有責配偶者であっても、そのことが親権者としての適格性に直結するわけではありません。不貞があってもそのために子の監護を放棄するというような事情がなければ、適格性は否定されません。

        以前は日本では父親が親権者になることが多かったのですが、やはり子供を育てるには接する時間が母親の方が多く持て、育児に専念できるという判断で現在は母親が親権者となることが多いそうです。

        トピ内ID:7733651589

        閉じる× 閉じる×

        昔は父子家庭が多かった

        しおりをつける
        blank
        るるる
        昔は当然のように母親が一人で出て行きました。
        子どもは家のもの、家長のもの。特に跡取りは。
        もちろん収入は父親の方がいいため、ある程度合理的ではありますが。

        それが、ある時から、子どもは跡取りのためのものじゃない、金だけじゃなく、親としての愛情を注ぎ一番面倒を見てくれる人と暮らすべき、という考えが広まってきたのです。
        親のどちらと暮らすべきかは「それまでの子どもの生活、子どもとのかかわり」を見て判断するため、必然的に母親と暮らすべきとなることが多いのでしょうね。

        トピ主さんの仰るとおり、男性でもやろうと思えば育児は出来ます。
        しかし子どもが生まれてから離婚となるまでの生活で、父母のどちらが多く育児をしていたのかを見ると、やはり母であることが多いのです。
        確かに、その傾向が一般化しすぎて「母親と暮らす方が幸せ」という決め付けが出てきていることは間違いないですね。
        このさき家事育児を母親劣らずこなす父親が増え、きちんと裁判や調停で判断すれば、今後また父子家庭が増えていくこともあると思います。

        トピ内ID:8438370917

        閉じる× 閉じる×

        母親優先は子供を尊重するために

        しおりをつける
        blank
        TAK
        母親優先は、子供を尊重するためのものと認識しています。
        そして、多分日本固有の問題として、良い法律と思います。

        客観データとは言い難いですが、たとえば職業柄アンケートをとって、
        男性も育児を参加しよう!とかやったことあるのですが、
        乳児に食べさせない方は良いモノ
          「はちみつ」
        を答えられる親は圧倒的に母親の方が多いです。
        もちろん、こういう講義を受けに来る父親は、充分知識があり
        尊敬できますが、それでもそういう感じ。

        こういうことからも、母親有利は妥当と思っています。
        ちなみに裁判記録をみると、過去は乳幼児で母親有利というわけでは
        なかったようですね。
        また、現在でも小学生以上では経済力の点で父親有利と感じています。

        トピ内ID:1708641177

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0