詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 翻訳ー医薬と特許のどちらを選んだらよいか迷っています
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    翻訳ー医薬と特許のどちらを選んだらよいか迷っています

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主10
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    コロ
    仕事
    40代後半、失業中、シングルマザーです。
    今まで、ビジネスの翻訳、通訳を含む事務系の仕事をしてきました。
    大学は文系で心理学、TOEICは960点です。
    子供がまだ小さく、これからもひとりで子育てをしていくことを考えて、翻訳者を目指し、勉強をすることにしました。
    が、医薬と特許とどちらにしたら良いか決められず迷っています。
    自分の生活状況を考えると、正社員の求人が多い特許を勉強し、その道にすすむのが無難で安心なのではないか、と考えました。
    しかし、医薬の方がずっと興味があり、翻訳をしてもおもしろいと思うのです。つまり、本当に好きでやりたいのは医薬です。
    無味乾燥に思える(私には)特許の文章より、医薬、医学、生物等の方がずっと惹かれるのです。
    中間を取って、特許をまず勉強し、その中で化学や医薬を専門にする方向にすれば良いのか、とも考えます。
    翻訳のムックなどには、何が儲かるとかでなく、好きなことをやらなければつまずいたとき続かないし、頑張れない、と書いてありました。
    とにかく好きな医薬をやるのが正しい道なのでしょうか。
    それから、失業中で苦しい状況なので、スクールは通信にしようかと最初は考えましたが、やはり、情報を得ることやネットワークづくりが大事だから、通学した方が良いのか、と思いつつもあります。
    翻訳者の方、翻訳者をめざして勉強中の方のご意見や状況をお聞かせいただけないでしょうか。
    私が今この年齢で1から翻訳者を目指すことの是非については、他の翻訳関連トピにも書かれており、ある程度承知しています。
    できましたら、その点よりも、特許、医薬翻訳の状況やスクールのことなどについてお話をいただけたら大変幸いです。
    翻訳者をめざすことになった経緯は以前、別にトピを立てていたのでここでは割愛します。どうかよろしくお願い致します。

    トピ内ID:5912154538

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (10)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    同じことでは?

    しおりをつける
    blank
    tomizo
    特許の文章って、技術文書なので
    まず、技術を知らないと大変だと思います。

    特許の翻訳者は、専門の技術分野があります

    私は 依頼者の立場ですが
    依頼者からしてみれば、機械専門の特許文書の翻訳を
    医薬専門の翻訳者には依頼したくありません。

    加えて、特許の文書は特殊な文書で
    さらに、特許専用の言い回しなどの勉強が必要なため

    順番からすると

    医薬・化学の勉強 → (医薬の翻訳)→ 特許(医薬)の翻訳

    とならざる得ないと思います。

    トピ内ID:1549362855

    閉じる× 閉じる×

    なぜ2択?

    しおりをつける
    みかん
    経験のあるビジネス翻訳を極めるのではだめですか?
    特許とか医薬って、スクールの罠にはまっているだけなように思えますが。

    それから、別のトピってどこでしょう?よかったらリンクはっていただけますか?

    トピ内ID:8687835631

    閉じる× 閉じる×

    興味のある内容がお勧め

    しおりをつける
    😍
    IT系翻訳者
    興味の無い内容の翻訳はすごくつらいです。1文1文「はぁ~っ」っという感じになります。
    特許翻訳は、内容それぞれが専門性が高い事が多く、ITの特許などになるとかなり辛いと思います。

    興味が無い翻訳は、パフォーマンスが落ちます。1時間で300ワード訳せる翻訳者でも集中力が続かず150-200ワードになることもあります。ワード単位で収入を得る翻訳者としては、パフォーマンスの低下は時給の低下につながります。

    それも考えて、トピ主さんは医療翻訳を目指されるのが良いとおもいます。スクールは紹介エージェント併設のところに通って、先生や事務の人にアピールすると仕事につながるとおもいます。
    アピールと言うのは、自習、予習、復習、宿題をしっかりやって上達し、本気で仕事を探していることを態度で示すことです。

    お子さんがいらっしゃるなら、自宅でできる翻訳はとても良いですよ。頑張ってください。

    トピ内ID:7140326702

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    tomizoさん、ありがとうございます。
    そうですよね!まず、専門、つまり私の場合、医薬の勉強をしてから、特許をやるべきで、どちらか、でなく、医薬→特許ですね。
    混乱していた頭がすっきりしました。考えてみれば確かにその通りですよね。それに、これなら、心理的にも、まず好きな医薬に取りかかれてやる気もおきますし専門を一通り勉強した上で、り特許にとりかかる方が安心もできます。
    スクールはフェローアカデミー等いくつか調べたところ、通学だと、最初に実務翻訳の基礎コースを取らねばならないようなので、やはり通信を、と思っています。通学は、試験を受けて合格すれば、すぐに専門コースに入れるようですが、合格するかどうかもわからないし、すべて4月スタートなので、それまで待つ余裕がありません。
    失業保険をもらいながら暮らせる今から6か月の間に専門の勉強をしたいと思うのです。基礎は仕事でベースを築いているので、あとは通信と並行して自分で勉強します。基礎コースにお金をかける余裕がないし。
    まだ決めていませんが、DHCは手ごろな料金で体系的に基礎が勉強できそうで、良いかなあ、というところです。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    次から次へとすみません。
    私は今、失業中なので、失業保険がいただける6か月で、できれば医薬翻訳の基礎的な勉強を終えるつもりでいます。
    もちろん、翻訳の仕事がすぐに見つけるとは思っていませんが、今こういうときしかじっくり勉強する時間ができないと思うからです。
    いざ、翻訳にせよ、何せよ、働くようになったら(働かねばならない)
    じっくり勉強というわけにはいかなくなります。
    ですが、医薬翻訳のコースは、通学、通信に関わらず、医薬、医学基礎→治験等となっていて、各6か月、全部で最低1年はかかるようですね。
    こうなったら、通信で両方を並行して勉強しようかと考えています。
    働かずに集中してやれば可能でしょうか。
    それとも、基礎をやってからでないと、治験等の勉強は無理なのか。
    ご教示をいただけましたら幸いです。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    医薬系の特許翻訳者になってください

    しおりをつける
    blank
    特許事務所経験者
    化学系の特許事務所で勤務経験がありますが、外国出願時の翻訳をお願いするのは化学の知識がある翻訳者に限られます。その事務所にもいろいろな翻訳者から売り込みがありましたが、その分野の知識がなくては取れる特許も取れなくなります。

    化学系の特許翻訳をするには、大学の学部で学ぶ程度の専門知識が必要と思うので、医薬系でも同じでしょう。まずは好きな医薬の分野で知識を磨いてください。
    すでにお分かりと思いますが、特許明細書の英文の言い回しなどは型にはまっているので、きわめて短時間でマスター可能と思いますよ。。

    トピ内ID:1314857886

    閉じる× 閉じる×

    職業訓練

    しおりをつける
    🐤
    j
    ハローワークの職業訓練、実務翻訳3か月コースに通っています。
    無職なら探してみてはいかがですか?仲間もいて、やりやすいです。

    特許翻訳、医療翻訳、工業翻訳などの違いなどを学んでいます。
    それぞれ専門先生が特徴などを説明してくれます。

    先生から聞いたところ、特許翻訳はお金になりにくい(手間がかかるわりにすすまない。調べることが多い)

    自分は、工業翻訳のほうがやりやすいなーと最初は感じたのですが、
    工業のほうは、テクノロジーの進化に自分がついていけないと、翻訳ができなくなる上、実際の器械的なつくりをしらないと、イメージしにくく、勉強が永遠に必要です。

    いっぽう、医療の分野の用語。論文の翻訳は、医薬用語は長年変化がないので、知識を積み上げるように勉強していけます。
    ルールさえしれば、さくさく翻訳できます。

    今の先生は、医療まったく関係ない分野で働いていた人で、
    医療翻訳は、つみあがるので勉強しやすい。と言っていました。

    こちらのほうがお勧めです!

    トピ内ID:2621559173

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    やはりそうなのですね。特許文書は特殊だけれど、形式を覚えてしまえば大丈夫。やはり、好きな医薬をやって、あとから、特許を勉強しても良さそうですね。
    私は大学の専攻が心理学なので、文系とは言っても実験とか、研究論文とかで、医薬とまったく無縁というわけでもないので、親近感があります。
    何より、自分や家族の身体、健康に関することでもあり、内容的にとても興味があります。学んだことが英語や翻訳を超えて役立つと思います。
    それにしても、職業訓練で実務翻訳があるなんて知りませんでした!
    私の居住地のハローワークのパンフにはありませんでした。
    ネットで検索して調べてみます。ありがとうございます!
    教育訓練給付では探してみましたが、翻訳はありませんでした。
    翻訳を志すに至った経緯は以下のトピに書きました。
    「派遣の登録させてもらえない」
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1105/273823.htm?g=02
    最初に「英語」と言ったせいで、最初の方はボロくそにたたかれていますが、後半は落ち着き、最後に「医薬翻訳を勉強する」になっています。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    それから、何故今まで携わってきたビジネス関係の翻訳でなく、医薬や特許を目指そうと思ったのかといいますと、「専門」を持ちたいと思ったためです。求職活動を通じて、いくら英語ができても専門がない、と悟ったという事情もあります。それと、やはり、翻訳のムックやウェブサイトで調べて、一番需要があって、不況に強いのは医薬、特許であると知ったから。
    それに加えて、私のような年齢でも経験がなくてもTOEICの点数だけで声をかけて下さるのは(経歴も見るでしょうし、「だけ」というわけではないかもしれませんが推測です)、特許や医薬関係の翻訳、通訳関係の企業だったから、です。
    法律やITその他はずっとやっていくほどは興味が持てなかったというのもあります。
    それと、実は、翻訳限定でなく、通訳も好きなので、仕事でなくてもどういう形でも両方に活かせたら、という気持ちもあります。
    そういう点でも医薬に惹かれました。
    特許は特許事務所に勤めても通訳をやる機会なんてなさそうな気がします。
    どうでしょうか。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    jさんに言われて、募集中の実務翻訳、または翻訳の職業訓練を検索してみましたが、ありませんでした。
    求職者向け公共職業訓練コース情報
    http://course.ehdo.go.jp/CO1101.asp
    で探しましたが。職業訓練で実務翻訳を受けた方のサイトとか書き込みはあるので、あることはあるようですね。
    が、残念ながら今は無理のようです。
    私は東京近郊に住んでいますが、ないですね。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    在宅翻訳のトライアル

    しおりをつける
    blank
    翻訳者歴12年
    すでにビジネス翻訳の経験がおありとのこと。翻訳会社のビジネス分野のトライアルは受けてごらんになったでしょうか。私はビジネス分野の仕事もしていますが、実力のある人には不況下でも多くの仕事がアサインされています。実力がおありになれば、在宅でビジネス翻訳をするだけで十分生活できると思います。

    経験がおありのビジネス翻訳でトライアルに合格しない、あるいは合格しても仕事がわんさかと来ない、というレベルであれば、医薬の勉強をされても同じことかもしれません。まずは経験のある分野で試してみてはいかがでしょうか。

    それから、通訳のように自分が絶対に現場に行かなければならない仕事は、おひとりで育児をなさるのであれば難しいかもしれません。私は納品先の企業から、内勤になることや通訳や講師を打診されたことがありますが、万一子供の具合が悪くなった場合にカバーしてくれる人がいないので(夫はいますが、急には頼めません)、全部断っています。

    私の専門は医薬です。専門知識のある翻訳者は少なく、専門知識がない翻訳者も使わざるをえない忙しい業界です。その意味で、文系翻訳者も参入可能ではあります。

    トピ内ID:9855279188

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと一言

    しおりをつける
    🐧
    私も子持ち
    本題からそれますが、それだけの実力をお持ちなら、やはり派遣で働きながら本当に興味のある医薬翻訳者を目指したらどうでしょう。
    失業保険を受給中とのことですが、今のうちからトライアルを受けて短期でも仕事を見つけた方が現実的ではないでしょうか。
    この仕事(通訳でも翻訳でも)は、一生、勉強です。TOEICのスコアもプロレベルですし、ビジネスレベルでは通訳・翻訳の経験がおありとのこと、専門のエージェントにフリーとして登録するには経験不足とみなされるかもしれませんが、enやリクナビで紹介される案件に応募してみてはいかがでしょう。経歴の書き方を工夫すれば十分、参入可能です。仕事を始めてから頑張れば結構、何とかなります。
    実際には秘書がメインで翻訳はたまにやる程度だったとしてもそこをアピールする書き方をすれば書類選考は突破可能ですし、トライアルは時間制限を設けていない場合もあるので、頑張り次第でなんどかなると思います。
    私の専門は金融ですが、トライアルで重視するのはやる気と将来性です。
    同僚に年長のお子様がいるシングルマザーもいます。
    まずは出来ることから頑張ってみてください。

    トピ内ID:1517114762

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    貴重なご意見ありがとうございます。自分だけでは頭だけで考える思い込みで決めてしまいがちなので、本当にありがたいです。確かにそうですね。ビジネスでの通訳や翻訳の経験があるならまずそれでトライアルを受けて、それで仕事をしながら勉強するのが一番現実的な道ですよね。

    実は心のどこかではなんとなく思ってはいました。食べていかなければならないのに、医薬翻訳で仕事が取れるようになるには、今から数年かかる。ちょっと勉強したからと参入できるわけではない。それなら、やはりビジネスで生活の糧を得ながらでないといけませんよね。「私も子持ち」さんのおっしゃる通り、履歴書も書き方ですね。自分の経歴や能力を見方を変えてみてどうアピールするか、そしてやはり実力ですね。

    その一方、やはり3か月くらいは、仕事をせず、翻訳の土台作りをしたいと思っています。最初はいきなり、医薬翻訳の勉強を始めるつもりでしたが、やはり、実務翻訳の基礎(入門ではなく)を集中してやり、それから、メディカルの勉強を始めることにしました。ビジネス翻訳は仕事の一貫でやっていたとは言ってもきちんと基礎を学んだことがないためです。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    最初は実務翻訳の基礎コースを取って勉強する(通信ですが)と書きましたが、本当は迷いもあります。翻訳は初めてというわけではない、失業中で費やせるお金も限られている、そういう中、基礎は自分でテキストでも買って独学でやり、コース受講に費やす費用は医薬に限るべきでは、と。
    でも、その一方、長い目で見たら、やはり基礎は大事、とくに実務翻訳すべてに共通する何か翻訳のルール?のようなものはきちんと学ぶべきか、という気持ちもあり、それで今のところ、基礎コースを受講することにとりあえず決めています。と、言っても1月からスタートしたいので早く決めなければなりません。今現在、翻訳者として仕事をされている方々は最初は、翻訳の基礎から学ばれたのでしょうか。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    指導する側です

    しおりをつける
    🐷
    はる
    時間的・金銭的に余裕があるのなら、基礎から学ぶというのも悪い方法ではないと思います。
    ですが、これまで百人以上の受講生を受けもってきた経験からいうと、できる人は最初から
    できますし、できない人は残念ながら半年やそこいら勉強してもなかなか上達しません。
    もちろんそれでも地道に努力を続けているうちに、少しずつ力がつくのは事実ですが、
    そのことはこのトピの趣旨には関係ないので割愛します。

    「翻訳の基礎」というのは、あってないようなものだというのが私の実感です。
    テクニックやコツを、センスと言い換えるとわかりやすいかもしれません。
    すでに実務経験のあるトピ主さんなら、基礎をとばして目指す専門分野の勉強を
    始めたほうが効率的だと思います。翻訳には正解というものがないだけに、
    不安になるお気持ちはわかりますが、専門分野を学びながらでも基本的なルールは
    身に着きますよ。がんばってください。

    トピ内ID:4047102967

    閉じる× 閉じる×

    追加です

    しおりをつける
    🐷
    はる
    私自身、スクールで基礎を学んだことはありません(専門分野を学んだことはあります)。

    私が翻訳者になった15年近く前と今とでは、状況が違うとは思いますが、ひとつの例として
    参考になると幸いです。

    トピ内ID:4047102967

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    はる/はなさん、ありがとうございます。
    結局、業保険がいただける今しか時間がないので、やはり実務基礎コースを取ることにしました。
    おっしゃる通り、やはりセンスなのだと思いますが、私は変に完璧主義なので、自分のできに関わらず、後で「やはり基礎をやるべきだった」と思ってしまいそうなので。
    それで、フェローアカデミーの通信「実務基礎ベータ」を申込みました。
    6か月のコースを3か月で終えて、次はDHCの「日英メディカル」を取って、基礎を勉強した後、再度フェローアカデミーに戻り、通学「実践メディカル」で実際の医薬翻訳の実践を学びたい、と自分琉に計画しています。
    これで月日にして1年3か月、費用は27万くらいかかるので、当然ながら半年後くらいには働きながら、ということになります。そううまいぐあいに仕事があるかわかりませんが。
    実は、そうこう考えている間にも、派遣会社から翻訳を含む英文事務でお話がいくつかありましたが、3月まで等、期間限定で、時給1300ー1500円なので、辞退しました。そのような金額なら、失業給付を受けながらしっかり勉強する方が良いと思ったためです。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    がんばってください

    しおりをつける
    🐷
    はる
    そうでしたか、もう決められたのですね。

    先ほどのレスにも書いたとおり、基礎から学ぶのもひとつの方法だと思います。
    フェローは他に比べると受講料もそれほど高くないはずですので、ぜひ
    がんばってください。最初はなかなか仕事に結びつかず、焦る時もあるかと
    思いますが、あきらめなければ道は拓けます。必要とあらば別の仕事もかけもち
    しつつ、プロの翻訳者を目指してください。定年がない仕事なので、いくつから
    始めても遅くないと思いますよ。健闘をお祈りしています。

    トピ内ID:4047102967

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    はるさん、ありがとうございます。
    3か月くらいで実務基礎を終わったら今まで通りのビジネス関係で単発でもなんでも派遣などで翻訳の仕事を探して働こうと思います。
    メディカルは長期戦で働きながら勉強していきます。
    ところで、先日、シングルマザーが、就労目的で講座を受講する場合、学費の3割補助が受けられると知ったので、役所に相談に行きました。
    が、対象講座は、介護ヘルパーや医療事務、パソコン等、勉強すれば仕事に直結するもののみで、実務翻訳は勉強したから翻訳者になれるわけではないのでだめだと言われました。それは確かにその通りなので、納得しました。
    担当ものの方が私との面談の前にネットで翻訳のことを調べたとのことでしたが、なぜ、翻訳なのか、それもなぜよりにもよって医薬なのか?と言われました。翻訳で食べていける人などほとんどいないのに、その上、医薬などやってどうするのか、本当に仕事をする気があるのか、と言われました。
    英語ができるのだから、仕事は必ずあるはず、求人応募の際、アメリカの文化などもよくわかっていて、日常的に会話ができることをもっとアピールするべき、と言われました。(つづく)

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    トピ主

    しおりをつける
    🐶
    コロ
    (つづき)
    私は英語で何でもできる。会話も翻訳も通訳もできる。文章も書ける。交渉もできる。けれども、単なる英語の何でも屋であるだけ。専門がない。だから就職できない。英語ができる人は五万といる。同じ英語ができるなら若い人の方を採用する。50に近い私がただ英語ができます、と言っても仕事などない。翻訳では医薬が一番需要が高い。不況にも強い。医薬の翻訳で生活している人はたくさんいる。等々。いろいろ説明しましたが、私があまりに自信がなく、狭い見方をしている、としか思っていただけませんでした。
    即席で翻訳のことを調べただけで、英語の業界のことをわかっていらっしゃらない方に説明してもわかってはいただけないのだ、とあきらめました。ただ、お母さんが翻訳などやってもお子さんは喜ばない?と言われたのが心外でした。その方は母子支援担当で、離婚してシングルになった母親の就労を助ける立場の方です。だから、今食べていかなければならないから目先のことを考えろ、と言われるのですが。私は将来を考えねばと思います。実力がつけば、年齢に関係なく独立して自宅でやることもできる翻訳という仕事は今の状況で最適と思います。

    トピ内ID:5912154538

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(10件)全て見る

    コロさん、その後いかがですか?

    しおりをつける
    blank
    はなまる
    こんにちは。翻訳関係のトピを探していたら、このトピに出会いました。(また、以前のトピ「派遣会社に登録させてもらえない」で、トピ主さんの真面目な姿勢に共感を覚えました。攻撃的なレスが多くてビックリしましたが、丁寧に答えられてましたね。)

    私は40代の求職中の者です。以前は社内翻訳・通訳(機械)をしていました。派遣の仕事で医療翻訳は案件が多く、もともと興味がある分野なので何とか参入できないかと思っています。

    トピ主さんは、もう勉強を始められましたね。実際に講座を始められて、いかがですか?もしよかったら、どんな感じか教えて頂けないでしょうか?

    どうぞ宜しくお願いします。

    トピ内ID:8203410664

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (10)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]