詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    日本のクリスマスの疑問

    お気に入り追加
    レス26
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    アデフル
    話題
    夫が外国人で日本に住んでいます。
    今年も夫の言うとおりに25日にクリスマスをしました。(私の両親を招いてツリーの下に置いてあるプレゼント開けたり、ごちそう食べたり、という感じです)
    実は私は夫と出会うまで、クリスマスはイブの夜にごちそう食べて、ケーキを食べて特別に過ごすものと思っていました。(私のまわりの友人たちも同じだったので)
    ですが夫に、イブの夜にサンタさんが来て、25日にそのプレゼントを開けたりしながら家族で食事をするのが普通と簡単に説明され、当時は少しビックリしたものの、それで納得していました。
    しかし今回、日本で数回目のクリスマスを過ごす夫から逆に質問されてしまいました。「なぜ日本ではイブの日を重視するのか?」と。
    私は良い回答ができませんでした。
    ほんと、どうしてなのでしょうか?
    教えていただけたら嬉しいです。

    トピ内ID:3277371606

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数26

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お祭りだから

    しおりをつける
    blank
    いまうま
    クリスチャンでもない日本人がなぜクリスマス好きなのか、それは日本人は元来お祭り好きだからです。不思議と大晦日は静かに過ごしたがる国民なので、一年最後のお祭りを作るならクリスマスになりますね。
    そこが前提で、子供の頃を思い出してください。お祭りって前日はワクワクして楽しみでいっぱいですが、祭りの後は寂しさがこみ上げてきた記憶がありませんか?
    イブは正にその現象かと思います。前日の方が気持ちが盛り上がり、楽しみのピークを迎えちゃうんですよ。当日には終わりを考えて冷めてしまう。特に後にあるのは大晦日ですから気持ちが落ち着いてしまうんです。
    海外との温度差はお祭りと捉えるかどうかだと思いますよ。

    トピ内ID:5181985074

    閉じる× 閉じる×

    デート産業の商売だからです

    しおりをつける
    blank
    たけのこ
    日本のクリスマスが恋人同士で過ごす日ということになったのは、
    1990年ごろに雑誌などで人為的に作り出された習慣です。
    レストランなどのデート産業がお金を落としてもらうために生まれ
    ました。
    恋人同士の日、という見立てですから、当然重視されるのは夜です。
    このため気分が盛り上がった状態で散財してもらうためには、
    クリスマスを消化しおわった晩の25日夜より、クリスマス当日に
    つながる24日夜に設定するほうが都合が良いわけです。

    日本ではこのように商業的に人為的に作り出された習慣があるという
    ことを、モロゾフが始めたバレンタインデーのチョコ、カメヤマ
    ローソクが始めたキャンドルサービスなどとあわせて説明されると
    よろしいかと思います。

    トピ内ID:0240863164

    閉じる× 閉じる×

    まったく根拠なし。単なる想像ですが

    しおりをつける
    🐱
    kenken
    日本において宗教的意味づけが全くないこと。
    祝祭日になっていないので、家族友人と集まるとしても夜しか時間がないこと。
    もともと忘年会の習慣があり、お酒を飲む口実に使われておること。

    トピ内ID:9170387828

    閉じる× 閉じる×

    教会行かないっすからねえ(笑

    しおりをつける
    blank
    のら
    プロテスタントのクリスチャンですが、
    24日夜は礼拝が最優先です。
    礼拝が9:30~とか遅い教会の場合は、後が詰まった気分でご飯食べて身支度して教会行くことになりますし、
    早め(ウチは19:00~20:00です)の教会だと、
    まず礼拝に行ってから帰宅しての食事となります。
    役員とか、会場係だったりすると(皆何かと割り振られます)、
    会場準備や後片付けもあって、そうそう自分たちの家での事に力は入れられません。

    前もってちゃんと用意しておいて、帰宅後ご馳走食べる方もいらっしゃいますがねー、
    ウチなんかもう普通ですよ。今年は鍋(笑。
    なのでご主人の仰るように、25日昼に家族でしみじみ祝い、サンタのプレゼントなどで楽しむ…ってな感じになりますね、どうしても。

    ちなみに教会の「祝会」として、23日とか、その前の日曜とかの昼に、
    手作りのご馳走や菓子を持ち寄って祝います。
    作って持っていく立場からすると、この日も忙しい。

    普通の日本人はそういう気忙しさが無いから24日夜に気楽に騒いで、
    祭りを引くのを嫌う気質から25日にはサッと閉じちゃうんじゃないかなーと。

    トピ内ID:5999697346

    閉じる× 閉じる×

    日本では

    しおりをつける
    blank
    匿名きぼう
    基本的にクリスマスって恋人同士のための商業イベントだから(笑)。
    お泊まりデートを考えたら、力が入るのはイブでしょ。
    これを目指す恋人同士が最もお金を使う日だから、その人たちに合わせて街が盛り上がる。
    街が盛り上がってるから、お泊まりデートに無関係な人もなんとなく、イブに重きを置く心理状態になる。
    クリスマスにきちんとした意味を見いだせている国の方々には、とても説明できないような理由だと思えます・・・・。

    トピ内ID:0353320745

    閉じる× 閉じる×

    つれずれで書きます

    しおりをつける
    🙂
    ふしぎ~
    トピ主さんの文を読んで「いいじゃん、イヴだってキリスト様の誕生の前の日でめでたい日だし」って思ったのです。で、頭に浮かんだのが「前夜祭的でお祝いしてもいい日でしょう」とも。
    で、ん?って思ったので「前夜祭」を調べましたら、神事では大事なことをする前日からお祭りするのですね、例えば神社などのお祭でも宵宮(夜に出店とか出てて楽を奏でるような)ってありますよね。子供の頃ウキウキとしたものでした。
    で、続けてキリスト教の記述がありまして、なんとキリスト教では仏教でいうお通夜を「前夜祭」というのだそうで・・・・・お祝いとはかけ離れた意味だったのです。私は知らなかったのでビックリでした。
    ということで「前夜祭的な」は不謹慎な考えであったわけです。
    何故、イヴからご馳走食べちゃうのでしょうね。バレンタインや○○の日的な商業用売り込みの考えからすれば、イヴの日に恋人達や家族がよき日、甘い夜を過ごして一緒に25日の朝を迎える為に、前の日の夜から大事って戦略に長いこと慣れてきたせいなのでしょうか。

    トピ内ID:4747452658

    閉じる× 閉じる×

    平日だから?

    しおりをつける
    blank
    25日は無理でしょ
    クリスマスって24日の日没から25日の日没までですね。
    日本だと25日は祝日ではありません。平日にあたれば、家族で何かしようと思ったら24日の夜以外無理な場合が多いんじゃないですか?
    お父さん抜き(共働きならお母さんも)で盛り上がりたいなら、25日でいいと思いますが。
    年によって(曜日の当たり方によって)ふらふら動くと面倒くさいので、毎年24日の夜を重視、というのはごく自然なことかと。

    横道にそれますが、旦那さんの疑問点はそこなのか、と新鮮でした。
    てっきりクリスチャンでもないのに・・・という話かと思ったもので。

    トピ内ID:8656021166

    閉じる× 閉じる×

    25日は仕事してる

    しおりをつける
    🐱
    kim
    24日のクリスマスイブの夜は人が集まれる。
    25日の日中から夕刻は仕事があってクリスマスを祝う余裕が無い。
    25日夜は24日夜にイブの祝い事を済ませているので、もうお終い。

    トピ内ID:8450802325

    閉じる× 閉じる×

    イブについて

    しおりをつける
    blank
    猫夫
    当時のユダヤ・イスラエル・ガリラヤなどは、一日の区切りが日没であったことから、キリストが再臨した夜とその翌日ということで、現代だと二日にまたがることになります。

    もっとも、歴史的にはクリスマスとキリストの誕生や再臨は全く関係なく、ミトラ教の過越祭がそのままクリスマスとして祝われるようになったという説が有力です。

    トピ内ID:3936972114

    閉じる× 閉じる×

    昔は25日に子供中心にクリスマス会など

    しおりをつける
    blank
    筆柿
    昭和の時代だったら子供が多かったので、25日の日中などにあちこちでクリスマスのお祝いのほうが多かったんじゃないかな。
    前日の夕方に夕食会の家もあったかもしれませんが、大人数が集まるのは25日が多かったように覚えています。
    子供中心で昼間の行事中心だから、25日のほうが都合よいでしょう。
    大人は休日も少ない時代だから、24日はまだ忙しく仕事してます。
    (注:まだ現在のように2/14のバレンタイン商法も少なかった時代です)

    24日のイブの話が多くなったのは、1970-80年代以降とか、恋人やカップル向け商売が多くなってからでしょう。第一次/第二次ベビーブームも去って子供も減ってくる頃です。子供自体は多くても、中学受験や高校受験や大学受験と冬休みが重なれば、そう遊んでばかりもいられないでしょう。

    夜にクリスマスを楽しみたい人は、24日中心でしょう。これはやはり、大人中心の話じゃないかと思います。
    バブル期の近辺とか、クリスマスと忘年会を兼ねるとかもあったかと。

    キリスト様のお祭りのはずが、子供や大人のパーティ行事になってるのが日本(海外でもまあ…)人の考えかも。

    トピ内ID:2324345365

    閉じる× 閉じる×

    サンタさんがやってくる夜

    しおりをつける
    🙂
    れれ
    救世主がこの世に遣わされた喜びなぞという宗教的意義は
    100パーセント置いてけ堀で
    クリスマス=「サンタさんの日」状態だから
    イブの夜だけ盛り上がり当日はすっからかんなのではないでしょうかね。

    日本のクリスマスのお祝いにはお祝いの中心にあるべきイエス・キリストが存在してないのだから
    思い切って「サンタクロース・デー」と名称変えちゃえばいいと思うのですが。

    トピ内ID:7716649052

    閉じる× 閉じる×

    日本は25日じゃないの?

    しおりをつける
    💔
    クリスマスモン
    サンタからイヴの夜に足元にプレゼントを置かれ
    25日の朝、プレゼントに喜び夜はパーティという子供の頃過ごしていました。
    子供の頃の私の周りでは、
    サンタクロースの物語を聞いている家庭のほとんどはイヴの夜にプレゼント
    25日にクリスマスパーティだった。
    サンタは居ない&宗教上と言う家庭は定まっていなかったようです。
    (神社の子もイヴの夜に貰っていたようで、サンタは神様じゃないから良いらしい)
    眠っている間にプレゼントじゃなきゃ・・・物語違ってくるし・・・。

    子供のためのイベントならば25日。恋人だけなら24日が重視されると思っていた。

    親は忙しいから1日でも早く終わらすために24日にしただけじゃないの?

    子供の頃のように、25日の朝を恋人と迎える喜びなのかなと安直すぎ?
    25日に一緒に過ごしても26日の朝はもう・・・

    日本はサンタクロースのイベントの日&洋風忘年会で信者では無い人にとったら元々意味が違う。というのはどうでしょう?よく使っています。

    トピ内ID:3795359608

    閉じる× 閉じる×

    日本のクリスマスは25日まで

    しおりをつける
    blank
    26日も祝日
    私も同じ疑問を感じています。

    日本のクリスマスは、24日の夜にピーク(?)を迎え、25日に終了しますよね?
    なんだか一日ずれている気がしてならないのですが・・・。
    恋人同士が盛り上がるのが、25日~26日にかけてでは何かまずいことでもあるのでしょうか?
    それとも、年末年始の準備が待っているので、クリスマスは早めに切り上げるとか?

    現在キリスト教国に住んでいるのですが、この国では25日、26日が
    祝日です。そしてクリスマスは1月5日まで続きます。
    24日はどちらかというと地味な日です。
    クリスマスのご馳走に備えて、24日は質素な食事で済ませる家庭が多いようですし。

    トピ内ID:1784278163

    閉じる× 閉じる×

    実は最近クリスマスは23日なのではないか?

    しおりをつける
    山下達
    平成になってから23日にケーキ食べる人、増えたんじゃありませんか?仕事休みの人多いし、家族も揃いやすいし。

    そもそも日本では宗教関係なし、マスコミが叫ぶ消費目的のイベントなので何日だっていいんです。
    仕事や学校が休みのほうがやりやすい、25日より24日を重視するのは昼間より夜のほうが人が集まりやすいから。

    そもそも年末は正月に向けて色々せねばなりません。消費を終えたらパっと切り替え。
    近所のスーパーは、24日までクリスマスモード、25日からは正月モードでした。

    トピ内ID:4399480265

    閉じる× 閉じる×

    あと、最近の傾向として

    しおりをつける
    かまきり夫人の恋人
    平成に入ってから23日が祝日になったので、23日を「イブイブ」と称して
    この日にいろいろなことをやってしまおうという流れが出来つつあります。
    (「ハナキン」から「ハナモク」に変わっていったのと似ています)

    まあでも、今日聞いてたラジオの番組で言ってましたが、イギリスでは
    26日を、もらったクリスマスプレゼントの箱を開ける「ボクシングデー」と
    呼んでるそうで、他国でも「宗教に因らないクリスマスイベント」は多かれ
    少なかれあるんじゃないんですかね。

    ちなみに私は麻雀をやるので、23日を「イブ前」と呼ぶのは譲れません(笑)。

    トピ内ID:5133062533

    閉じる× 閉じる×

    クリスマスは日没から

    しおりをつける
    はな
    クリスマスは25日の朝からではなく、
    24日の日没から始まるので、
    25日の夜だとクリスマスは終わっていると思うのですけど・・・

    だから、私が行っている教会のクリスマス礼拝は24日の日没後に始まります。

    もっとも、大半の日本人はそんな事を気にしちゃいないでしょう。


    「なぜ日本ではイブの日を重視するのか?」
    と聞かれたら「そういう習慣だから」というのが一番正解に近いのではないでしょうか。

    トピ内ID:3069663913

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    アデフル
    皆様からのレス、とても興味深く読ませていただきました。
    どの説明にも「なるほど~」と思わされ、ここで聞いて本当に良かったと思いました。
    さっそく夫にすべてのレスを参考にさせていただきながら説明したいと思います。ありがとうございました。

    トピ内ID:3277371606

    閉じる× 閉じる×

    几帳面に

    しおりをつける
    🎂
    イブ
    クリスマス(降誕祭)は24日の日没から25日の日没までとか。

    日本人はそのことを几帳面に考え商業的にしようとした時、それなら24日の夜にケーキを食べたりパーティをさせた方がいいと思ったのでしょう。25日は祝日ではないですから、昼間に何もできません。

    前夜祭は楽しいですし、それに「イブ」なんて可愛いじゃないですか。

    トピ内ID:9475138007

    閉じる× 閉じる×

    どこまでもお祭り騒ぎ

    しおりをつける
    🙂
    おひょい
    昔、会社のおじいさん(つまり上司。今はもう、70代後半でしょうか)が言ったことですが。
    「昔はさぁ、クリスマスってのは、一部の家庭を除けば、やらなかったんだな。キャバレーの客寄せパーティーだったんだよ」と。
    「それでさ、お父さんたちは罪滅ぼしに、キャバレーでおみやげにくれるキャンディーや適当なケーキを、ぶらさげて帰ったもんだ」
    「なんだか知らんが、そのへんから普及していったんだと、俺は思う。馬鹿騒ぎしたお父さんたちが、ケーキを持って帰る。翌日、子供たちはそれを食う。そしていつの間にか、お父さんのお祭りだったものが、子供たちのお祭りに。おやじの天下だった家庭が、妻と子供の天下に変化していくのと、同じだ。」
    へ~今は、もっと変化して、恋人たちのお祭りですよ、と私。
    「そうなんだ。それを嘆かわしいとは思わん。もともと馬鹿騒ぎだったんだ」。
    本当なんでしょうか。その時は、他のおじいさんも、おじさんも、ふんふん、うなづいていました。

    トピ内ID:1377847202

    閉じる× 閉じる×

    横ですが、猫夫さん

    しおりをつける
    🐶
    犬美
    クリスマスはキリスト生誕ですよ。
    再臨は、イースター(春)です。

    トピ内ID:1754092124

    閉じる× 閉じる×

    それは

    しおりをつける
    blank
    はちみつ
    商業イベントとイヴの日に盛り上がってしまう日本人気質が合致したからではないかと思います。
    25日クリスマス当日になると冷めてしまうのし煌びやかな感じのクリスマスをホンの少しだけ楽しむ程度にしかキリスト教のお祝いを受け入れていないというのが本音だからではないでしょうか。

    トピ内ID:8738612945

    閉じる× 閉じる×

    どこの祭り?

    しおりをつける
    blank
    トナカイ
    私個人のご先祖様の国では「クリスマス」の言葉も無ければ、それに近い日は確か十二月21日であったか、です。 定かではありません。 これでも列記とした西欧の小王国です。 愚妻の方の国では東欧のせいかクリスマスとやらの言葉もこれ又無く、それに準ずる日は歳が明けた正月の六日当たりであった、と記憶しております。

    双方とも何もしません。 国民の一部で流行りだしたのは戦中、戦後、合衆国の進駐軍が来て以来の事です。 この行事を苦々しく思う国民は多くおります。 私も其の一人です。

    トピ内ID:6573920362

    閉じる× 閉じる×

    日本も25日

    しおりをつける
    blank
    鹿子
    商業的な理由でイブは恋人と過ごすのが最近の流行ですよね。
    でも昔から家族のクリスマスは25日のほうが主流です。

    ところで、日本以外の外国でも24日に重きを置いているところもありますよ。24日の夜にプレゼントを開ける国もあるくらいです。

    24日の夜がメインのディナーの地域もあります。

    トピ内ID:2655909904

    閉じる× 閉じる×

    そうは言っても

    しおりをつける
    blank
    年がら年中
    逆にお正月になると、

    日本では1月1日を迎えてからが大事なのに、
    欧米では12月31日のカウントダウンがクライマックスで1月1日はただの休日…、

    なんてこともあるし。
    勿論、お正月は日本から輸出したものじゃないからクリスマスと違うけど。
    日本は日本らしいクリスマスで良いんじゃないかな。

    私は、なぜ日本でイブの日が重視されるかというと、山下達郎の「クリスマス・イブ」が流行ったせい、に一票です。

    トピ内ID:9911918244

    閉じる× 閉じる×

    キリスト教徒は24日はミサに行く

    しおりをつける
    エリザベツ
    イエス様が生れたのは24日から日付が25日に変わった真夜中。(本当は12月生まれではないようですがね。)
    しかし当時は24日の夕方から(イブニング)25日の日付に変わっていました。
    だからキリスト教のミサは24日の夜に始まり、熱心なところではイブニングのミサ、夜中のミサ、明け方のミサ、25日の朝のミサなどなど、24日25日はミサ三昧です。
    ちなみに、クリスマスとは「Christ mas」で「キリストのミサ」の意味です。

    私はキリスト教徒ですが、家でクリスマスケーキを食べるのは25日の夜です。(これも売ってるから食べるだけ)
    なぜなら、24日の夜はミサがあり、共同体の人たちと過ごすからです。
    24日が大事な日なのはキリスト教徒にとってはもちろんのことですが、騒いで過ごしません。
    静かに祝い感謝し祈ります。
    日本人の大半はイエスにも聖書にも関心がないと思いますが、もともとこういった宗教的な考えからきた習慣のみ生き残り、24日に意味も知らずに騒ぐのかもしれませんね。

    トピ内ID:7030501488

    閉じる× 閉じる×

    もう終わってるかもですが、

    しおりをつける
    まゆら
    犬美さん
    トナカイさんやエリザベツさんがちらっと仰ってる様に
    クリスマスは、本来はキリスト教の祭典では無かった様です。
    キリスト教が地中海世界から、ヨーロッパ世界へ浸透するにつれて、現地にあった異教の要素をとりいれて成立していった祭典です。
    現在のクリスマスには、キリスト教だけではなく下記の三つの古代宗教の祭典が源流となっているとされています。

    ミトラス教の冬至祭( Dies Natalis Solis Invincti )
    ローマ帝国の農耕神サトゥルナーリア祭
    ケルト人とゲルマン人の冬至祭

    古い暦では12月25日が「冬至」に当り、様々な古代信仰の祭典が行われてきたらしいです。
    「冬至の祭り」は、恐ろしい冬の季節が終り、太陽の再生を願うもの。
    当然時差があるのでそれぞれ大体12月20日前後から1月6日あたりに行われ、
    ケルトの末裔の知人から、クリスマス飾りは1月6日に片付けないと縁起が悪いと聞きました。
    逆に言えば、1月6日まで飾り続けるのが普通の様ですね。
    サンタに関しては、かなり後に付け加えられたらしいです。

    トピ内ID:6495600604

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]