詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    国の借金って?

    お気に入り追加
    レス28
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    まさこ
    話題
    小町で聞くことではないかもしれませんが、調べようにもどうやって調べたらいいかもわからないおバカレベルの私に分かりやすく教えてください。

    国の借金って、誰が誰にしているのですか?

    子供手当でさらに国の借金が増えれば負の遺産を子供に背負わせることになるっていうけど、そもそも現在も借金があり、それは私たちも前の世代から受け継いでいるのですよね。なぜ今さらそんなこと言われるのでしょうか?
    借金がいくらになったら国が破たんするのですか?
    国が破たんするとはどういう状態になるのですか?

    小町の池上彰さんいませんか???
    恥しながら、そんなに若い世代ではない私ですが、簡単に教えてください。

    トピ内ID:9108899427

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数28

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    参考までに。

    しおりをつける
    blank
    夕暮
    国の借金って?(中学生です)
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1214/282023.htm

    というトピがあります。

    トピ主さんが中学生ということで、みなさん噛み砕いて説明をされています。
    前半はかなりソフトですが、後半はそれなりの内容でわかりやすいですよ。

    トピ内ID:2410856483

    閉じる× 閉じる×

    中学生トピもありますが

    しおりをつける
    blank
    山椒魚
    国は、主に国債という借用書を発行してお金を借りています。この国債の主な買い手が、日本の銀行なのです。つまり、日本の銀行は国民から預かったお金で、国の借金を引き受けています。

    借金は前の世代から受け継いだだけと、仰いますが、重要なことは二つあります。一つは金利がかかるため、借金が膨らみ続けていることです。1秒間に約100万円ずつ増えています。

    そして、2005年に日本の人口は減少に転じました。つまり、借金が増える一方、返済する人口が減っているわけです。いくらになったら破綻するとは言えませんが、今のままなら、いずれ破綻します。1秒でも早く借金を減らさなければならないのに、国は相変わらず手を打ちません。

    破綻するという状態は、乱暴に言えば、日本の財政や通貨価値が国際的信用を失う状態です。つまり、国債は紙くずになり、銀行が倒産します。国民の預金は1000万円まで保護されますが、それ以上は、おそらく戻ってこないでしょう。銀行がつぶれれば、企業活動は停止しますので、国中が大混乱します。そして、おそらく、日本は国際機関の支援、管理下におかれ、行財政の自由はなくなるでしょう。

    トピ内ID:2141785584

    閉じる× 閉じる×

    言葉の定義が間違っています。

    しおりをつける
    🙂
    いもこ
    国の借金=日本国(政府+民間)が外国に対してしている借金 300兆円(ただし、貸しているお金は500兆円なので、差し引き200兆円のプラス(世界一の金貸し))
    日本国政府の借金=よくマスコミが使う間違った意味での”日本の借金”
    880兆円(マスコミは地方の借金もなぜか政府に入れているため1000兆円近くになってます)
    家計でも、ローンだけ見て危ない危なくないの議論はしません。貯金があればいいのですから。
    世界の評価も同じです。(IMFとかに載っているのも借金-金融資産です。)
    というわけで、日本政府の場合。
    880兆(借金)-570兆(資産)=310兆円(GDPの65%程度です。)
    ついでに誰から借りているかですが、94%が日本人からです。(しかも、全て円建てです。)
    あと、1000兆円増えても日本は破綻しません。
    人口へってもお金はなくならないし(むしろ1人あたりの取り分は増える)、外国から見たら金を貸している方なので円の価値も下がらないし。

    トピ内ID:1603407730

    閉じる× 閉じる×

    大いなる誤解があるようですが

    しおりをつける
    blank
    三橋貴明で検索
    国の借金というのは正確には政府の借金です。
    そして政府は外国からではなく銀行から借金してますよね。
    銀行にお金を預けてるのは誰でしょう?
    そう、我々国民です。
    マスコミや政治家まで誤解してますが
    国の借金(政府の借金)は我々国民の「債権」なのです。
    国民は生まれた瞬間一人当たり○○万円の「借金」があるのだ
    なんて言われますが逆です。
    生まれた瞬間○○万円の「資産」があるのです。
    国の借金(政府の借金)が減ると我々の債権も減ります。
    日本自体の対外の借金(本来の意味での「国の借金」?)では
    日本は世界最強の純「債権」国です。
    世界中にお金を「貸して」ます。

    よって破綻などしようがありません。
    安心してください。

    トピ内ID:9444764426

    閉じる× 閉じる×

    山椒魚氏の意見について

    しおりをつける
    blank
    まる
    破綻するから1秒でも早く返す必要があるって話ですよね?

    で、破綻の定義は信用の低下によるハイパーインフレですか?
    このデフレで大変な時期の日本でハーパーインフレの恐怖から
    さらに経済活動を低下させるのは愚策としか言えません
    正常に経済成長している時であればある程度のインフレは
    悪いことでは無いとは思いませんか?
    順調な経済成長が行われれば税収の増加により国債の発行も減り
    相対的に国債の利子も小さくなりますよ
    経済成長には人口の増加が不可欠だって考えは正しくないと思います

    トピ内ID:5769521717

    閉じる× 閉じる×

    簡単に想像すると

    しおりをつける
    blank
    TOKI
    日本の場合、国の借金の主な貸し手は銀行等の
    金融機関です。ですので間接的には預金者である
    国民から借りていることになります。

    借金の原則は
    「期限が来たら利子をつけて返す」
    というものです。
    ですので「いくらになったら?」ではなく
    返せなくなったら破たんします。

    破たんすると、国は借金が返せないと宣言します。

    すると銀行や生命保険会社などは貸したお金が
    返ってこないことになるので銀行も破たんします。
    また銀行にお金がないので預金を引き出すことも
    自由に出来なくなります。

    また、借金が返せないと宣言したので、
    日本は「お金が無い」ということになります。
    お金が無いということは国に金融的な価値が無い
    ということになります。
    そのため極端な円安になりそうです。

    日本は殆どの食糧、原材料を輸入しているので
    それらの値段が何倍にも跳ね上がることでしょう。

    トピ内ID:9019959289

    閉じる× 閉じる×

    日本は外国に借金してませんが?

    しおりをつける
    blank
    うしこ
    経済に疎いほうなので偉そうに言えないのですが、日本は外国に借金してないのでは?逆に外国への債権額が世界一で、IMFにも先日1000億ドル融資してるはず。だから国(日本国)の借金という表現は間違ってると思います。政府が日本国民に対して借金しているというが、まだ正しいのでは?国債の金利が低く(1%台)、その国債を買ってるのが90%以上日本国民で円建てなので、破綻はしないんじゃないですか?政府が国民にどうやって、還元(借金を返してくれるのか?)を論じる方が建設的だ思います。

    トピ内ID:0667738198

    閉じる× 閉じる×

    破綻しないとはいえない。

    しおりをつける
    菜月
    前述されている通り日本の国債の93%は、1400兆円程の国民の預金から買われているので、このまま財政赤字が増え続け、預貯金額を超えてしまうと、日本政府は外国から借金をしなくてはならなくなります。
    本来ならその前に出を制すのですが、ご存知通り政権が代わろうが代わるまいが、日本の政府は出を制すつもりはなさそうです。

    結果として国債を外国に買って貰う為に金利を上げなくてはならなくなります。すると、今ある借金(国債)の償還や金利負担で、益々政府が出来る事業がお金がなくて出来なくなります。

    これを解決する手段としてインフレがありますが、多くの方が指摘するとおり借金の価値も無くなる代わりに、私達国民の財産である円預金の価値も減っていきます。

    国債の増発に伴う預貯金の価値下落に不安を覚えるのでしたら、個人の出来る対策としては、値上がりしそうな国の通貨に円高の今のうちに代えておく事があげられますが、もし、今以上円高が進むと損するので、自己責任でリスクヘッジされる事をお勧めします。

    トピ内ID:3584811429

    閉じる× 閉じる×

    指摘

    しおりをつける
    😠
    いもこ
    菜月さん

    >前述されている通り日本の国債の93%は、1400兆円程の国民の預金から買われているので、このまま財政赤字が増え続け、預貯金額を超えてしまうと、日本政府は外国から借金をしなくてはならなくなります。

    間違ってますよ。
    政府は日銀に国債を買い取らせることが出来るため、1000兆でも2000兆でも理論上では借りられます。
    その分インフレは進みますが。

    ちなみに、国債購入者の内訳は現在
    民間銀行 36.4%、生保年金23.9%、社会保障基金12%、日銀7.8%、海外6.1%、家計5.3%、その他8.5%
    です。

    また、政府が使ったお金は、最終的には家計や企業によって銀行に戻されるため、預金額そのものが増えていきますよ。
    というか、政府がそれだけ財政出動してくれたら、GDPがえらい勢いであがっていきますよ。

    トピ内ID:1603407730

    閉じる× 閉じる×

    このての話

    しおりをつける
    blank
    冬休み
    私自身はこういった話は怖いので、極力触れないようにしていました。
    何が怖いかと言うと、知識もないのに雑談のネタとしてどの程度話題にしても良いのか、その基準がわからない。
    それにわかりやすい経済の仕組みの話というより投資のための情報提供をからめた話が多いので、興味をもって読みすすめるのも難しいんですよね。

    FX系の情報収集が好きな方なら合うかも知れません。
    で、ネットを調べたら国家破綻ブログというブログを発見しました。
    かなり詳しいようですがやはり投資系ブログっぽい感じかな。

    投資は自己責任で…。

    トピ内ID:0508797864

    閉じる× 閉じる×

    基本的に・・・

    しおりをつける
    🐶
    じじ
    歳入と歳出のバランスが悪すぎる 従ってその差を国債で補うしか方法がない 幸い日本の国債は明治の日露戦争をやったころと違って 発行した国債はほとんど国内で償還されている その辺は心配ないのだが 国家予算のうち多額をその金利に使わなくてはならない 従って最初の歳入歳出の差がますます大きくなってくる しかもこの不景気で 歳入のほとんどを占める税が伸びない また歳入がどんどん減ってくるのに 使う歳出はどんどん増える(一番の原因は高齢者が多すぎる年金・医療・介護に膨大な金を使っている) 従って歳入を増やすには景気回復と増税 歳出を減らすには無駄な事をする役人を減らすこと と高齢者対策しか解決策はない
    要はそれを政治ができるか否かであると思う

    トピ内ID:9265411290

    閉じる× 閉じる×

    あえて訂正すると

    しおりをつける
    菜月
    いもこさん、私的には外国の日本の国債購入は7%程度なので理解しやすいように「国債の93%は、1400兆円程の国民の預金から買われている」と表現したのですが、理解されなかったようですね。正直預金でも保険でも日本国民の富(資産)と言う意味では変わらないでしょ。

    確かに理論的には1000兆円でもと書かれていますが、あくまで理論的な話。
    日銀がスーパーインフレの危機を無視して、政府の言うがまま無限大に国債買い入れをするわけ無いじゃないですか。だったら常識的にレスしないと、本当に間違った(国はデフォルトしないという)意見を読者に与える事になります。

    いもこさんの理論なら、アルゼンチンだってデフォルトしなくて済んだ訳で。実体経済の下でありえない理論を振りかざすのはどうかと思います。

    本件と同様な中学生の質問のトピでも政府にとって赤字国債は問題ない、景気を良くする為にドンドン赤字国債を奮発した方が良いと書いている方がいますが、本気でそう思っている人がいるとしたら借金だらけでスーパーインフレを待望している方だけだと思います。

    トピ内ID:3584811429

    閉じる× 閉じる×

    国債で景気をよくする?

    しおりをつける
    🐶
    ゴルゴ15
    国債を歳入額以上に発行して、国からの資金を市中に流し、景気をよくする。

    国からの資金の出をかなり絞って、国債発行残高の減少を目指す。→景気悪化?
    →さらなる歳入減少?

    国の施策としてどちらがいいのでしょうか?


    マクロ経済のことは、よく分かりませんが、止めどない債発行残高の増え方
    よりは、ちょっと立ち止まって、発行残高の減少を目指すってのは
    駄目な政策なのでしょうか?

    一般家庭でも、その収入に合った生活をすべきで、国も税収に合った
    事業や公務員の給与体系をなすべきかなと感じてます。

    トピ内ID:3522406452

    閉じる× 閉じる×

    指摘2

    しおりをつける
    🐱
    いもこ
    菜月さん

    指摘したかったのは“上限が1400兆円”という間違いです。

    1 日銀というのは、お金を作ることの出来る銀行です。
    つまり、日本国民の預金額が0円でも国債は発行できます。
    2 生保や年金に払っているお金と預金は別物です。

    これらのことから、『1400兆円が上限では無い。』ということです。

    菜月さん
    『銀行が買っているのは国債全体の1/3程度で、その財源が1400兆円』
    ではありませんか?

    また、アルゼンチンがデフォルトしたの外貨建で借りていたからです。
    日本の国債は自国通貨のためデフォルトしません。
    インフレは進みますがデフォルトしません。

    ハイパーインフレを警戒されていますが、日本はデフレです。
    デフレの穴を埋めるだけで現在より50兆円ほど支出が必要といわれてます。
    そもそもハイパーインフレを起こすには、敗戦レベルの供給不足が必要です。
    たとえば10年で1000兆円新たに国債を発行する場合、1年当たり100兆円です。
    これは、現在盛んに議論されている44兆円の国債発行額より
    56兆円多い値です。どうでしょう。

    トピ内ID:1603407730

    閉じる× 閉じる×

    国債増発はやはり良くない

    しおりをつける
    blank
    北極星
    国債の最終的な引き受け先として挙げられている個人金融資産1400兆円ですが、個人金融負債は400兆円近くありますので、安定的な国債の引き受け先としては純金融資産である1000兆円と見るのが一般的です。

    しかも、老後の生活費に当てるため、貯金を取り崩す高齢者が増えており、かつて10%を超えていた家計貯蓄率は2%に下がっています。今後も安定的な引き受け先として安心することはできないでしょう。

    これに対して、国と地方の長期債務残高は800兆円強。今後も増え続ければ、10年もしないうちに個人の金融資産では吸収しきれなくなります。今現在でも財投投融資資金借り入れを含めると1000兆円を超えていると言われます。そうすると、代わりの国債の引き受け手を見つけなければなりません。

    (続きます)

    トピ内ID:4485677882

    閉じる× 閉じる×

    国債増発はやはり良くない(続き)

    しおりをつける
    blank
    北極星
    代わりの引き受け手となる海外の投資家はリスク、リターンに敏感ですから、国内金融機関と違って、安定的に日本国債を保有してくれるとは限りません。

    日銀による買い入れ拡大もインフレや金利上昇を引き起こす可能性があるため、現実には余地は少ないでしょう。日銀総裁も最近、否定的な発言をしています。国債増発によるインフレは、ある意味、増税と同じだと言う意見もあるようです。

    また財政規律が緩むと市場が見たら、国債金利が高騰し、国の利払いが膨らんでしまいます。子供たち将来世代の負担を増やすだけです。さらに言えば、金利上昇で設備投資が冷え込み、企業活動は鈍るでしょう。

    貸し手がいれば幾らでも借りていいということではありません。重要なのは返済できるかどうかです。やはり、国債増発によらない財政健全化が必要です。

    トピ内ID:4485677882

    閉じる× 閉じる×

    財政出動の危険性

    しおりをつける
    blank
    huru
    通貨の価値を金や銀で保障しなくなった今日の経済システムで、通貨の価値は数理上、何によって保証されていると考えますか?
    答えは人々が、働くことによって生産される「財」そのものです。
    管理通貨制度のもとでは、国家がその生産された財の量に応じて、財の交換手段であるところの通貨を造幣し市中に流通させます。
    逆をいえば「財を担保していない」通貨が大量に流通すると、通貨の信用価値を失いハイパーインフレを起こします。
    今現在がデフレだからインフレが起こらないという論理は、自然の斉一性を妄信しています。

    トピ内ID:2224540755

    閉じる× 閉じる×

    財政出動の危険性(その弐)

    しおりをつける
    blank
    huru
    ハイパーインフレーションの恐ろしさは、一度起きはじめたら、一気に加速度的に進む点です。
    インフレの発生する原因はコストプッシュ(生産費用の増大)や、ディマンドプル(市場の品薄)、流通通貨の制御失敗だけが原因で起こるわけではないからです。
    対人関係でも一度相手に不信感を持つと、相手のすべてが鼻につくようになるでしょう?
    通貨の信用性も同じ。
    大衆心理における信用とは、一度崩れると全否定の方向に一気に傾きます。
    また、国債を日銀に買い切らせるという発想は、ムガベ大統領と根は同じですね。

    トピ内ID:2224540755

    閉じる× 閉じる×

    終わりに

    しおりをつける
    blank
    huru
    他の方も指摘してますが、国が借金できる余力は残り600兆円~700兆円、即ち、日本国民の預貯金の総額と目される1500兆円までです。
    報道にあるように、来年度の国債発行額はおよそ50兆円です。
    このペースで借金し続けますと、ハイパーインフレーションは13、4年後にはその兆候を見せはじめるものと予測できます。
    返済実績の無い日本国債を、日本国内で引き受けられなくなったとき、外国の機関投資家が引き受けてくれるなどという、淡い期待は考えないことです。

    トピ内ID:2224540755

    閉じる× 閉じる×

    国債って、要は預貯金でしょ?

    しおりをつける
    blank
    かる
    国債って、5年だか10年だかで満期になるんでしょ?
    ということは「民間が国に定期預金してる」状態ですよね。
    で、国がソレを運用(歳出)してると。

    ということは国債が800兆円だかあるってことは、それだけ「民間の資産」が国に預けられてる
    ってことで、「借金」じゃなく「預貯金」ですよね?

    この国債額が増えることで破綻する…ということは、
    民間の銀行も預金残高が増えると破綻するんですか?
    銀行の預金残高って、将来的に口座名義人に「利子つきで返す」お金ですよね?
    つまり、借金ですよね?
    けどメガバンクが今多額の預金残高を保有しているので破綻するぞ~って話はニュースでやってないですが…。


    あと、ついでに便乗で疑問があるんですが、
    国債の残高を減らすってことは
    歳入=税収+国債発行額 より 歳出=財政支出+国債返却額 の方を小さくするってことですよね?
    単純にいえば収入>支出の図式ですよね?
    それって、「国民」側の視点から言えばかなりの「お金を国に取られる」状況になるってことですか?
    納税額>公共の福祉ですよね?

    トピ内ID:1369201833

    閉じる× 閉じる×

    栄養失調患者にダイエットを勧める。

    しおりをつける
    blank
    デフレ脱却
    例えるならインフレは肥満、デフレは栄養失調。
    ハイパーインフレは超肥満体となって破裂といったところでしょうか。
    財政再建は無駄をそぎ落とし効率化するいわばダイエットです。
    健康にいいからといって栄養失調で苦しんでる人間にダイエットさせてはいけません。
    とりあえず財政出動でいっぱい太らせなければならないのです。
    そうして健康体になって「もう大丈夫・・・やや太り気味かな?」
    となってから初めてその財政再建というダイエットを行うべきです。
    財政再建は正しいのですが今はそのときではない。
    順番が違うのですね。

    トピ内ID:9444764426

    閉じる× 閉じる×

    かるさん、申し訳ないが全然違います

    しおりをつける
    blank
    北極星
    >この国債額が増えることで破綻する…ということは、民間の銀行も預金残高が増えると破綻するんですか?

    前提が違います。国債額が増えると破綻するのではなく、返済できなくなると破綻するのです。銀行も同様に預金残高が幾ら増えたかではなく、元本(預金)と利子を払えなくなれば破綻しますが、今のところ問題はありません。しかし、国の借金(国債元本と金利)は返済し続けられるかは疑問符がつきつつあるのです。ここが国と銀行の違いです。もちろん国(政府)が破綻すれば国債を保有している銀行も破綻するでしょうが。

    >国債の残高を減らすってことは歳入=税収+国債発行額 より 歳出=財政支出+国債返却額 の方を小さくするってことですよね?単純にいえば収入>支出の図式ですよね?

    これも違います。国債返却額というのは国債残高プラス金利です。国債発行額、つまり国債残高を減らせば、それ以上に国債返却額は減ります。そこで仰るところの「歳入=税収+国債発行額」「歳出=財政支出+国債返却額」に当てはめると、国債発行額以上に国債返却額が減るので、財政支出の割合が高まるわけです。すなわち納税額<公共の福祉になります。

    トピ内ID:1252906787

    閉じる× 閉じる×

    書籍やネットで得た知識ですが

    しおりをつける
    blank
    私も素人
    私も経済の専門家ではなくただの一般人ですが、たまたまつい最近同じ様に興味を持ち調べました。
    >借金がいくらになったら国が破たんするのですか?
    借金を返せなくなったら。じゃあ、どの状態が返せなくなったらと言うのか?。これは判断が難しい様です。著名な方々の意見も様々ですが。「すでに破たんしている」と言う見解が多々見られました。国の借金が800兆円とか言われていますが、国債の発行残高がそのうち500兆円有るらしいです。アメリカよりも多いとか言う情報も見ましたが真偽は不明です。

    >国が破たんするとはどういう状態になるのですか?
    単純に借金が返せないとなると、800兆円の返済が滞ることになり、国債だけでもその9割以上が日本の金融機関が持っている以上、我々の預貯金で買っていた債権がパーになる訳です。企業の倒産などで株の価値がゼロになるのと意味が違うとはいえ、ざっくり言えば同じじゃないかと思っています。

    少なくとも、国債の価値がなくなった段階で、ありとあらゆる「お金」と言う存在の価値もゼロになると考えていいと思います。
    お金を持っていても、物と交換できない訳です。これ、恐ろしいことですよね。

    トピ内ID:0368461753

    閉じる× 閉じる×

    上限は預金額ではない

    しおりをつける
    😠
    イモコ@携帯
    そもそも、政府が使ったお金がどこに行くと考えているのでしょう?
    普通に考えれば人の中を流れて預金や生保、年金などの国民の資産になるわけです。
    国民の資産が増えれば、借りられる上限が増える。
    当たり前ですね。
    (続く)

    トピ内ID:0947483771

    閉じる× 閉じる×

    『返済不能=破綻』なら

    しおりをつける
    イモコ@携帯
    続き
    北極星さん
    日本政府が円で借りている限り、返せなくなる事は理論的にありえないですよ。また、国民の財が円の価値の根拠というけれど、一千兆円財が消えたと言われているバブル崩壊後の現在も円は健在です。

    トピ内ID:0947483771

    閉じる× 閉じる×

    訂正

    しおりをつける
    😨
    イモコ@携帯
    財が~は、huruさんみたいでした。
    ごめんなさい。

    私の意見は、
    ・国の借金は無い(貸している方は200兆円)
    ⇒円の外貨に対する価値はこれとGDPと軍事力
    ・政府の借金は、円建なので返せなくなる理由が無い
    ・ハイパーインフレが起こると言う根拠が弱い。
    戦後ドイツとか、ジンバブエと日本の比較を行ったとは思えない。
    です。

    トピ内ID:0947483771

    閉じる× 閉じる×

    益々、国家破綻の意味が…?

    しおりをつける
    blank
    かる
    >>北極星さん
    レスありがとうございます。

    元本が「日本円」である以上、国よりも先に銀行の方が危機を迎えると思うのですが?
    政府・日銀が「デフレギャップ」や「デフレ」状況にあることを認めつつ、GDPの一部である「財政出動」を
    控える動きをすれば、民間投資は冷え込みますよね?(いわゆるデフレスパイラル?)ならば、銀行他の金融業の運用先が限られてきます。
    一方「発券銀行」である日銀は「国の銀行」とも呼ばれる、政府のお財布を握るところですから、まぁ、禁じ手ではあるんでしょうがいざとなれば刷れますよね?順序逆じゃないですか?

    >>すなわち納税額<公共の福祉になります。
    ん~。なんか違う。単純に、国債の出入り抜きで考えれば、「歳入=歳出」が理想なんでしょう。しかし、今国債というものがあって、その残高を減らすなら「歳入>歳出」の形に持って言って、その差分を国債返却に当てなきゃいけないんですよね?
    つまり100円納税して80円ぶんお公共の福祉が行われて、差額20円分の国債償還がされる…。
    これを今の国債が0になるまでやったとして、国民の生活、経済が持つのでしょうか?

    トピ内ID:1369201833

    閉じる× 閉じる×

    国の破綻の前例

    しおりをつける
    blank
    かる
    ところで、今まで、財政破綻という形を迎えた国の中で、
    「日本のように自国通貨建ての債務を自国内で94%も消化させつつ」破綻した国ってあるんでしょうか?

    ドル建てで、国内で生み出される利益が海外に流出して、結局破綻…というなら南米や、アジアや最近なら欧州で見かけたんですが…。
    あと、「デフレスパイラル」に陥ってる国が財政破綻するっていうのも聞いたことがないです。
    さらには国債の金利が1%未満という「超安心」レベルなのに、破綻って言うのも…。

    勉強不足なめんもあるので、上記のパターンで財政破綻したって国を挙げてもらえれば助かります。

    トピ内ID:1369201833

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]